モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年8月

レイバーデー・ウイークエンド



毎年9月の第一月曜日は、レイバーデーでアメリカの祝日です。土曜日からの3連休です。もともとは労働組合の祝賀のお祭りから来ているそうです。詳しく調べようと思ったらWIKIPEDIAにも英語の解説だけで日本語の解説はありませんでした。5月1日のメイデーもそうですが、日本では祝日ではないですしそれだけ日本人にはなじみのない祝日のようです。

さて、ハワイ島ではその連休に、一部の人たちの間のイベントがあり結構な人に影響を及ぼすことがあります。
それは、8月30日(土)スタートする、ハワイ州中のハーレーダビットソンのライダーが集まりハワイ島の7箇所のポイントでトランプの「ポーカー」をしながらツーリングする(賞金$2500)、その名も?ポーカー・ラン?が開催されます。

一般の人に何が影響があるのかと言うと、このイベントに参加するライダーは、約1000台!!
コナとヒロから分かれてスタートするそうですが、グループツーリングで1グループのバイク数は数十台!
交差点で、信号待ちをしていると目の前をハーレーが次々に通り過ぎていくのですが、5台・10台の世界ではありません。20台・30台・50台・・・・。いくら待っても道路に出ることが出来ません。

この時期ハワイ島でレンタカーを運転する方、十分注意してください。
今朝もFMを聞いていると、このイベントのことを告知していましたが、MCは「ドライバーは、運転に注意してください。」とは言っておらず「道路をシェアしましょう」と言っていたのを聞いて、ハワイっぽい!と思ったのでした。

よ〜く考えたら、と言うか調べなおすと、2年前にも同じねた、取り上げてました。すんまそん。(←これも死語?)

クリスピー・クリーム・ドーナッツ



先日ご近所さんの知り合いから、「ハラウの?ファンド・レイジング?なの、お願い!」ということでお付き合いさせていただいたのが、ドーナッツ。
えっ、これってマウイ島の有名なあの商品!
(このブログをUPするのに調べていたら、いままで「マウイ島の有名な〜」と思っていたら、「アメリカ本土で有名な」と言うことを初めて知りました。)

しかも「ファンド・レイジング」と書いた箱があるのには、驚いた!それだけファンド・レイジングにこのドーナッツが利用されたいると言うことなのか?
ついでにこの会社の名前をよく見ると「クリーム」が “Cream” ではなく “Kreme” となっているので、不思議に思い早速「検索」。
そしてわかったその理由は、現在の米国本社にも知る者はいないという。一説には、レシピを開発したフランス人シェフが作った造語だとも言われている。そうです。

ところでアメリカのKrispy Kremeではトランス脂肪酸は使用されておらず、公式ホームページでは「0 grams TRANS FAT!」の表記がされている。ともあったのでもらった箱を見ると、まさにその通り、箱の隅に印刷されておりました。

20個近くあったのに、昨日帰ってみるともうこれだけ!美味しいものは足が速い!(使い方間違っています。)


ドーナッツのことを思うと、かつて車で2・3分のところにあった、もうひとつの有名なドーナッツ屋さんがなくなり、ほんとに残念!

コナ・コモンズ・ショッピングセンターはローカルの中小企業の終焉をもたらすでしょうか



ハワイ島西地区の新聞「WEST HAWAII TODAY」の土曜日の記事に、2009年7月オープン予定の?コナ・コモンズ・ショッピングセンター?に出店する予定の店名と場所とが、明らかになっていました。

日本の方にも馴染み深いところで言うと「スポーツオーソリティー」「オフィスマックス」「サーキットシティー」などがあります。ミニ「ワイケレショッピングセンター」のような感じでしょうか。
なかでも、地元の人たちの関心の的は「ターゲット」という(現在コナにある「Kーマート」「ウォールマート」と言った大型の店舗とまさに競合する全国チェーン)店が出来るかどうかと言うことです。

「ターゲット」は「スポーツ〜」などの店舗のオープンよりやや遅れて、第二次オープンとなるようですがオープン後には、何かを買おうとする場合に、これまでの2店舗に加えてさらに選択肢が増えるだけでなくディスカウントもするでしょうから、消費者にとっては良い事の様に思えます。(ただ、ハワイアン・アロハ・goのような、結果になってもらっては困りますが・・・。)

さて、ここで「こなぴ〜的?」ニュース!
このショッピングセンターに、オアフ・マウイですでにおなじみの、あの「GENKI SUSHI」が出店します!
そう、回転ずしチェーンです。ハワイ島住人にとってこれぞまさに「外食の改革」になるのではないでしょうか!ヒロにもなかったのに!

移転、その後。



仕事の関係をここにはあまりUPしたくないのですが、もうほとんど正体バレバレなのと、こういった機会もそうめったにある訳ではないので。各ガイドブックへの宣伝はするのですが発行までに時間がかかりますので、ここで最新情報を。

焙煎ツアーの場所が一新します。と言うか、専用の部屋で行います。農園に着いたらとりあえずHWY180沿いの「KIOSK」でチェックインしていただきます。農園を見ながら約50m下にある「プランテーション・ハウス」まで下りて頂き、焙煎ツアー専用の部屋にてツアーを行います。
ツアー内容は、今まで通り。ツアー終了後は、また「KIOSK」まで登っていただき、清算とお土産のお買い物。今週末頃より再開いたします。


今までは、持ち帰り用の袋に張るラベルの写真が、無機質な部屋の中とか裏口の辺りでしたが、農園内なので、本の物の珈琲の樹やヘレコニアの花の前に立って撮影できます。

将来は、もっともっとコナコーヒーの事が学べる施設も充実させていく予定です。
ハワイ島の3大特徴(星・火山・珈琲)の1つが、ここにくれば1から10まで、アメリカ風に言うとコナコーヒーのA~Zが見て・触れて・味わえて・飲めて・学べる、そんな場所になればいいなぁ、と個人的には思っています。

みなさん、お待ちしています。

移転します



ニュースレター等でご存知の方もいらっしゃると思いますが、1998年にオープンしたこのお店が、本日10年のリース契約が終了し、ホルアロアへ8月1日より移転します。(「閉店・移転します」と書くとみなさんこの会社のハワイでの営業が終了してしまう、というように見られてしまう。)

この工場の場所、ご存知の方も多いでしょうが、かなりへんぴな所にありました。HWY11からの曲がり道もわかりづらく最近でこそハワイ島だけの日本のガイドブックも増えてきたので、よ〜く道を研究すると(研究しないとわからんかぁ〜?)
「この辺で曲がればいいのかなぁ?」と言う感じの道なんですが、なにせそこには、看板も最後までHWY11には出さなかった。
(看板を出すと周辺の同業者が文句を言って来て、下手をするとアメリカ特有の「訴えてやる〜っ!」になるので。)

「レンタカーで行きますので、住所を教えてください。」と問い合わせが来たので説明すると、なんでも”ナビ”が付いているらしい。
ただ、日本のそれと同じ感覚で使うと(私は、日本でのナビ使用経験なし!)海や山のど真ん中だったりもしました。

やっとそれらの問題も8月1日からは、解消されることになるのでしょうか。

お隣のお店ほど、見栄えはよくありませんが、あと1〜2年でここに来れば、「1から10まで解る施設」も計画中ですのでご期待ください。(主語のない文章ですが、わかる人にはわかる?)

ツアーも今まで通りやりますので、ご安心を。(そろそろ、「ファイナルアンサ〜?」も変えないと・・・・。)

しかし、上のこの文章だと、何の職業だかわかんないでしょう?