モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年12月

Fireworks &emojifire;



明日の夜は、大晦日(ハワイ時間)。ご存知、一年で7月4日の独立記念日とニューイヤーイブの2日だけが、花火をやっても良い日のようでいろいろなお店で小さいものからプロ仕様のものまで、さまざまな大きさの花火が売られています。

まぁ、私もはじめてハワイに住み始めたころホノルルのやや山手に住んでいたのですが、ワイキキの街が花火の煙で霧がかかったようになったのを見て驚きましたが、ハワイ島コナはかわいいものです。今住んでいるコンドミニアムは、「花火禁止」の張り紙が早くから張られていますし、ホノルルのダウンタウンにあるような「花火専門店」もありません。

ただ、昨日コストコで見てしまいました。“$599.99”の花火セットを!6万円ですよ!6万円!「なんじゃ〜こりゃ〜っ!」の世界ですよ。スツーディオ1ヶ月分の家賃かって!
(上の写真は、こちらの携帯で撮った写真なので、いまいち良くないのでイメージできないかと思いますが)、
大きさといえば、畳1畳くらいの大きさの箱に隙間無く花火が入っていました。大きいものは日本で市販されている家庭用生ビールの樽?っていうんでしたっけ?直径20センチ長さ40センチほどのものがあったり、中国の爆竹も、どんだけ続くのかと思われるくらいの長さが巻かれていました。

日本にもコストコはありますが、流石にこんなのは、販売されていないでしょうねぇ?

では、皆様良いお年を。って言うか、「紅白」より「眠れない・・・」が見たい、「こなぴ〜」でした。
明日は、ワイコロアの知人宅で年越しパーティーです。

PANDA EXPRESS



コナの新しいショッピングセンターにオアフ島でも有名な「パンダ・エクスプレス」がオープンしました。

真新しいだけに、すべてがきれいでピカピカ光っています。また同時にまだまだ従業員も募集しているようで、店内では応募に来た人と面接も行っていました。
日本だとこういった面接は、裏の従業員用の部屋とかでやるのでしょうが、店内でしかもお客さんの真横で行っています。
私の経験では、アメリカでは履歴書に必ず前職(アルバイトなども含め)を記入しその前の職場への連絡可能者も記入し、面接終了後、担当者がそこへ連絡し就職希望者のことを聞くことができます。要するにこの人物の素行を聞いてもかまわないのです。悪いことはできません。

そんな様子を、横目で見ながらもらったレシートを見ると、「弊社HPで今日ご来店いただいた結果のアンケートにお答えいただくと、次回無料でサービスとなります・・・。」とあったので、さっそくHPからクーポンコードを入手しました。
レシート↓


まぁ、味はいつもと変わらずというか、どうも最近歳を取ったせいか、中華料理がすべてしょっぱく感じるこの頃です。味の素も使ってることだろうし・・・。

オープン記念かどうか、お決まりのホーチュンクッキーもおまけで付いていました。


でも、「Genki Sushi」は、まだオープンしていません!

12月26日は・・・、



フラファンならご存知、ハワイ島のヒロで毎年4月頃(年によっては3月のときもあった)行われる「メリーモナーク・フラフェスティバル」の入場チケットの申し込みをする為に申し込み封筒を投函する日です。今日以降の郵便消印のあるものから有効となる、日です。この日より早い日付の消印のものは無効になるそうです。(ややこしくわかりづらい説明ですいません。)

毎年念のために、郵便局が開店?すると同時に窓口まで行き、目の前で消印を押してもらいます。
これが今年の証拠。→

年によって、またそのときの細かい制限によって微妙に全体の席数が変わってくるようなので、今日投函したからといって、早いもの順で必ず当選するとは限りませんし、希望の席が取れるとはいえません。これだけは、全くの「運」というか、フェスティバル協会のみぞ知る、ことです。

個人的には、今年は当たる確立が高いのでは?と予想します。その理由は・・・、
?、日本からの観光客の方が燃料費問題等で少なくなる。
?、アロハエアーが無くなりホノルルからの便が取りにくい。
?、46回大会でなんとなく、中途半端。
?、カムエラの踊りにややあきがきている。

と思うのですが、そんなことは無い!と、おっしゃる方もいらっしゃるでしょう、今年はハワイ島コハラの常勝ハーラウ「ナー・レイ・オ・カホロク」がハーラウオープン30周年ということで、注目されますが、どうなるでしょう。

4月16日〜18日までです。

いまさらですが、日本から申し込みたい人はここを参考にすると便利です

Honoka'a Boy 秘話?



来春公開予定の映画「ホノカアボーイ」。ハワイ島好きの間では、話題になっていますが、地元ハワイ島でも数ヶ月前に別の意味で話題になっていました。

撮影期間中出演者は、ワイコロアのコンドミニアムに泊まって毎日ホノカアまで向かい撮影をしていたそうですが、その方々やスタッフをお連れする車の運転手を募集していました。
1日$200、それが撮影期間中約1ヶ月間以上、時間はあってないようなもの。何時に始まり終わるのかは、解りません。収入的には結構な金額になるので魅力的でしたが、その間本来の仕事を休むことは当然できずあきらめましたが、昨日なんとその仕事をした人に偶然お会いしました。

で、その方が着ていたTシャツが、これ↓


時間が無かったので、興味深い話まではできませんでしたが、皆さん結構リラックスして撮影していたそうです。

これで、「フラガール」に続き、ハワイ島もさらに注目されてこのところの観光客減にどれだけ効果があるでしょうか。地元紙は結構な経済効果があると期待しているようですが、燃料費も下がるようですし、期待しましょう。

でも昔からのハワイ島ファンの方々にとっては、にわか人気で また直行便のチケットが取りにくくなるのかと、ご心配かも・・・。