モーハワイ☆コム

カテゴリー:Hawaii

GOOGLE TRANSLATE HAWAIIAN LANGUAGE


17日にグーグル翻訳機能に12カ国語だったかな? その言語が追加されました。
ローカルニュースでは単語だけでなく文体の翻訳もできるみたいなこと言っていたので
早速翌日いろいろ試してみました。

結果、単語でも間違いが非常に多いし、文章になると翻訳機能としては非常に変で
単語を組み合わせたものになっていたり、支離滅裂になっているのが気になりました。
この機能を信じて翻訳したりするのは現段階では非常に危険かな。

今日現在では正確さに欠ける翻訳機能ではありますが、
今後、早い改善が見られるのを期待したいですね。

アラワイでシュノーケル


わたくしではありません。

今朝、ビックリ驚きました。
ハワイに来て10数年経ちますが、
アラワイ運河でシュノーケルしている人を見たのは初めてです。
コンベンションセンター近く。

この人はホームレスか、ホーム有りの人かまではわかりませんが、
多分蟹を探しているのだと思う。
先週、網を引き上げている人を見たのだけれど、
その中には足をのぞく胴体が横20センチ以上はある蟹が入っていました。
魚も入っていたのだけれど、テラピアではありませんでした。
この辺はアラモアナの海と近いのでそんなんいるのかもね。

それにしても、驚き。
そして意外にアラワイは深い。
今なんぞ、汚さがマックスなのにね、普通に顔付けて(シュノーケルなら当たり前ですが)
潜っていましたよ。

良い子、良い大人は真似しないでね。

天候が不安定なハワイ


ハリケーンが少しそれたとはいい、青空が見えないハワイ。
昨日の暑さはもうマックス。今日は風があるけれど蒸し暑い。
そんな日は涼しい場所に行って読書やネットなどしているのが良いね。

天気が悪くて一番心配なのは停電より鳥ちゃん(マヌ・オ・クー)の赤ちゃんたち。
とりちゃんやかわうそ君、もみあげちゃんはもう飛べるので心配ないけれど、
家の近所の3羽の赤ちゃんたちと銭稼ぎ場近くの1羽の赤ちゃんが心配。
銭稼ぎ場の近くの鳥ちゃんは雨よけや日よけが全くないところにいて
他の3羽に比べても特にちっこいので本当に心配。

コ-レアちゃん達も少し前からアラスカからハワイに戻ってきているので
早くいいお天気になるといいな。
暑さだけは何とかしてほしい。

暑すぎるハワイ


毎日、猛暑続きのハワイ。
今年の暑さは異常。早朝も夜中も暑い。

ミッドウイークにロン・ミズタニという
KHONのキャスターが書くコラムがあるのだが、
面白いことが書かれていた。
ワイパフにある個人所有のニウの木が
今年は約300の実を付けているそうな。
これ、1本の木の話です。すごい。
何年も前にハナのヘイアウから2つの実を持ってきて植えたものの1本。
もう1本は他になく甘い実を付ける木だという。
見てみたいね。写真でもすごいので実物はどうなんだろう。

このココナッツは特別な木だが、毎日の暑さが原因で
異常に実を付けているのは他のココナッツやフルーツも同じだそう。
ココナッツの剪定業者は半年に1度のココナッツ除去の依頼を個人もしくは
企業から受けるのが普通だが、今年は4カ月に1度だそうだ。
ライチもマンゴーも例年に増して多い収穫だそう。
異常気象を危惧する内容の記事でもあった。

暑いの嫌でハワイにいるのに、毎年毎年気温が上昇していてシンドイ。

Manu o Ku


DSCF5002
とりちゃんやかわうそ君がいなくなった日にこの子に出会いました。
(とりちゃんとかわうそ君は修行を終え、それぞれ自分の産まれた場所に今は帰ってきています)
(かわうそ君は飛ぶ練習をわたくしの自宅隣りのアパートの屋上と手すりでしていました。
自分が産まれた場所に一番近い場所がそこだったので、大変珍しい光景でしたよ)

DSCF4985

DSCF5009

DSCF5013

この子は両端がグレーで白っぽい美人さん。
飛び真似ばっかりしているので出会ってから2週間ちょい過ぎの今日、初飛び。
画像がダウンロードできないのでまた今度。

昨日のパトロール中に見つけた子はまだ生まれて数日目。
色は濃いグレー。この子の写真もまた今度。ちっこくて可愛いです。

鳥になったとりちゃん


DSCF4961

月曜の朝、とりちゃんは鳥になりました。
もともと鳥だけれど・・・。飛び立ってしまいました。
もうあの木には帰ってきません。
寂しいけれど、とりちゃん2か月の間ありがとう。
また会いたいな。

DSCF4971
DSCF4891

夏の山


DSCF1713
いいお天気続き(暑すぎるが)だったので久しぶりに山に入ってきた。

DSCF1733
こんな道を通ったあとは

DSCF1803
コアやククイやレフア・アーヒヒの森に

DSCF1799
DSCF1752
ちょっと天気が悪くなってきた。


DSCF1748
レフア・アーヒヒが満開。

DSCF1773このレフアはオアフ島固有種。オアフのみに咲くレフア。


DSCF1761
DSCF1767
山は良いね。特に夏は。
木がいっぱいだからずっと日陰登山道が多い。

篠遠博士の講演


DSCF0625(右側が篠遠博士)

先日、日本人でビショップ・ミュージアムの考古学者である
篠遠博士の講演会に行った。

彼は今年91歳?になる。
ハワイやフアヒネ、他ポリネシア諸島についての研究者であり、
特にフィッシュ・フックについての研究は有名である。

彼は日本の大学も出ているが、ハワイの大学で勉強した後、
そのままハワイで研究を続けたのだが、
彼の時代にはそのように日本人がハワイでそのまま学者として
働くということは非常に難しかったそうだ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Yosihiko_H._Sinoto


DSCF0639
DSCF0640
今日の新聞に、ビショップ・ミュージアムのウエブ・データベースで
閲覧できるようになったと掲載されていた。
時間があるときにのぞいて勉強しようかと思う。

興味がある方は是非。

Kumu Hina


DSCF0637
先週の新聞にKumu Hinaのことが大きく掲載されていました。
日本の方で彼女のことを知っている人は少ないかと思いますが、
ハワイではとても有名です。

長く、ハワイアンのチャーター・スクールで働いており、
ハワイ文化を教えていました。
ポリティカルな方面でもよく活動されています。

新聞には最近の中国旅行についてや(彼女はチャイニーズの血が混ざっています)
彼女の生い立ち、家族のこと、マフ―に目覚めたことなど
いろいろ書かれていて興味深かったです。

何より一番驚きだったのは
彼女のお兄さんがあの料理人のアラン・ウォンだったこと!!!
新聞記事を見て知った方、とても多かったのでは。
わたくしの知人たちも知らなかったので驚いていました。

ハワイ・ブック&ミュージック・フェスティバル


DSCF0593

少し前の話になりますが・・。

本をこよなく愛するわたくしは、このイベントが大好きです。

今回もMMFでもおなじみなハーラウ・フラのステージや
地元の作家や知識人のステージやレクチャーなど盛りだくさんでした。

今回、わたくしが一番好きな出版社は出店していませんでしたが、
買おうと思っていた本を超破格で見つけたので嬉しかったです。

欲しかった本はカマナ・ビーマーさんのNo Makou ka Mana.
少し前に出た本です。

DSCF0593
新品で裏側にシールの跡があっただけで、なんと1ドル。
家に帰ってセロハンテープですぐにネチャっとしたものは取れました。
この本、20ドル以上するのでホントにラッキーでした!!
(まだ読んでいません)

DSCF0588
もう1冊の掘り出しもんはブラザー・ノーランド(トニー・カンジュゲ―ションのお兄様)の
ハワイアン・サヴァイバル・ブック。
これは1年ほど前かな、売り出したの。
よく立ち読みしていたのだけれど、これも破格だったのでゲット。

タイトル通り、山や海、緊急時に使えるハワイの知恵が書かれた本です。

DSCF0590
ハワイの植物の利用の仕方や

DSCF0591
サメにアタックされた時の身の守り方や

DSCF0592
最後の章はハワイのローカルと仲良くなる方法が書かれています。
どの章も長い話ではないので、飽きずに簡単に読めるのが嬉しい。

DSCF0635
ハワイの2015年度ブック・アワードが新聞に紹介されていました。
上記2冊も入っていましたよ。