モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年12月

Christmas present



***年末ですね〜もう今年も終わりですね。さて、ちょっと報告がございます。何度か書いては消し、書いては消してを繰り返してすっかりアップするタイミングを失っていました。3年前の1226日にハワイカワイアハオ教会で結婚しまして、まる3年経ちました。

***実は、12月25日に子供が産まれました。ひとまず母子共に健康です。性別はチ○コが付いてる方です。予定日は29日 だったので「年末年明けにかけて病院に通う事になるし、正月は一人で嫁の実家に…気を使うなぁ…え!?年末年始は通常病院はお休みだから特別料金がかかる の?…つか、何より一人で年越しかぁ、出来ればちょっと早め産まれて年内に退院してくれないかなぁ…。」などと身勝手でしょうもない事を考えていました。 ところが、そんな私達のしょうもない期待に早くも応えてくれた我が子、見事30日に退院と相成りました。で、写真ですけど、これがですね、びっくりするくらいにブサイクなんですよ。体重は3100g をちょっと超えたぐらいで、極めて大きかった訳では全然無いんですけど、頭が大きかったおかげで、途中でつっかえてしまい、顔面うっ血して出てきました。 顔色は悪いし、全体的にむくんで、目なんか凄くハレれてるし「スマン!!我が子!!」と思いながらも若干退いてしまいました(笑)。そうです、ハワイが遠 くなってしまった理由はここにありました。そんな訳で残念ながらしばらくハワイへは行けそうにありません(涙)。ですが、子供料金がかかる前には一度行っ ておきたい気もします。モーハの掲示板をフルに活用して子連れハワイの参考にしたいと思います。あ、その前にパスポートを更新しなきゃならなかったんです。つか、赤子の分も作らにゃならんですね。そんな訳で過去最高のクリスマスプレゼントをもらったような気がしました。

「連れ込まれるなら連れ込め?」



***ドアの開く音は隣の部屋でした。「ギャー!!アハハハ!!ウォー!!!!キャハハ!!」と始まってしまいました。時計は23時を回っています。「まぁクリスマスだから(仕方がない)か…。」と日本文化センターの石碑を引き合いに出したらバチが当たるのでは無いかと思われる隣人達の貞操観念。耳を澄ませてよく聞くと(何をやっているんだ、俺!!)女性2人に対し男性も恐らく2人。しかも男性はアメリカ人であろうネイティブ英語とイェースとかノーのそれ以外は日本語と笑い声、そしてテレビかラジオか判らない音楽。コミュニケーション取れているのか?と疑ってしまう様な騒音ぶり。

***ハワイ旅行3回目ぐらいの私にとって、フロントに苦情の連絡なんて事は想像すら出来ませんでした。逆に電話した事により全く喋れ無い英語でまくし立てられ窮地に追い込まれる可能性120%でした。そんな訳で騒音は諦めて寝る事にしました。深夜トイレに起きるとまだ騒いでいます。シーンと静まると最早話し声や笑い声しか聞こえてきません、無視して寝ようとしたのですが、なかなか寝付けません。布団をかぶって無視し30分ぐらいゴロゴロしてふと時計に目をやると3時 を過ぎた頃。何となく笑い声や騒ぎ声が落ち着いてきました。「やっと寝れる。」と思い布団から顔を出すと「キャハハ…ハァハァ…キャハハァ…ハァン。」や 「アハハハ…アン…アァン…アハハハ…アァン!」と騒音が変化して行くではないですか!あまりの自然ぶりに面白くなって更に耳を澄ませてしまいました(情 けない!何をしておるんだ、俺!!)。なるほど、男性としてはそういう攻撃だったのか~と大体でベタな攻撃にある意味関心してしまいました。そこからは騒 音の質も変わり、彼らの興奮は高まるも実質騒音レベルは下がったので、私もだんだん眠くなり追跡調査もここまでとあいなりました。翌朝朝食の為に部屋を出 ると相変わらず「起こさないで下さい」のプレートがかかってドアの脇にはワゴンテーブルにシャンパンの空き瓶がごちゃごちゃに置いてありました。よっぽど ピンポンダッシュをしてやろうかと思いました。しかし、連れ込まれるのではなく、連れ込む側とはなかなか大体な日本人女性もいるんだなぁ…と関心しました とさ。***おしまい

「連れ込まれるなら連れ込め?」



***皆さんはホテルに宿泊の際「隣人の騒音が気になった!」ってことは無いですか?これは安いホテルになればなるほど気になる様に感じますね。ハワイではありませんけど、事実数年前ツアーで名古屋に行った時に千種区の激安旅館111500円に泊まった部屋の隣の部屋との仕切りは、鍵つきの襖(ふすま)でした。その旅館(ホテルと書いてありました)の利用者の多くは貧乏ミュージシャンか、出稼ぎ労働者でした。それはもう強烈でした。生活音というより生命音です。隣の部屋は工事現場のオッサンが5人ぐらいでガーガー寝ていました。歯ぎしり、オナラ、ゲップ、いびき、咳、くしゃみ…襖一枚ですよ。そんなもん家族じゃないですか。その騒音たるもの凄いもんでした。今となっては、イヤ既に当時でも爆笑の思い出ですけど、やはり安全と静寂はお金で買えるのです。これは日本での話ですけど、万国共通でしょうね。

***ハワイのホテルでもシャワーの音やトイレの音、話し声などいわゆる生活音が気になる場合は、体験上ホテルランクでいうCグレード以下に見られる現象 です。逆にAグレードやBグレードに宿泊の際に隣の部屋の騒音が気になるという場合は、隣人はかなりの大騒ぎしているという事ですので、クレームの対象に なります。私も一度Aグレードのハイアットリージェンシーで騒音に悩まされた事があります(とはいえ、勿論部屋指定無しでの話ですけど)。それは某年(隠 す意味が有るのか?)の12/24の夜の逆サイレントナイトの事でした。22日か らハワイ入りしていましたが、連夜隣の若い日本人女性達の話し声が気になっていました。朝私達が朝食の為に部屋を出る時には隣は必ず「起こさないで下さ い。」のプレートがかかっている、そんな時間帯で活動している人達でした。気になる騒音は22時を深く過ぎてからです。私は基本的に時差に弱いので、毎晩22時 を過ぎた頃には眠くなっていました。元彼女(現嫁)も早寝タイプなので、その時間を向かえる頃には私達の部屋は電気が消えていたので、タンタラスで楽しん でいた方々には申し訳ない気分でいっぱいでした。しかし、隣人はそこからがアクティブな時間な訳です。ドアの開閉音に廊下で話す声など、なかなかの騒音レ ベルでした。そしてついに24日のXデーがやってきたのです。友人と食事を済ませ、部屋に戻って寝る準備をしている と、エレベーターの到着音と共に廊下から男女の大騒ぎ声が聞こえて来るではないですか、笑い話と時折聞こえる女性の「シーッ!シーッ!」と言う声が近づい て来ます。「まさか…」と嫌な予感的中です。***つづく

Singapore Pink?



***楽しませてくれた我が家のプルメリア・シンガポールピンクがいよいよ終わりを向かえている様です。

***室内に入れても、夜から明け方にかけての気温はどうしても15度を下回ります。さすがにプルメリア用にヒーター を点けておくわけにもいきませんので、つぼみはまだ残っているのですが、恐らく今咲き始めのモノが最後でしょう。事実、他のつぼみは残念ながら黒ずんでし まってます。見た目は勿論、香り共に十分に我が家を楽しませてくれました。また来年も咲いて下さいとお願いしました。



夏 頃から振り返って、こんなにも植物の開花が待ち遠しかった記憶は人生においてありませんでした。今更ながら植物って地味なんですよ。本当に地味なんですよ ね。毎日気にしてあげないとダメなんですよね。やっぱり花を愛する人は心清き人とは本当かも知れませんね。あ、私も一時的に清くなれたと思います (笑)。***サンクス!シンガポールピンク!

Christmas cake



***今年のクリスマスケーキはテッズベーカリーのチョコレートハウピアです。届きました。チョコレートなんでそんなに嬉しくは無かったのですが、最後に食べたノース以来なのでやっぱりテンションが上がってしまいました。

***このダンボールに入ってクール宅急便で届きましたぜ。箱がテンションを上げてくれましたぜ。つか、これはやっぱり盛り上がってきますよね。



写真を撮ったら食べようかなと思い箱を開けて中身を出すと、カチンコチンに固まっておりました。説明書には解凍に8時間要しますと書いてあります。マジで?今夜食べられないの??と言う事で8時間後の写真です↓待ったぜコノヤロー!



切り分けて横から見るとチョコレート全開です。とは言え久しぶりのテッズパイです。おぉ!冷たくて美味いぞ!これならたっぷり食べれそうだ!とガツガツ食べました。あっという間に完食!そして20分後。



やっぱり、やっぱりですけど、力いっぱい胸焼けしました。う~ん、私にはやっぱり辛いかも・・・。送料込みでおよそ4,500円。決して安くはないですけど、ダイナミックにハワイを感じられるスウィーツです。***そして本日25日とっても素敵なクリスマスプレゼントをもらいました。神様サンクス!

Pick the Hawaii



***ピックザハワイからクリスマスプレゼントが届きました。え?何で私に届いたのでしょうか?応募した記憶が無いのに・・・と思ったらしっかり嫁が私の名前で応募していました。ガラス製アロハシャツのオーナメントです。可愛いっす。さっそく我が家のクリスマスツリーに飾ろうと思い箱から出しました。

***玄関にクリスマスコーナーを設けてありますが、我が家のクリスマスツリーは小さいので全然かけられません(涙)。ツリーサイズは身分相応です。ですので隣に飾ってみました。



特に悪くは無いですよね。というかやっぱり可愛いです。ピックザハワイさんステキなクリスマスプレゼントありがとうございました!



とりあえず写真を撮ってみました。よく見たらリースとかさり気なく飾ってありました。絵の裏にはプルメリアの芳香剤とかが隠してあります。

Hyatt Regency Waikiki Beach Resort & Spa?



***通常の場合、部屋指定無しであれば、山側を向いてる部屋であったり、他のホテルを向いている部屋であったり、リージェンシー自身のツインタワー内側に面する部屋であったりします。ハイアットリージェンシーに泊まりながらハイアットリージェンシービューになります(涙)。山側の方を向いている部屋はマウンテンビュー・シティビューとも言われ、何気に夜景は絶景との噂もあります。しかし、その多くの部屋はホテル内のエレベーターの近くに存在を許されています。

***何度かこのエレベーターに隣接した部屋に案内されましたが、実はこれがなかなかの騒音部屋でした。チェックイン時は勿論、だいたい21時過ぎぐらい迄はその騒音には気が付かないのです。カラカウア通りの喧騒も落ち着いて滞在者がホテルに戻る頃、即ちワイキキに静けさが訪れる頃、当然ですがエレベーターの音も気になってくるのです。考えてみて下さい、4基のエレベーターがフル稼動する訳です。仮にホテルが満室であれば1230室×宿泊人数が利用するのであります。ツインタワーなので÷2になりますが、そんなに単純な数字では無いでしょう。帰宿時間はまちまちですがおおよそ21時以降に集中すると予想されます。この集中はなかなかの稼働率だと思います。因みにハイアットリージェンシーのエレベーターはS社でありました。ただし人間は結構いい加減に出来ているので、2日も過ごすと慣れてしまい快適なワイキキライフをエンジョイ出来てしまうのです。以前22階の騒音が煩い部屋で滞在した帰国日の朝、4基のエレベーターが4基 とも動かない事がありました。エレベーターのボタンを押して待っていますと猛スピードで頑張っている昇降音はするのですが、エレベーター本体は一向にやっ て来ません。踊り場付近にある電話で何度か連絡するも「しばらくお待ち下さい」と言われ、諦めて非常階段に出ますと、他のフロアの人達も手荷物を持って 黙々と非常階段を降ていました。時間が無い帰国日の朝だったのでかなり焦りましたが、今となっては…いい、いや、やっぱり微妙な思い出です。22階は想像よりも高いです(涙)。帰国後しばらくしてS社の事故がニュースになりゾッとした記憶があります。

Hyatt Regency Waikiki Beach Resort & Spa?



***八角形の高層ツインタワーは、ピンクパレスのロイヤルハワイアンやワイキキのファーストレディーのサーフライダーと並ぶワイキキの象徴的な建造物です。ホテル内には高級スパやレストランにレセプションホール、ラジオ局スタジオ、複数のコンビニや楽器やアクセサリー更にはトレンドを押さえた様々なアパレルショップにコーヒーショップ。水深3?を誇るプール更にはジャグジー、そして通りを挟んだ眼下にはワイキキ交番まで抱えた高級カジュアルホテルです。施設の充実ぶりはヒルトンハワイアンビレッジに次ぐ内容でしょう。

***とまるでホテルの広告的な文章になってしましたが、ワイキキで泳ぐ事が楽しみの一つではある私達には、ビーチから近いというのはかなりの高ポイント でした。いわゆる旅行会社のホテルランク分けではAグレードに位置されているので、部屋の指定をした事は(えらく高額になるので)無いのですが、一度だけ オーシャンフロントの部屋に案内された事がありました。指定料無料の感無量でした。遊びに来た友達も「な、何?この部屋!?こんな所に泊まってんの!?つ か、メチャクチャ高いじゃん!」と私達を完全な高給取りだと勘違いさせてしまう程本当にバカみたいな眺めでした。その時の滞在は言わずもがな大満足だった 記憶があります。しかし、これは稀な事でしょう。エコノミーで予約してビジネスにアップグレードされたぐらい稀な事だと思います。***つづく

X’mas Cake ?



***見ると店員が持っていたのは、直径30センチはあろうアンパンマンの顔のデコレーションケーキでした。恐らく誰の目からみてもアンパンマンである事は一目瞭然でした。しかし、そのおばさんはバランスが悪いからアンパンマンには見えないと主張していました。粘土やプラスチック素材じゃないです。生クリーム等で作ったデコレーションケーキです。確かにケーキのアンパンマンですから微妙なところあります。言わばソレに見えるか見えないかは主観な訳です。しかし、厳密に言えば、やなせたかしが作った訳では無いのですからそのケーキはアンパンマンでは無いでしょうし、そんな事言い出したら「それはケーキでアンパンじゃ無いだろう!何でケーキで作って欲しいんだよ!見える見えないの前にパンで注文するんだろ!パンで!」と突っ込みを入れたくなりました。店員では対応しきれずにパティシエが出て来ました。

***思わず「ジャムおじさんじゃないじゃん!」と、ここも突っ込むところだろうと思いましたが、パティシエはデザインについて説明を始めました。「立体 で作るモノですからここはどうしてもこんな感じに…」とその説明には「やり直しは大変な事なんですから納得して下さい。」という本音が聞こえてくるようで す。そのクレームの行方が凄く気になったのですが凝視する訳にもいかないので、私は自分の注文会計を済ませていました。商品を包んでもらってる間にふと見 ると店員が「お時間頂く事になりますので、ご連絡差し上げます。出来れば携帯の番号を…」を言うとそれを遮るかの如く「時間はあるからいいです。待ってま すんでお願いします。」と言い放ちました。ガーン!!私、全く関係ありませんがとってもショックでした。「アンパンマ ンを注文して取りに行ったら食パンマンでした。」だったとしたらそれはさすがに注文したモノと違うと言いますけど、アンパンマン以外考えられないモノと自 分の中のアンパンマン物差しを比較して眉毛の角度が違うと言えるでしょうか?私には無理です。むしろ「じゃその角度は何度か教えてもらってもいいです か?」もしくは「描いてもらってもいいんですか?」と言われたらどうしようと思わずにいられません。「私は客だから注文通りに作るのは当たり前でしょう? 何?私間違ってる?」って、高圧的な態度ではありませんでしたが、何だかとっても不快な気持ちになりました。改めてキャラクターを使って商売をする怖さを 感じました。ただし!その店は他にもキティちゃんやとっとこハム太郎やナルト、ドラゴンボール等のキャラクターケーキを作っているのでした。アンパンマン やキティちゃんは他の店でもよく手作り商品として見かけますけど、ナルトやドラゴンボールって何だか権利を無視して作っている感が否めないです。そんな大 胆な商売はしていないと思いますが、万が一!無視して作っているとしたら、やっぱりそのクレームはケーキだけに甘んじてうけるべきなんでしょうね。***一応落としてみました。あ、オチが甘い?まぁケーキネタっすから!

X’mas Cake ?



***去年のクリスマスはシフォン主義でした。私は十分満足だったのですが、嫁は納得出来なかった様で、今年はガッチリ食べたいと抗議をされました。それじゃお取り寄せケーキでも調べてみるかと、ネットで探すと。ありました、ありました、ハワイブログにぴったりのスウィーツ発見です!

***ケーキ!?では無いですけど超有名なted’s bakeryのチョコレートハウピア!どうですか?つか、日本って凄いですよね~他の国ではこうはいかないでしょうね。このテッズパイはPLAZAのサイ トから限定で注文出来るようになっていました。そんな訳で今年のX’masケーキはテッズのチョコレートハウピアになりました。チョコレートっていうのは ちょっと抵抗がありますけれども、ハウピア自体は大好きだし、年に1回なんで我慢します。更にダラダラとアンジェリーナのモンブランを調べたりしているう ちに近所のケーキ屋さんのサイトも眺めはじめました。食べたくなったようで、近所の某ケーキ屋に行くこととなりました。何を買おうか迷っていると、既に注 文していたデコレーションケーキを取りに来たと思われる50代後半のおばさんが店員と、なにやら「眉毛の感じが違う」と言う話をしていました。***つづく