Post-57

15世紀の神殿を復元したアフエナ・ヘイアウ。

修復中のもようで、少々残念。
15世紀の神殿を復元したヘイアウで、
『カマカホヌ(亀の目という意味)と名づけれてる。
大王は晩年をここで過ごし、1819年にこの場で、息を引きとったそうです。


こちらもヘイアウ。

ハワイ伝統工芸である「フェザー・メイキング」。
それぞれの箇所には、
‘ō‘ō(オーオー)の黒と黄色
mamo(マモ)の黄色、
‘i‘iwi (イイヴィ)の赤が、使われていたそうです。


`ahu`ula(アフウラ:マント)


mahiole(マヒオレ:ヘルメット)

これらは、キングカメハメハ・コナ・ビーチ・ホテルにて。
ローカルの人々に愛される場所なわけですね。

古代ハワイの事について、もっと詳しく知りたくなった。
次のハワイでは、ビショップミュージアムに行きたい!!