モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年1月

クヒオ通りのタイ料理店


Post-9昨年末ごろクヒオにできたタイ料理店に最近2回続けて行きました。
名前はサイアム・スクエアだったかな。場所はルアーズとクヒオ、ABCストアがあるビルの2階にあります。

最初の時はタイ料理店にならどこにでもあるもの、春巻き、さつま揚げ、Gパパイヤのサラダ、パッタイをオーダーし、蒸した白身魚のレモン、ジンジャーソースを追加で頼みました。
味はなかなか良かったですよ。美味しかったです。

いつもは見かけないのですがこの日はなぜか満員で外まで行列が出来ていました。
白人のお客さんがほとんどで数組の日本人のお客さんがお食事されていました。

ところで白人ってタイ料理が本当に好きですよね。プーケット・タイに行っても
シンハに行っても、チェンマイ、あといろいろに行っても白人のお客さんばかりです。
ま、私も好きですけれどね。

おとといは違ったものを頼んでみることにしました。
その時のメニューはこちら(一部は写真にあり)

春巻き、ローストしたナスのサラダ、ロングライスのヌードル、グリーンカレー
そしてジャスミンライスを付けました。
ロングライスのヌードルは?でしたが他は美味しかったです。
マイルドを頼んでもカレーは結構スパイシーでした。ホットならかなり辛いと思います。

この店の良いところは価格がお手頃、カウカウにクーポンが付いている、そして
ワイキキにある。
でも何といってもお酒の持ち込みが自由っていうところですな。
私はお酒を飲むのでこれでかなり出費をセーブできます。

今日はお友達たちとお食事会があるのでまたここに行くかも。
その中にはモーハサポーターのTちゃんもいますので今日の様子は近々彼女のブログで紹介されると思います。
モーハ読者、ブロガーさんってグルメな方が多いですからね。
お楽しみに。

意外と大変 ラウハラ編みの準備


Post-8ラウハラの何かを作らなきゃいけないので準備しています。
ラウハラとはハラの木の葉。ハワイではマットとかバッグ、帽子など売っています。

まずは葉っぱを探しに行かなきゃなりません。
海の近くのラウハラは柔らかいので良いのですが私は車もないので行けません。
ワイキキにはありませんし。

落ちているもの、木の下部の葉っぱを抜いたりして集めます。
ある程度まとまった量が必要なので大変。ラウハラの葉っぱって大きいから
折らないと持ち運べません。
それに葉の両側と中心部にはトゲがあるので注意も必要。
そして汚い。虫が住んでいるし、土も付いているし。
洗うにもそこらでは洗えないので集めたものをもってワイキキ・ビーチに行って
ざぶざぶ洗いました。

そのあとくしゃくしゃになっている葉っぱを広げてトゲを取って
そして葉っぱを丁寧に水ぶきします。
そしてローリングで伸ばして真っすぐな状態にします。
それを繰り返し続けるのです。なかなか大変。傷だらけです。

この写真は準備段階のもの。
この葉っぱはなかなかいいものでハワイの固有種とあるかたがおっしゃってくれたので
嬉しかったです。

きれいになったラウハラはとてもいい香りがします。
ハラの森がいい香りがするっていうのはこんな感じなのかな?
私はこの木が大好き。
果実も使えるヤツです。レイにも使われるし、かパつくりでプリントを入れる時にブラシとしても使われるのですよ。

気のせいかな ヤミー・コリアンBBQ


Post-7昨日は本当に疲れていて何も料理を作る気がしなかったので
久しぶりにお気に入りのコールド・ジンジャー・チキンを入れた中華のプレート・ランチを買って
帰ろうとお店に向かいました。
でもお店がつぶれていて無くなっていました。ショック!
だから仕方なくトボトボとインターナショナルMPに向かいました。

ワイキキのお店は学生の私には高いので食べに行ったり買いに行ったりしないのですが
久しぶりにヤミーのBBQをワイキキで買ってみることにしました。
ヤミーのフイッシュジャンやミートジャン、肉の味付けは好きです。
でも私がよく行くのはパラマ・マーケットのフードコートかアラモアナの焼肉ミリオン。
だってヤミーより安いし量もたっぷりだしね。

ここのヤミーは何だか量が少なく感じるのは私の気のせいかな・・・。
それともこんなものなのかな・・。
付け合わせの盛りが少ない。ワイキキだから?
ロイヤル・ハワイアン・センターはどうなんだろうか。

フランチャイズだから味もや量が違っても仕方がないかもしれないけれどね。
バレも店によって味も量も全然違うし。

とても美味しかったけれど何だか少し損した気分。
昔、名古屋のヤミーに行ったときを思い出した。

それより何よりも残念なのは大好きなコールド・ジンジャー・チキンがワイキキでもう食べられないこと。

この声の持ち主は・・・ The Bus


私がいつも利用しているThe Bus。
島中行き先をカバーしているのでまあ便利です。何より料金が安い!
ハワイ大学の学生は5か月分のUーPassという定期券が買えるので1か月あたり20ドルです。

ところでこのバスの車内のアナウンスの声は誰だかご存知ですか?・・・って言っても知っている人はよほどのハワイ好きかハワイ文学好きかフラかハワイアン音楽の愛好者しかいないかも知れませんが・・。

この声の持ち主はプアケア・ノゲルメイヤーという方です。ケアリイ・レイシェルの友人でありアルバムを作る時の協力者であり (他にもいろいろなミュージシャンやクムフラのサポートをしていますが)キング・カメハメハ・フラ・コンペの司会者であり、ハワイアン⇔英語の本や新聞の翻訳者としても有名です。白人なのですがハワイ語の知識者です。プアケアって白い花という意味です。

本当は日本で暮らす予定でアメリカを出たそうなのですが途中で立ち寄ったハワイで彼の人生が変わったって他のクムから聞きました。どこで人生が変わるかわかりませんね。

ハワイアンフード


Post-5ハワイアンフードって好き嫌いがあると思います。
最初は苦手な方も何度か足を運んでいるうちに好きになった・・なんて話も
よく聞きます。
私は大好きなのででたまに食べに行きます。
カリヒのヘレナ、マッカリーのヤマズ、ディリングハムのヤングなど
いくつか美味しいと思うところがありますが、ワイキキから一番近いところだとやっぱりカパフルのオノ・ハワイアンフードかな。

セットメニューもお値打ちですが私はいつも単品でオーダーします。
値段もセットメニューとそんなに変わりませんね。ポイとかハワイアンフードはスーパーでも高いのでここのお店は私は安いと思いますね。
それに一部のメニュー以外は量も多いので友人たちとシェアすれば
いろいろなものを食すことができるのでおススメです。

私がいつも頼むのはチキンのラウラウ、ルアウ(タロの葉の煮込み)、
ポケ、そしてポイです。そして友人がロミサーモンとピピカウラというビーフジャーキー、ポイを頼むのでシェアしています。どれも美味しい!

私は毎晩お酒をたしなみます。
ここはお酒は置いていませんが持ち込むことができるのでいつも持参しています。

Puna


Post-4昨年末にハワイアンが尊敬してやまない1人の英雄の本を読みました。
彼の名前はIosepa Nawahikalaniopuu。

1842年にハワイ島のカイムー(カラパナの近く、今はこの場所は溶岩の下)で
生まれました。
彼は本当に頭が良かったので幼少時代から学校は飛び級、一般庶民であったのにもかかわらず
王族が通う大学の入学も許されました。
卒業後は法律制定者、弁護士、ハワイ語の新聞発行者として活躍、
そしてリリウオカラニ王女のハワイ内閣の閣僚としてアメリカ統合に反対する運動をしていました。
昨年末には水星のクレーターの名前に彼の名前が命名されました。

ハワイでは違う言葉でその場所を表すことがよくあります。
たとえばMoku `o Keaweに行ったといえばハワイ島に行ったとか。

Lau o na oneという言葉はハワイ島のカイムーやカラパナのことをいいます。
意味は葉の多い場所たちという感じでしょうか。
このあたりは多くのハラフローブがあったことからその葉はハラ(パンダナス)の木のことを言います。
ハラが香る場所とハワイいえばこのあたりのことを言うそうです。
ラウハラのマットなどのクラフトづくりでも有名でした。
でもこのあたりは火山の噴火で溶岩に消えていきました。

本はまだ読んでいる途中なのですが少し知識があったから
そのようなことを考えながらパーホエホエ(溶岩)の上を歩いていました。

そしてハラの町の残骸をいくつか見つけました。
この写真はハラの果実が落ちた跡です。

ポリアフのすみか マウナケアの朝日


Post-3私は朝日を見るのが大好きです。
何だかいいエネルギーがいっぱいもらえそうで。
だからどんなに寒くっても平気で出かけちゃいます。

1月8日にお友達とマウナケアに朝日を見に行ってきました。
この日はどうやら今年始まってから初めてのきれいな朝日が見えたそう。
ラッキーでした。私たち。
自分が乾電池になったつもりで体いっぱいにチャージしてきました。

マウナケアでは夕陽を見る方のほうが多いみたいですが
朝日を見るのお勧めです。
夕陽を見にいくと人がいっぱいですが朝日を見に行く人はあまりいません。
ま、深夜出発ですからね。
私たちが行った日は私を含め4人だけが山頂にいました。
朝日を独り占め・・ではなく4人占めでした。
深夜なので満点の星空も美しかったです。

マウナケアといえばペレのライバル、ポリアフのすみか。
フラをする皆様は歌やお話でも有名ですよね。