Post-988

有名な「硫黄島の擂鉢山に星条旗を掲げる兵士」の像デス。

HAWAIIにある物は、ワシントンにあるモニュメントのミニチュアだそうです。

この日は、何処にいくつもりだったのか?

なんとなく東海岸周りで何処かにいくつもりだったのか、

すっかり忘れてしまいましたが、

車には、ナビもありナビの案内するまま予定地に着くはずが

気がつけば、軍の出勤時間と重なり検問の列に並んでしまいました。

「Uターン」するにも出来ず、横も前後も軍の人。

勿論、一般開放日以外は立入禁止

開放日以外で入る場合は、軍関係者のサポートが必要。
(それでも車の証明書、車検証、自動車保険証、運転免許証を掲示するそうです)


不安がよぎりました。

あと車2台で・・・・・

そのときに軍入口に立っていた検問担当の方が、こっちに

きたーーーーーーーーー

心臓はバクバクでしたが、

親切に「ココでUターンして、かえりなさい」「で、何処に行きたいの?」てな感じで
教えてくれました。

運が良かった。優しい方で。
(大声で「駄目!だめ」(英語でね)と言われたと聞いたことがあったので)

「硫黄島」での出来事、その後の事、そして今。
この事が(モニュメントを実際目にした事)、きっかけで色々な情報を集めて、学びました。

世論については触れずにおきますね。

話は違ってしまいまいますが、現在「映画館」で
「聯合艦隊司令長官 山本五十六」が上映されているようです・・。


色々な説があり、真実はわかりませんが。。。。

滅多に「邦画」を見ない私ですが、見に行ってこようと思います。