DSCF2460 (960x1280)

最近、アラモアナセンターには新しいアート作品が増えていますね。

そして、アラモアナセンター2階マウカウイングにファッションアネックスという
ギャラリーがあるのをご存知でしょうか?
今、そこで面白い作品が展示中になっているので紹介しますね。

タイトルはRebootー再起動。
ハワイのファイバー・アーティストとして活躍するハナレイ・マルケス・マルザンさんと
ハワイ神話の挿絵やハワイ有名ホテル、コンベンションセンター、シーライフパークなどの観光場所等に
飾られる絵画や壁画でおなじみのソロモン・エノスさん。
どちらも大好きなアーティストです。

DSCF2483 (960x1280) DSCF2501 (960x1280) DSCF2464 (960x1280) DSCF2472 (960x1280) DSCF2461 (1280x960) DSCF2459 (1280x960)
↑6枚の写真の衣料はハナレイさんの作品
1枚目の玉虫のように輝いているのはカブトムシの羽根で作ったもの。
3枚目のふわっふわなものは豚の内臓でできています。



ハナレイさんの作品はほとんどがMamoファッションショーで発表されたものですが、
Rebootは今から何千年後のハワイの衣料品イメージで展示されています。
ソロモンさんは彼の長年プロジェクトであるポリファンジカの展示です。ポリファンタジカは
彼の造語でポリネシアンサイエンスフィクションのこと。
もし、古代ハワイ人が他の人種と出会っていなかったら・・・独自の進化みたいな感じかしらね。

DSCF2511 (1280x960) DSCF2506 (960x1280) DSCF2503 (960x1280) DSCF2500 (1280x960) DSCF2498 (1280x960) DSCF2489 (1280x960) DSCF2490 (1280x960) DSCF2491 (1280x960) DSCF2477 (1280x960) DSCF2476 (1280x960) DSCF2475 (1280x960) DSCF2474 (1280x960)
↑12枚の写真にある絵画はソロモンさんの作品。

ソロモンさんのハワイのカーネ、カナロア、ロノ、ク-の4大神を独自にイメージしたイラストは
めちゃくちゃなものではなく、4大神の特長、イメージをちゃんととらえているし、
見ていても楽しいです。
マンガやゲームの世界っぽいですが。

ポストカードが置いてあったのでもらってきました。
送れそうになさそうですが・・・。それも8枚も。太っ腹だなあ。

DSCF2519 (1280x960)
アラモアナでこんな展示が見れるようになってまた1つ楽しみが増えました。




左はソロモンさん、右はハナレイさん。
暫くぶりに見るソロモンさんはダリのようになっていました。

DSCF2522 (1280x960)