モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年6月

Hookuku Hula o Kamehameha 2


先ほど終わりました。今日のアウアナも楽しかったです。
とりあえず結果を報告します。興味のあるかたはどうぞ。

チャント部門
1位 Nikita Nuuanu Lenchanko (Halau o Kawailani、トニー・レンチャンコ)
2位 Mahinapoepoe Paishon Duarte (Halau o ke Aalii Ku Makani、マヌ・ボイド)
3位 Graham Kaipo McCormick (Halau Hula o Napunaheleonapua、リッチ・ペドリナ)

Kahiko,Wahine
1位 Halau Hula ka Lehua Tuahine (アリソン・カイリヒヴァ・ヴォーン)
2位 Halau na Lei Kaumaka o Uka (ナープア・グレッグ、カフル・マルオ・ヒューバー)
3位 Halau ka Liko Pua o Kalaniakea (カプア・ダリレ・モエ)
4位 Ka La Onohi Mai o Haehae (トレイシー、ケアヴェ・ロペス)
5位 Halau o ka Hanu Lehua (カマカ・クコナ)

Kahiko, Kane
1位 Halau Hula ka Lehua Tuahine (アリソン・カイリヒヴァ・ヴォーン)
2位 Halau Mohala Ilima (マプアナ・デ・シルヴァ)

Kahiko Combination
1位 Halau Hula ka Lehua Tuahine (アリソン・カイリヒヴァ・ヴォーン)
2位 Halau Mohala Ilima (マプアナ・デ・シルヴァ)
3位 Halau Hula o Napunaheleonapua (リッチ・ペドリナ)

Auana Wahine
1位 Halau na Lei Kaumaka o Uka (ナープア・グレッグ、カフル・マルオ・ヒューバー)
2位 Halau ka Liko Pua o Kalaniakea (カプア・ダリレ・モエ)
3位 Halau Olapakuikalai (ホークーアウラニ・ニヒパリ)
4位 Ka La Onohi Mai o Haehae (トレイシー、ケアヴェ・ロペス)
5位 Kealiikaapunihonua Keena Ao Hula (レイモミ・ホー)

Auana Kane 
1位 Halau na Pua Mai ka Lani (カレ・パーワイ)

Aiana Combination
1位 Halau Hula o Napunaheleonapua (リッチ・ペドリナ)

Kupuna
1位 Halau Hula ka Lehua Tuahine (アリソン・カイリヒヴァ・ヴォーン)
2位 Halau ka Liko Pua o Kalaniakea (カプア・ダリレ・モエ)
3位 Halau na Pua Mai ka Lani (カレ・パーワイ)

Olelo Hawaii (ハワイ語)
カヒコ: Ka La Onohi Mai o Haehae (トレイシー、ケアヴェ・ロペス)
アウアナ:Halau na Lei Kaumaka o Uka (ナープア・グレッグ、カフル・マルオ・ヒューバー)

・・・という感じでヒヴァ・ヴォーンの快挙。総なめで少しびっくり。
ロペス夫妻のハーラウ、ナープア・グレッグも頑張っていました。コンビネーションのアウアナの1位、チャントのニキタさんは文句なしダントツ良かったです。
メリー・モナークに出ているハーラウもうかうかしていられませんね。

私はコンペももちろん観ますがフラって本来もっと楽しいものだと思うのでコンペでないホーイケがもっと観たいです。

終わり


 


 

Hookuku Hula o Kamehameha


毎年毎年盛り上がらなくなっていたので今年は行くのをためらっていましたが知り合いの方に金曜日の良い席のチケットをいただいたので行きました。

今年のコンペ・・・久々に良かったんです。出ているハーラウも内容も。
今年から古典、現代フラと曜日に分けられて審査員の先生も違います。見やすくなりましたね。
このようにしてこれからも盛り上がってくることを期待しています。
正直、最近はずっとガーラガラ状態でパッとした見どころもなかったので現地の人たちもぐっと遠ざかったコンペになっていました。だから今年の内容はとっても満足です。

昨日は古典だったんですがインストゥルメンツ(イリイリ、プーイリ、ウリウリ、スティックなど)を使うハーラウが多かったのが印象的。
メリモで見られない男女のコンバインを見るのも楽しみの一つです。
今年はマプ先生のところはカーネも出場なのでもちろんコンバインもありましたよ。

私が個人的に好きだったフラは4ハーラウありました。
個人的にとても好きだったことはマプ先生のワーヒネのイリイリのモーション、これはナマカ・ベーコンが教えたそう。

個人的に感心したのがカプア先生のハーラウ、ここは現地のハーラウと日本の佐和子先生のハーラウが混ざってすごい大人数の団体になっていたのですがハワイ、日本と場所も違うし習った先生も違うのにすごくキレイに揃っていました。驚きです。

少し残念だったのはもう1つの日本のハーラウ。演技は本当に揃っていて良かったのですが私的に細かい配慮が足りないのが気になりました。たとえばカイの曲選定(昨日はカヒコ部門)やスカートのしわ。あとフロントの子がカヒコの曲を歌っていたり(みんなでチャントしていた曲ではない)。
しわとか顔の表情って一気に目に入ってくるんですよね、些細なことかもしれませんが。

メリモもですがこういうコンペを見ているとその年の曲やオリの傾向がよくわかります。自分のハーラウでも同じの習うし。こういうのって誰か決めているのでしょうかね・・・。

先ほど今日の分のチケットをいただいたので観戦に行くことになりました。
ありがとう!

少しビックリした


夕方に用事があってアラモアナに行きました。用事がすんでウクレレを見に行こうと思ってお店に行ったのですがそこでハワイ語クラスの友人に会いました。
友人は友達と一緒にショッピングをしていたようでその方は私が買おうとしているウクレレを夢中になって弾いていました。その時は後姿しか見えなかったんです。
私を紹介しようとその方に声を掛けてくれたのですがその方が振り返ってビックリ。
ナー・パラパライの方でした。
ハワイでは人気のあるミュージシャンでも普通の人と同じで見かけることも多いですが。

私が買おうとしているのは初心者用の安いウクレレ。
本当はいいものが欲しいのだけれど。ウクレレっていいものを持っていると価値が上がっていくんです。でも500ドルは出さないといいものは買えません。
でも私はまだ始めようとしているところなのでそんなものを買ってもウクレレが悲しいだけです。
今回は我慢、我慢。

でもそんな有名人が夢中になっているものならそれもいい物なのかもしれないですね。
買おうかな。

ハワイの美しい季節


Post-139ここ4~5日は風も気持ち良くそんなに暑くない快適な気候が続いています。
本来の一番快適な季節。新緑や色とりどりの花々が目にとても優しいです。

咲き乱れているシャワー・トゥリー。
いろいろな色があってそれぞれ美しいけれど私は黄色い花が好きかな。

シャワー・トゥリーだけでなくプア・メリアもティアレもピカケなど沢山の花たち、パパイヤ、マンゴー、ライチー、ウルなど食べ物の木もたくさんもを付けています。
視覚だけでなく嗅覚、味覚にも嬉しい季節。

Kumulipo (クムリポ)


Post-137Kumulipo(クムリポ)はハワイの創世記。日本でいえば古事記のような文献。
昨日は面白いレクチャーの話をいただいたので先輩でありお友達であるKさんをお誘いして行ってきました。

今回の先生はハワイ島の教育者でありクム・フラのナーラニ・カナカオレさん。ご主人のジグさんも一緒におみえになっていました。
受講者はサニーさんのところのアラカイをはじめフラをされる方が多かったようです。

今回は時間もなく最初の序章だけのお話でしたが彼女の知識は溢れていて今まで知ることのなかったことを今回たくさん知ることができました。
彼女の家系はペレにさかのぼるのでクムリポで家系をたどることが出来るそう。そしてそのクムリポにもいろいろなバージョンがあるそうです。
面白いですよね。

新発売の清涼飲料水


Post-134ハワイでこの業界でがんばっているのは日本の伊藤園さん。
おーいお茶など日本のお茶シリーズだけでなく外国人を対象にしたお茶にフレーバーをつけたもの、缶コーヒーなどいろいろな商品があります。リーズナブルで販売しているので嬉しくもあります。
アロハ・メイドのシリーズも伊藤園さんが作っているし数年前にはサイミンの製造会社も買収したのでそちらでも頑張っています。

私は清涼飲料水ってあまり飲みません。子供のころからそういう習慣がなかったので今に続いているのです。ハワイで飲むのはグアバやリリコイ・フレイバーのものかほんのたまにコーラぐらい。
グアバのジュースは香りやざらざら感が好きでたまに飲みたくなります。

少し前になりますがドンキをホロホロしていた時に見つけた写真の商品。
グアバ・ジュースがソーダになって登場・・・って嬉しくなって買いました。2缶で1ドルでした。
これはパッケージは一緒かどうかわかりませんが日本でも発売しているようですね。
味は・・・・グアバの風味は全くしないものでした。まさしくガムの味。
新発売だけれど早くも消えそうな予感。前に伊藤園さんはハワイでフルーツ・ジュースを作っていたのですがあっという間に姿を消してしまいました。こちらは美味しかったのにね。

ムンクの叫び


Post-133・・・のような感じの木です。たまに見かけます。
カラーが何とも言えずカラフルな木です。
これは昨日UHマーノアで撮ったもの。

日本からヨーロッパに向かう飛行機の上、中国かロシアの川の合流地点でもこんな色合いでムンクの叫びのような光景を見ることができます。

マンゴーの美味しい食べ方


Post-132毎日毎日焦げる暑さが続くハワイ。この暑さは異常だそう。
おとといの新聞記事にも8日間例年の暑さの記録を更新していると載っていました。
一面のタイトルも大きくSET ON BROILと出ていましたよ。

暑さといえばManako (Mango)。種類によっては今が旬なマンゴー。ハワイでは一年に2回収穫ができます。 私も大好きなフルーツ。
このマンゴー、ハワイの固有種ではないのですがここハワイで見ることができるマンゴーはすごく種類が多いんですよ。
何種類あると思います?形、色、味、実のクォリティー・・・見比べれば全然違います。

ハワイで見かけるマンゴーって実は30種類くらいあるんです。
食べるのに人気なものでいえば限られているかもしれませんが。私はヘイデンが好き。

写真のマンゴーは私のハワイ母の庭にあるもの。とっても大きな木です。
このマンゴーの名前はCommon(コモン)。今は甘いジューシーなマンゴーを育てる家が多いとのことですが母が若かった昔のハワイはこのコモン・マンゴーはいろんな家庭で育てられていたらしいです。

このマンゴーでマンゴー・ピックルを作ると絶品。マンゴー・チャッチネを作っても絶品です。私は作りませんがハワイ母のお手製マンゴー料理はとっても味がいいです。

このマンゴーってうっすら赤みが出てきますが(このころには木から落ちている)他のマンゴーに比べて薄いグリーン色なんです。鑑賞用マンゴーとしても本当に美しい。
母はカイムキーのマウカに住んでいますがマンゴーの実が風に揺れて本当にきれいなの。

最近は一日おきに行く用事があったから一緒にマンゴー鑑賞していました。母の友人たちもこの母の家の中庭でマンゴー鑑賞をして過ごすのが好きらしいです。それくらい美しいの。

お土産に青いマンゴーを持たせてくれたのですがまたまた面白い食べ方を教えてくれました。
この母はポイの食べ方といい面白い食べ方をたくさん知っています。
このマンゴーの美味しい食べ方・・・スライスして醤油をつけて食べるかスライスして砂糖醤油につけて食べるのだそうです。何だかモチみたいな食べ方です。
面白い発見があるかも知れないので今日あたりもらったマンゴーで試してみようと思います。

私がピックル・マンゴー好きなのは知っているのでもちろん美味しいものをたっぷりお土産に持たせてくれましたよ。私は母が2人いて本当に幸せ。

※その後熟れてしまっていたマンゴーを食べましたがとっても甘くて美味しかったです。醤油は必要ありませんでした。

Nanea


Post-131ハワイアン・ミュージックやフラは冷たい美味しいお飲物と並んで私に最高なナネアを与えてくれるもの。
ハワイアン・ミュージックって言ってもどちらかといえばトラディッショナルな曲やあまりコンテンポラリーすぎないものが好き。ドラム(イプやトラディッショナルなハワイの打楽器を除く)が入っていないもの、そして英語でない曲の方が私は好きです。

大好きな歌は選ぶことはできないし好きなミュージシャンも沢山います。
私の母も大好きなので先月から今月にかけて沢山のハワイアン・ライブに時には友達も連れて行きました。

ミュージシャンの力量、本当によくわかります。少しショックなこともあります。大物と言われていてもリクエストしたり曲について質問しても歌えないし、知らないことが多すぎる大物ミュージシャン(これにはちょっと驚きました)、ハワイ語が下手すぎるバンドなど本当にいろいろ。
私は大体聞きに行く人たちは同じですから今まではそんなにがっかりすることはなかったのですが今回はいろいろ学習しました。

写真のミュージシャンは日本でも人気がある方。彼は私の好きなミュージシャンの一人。
写真をみてご存知な方も多いと思います。
私は彼のステージはとても好き。彼は人間性もいいし。それに曲のレパートリーは他のミュージシャンに比べて本当に豊富です。それもかなり古いものまで歌います。

彼の休憩中にその話をしたら何度もライブに来てくれる人達が飽きないために毎回毎回バラエティーのある曲構成をするようにしているんだよって言っていました。私のことも少し話したら彼はその後会話をハワイ語に変えてくれましたよ。
その休憩後のライブは今までになく素晴らしい曲構成になり、一緒に行った友人たちもその日のライブは彼の一番なライブって言っていました。話してみるものだな~って思いました。
リクエストもしたのでしたがその曲は彼は普段歌わない曲だったみたいでカーヘアかけてねって言われたのですが彼は普段歌わない曲でも全然間違えず歌っていましたよ。やっぱり言語が理解できると内容も理解できているのでスムーズに歌えるんですよね。

カメハメハのパレードで面白かったこと


Post-129旅行に行っていないのに私の生活は時差ボケのよう。最近は毎日変なリズムで生活しています。昨晩も夕飯を食べてから眠りに落ちていて11時に目を覚ましてから今に至ります。今朝も4時ごろから起きているし少し疲れ気味。

今日は沢山のモーハ・ブロガーの方がこのパレードのことブログでアップされていましたね。
私もかなり出遅れはしましたが少しだけ見に行きました。出遅れたというのはこのパレードはダウンタウン出発でそこから歩いてくるのでワイキーキーに到着する時間が私は読めません。それに最近は暑いから早くから家を出たくないって思っていたから今回は最後の方しか見ていなかったです。

毎月毎月何かしらパレードがある中、このキング・カメハメハのパレードは一番の華やかさを誇るパレードです。毎年同じような内容なのですが、今年私が一番楽しかったのはポリス・メンたちによるオートバイのショーです。
写真のような感じで立って乗ったり斜め乗りしたり、暴走族のように走ったりしていました。
それも短い距離で何度も何度も披露してくれるしサービス満点。(私の家のあたりだけかな?)
普段こういうことを普通の人がしていたらすぐ切符を切る人たちだけに面白かったです。

でも私が毎年大好きなのはカメハメハ・スクールの女の子たちのパレードです。
青い長袖トップスに白いミニスカート、帽子、白いブーツのユニフォームで一人づつアルファベットの文字を持っています。10人いてたまにKemehamehaって文字を並べるんです。
この子たちが通るとローカルがよく「I mua Kamehameha!」とか叫んでいます。
カメハメハ・ガールズを見ないとパレードを見た気がしないのは私だけでないはず。