モーハワイ☆コム

カテゴリー:Huakai

ハラヴァ


宿泊ホテルからは約1時間でハイク口に到着。
ハラヴァ渓谷に近づいた時、道路から滝が正面に見えます。

ハイクは片道2マイルほど。
少し歩いたら滝が2本ありました。
川を渡り、その滝かどうかわからない目的の滝まで歩きます。
昔は山の中に人が生活していただろうと思われる跡が
いろいろ見られます。
ヘイアウっぽい場所やロイカロの跡や
固有種、外来種も合わせて沢山の植物たちを見ながら到着。
面白かったです。行って良かった。

本当は少ない日程なのでハラヴァではなく、
カマコウのハイクに行きたかったのですが、
これは1カ月に1度しかなく、随分前から申し込んでいても
長いキャンセル待ちで、結局行けませんでした。
次回は是非。

DSCF2666[1]
DSCF2679[1]

DSCF2732[1]

DSCF2705[1]

DSCF2745[1]

モロカイ


1日目はカラウパパのハイクが終わった後、宿泊場所に行きチェックイン。
荷物を置いた後、カウナカカイのタウンへ。
グロッサリーストアで飲み物などを購入。意外にオリエンタルな食材も揃っていた。
グロッサリーの価格、オアフに比べて高いもんだと思っていたけれど、
マウイよりは安いと思ったな。
夕食はモロカイ・バーガーへ。

唯一あるホテルに泊まったんだけれど、ここ最悪でした。
コテージ(そんな素敵ではないけれど)っぽいつくりの部屋は
エアコンが無く、最近の異常な暑さのハワイでは耐えられるものではなかった。
清潔感もないね。
窓開けっぱにしても暑くて暑くて、セキュリティもあったもんじゃなかったわ。
それにフロントも夜8時くらいには誰もいなくて、9時まではいるってあったのに
電話でも誰も出ず。もうここに泊まることは決してないな。
暑さ逃れで夜の10時半になるのを待ち、カネミツベーカリーへ。
目的はホットブレッド。

食べ物では他にモロカイで一番だと言われるクアラプウクックハウスにも行った。
モロカイコーヒーで名物モカママを飲もうかなと思ったけれど、
飲み物で8ドルするのでちょっとビックリ。

モロカイは自然を満喫するにはすごくいいところ。
またすぐにでも行きたいなと思うけれど、
食べ物など他はあまり期待しないほうがいいと思う。

翌日はハラヴァ渓谷をハイクしました。
この渓谷って何本滝があるんだろう。面白かったな。

Kalaupapa


DSCF4406
ハワイアン・エアラインの料金が安くなっている時に
モロカイへ行きました。

早朝の飛行機で着いたそうそうカラウパパへ。
景色やベジテーションを楽しみたいのでミュールではなく
ハイクでカラウパパのビーチまで降りました。
3マイルほどなのですが、崖を下ったり上ったりなのでなかなかシンドイ。

DSCF4249
DSCF4260
DSCF4248   DSCF4283[1]ククイはモロカイの木


DSCF4289[1] DSCF4297 DSCF4301 ここには普通に鹿がいたり、フクロウがいたりします。

DSCF4316[1]
到着。
カラウパパに入ったらダミアン・ツアーで観光。
ここではツアーに入るか、住人の知り合いでなければ入れません。
住民の写真を撮ることと、グループから外れない約束。

DSCF4413
ツアー中でマンゴーがあるところでは取り放題、食べ放題でした・・・。


DSCF4452
住民しか利用できない郵便局。

DSCF4462[1]
DSCF4465[1]カラワオ。最初にハンセン氏病の患者が送られた場所はペニンシュラのカラワオ。
景色がとてもいい場所ですが、その当時は生活するための施設や機能が全くなく大変でした。

DSCF4545[1]正直、帰りはミュールに乗りたかった・・・。片道乗りあれば・・・・なわけないけど。
ハイクは下りの方が時間がかかりました。
下りのミュールは怖いので嫌だ。
ハイクで歩くと、見えにくいところに十字架やマリア様像、お供え物、ミュールのの足かせがいろいろありました。
昔なのかどうかわからないけれど、崖から落ちた人、結構いるんですね。


DSCF4549
ハイク道から見たカラウパパの町。
ツアーでは表面的にしか観光できないのが残念かなと思いますが、仕方ないですね。
でも行けて良かったです。

旅行記は機会があればまた。
モロカイはフレンドリー・アイランドと名前があるように、
出会う人出会う人、とてもフレンドリーでしたよ。

かくれんぼ


983

マウイでみたトカゲしゃん。

 

985

 

爬虫類や虫、動物が大好き。

楽しい週末を!アロハ

Kipahulu


603

 

マウイのキーパフルに行きました。

今回の旅は東から南に行き北上してきました。

 

キーパフルまでの道はハーナを含めて土地に関する

沢山の素敵なハワイアン・ソングがつくられています。

その風景を観るのも楽しみの1つでした。

ハーナはワイカロアやカアフマヌ、

キーパフルはカ・マカニ・カーイリ・アロハやキーパフルが

フラでは有名。それにフラの女神、ラカの場所でもあります。

 

特にカ・マカニ・カイリ・アロハはハワイの有名なモオレロ(神話)が

ベースになってできた曲なのでその情景も思い起こされます。

極極簡単に言えば、キーパフルに住んでいたプナルア、

(プナルアを説明すると長くなるので、このハワイトラディッションについては

また今度説明します)

 

この話の場合は男2人に女1人ですが、若い男性と女性がオアフに逃げました。

残った男性が女性のことを忘れられず、

呼び戻す策を相談しにカフナのもとに出向きます。

ここでカフナが言ったのは「ウメケに思いを込めて海に流しなさい」

ウメケはオアフの、女性がリムや魚を漁していた場所に届き、

それを開けた女性がキーパフルの男のもとに帰っていく話。

今は自然保護地になっているけれど、昔は沢山の人が住んでいたらしいです。

644

 

640

 

そのウメケが流れ着いたとされるオアフの場所はわたくしの家の近所なので

この歌はわたくしの身近な親しみのある歌なのです。

もちろん、他の曲も大好きです。

 

 

オアフではあまり思わないけれど、

マウイをドライブする時はマウイの曲が良いですな・・・。

 

 

 

 

マウイの猫


715

ウルパラクアの人気者らしいこの猫。

名前聞いたけれど忘れちゃった。

人がどんなに近くを通っても全く動じず。

730

 

 

 

ラハイナの猫

わたくしも愛読している本がある

歴史家デヴィッド・マロの家がラハイナにあり、その近くにいた猫

887

猫はしぐさが可愛いね。

 

 

 

 

957

ラハイナ・アウトレット・モールで見た猫。

リアル猫ではありませんが。

この方、長く飼っていた猫が死んだ時、

その猫の思いでを刺青に入れたようです。

 

ラハイナには11月の中旬にアウトレット・モールがオープンしました。

まだ半分くらいの店舗はオープンしていませんが・・・。

ワイケレにある人気店舗はここにあるけれど、規模は小さいです。

ロックで飲ろう!


371

少し前のことになりますが、

サンクスギビングの休暇に短い日程でしたが

マウイに行ってきました。

久しぶり、マウイ。

 

マウイといえばサトウキビということで。

カフルイ空港内でサミー・ヘイガ―が経営するレストラン

「サミーズ・ビーチ・バー」へ。

999

 

店内はこんな感じ。

1015

 

ロックではないけれど、サミーのラム酒が入ったカクテル。

ロックでは飲りませんでした・・・。

1007

 

 

ホテルの売店でもサミーのラム酒が販売されていました。

左のはホールフーズやフード・パントリーでも売っていますが、

右のは見ないな。

773

 

ロックが一番美味しいそうです。

Maili


119

ナーナークリを越えるとマーイリ。

マーイリは小石という意味。

砂浜がとっても広くて白いビーチです。

 

昔は川と合流する場所あたりにイリイリに使うような

小石が沢山あったって聞きました。

他に土地にまつわる神話もあり。

132

 

海もキラッキラ

121

 

ここからみたカーネイーリオ

画像が小さいから見にくいかもね。

117

Aloha ia Waianae


110

 

先週は大好きなワイアナエに行ってナネアしてきました。

 

毎日、夕食が終わったら、床にゴロゴロ寝ころびながら

本を読んでいます。

大体はハワイ関係の本。

家には沢山の重要なハワイ本がありますが、

毎年増えていくし、読んでも忘れてしまうこともあるので

なかなか読み切れません。

 

今はワイアナエの歴史本。

この本は愛読本ですが、この本を読むときは

他に2冊の本を開きながら読んでいるのでさながら勉強をしているよう。

 

読んでいたら久しぶりに行きたくなったので

翌日GO.

ワイアナエの海はビーチが広いね。

雨があまり降らないから山はカアラ近辺やマークア以外は

緑ではなく、暑い。

 

好きだなーワイアナエ。

自分の中で好きな場所がいくつかあって、

ワイアナエもその1つ。

ワイアナエは西全体と思っている人が多いけれど、

10の地区があります。

ワイアナエという場所名はタムラ・マーケットから

マーカハ・ヴァレー付近まで。

マウナ・ラヒラヒからはマーカハです。

 

↓ワイアナエ・ヴァレーは1600年から1700年代は

政治や信仰の中心地でした。

オールド・ガーバメント・ロードと名が付いているのも

その名残り。

 

112

 

このあと、美味しいおやつ食べに行って帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

Pihea


Post-1622カウアイ、ナーパリ。
カララウ渓谷近くにある1つのピーク、ピヘア。
ここは簡単なトレッキング・コース。

ここから見る景色は良いなー。
正面は美しい渓谷と海、後ろ側は真緑な樹木の海が広がる。

ここにもレフア・ウラや山のナウパカ、
ペレの好きなオヘロ・パパなどネイティブ・プランツが
いろいろあったよ。


カウアイっていいな。自分にしっくりくる場所だ。
今度はもし機会があって可能なら
今いろいろあるプロジェクトを見てみたい。
(勿論ツーリズムではありません)