改装なった悠久山球場へBCリーグ、新潟アルビレックスBC対信濃グランセローズの試合を見に行く。

この試合は高津臣吾選手兼任監督の選手引退試合。
試合は10対6で新潟の勝ち。

高津は9回2死で最後の登板。相手の4番バッターをレフトフライに打ち取ってゲームセット。
有終の美を飾った。

試合後、前後期完全優勝の報告と引退セレモニーが行われた。
ヤクルトでバッテリーを組んでいた古田や、友人だという福留が来た。

最後に高津の挨拶が感動的だった。