***数店舗回ったのですが、ある店員さんには「卸している店は限られてて、発売されてからもう何週間も経ってるし、お兄さんが欲しがってる色は人気の色だから、今都内中探しても見付けるのはけっこう厳しいよ。」と言われました。こんな信用性の高いレア情報を教えられてはもはや探す気力もありません。諦めて色違いの赤色アロハ(パープルも既に売り切れ)を眺めていると店員さんが、実は新色があるんだよと言って、その時の雑誌には載っていない特別色というモノを出してくれました。ブラウンとピンクの配色にやられ、衝動的に買ってしまいました。同じ柄のアロハシャツを手に入れた事で、満足感を得られましたが、時間が経つにつれ本当に欲しかった緑色のチェリーブロッサムへの入手熱が高まっていったのでした。

***そう、例えるなら中学生の頃好きだった女子に好きだと伝えられず卒業し、高校に入って似ている女子を好きになってしまい付き合うも、やはり似て非な るものだと理解し、本命だった女子に告白してしまう的事です。やはり忘れられない訳です。どうしても最初に恋した緑色アロハが欲しくなってしまったので す。とにかく、見付けたら絶対に買おうと心に決めたのは言うまでもありません。ところが、まずどの店を探しても売って無かったのです。当時、我が家にはイ ンターネット環境が整っていなかった為にネットショップで探すにも人にお願いしたりして、困難を極めました。***つづく