モーハワイ☆コム

カテゴリー:moomeheu

Kinolau


Post-1705ハワイの神々の化身のことをハワイ語でキノラウといいます。
自然界にある植物、動物や静物に身をかえて現れます。
ペレはモオ(オオトカゲ)や美女やレフア、ボルケーノ
カマプアアはフムフム・ヌクヌク・アープアア、
クーはウル(パンの実)やニウの実(ココナッツ)、オーヒア、
カナロアはヘエ(タコ)マイア(バナナ)、カーネはカロ(タロイモ)
ここに挙げたのはほんの一例。
キノラウはいくつかの体という意味を持つから。

神とこのキノラウについては
それぞれにハワイの神話で語り継がれています。
子供向けの本にお話が沢山あるので
興味のある方は読んでみてください。
こういうものから興味を持つと
ハワイのことや考え方など、トータルで知ることができるので
ハワイについてもっと興味を持つようになると思います。


写真はコモドドラゴン。
ペレや彼女の末妹であるヒイアカイカポーリオの
キノラウもハワイで良く見るゲコではなく、
コモドおおとかげに似たものだと言われています。
ハワイにはコモドおおとかげはいないのですが、
神話に残されているものは
そういえばおおとかげばかりですね。

Mea Kaua


Post-1523ハワイにもいろいろな武器があります。
昔はこうした武器を戦争に使っていました。
誰でも使えたというのではなく、
位が高い人が使えたものです。
今ではLua(ハワイの武道)ぐらいにしか
使われることがありませんが。

写真のものは沢山ある種類から
ほんの一部である武器です。
左の剣のようなものは
魚のメカジキの上顎「吻 ふん」で出来ています。
メカジキは英語でスゥオード・フイッシュ」と呼ばれ、
剣の魚という意味です。(ハワイ語ではア‘ウですが、カジキと言うのが一般的)
日本語のカジキは舵をとる木や
船の底になる木を貫く角を持つ魚と言う意味だそうですね。

魚自身も吻を武器にするんだって。
吻を振り回して獲物を打ちのめし、
致命傷を負い弱った状態になった獲物を捕食にするのです。
サメもやっつけてしまうくらいだそう。

右はクジラの骨のえに
タイガー・シャークの歯をつけたもの。

カジキの吻ってこうして磨きあげられると
ホント美しい。
クジラの骨もサメの歯もそれぞれに美しい。
武器というより美術品のようです。

歴史的建造物があるエリア


Post-1473ダウンタウンというかこのエリアは
1840年頃にはすでに街になっていたので、
古くからの建物が残っています。
古い建物は点在していますが、
ビショップ通りやべセル&マーチャント通りは
歴史的建造物が集まるエリアです。

この辺りにも、そして近くにはチャイナ・タウンがあるので
食べ物屋が沢山ありますが、
こうしたエリアを歩くのも楽しいですよ。
ヒストリック・エリアと言うことで
英語ではありますが、建物のわきには
説明のボードがあります。


写真はリリウオカラニの時代に営業していた横浜正金銀行。
(この銀行はもう日本にも存在しません)

Poi Dog


Post-1463車のナンバー・プレートを眼で追う癖がある。
カメラは常に携帯しているから
面白いのがあれば、写真に撮る。

ポイ・ドッグ、こんなのを見た時は何だか楽しい。
ポイ・ドッグとは昔のハワイアンは豚や牛ではなく、
犬が主要な肉だったので
その美味しい肉を作るために
ポイで犬は育てられたことから呼ばれたもの。

犬を食べたことのあるハワイアンは
皆口を揃えてどの肉よりも美味しいという。
わたくしは食べれないなぁ。
犬大好きだから。

Lei Ilima


Post-1426イリマのレイを頂きました。
このレイを1つ作るために700~1000以上の
ありえない数のイリマの花が必要です。

Nani Wale na Pua Lei ka Ilima とても美しいイリマのレイ
O ka Ui Hooheno o Kakuhihewa 親愛なるカクヒへヴァを飾る

イリマはオアフの花、
カクヒへヴァは昔のオアフのアリイで、
彼の時代はオアフの島民はとても幸せに過ごせました。

今でも島を昔のアリイに例えることがあります。
ハワイアンのイベントでよく挨拶に使われたりしますので
聞いたことある方も多いのでは。

マウイはカマもしくはピイラニ、
オアフはカクヒへヴァ
ハワイはケアウェ(ヒロはハナカヒ)
カウアイはマノカラニポー
ニイハウはカへレラニ
モロカイはヒナ   などなど




貴重なレイをありがとう。

P5


P5は金曜日のこと。
ハワイ語でPはポーでポー・ア・カヒ、ポー・ア・ルア・・・・・・・と
月から金曜日までを呼びます。
1は月曜、2は火曜などを示し、
金曜日は5なのでP5と書くときは使います。
じゃ、週末は何て言うかといえば土曜なら
P6とか言ってもいいけれど、
土日はHopena Pule(週の終り)で
ちなみに日曜日はLa Pule(祈りの日)と言うのです。
Puleは週と祈りの意味がある。
そして、このP+数字はハワイ語の世界では当たり前に使うもの。


今日は非常に精神的に疲れる出来事がありました。
もう本当に疲れる。
会社内のまつりごとに踊らされ、
会社の取引先の人間と言えば大馬鹿ばかり。
その馬鹿たちは一般常識も知らないド阿呆どもでもある。
本当にイライラするわ。

今日はカジメロさんのコンサートのいい席をゲットしていたけれど、
そんなこんなで行く気が全くうせて、
同僚にチケットをあげちゃいました。

家に戻れば、いまだこの時間になっても
リノベーションの人が家にいて、
おとといまでに終了だったのにいまだにまだうだうだしている。
イライラしているわたくしは彼らにキレました。
もうすぐもうすぐ・・・・なんてハッタリもいいところ
いい加減にしろ!!!!!

本当はP5はウキウキなはずなのにね。
イライラが限界。

Leahi


Post-1292ダイアモンド・ヘッドのこと。
ダイアモンド・ヘッドやKCCがある辺りはLeahiといいます(今でも)。
マグロの額という意味。
ここは昔はいくつかのヘイアウがあった場所。
今は違う建物が建っている場所もあったり、
公園になっていたりするところもあるけれど
昔のハワイではとても重要な場所でした。

いつもと違う角度からダイアモンド・ヘッドを見てみると
別物みたいな感じ。
右に見えるのはココ・ヘッドです。
ココ・ヘッドがある辺りはマウナルアと言います。
2つの山という意。

Ka Uluwehi o Ke Kai


Post-1287緑の場所は全てリム(海藻)です。
Ka Ulu Wehi o Ke Kai(カ・ウルウェヒ・オ・ケ・カイ)って
こんな景色のことをいうのです。
リムはいろいろな色があるので、もちろんこれだけではありません。
有名なエディス・カナカオレさんの曲の背景とはまた違うので
彼女が見た景色でもないけれど。
この曲はリーポアやハワイアンが一番好きなリムの
リム・コフのことを歌っているから。

写真のものはリム・パーラハラハ(だと思う)。
ハワイ島ではリム・パカイエアみたいな感じなのかな。
食べれるリムだけれど、サメがアウマクアな人たちにはカプ。

昔のハワイにはカプという習慣があって、
女の人は食べてはいけないものがいろいろあったのだけれど、
そんな時代にリムはとっても重要な栄養源だったの。
ハワイは外来種と固有種で約600ものリムが生息している。
食べれる種はここからずっと少なくなるのだけれど。


写真はアケケケがこの中にいる小さい魚や貝を食べているところ。
この日は潮がひいていたので緑が余計に表に出ていました。

Hauoli La Hanau ia RHH


Post-1285今日2月1日はロイヤル・ハワイアン・ホテルの誕生日、85歳になります。
誕生した1927年ではワイキーキーで規模の大きいホテルとしては
モアナ・サーフライダーに続いて2番目のホテルでした。
当時のお金で4ミリオンダラーの建築費を要しましたが、
その当時の1ドルは今は約12ドル66セントほどの価値らしいですね。

わたくしのハワイで一番好きなホテルでありまする。

アウエーな感じ


Post-1282昨日のYahooニュースのタイトルに
夏木マリさんが「アウエーな感じ」と言っていたとありました。
わたくしは観ておりませんが、朝のNHKドラマ「カーネーション」のヒロイン、
小原糸子の晩年を夏木さんが演じることになった感想です。

この記事を読んだ時、わたくしのようにハワイで使われる
言語に慣れ親しんでいる方なら誰でも「え?」て思ったはず。
わたくしも「何で、夏木さんこの言葉知ってるの??」と最初に思いました。
普段のハワイの生活の中でわたくしも頻繁に「アウエー」と言っています。

で、日本語でこの言葉をググッてみると、
今の日本では普通にこの言葉を使っていました。
日本では英語でいうAWAYのことだそうですね。
ハワイ語とは少し意味合いは違います。
わたくしが日本にいた時はこの言葉は
まだ使われておりませんでしたので知りませんでした。

ハワイはAUEもしくはAUWEと書きます(読み方はアウエー、アウェー)。
書いてみると発音もAWAYとは違いますね。
矢印で強弱を付けてみたら日本のAWAYは→なのに対し、
ハワイのAUEは↑↓→みたいな感じだし。(非常にくだらない解説です)
ちなみにToo Bad, Oh, Goshみたいな気分の時に使いますよ。
この言葉は別にハワイ語の時だけという場合だけでなく、
ローカル・ピジンみたいに年齢層問わずに聞きます。

ということで夏木さんのは日本語でしたね。


おわり。




今、西でも南でも北でもモンクシールが見れるよ。
でもオアフには30から40頭くらいしかいないのですが。
さて、今から探索してこようかな。