このままだと今月のUpが文字だけで1回で終わりそうなのでぎりぎり更新します。

今月初旬日本への帰省からハワイ島に戻り、しばらくは独身生活をエンジョイしていました。
その間ブログを毎日更新することも出来たのかもしれませんが、本来のものぐさと特に何かイベントもあるわけでもなく(あったのかもしれませんが)、日々普通に過ごしておりました。

生活や仕事でも、震災後にも日本の観光客の方達はそれなりに増えているようですし、なんといってもこの時期はアメリカも当然サマーホリデーの時期なのでアメリカ本土からの白人さんたちの姿を以前に増していろいろなところで遭遇しています。なかでも今月中旬には、あのヒルトンワイコロアホテルが日本の観光客ではなく、白人の大きなイベントで3日間すべて満室!だったそうです。どんだけ〜(死語?)

アメリカ本土からは、ハワイ島に数社の直行便がいくつかの都市から毎日コナとヒロに飛んできています。溶岩の流れは止まっていても、たくさんの人が火山国立公園に来ています。先週はカジキマグロを釣る大会もありました。KTAのスーパーも白人さんたちがたくさん買い物をしています。秋にはホノルルで大規模な国際大会もあるようなので、さらにハワイ島にも人が押し寄せるのでしょうか?ハワイ島の経済に活気が出てくるのでしょうか?

日本からの成田―コナ便が無くなって半年以上経ちますが、ホノルルから乗換えでハワイ島に来る要でもある「ハワイアンエアーライン」も好調なのでしょうか?羽田・関空・インチョンと増えています。ただホノルルからハワイ島への便数そのものが増えていません。なのでホノルルまで来てもハワイ島に来る便が中々取れず団体さんが減っています。しかしある筋によりますと、ハワイアンがホノルル―コナ便の増便するとか、今の機材を新しい大型化した飛行機を発注しているとかの話も聞きます。そうなると日本からも団体さんが増える可能性もあります。

私達観光業界で働く者にとって日本からのお客様が増えることが一番うれしいことなのです。

皆さんおまちしてまっせ〜!