今回自分達のお土産に買ったBICのクッキーです。ハワイの思い出が薄くなってきた時期を見計らって食べるのが、このクッキーを食べるのに一番適した時期と言われています。ピンクの箱はグァバ味で、グリーンの箱はメロン味です(嘘)。ハワイの思い出がまだ鮮明に残っている、帰国して一週間頃に食べるのは、むしろ不味く感じてしまう恐れがあると言われています。これはBICのクッキーに限らず、お土産全般に言える事なのです。マカダミアチョコレートしかり、ライオンコーヒーしかり、ハウピアしかり、芳香剤や石鹸なんかもそうです。脳も体もハワイの思い出がボンヤリしてきた頃合いに飲食するのがベストオブオミヤゲの味わい方なのです。実はハワイで撮ってきた写真やビデオもその類です「モーハの編集部って何階だったっけなぁ?」や「カラカウア通りって何車線だったかなぁ?」ぐらいでは、まだまだ記憶として覚え過ぎです。ただの物忘れレベルです。もっともっとしっかりと忘れなければなりません「編集長って女性だったっけ?」や「岡田XってV6の人だっけ?」や「兵隊長ムナゾウさんのぞうは、象だっけ?それとも像だっけ?」ぐらいに記憶が曖昧になってきた頃に見るのが楽しいのです。どうかタイミングには注意して下さい。