モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年7月

薄らピンクのマラサダ


Post-174おとといhulaliさんがマラサダの記事をアップして盛り上がっていたからどうしてもマラサダが食べたくなってしまって昨日買いに行きましたよ。
その前に用事があってUHに行ったのでどこに買いに行こうかな~?って悩みましたがどうしても、どうしても食べたいものがあったのでカパフルのレナーズにしました。

さて、私がどうしても食べたかったのは新発売???のリヒンムイ・シュガーがけのマラサダです。
リヒンムイ好きな私、実はこれをまだ試していなかったのです。そして季節もののリリコイ・クリームが入ったマラサダ、これも久しぶりに食べたい。そしてやはりプレーンも外せない・・・ということで結局は6個も買ってしまいました。1人なのに~。

お味の方は・・・あんまりリヒンムイの味がしない。ちょっと期待外れ。もっと沢山粉をかけてくれって感じでした。リヒンムイ粉というよりリヒンムイ・シュガーなので仕方ないのかもね。

昨日はめっちゃ暑くってデート・ストリートからレナーズまで往復しただけで真っ赤に日焼けしてしまいました。レナーズには歩かないといけないんですよね。14番バスは少ないし。
チャンピオンの方がバスの乗り換えをすればあまり歩かないから近いのかも。

写真がボケボケ・・・

とっても良さそうな新しいハワイアンのCD


久々に良さげなハワイアンのアルバムがリリースされました。最近はなかなか良いアルバムがなかったんですよね。
そのアルバムはウルヴェヒ・グェレロさんの ‘Uluwehi Sings Na Mele Hula Aloha‘というもの。日本語にすると「ウルヴェヒが愛すべきフラ・ソング(複数)を歌う」という意味ですね。

彼はクム・フラでもあります。昔はケアリー・レイシェルと一緒に教えていました。
そんな彼の新しいアルバムはタイトル通りフラを踊る皆様に本当に親しまれている曲で構成されています。
ハクメレもビル・リンカーン、チャールズ・キング、アリス・ナーマケルア、ヘレン・ダッシャ、プクイ&ラムなどなど。
ウルヴェヒさんが大好きな鎌倉のことを歌った‘Nani Kamakura‘も収録されて全16曲で構成されています。
ウルヴェヒさんはファルセットで有名なのですがこのアルバムではテノールでも魅力を発揮しているようですよ。

まだ発売されたばかりですが早くもグラミーやナーホークーのノミネートは間違いなしと言われています。私はまだ聞いていないのでこれはコスコやサムズで売り出されたら買いに行こうと思っています。(ボーダーズとかよりずっと安いんですよ、ウォルマートはまずまず安い。)

あ、ウルヴェヒさんの他にもエイミー・ハナイアリイやプエオ、ケリイ・カネアリイの新アルバムもリリースされましたよ。他にも今年はいいものが出ているので来年はナーホークーがとっても楽しみです。

Koa(コア)


Post-172Koa(コア)の木はハワイの固有種。
ドライな森から少し湿った森に生息するので高い山やパリがないニイハウ島やカホオラヴェには生息しません。とても堅い木で昔はカヌー本体やパドル、サーフボード、武器、釣りなどのフックにと幅広く使われていましたが今はもう大きな木がほとんどないのでカヌーなど大きいものを作るのは難しくなりました。よくお土産屋さんにコアのボールが売っていますが普通の生活にはあまり使わなかったようです。ポイ用に使うと味が悪くなるらしい。

コアの木をじっくり観察したことがありますか?
葉っぱが面白いんですよ。若い葉っぱは一般に見る三日月型の葉っぱの形状ではないのです。
芽が出だした葉は複葉で木が成長するにつれ葉柄が大きく平らになります。これがよく見る葉っぱ。でもこれは偽葉なんですよ。ちょっと複雑ですがこれはマメ科のアカシア属には珍しくない現象のようです。木には偽葉の方が多いです。
KCCには沢山のハワイの木が植えられていて私がハワイの植物学を学んだときには教授が校内を歩きながらいろいろな木の植生を教えてくれました。この写真はKCC、コアの校舎の前にあるコアの木です。若い葉と偽葉が一緒に写っています。

コアの木はとても固く丈夫、ハワイ語ではウオリアー(戦士)、勇敢という意味があります。
ハワイのメレにもよく単語が使われますが単にコアの木という意味ではなく”恐れ知らずの強い人”を示したりしているんですよ。コアはフラにも関わりのある木で小さいコアの木はラカ(フラの神様の一人)の祭壇にも使われていました。これはダンサーの恐れをなくすためだったそう。

私が一番好きなハワイのコアの作品はイオラニ・パレスの階段です。本当に美しいです。
木自体でこれだけの美しさや光沢を持つ木なのに昔白人によって秩序のないコアの伐採が始まったとき彼らはこの美しい木にペンキを塗って使っていたらしいです。

コアの木もですがハワイって植物や木を一つとってもいろいろな話があるので面白いんです。

夕飯はワイキーキーでテイクアウト


Post-170今日は何も作る気がしなかったので出掛けた帰りに久しぶりにワイキキで夕飯をテイクアウトしました。
家ではあまり肉を食べないのでテイクアウトではいつも肉肉しいものを食べたくなります。。
二週間ほど前にも食べたのだけれど今日はそことは違う店で私の好きなワンパターンな中華プレートを買いました。

私って本当に鴨肉が好きなんだなって思っちゃいます。自分の写真カタログを見ていても私は本当にコールド・ジンジャー・チキンとロースト・ダックは多い。
今日は珍しく完食しちゃいましたよ。
6.5ドルの幸せ。


終わり

ワールド・フラ・カンファレンス


何だか最近元気がないのです。
悩みがいっぱいでたまに日本に帰ろうかなって考えてしまいます。
でもそんなことも言ってられないのでもうち少し頑張ろう。

明日から4年に一回のワールド・フラ・カンファレンスが今年はオアフのカメハメハ・スクールで開催されます。
フラやメレ、他にもさまざまな分野で約200名の著名な方たちが講演を繰り広げます。
普段は自分の先生以外はなかなか学ぶチャンスがないのでこの機会にと受講者たちは実に世界各国からやってきます。
一部のクムや上級者向けのフラのクラスを除きすでに定員は一杯。一体何人参加するんだ?って感じです。
ワイキキのホテルからシャトルも出るので町も賑やかになりそうですね。

明日から3日間はポノ・フラといってフラに必要なレイやカパの作り方やパフ(ドラム)などを作る講義です。私はこの3日の参加予定です。気合いを入れよっと。

ハワイの独立記念日


「アメリカの独立記念日」は7月4日。しかしハワイでは今のところ「7月31日」がハワイアンたちの独立記念日だ。

この日を前に毎年イベントがトーマス・スクエアで行われる。今年は7月26日の日曜日。
このイベントは「Ka La Ho‘iho‘i ‘Ea」という。”hoihoi”はハワイ語で「楽しい」の意味があるがこれはオキナが入って”ho‘iho‘i、” これは「リターン」「返却」の意味を持つ。

この7月31日は1843年、英国のアドミナル・トーマスによってハワイの統治権が英国からカメハメハIIIに返還された日。歴史をさかのぼれば、英国の海軍の大佐ジョージ・ポーレットがハワイ王国に対し英国への領属を強いる事件が生じた。カメハメハは英国のヴィクトリア女王に事件の解決がなされるまで、一時的に英国への統治権の委譲を許可。そして数名の大使を英国に派遣。その後、英国の王室はすぐにトーマスをハワイに派遣し、「ハワイを英国の領土にしないこと」を再承認した。ジョージ・ポーレットにの主張、ハワイの英国占領を撤回しハワイが他国の領土にならず無事返還された日が7月31日なのである。
この日カメハメハIIIは、有名な「Ua Mau Ke Ea O Ka Aina I Ka Pono 」を宣言。これはハワイで有名なOlelo Noeauになった。(日本語でいえば格言とかことわざ、知恵のある言葉にあたるもの。)日本語にすると少し変だが”土地(ハワイ)は正しい秩序の中守られ継続する”という意味である。

この歴史からトーマス・スクエアの名前の由来は来ている。
ここはホノルル美術館前のベレタニア・ストリートを渡ったところにある大きな公園。
ここは週末になると犬の飼い主たちが多く集まり飼い犬訓練している。その他にもクラフト・フェアや植木市が定期的に開催されている。大きな木があるのでピクニックに来ている地元民も多い。
この話は日系1世で実際にそこに行った人たちから聞いた話だが、第二次世界大戦中には捕らわれプリズンに入れられた日本の兵士がハワイにいる親族(いた人だけだが)と面会をした場所だ。ここでハワイに移民した日系人と捕らわれた兵のリユニオンが果たせたのだ。私の知り合いはよくここを訪ねしばしの会話を楽しんだと言っていた。

話は戻って、この「Ka La Ho‘iho‘i ‘Ea」は7月26日の朝10時から夕方6時まで開催。
私は去年まではハワイアンのクラスメートたちと数回参加したが今年は考えている。
私はハワイアンの人たちややハワイ文化を継承したいと思うことはサポートしているが、私は日本人だから。
このイベントはハワイアンの血を引く人たちとほんの一部であるが日本人も参加している。
この人たちは家族がハワイアンだからいいのだが家族のいない外国人にとってはそんなに居心地のいいイベントではないから。
会場にはいろいろなハワイのことを紹介したデモンストレーションやワークショップも行われてる。
アーティストやバンドによる公演もあって賑やかだ。

”アメリカ人が英国から独立したのを祝うのは7月4日” だが ”ハワイがアメリカから独立する独立記念日”を得るのはとても難しいこと。しかしそれが叶えばその日がハワイアンにとって本当の独立記念日になるのだ。 

好きなハワイのラジオ局


普段はあまりラジオとか聞かないのですが、車に乗せてもらったりする時に聞きます。
時にドライブをする時は欠かせません。一気にハワイの雰囲気を演出してくれるから。

今まではFMのハワイアン・チャンネルを聞くことが多かったのですが最近はAMを聞くようになりました。好きなのはAM940、午前中はニュースなど放送しておりあまりハワイアンはかかっていませんが、午後からはハワイアンがずーっとかかります。それもFM局やテレビの番組案内の12チャンネルでかかっているハワイアン音楽と違い同じ曲ばかりということはないのです。これはずーっと聞いていると飽きてきます。

このAM940の古いものから新しいものまで実にバラエティーがある充実した曲構成はハワイアン・ミュージック好きな私を飽きさせることはありません。
このチャンネル、お勧めですよ~。ハワイでドライブするときはこれをかけると一気に雰囲気が出ます。
このチャンネルはネットで日本からでも聞くことができるみたい。

地元の素朴なお菓子


Post-166母親が持ってきてくれた昔懐かしいお菓子。今はスティックタイプというのもあるんだ。それに甘さひかえめとも書いてある。
しるこサンドはやっぱり美味しい。他の地方の人はあまり知らないみたいだがこれはビスケットの間に乾燥したしるこがはさんであるお菓子。素朴な味がして飽きない。私はすぐにお菓子は飽きるので珍しい。
日本のお菓子は美味しいな。チップスでもそんなに味が濃くないし甘いものでも甘すぎない。
米国のお菓子ははっきり言って好きなものはない・・・どれもこれも味が大味で甘すぎる、塩辛すぎる、脂っぽい。道理で太った人が多いし、心臓病や糖尿病が多いわけだ。

最近思うこと


最近よく感じること。ブログの影響力ってとても大きい。だから間違ったことを書くと怖い。
最近はハワイ関連のブログが集まる場所で毎日のように立て続けにすごい間違いを見ている。それもハワイ関連のことが多い。ある時はハワイの習慣について、ある時は植物に関して、またある時はハワイ語やピジンに関してなどあらゆる方面で間違いを見つける。ほっとけばいいとずっと今日まで思っていたが私はやはりハワイが大好きなので許せない。本当にやめてくれと心から思う。一般の人が書くのはまだ仕方がない、しかし私が見るのはきっと一日にすごい人がアクセスしているブログたちである。

ブログが怖いのは見た人がそれを信じて間違ったことをそこからまた発信していくこと。これはとても困ったこと。間違いだらけの情報が飛び交う。そう人に限って「~だと思う、」「~らしい」など便利なあいまいな表現をせずに堂々と「~である」と言っている。自分の意見を書くことなどブログだから何を書いてもいいのだが、もしわからなければ自分が知らない間違いを断言していただきたくない。
私も十分に気をつけなければならないと思って反面教師として見ていたが温厚な私でもさすがにすこしイライラしてきた。

なぜこのことを書いているのかといえば先ほども日本でとても大きいと思われる旅行会社の人が書いているブログを見てあぜんとしたからだ。でも気づく人が少ない本当に些細なこと。でもこういう会社の人が書けばほとんどの人が信じるのではないか。そしてここから間違いが大きく発信されていく。
この会社のブログは本当に間違いが多い!!
影響力のあるブログ内で担当者が身をもって知らないことを間違って書き続けるのはどうなのかと思う。見なければいいのについ気になってブログチェックしている私もどうかと思うが。

終わり

グアバ


Post-164マンゴーと甘いグアバを沢山頂きました。でもグアバは食べるよりジュースやジャムなどの加工品が美味しいと思います。

グアバ、皮は柔らかいのでもちろん食べるのですが種も一緒に食べるらしいのです。
種を出して食べていたら一緒に食べるんだよって現地民に教えてもらいました。しかし・・・この種、見かけはひき割り納豆(形も色も)に似ているのですが見た目と違ってめっちゃ硬い。果実にはとても多くの種があるためいちいち種を出さずもろもろ飲み込むらしいのです。でも歯に当たった時も何とも食感が悪い。なのでもう皮の周りしか食べないことにしました。

グアバはビタミンA、B、Cを沢山含むとても栄養価の高い果物です。ハワイではおなかを壊したりなど胃腸の具合が悪いときなどジュースを飲む習慣があります。でも実の種を食べると腹痛の原因になるそうです。私は日本にいるとアレルギー性鼻炎を持っているのですがグアバの葉っぱのお茶を飲むとなぜだか少し調子がよく感じます。そんな作用もあるのかな。

グアバ・・・愛知県出身の私は子供のころから親しみ深いのです。日本ではそんなに多くの会社は昔(たぶん今でも)グアバ・ジュースなんて作っていなかったと思いますが、名古屋市郊外の稲沢市にある「オリエンタル」という会社はグアバ・ジュースをずっと昔から作っています。目立たない場所ばかりに自動販売機が置いてありました。

話は少しずれますがこの会社、おもしろい商品をラインアップしているのですよ。中でもカレールウが有名なのですがここのカレーはほかの会社の製品に比べ気持ち悪いドロドロ感もないしスパイスの香りもよくそして何よりもほかの会社のルーよりカロリーが低いのです。パッケージもレトロチックでいい。台湾にもここのレストランが3店舗あります。

台湾といえば・・・名古屋が誇るラーメン「スガキヤ」もなぜか台湾に支店がいくつかあるそうなのです。名古屋ではないけれどサイゼリヤも中国や台湾に支店があるし。
ハワイに出来ればいいのに~。人口の70%を超える人が多少でも日本人の血を持っている土地がらは流行りそうなのに。コストパフォーマンスも最高だし・・・。

終わり