モーハワイ☆コム

カテゴリー:映画

映画 『ウォール・ストリート』



前作『ウォール街』から23年。お気に入りの映画の続編。

ゴードン・ゲッコーが帰って来た。

この映画は何度も見返さないと、よくわからない。

これから何回も見て、それからわかってくる映画。

予想通り、チャーリー・シーン演ずるバド・フォックスもちょっと出てきた。

映画 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』



アニメでのテレビ放送からは36年との事。
リアルタイムで放送を見ていたものとしては、
「実写版はどんなものだろう」
と思ったが、割とテレビ版に近いものだった。
同じ台詞もあったりして、懐かしい。

映画 『ナイト&デイ』



トム・クルーズ、キャメロン・ディアス主演のアクション映画。

明るいというか、荒唐無稽というか、まぁ肩のこらない映画。
最近のスパイ映画がリアリティを追っているのに対し、その真逆をいった感じ。

映画 『ソルト』



アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイアクション映画。

雰囲気がジェイソン・ボーンのシリーズに似ている。

続編につながるような終わり方。

映画 『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』



大人気シリーズの第3弾。

しかし今回はストーリーが苦しい感じ。

無理やりにいろいろ詰め込んだ?

映画 『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』



TVドラマの映画化。最近ドラマの最終回で映画につなぐというパターンが多くなってきた気がする。
このドラマは放送最初から面白くて見ていた。

映画 『ゼロの焦点』



昨日、Tジョイ長岡に映画を見に行く。

今年は松本清張生誕100年。という訳で松本清張原作のミステリー。
主演は広末涼子。
昭和30年代をよく再現していた。最近この時代を扱う映画が多い。

映画 『カイジ 人生逆転ゲーム』



久しぶりの映画。これも原作は漫画との事。

主演の藤原竜也の演技は、いかにも普段舞台をやっている、という感じ。

映画 『ターミネーター4』



ターミネーターの第4弾。時代は近未来。だんだん大河ドラマ(?)のようになってきた。
アーノルド・シュワルツェネッガーが最後のほうに少し出ている(顔は第1弾の頃の顔で・・・)。
一番インパクトがあったのは第2弾か。間違いなく第5弾が作られそう。

映画 『007 慰めの報酬』



007シリーズ第22作、ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドの第2弾。
前回の『007 カジノ・ロワイヤル』の続き、というストーリー。
それにしても007も雰囲気が変わった。シリアスというか、暗いというか。