モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年10月

2011 Ford Ironman World Championship



今年も大盛況のうちに終了しました。
(トップは、あまりお目にかかれないレースの審判員。やっぱり白黒のユニフォームなんや)
今年も世界中から猛者が集まってきましたが、こと日本からの参加者が昨年よりさらに減ったようです。理由は、さまざま(震災・予選会の中止)だったとのことですが毎年ボランティアーをやっていると、年々日本人参加者の減少を特に感じます。

今年のGW以降日本からの観光客の方はかなり増えたように感じてたのですがこういった特別な主旨の海外旅行(遠征)は、経済的に複雑なのでしょか?
数年前からメインスポンサーは、「フォード」ですが、一時期2003・4年頃は、日本の車会社、それもTでもNでもHでもなく「スズキ」がやっていたこともありました。

東京マラソンをはじめ各地のマラソン大会は、大盛況だと聞いてます。
ただ、今年も迫ってきたホノルルマラソンも年々参加者が減っているとか?
こういったスポーツイベントも「近い・安い」がキーワードになってきているのでしょか?

今年もハワイ島在住の日本人で(極限られた)盛り上がったのは、例の「パンツレース」だけだったりして。そういう意味では、あの人は先駆者

ハワイ島最南端へBoysの旅 Part 2



先週末からこの1週間、今回も訳があって我が家は、ボーイズだけです。
前回の旅は、ハワイ島内で行くことのできる最も上での「マウナケアで雪だるま」でしたが、今回は、行くことのできる最も南「サウスポイント」です。


私自身、サウスポイントは過去に1回だけ、それも約10年以上前のこと。最近かなり道もよくなって普通にレンタカーでも行ける様になっています。それでも10年ぶりとあって、ついつい道を間違えてついたところが、「グリーンサンドビーチ」へ続く道。ここは、途中から普通の乗用車ではいけません。4WDそれも普通よりやや車高をあげていないと、溶岩で車底を擦るか下手をすれば、破損も考えられます。実際車の段差のある部分にはどこかが壊れてオイルが漏れた跡もあります。ここはやめにして、本来のあのみんなが飛び込みをしている、例の場所に向かいました。

いました、いました。怖いもの知らずの若者達が!中でも今日は、女性でした。果敢にも何のためらいも無く、飛び込んでいます。



じゃぁ、Boysも「親子でジャーンプ!」とはいきません。ただ、意外にも息子は、がけっぷちでもなんとも無いようです。若干の風もあったので、こちらの方が、息子が落ちないように手を握っていたのですが、結構ビビリましたね。あと10年もしたら、飛び込むかもしれません、彼は。

コナから約1時間30分の旅でした。 

ねぇ、買ってよ〜!シーズン 4



所要でとある場所に行きました。
おお〜っ!いい感じ!

さぁ、何が20%OFFでしょうか?
$797が$637ですって。(日本円だと今だと5万円切ってますよね)

やっぱ、アメリカと言えば、これにあこがれますよね。


これです↓



まぁ、こちらでは中の下、位の製品ですが、氷も水も出ます。
日本でも最近は普及しているのでしょうか?
ただ、これを設置する場所に水道管が来ている必要があるのですが、今住んでいるコンドは、それなりに古いのですがこれを設置する場所には、水道管がちゃんと来ています。

ただ、結局2日後に行ったら、もうなくなっていたんですけどね・・・・。

おきて破りの「サムチョイ体験の第4弾」



なんと、おきて破りの「サムチョイ体験の第4弾」です。

前回、予約してまで「モウ・チョイ」な、ディナーを体験してきましたが、毎朝の出勤時にお店の前を通る時に見ると、さすがに朝の8時では利用客も少なく思えたので今回は予約もせずに「朝食体験」してきました。

以前のお店は、「建築関連で働く人が集まりそうなお店だった。」と言うことに触れ,
その時の人気メニューは、丼入りの「フライドライス(チャーハン)」「(定番の)ロコモコ」でしたが今回おニューなお店は、それらは無くなってしまったのか?
ブレックファーストメニューにありました。ただし、ドンブリ入りでなくおしゃれなお皿に盛られチャーハンの上に2個の卵メニューが希望の料理法で添えられます。$8.00前後で、お手ごろ感もあり。

入店して案内された席が予約なしなのに、一番海側の屋根の無い外の席。この席は、ご存知の方はお分かりになるともいますがこのお店の名前でもあり「(180°)海の見えるラナイ(ベランダ)」は、ベストな場所?「今日は、朝からついてるぞ!」みたいな気持ちも感じつつ、席へ。


オーダーを取りに来るまでやや時間がかかり、気持ちは、75%にダウン。
コーヒーが出てくるまでさらに時間がかかり、気持ちは、60%さらにダウン。
最終的に全部の品が揃うまでそれからもっと時間がかかり、すでに気分は50%以下に。

フライドライスに2つの目玉焼き(サニーサイドアップ)が出てきて、思わずにんまり。
「ここはウルトラマンランドか!」
見た目は、相方のフレンチトーストも◎。パンケーキも○。だったと思います。


気分は、凹みましたがそれなりだったので75%にアップしそうなところですが、実は、案内されたこのベストな席、ベストではありませんでした。
なにが?この席屋根が無くスカッと晴れた青空の下。それがいけませんでした。
途中から後頭部を射すハワイの直射日光!ガンガン来ます。

外の席は、暑いのです。

ここは、子供の朝のサッカー教室に付き添いで待っている日陰の全く無いグランド?
はたまた、夏休みに行った70’エキスポ万博の開園前に並んでいる状態か、
とも思わせる、汗だく状態。料理の味は、実際のところ覚えていません。

とにかく早く室内に入りたくて、半分ほど食べたところでギブアップ。
残りは、お持ち帰りしました。

そしてその日は、1日中家族全員軽い日射病?で、ボーっとしていました。

教訓:朝のサムチョイは (やはり海が見えるときれいなので)なるべく外の席に近い、室内の席を選びましょう。

以上ご参考までに。

ちなみに同じ時期にランチに行った知り合いの話だと、オーダーから簡単な食事が終わるまでに2時間かかったそうです。(各自ご想像ください)

ベストなサービスと食事を楽しみたい方、新生「サム・チョイ」に行くのは、もう少し経ってからを進めします。