モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年10月

今日起こった本当の話 part2



職場のS君がスピード違反で捕まった。
制限速度35マイルのところを28マイルオーバーの時速63マイルで走行中、後ろからつけてきた車がポリスで「はい、止まりなさい!」

この時速28マイルオーバーが実は、S君のこれからの一生を分けるポイントだった。もしこれが、あとたった2マイルオーバーで時速30マイルオーバーの65マイル出していたら、「即、お縄!もとい手錠」で即、留置所行き。免許証取り上げ。おそらく裁判費用と罰金で数千ドル(数十万円)。前科者。28マイルオーバーは$190の罰金。それだけ。

これがもし日本人でレンタカーであっても、日本の免許証しかなくても同じ。

ハワイ島は、道がまっすぐでスピードを出しやすい場所も多く、つい気がつくとすごく出ていた、なんてこともあります。また、地元の人の運転に調子を合わせていたり、後ろからあおられたりした経験のある人も少なくないと思います。

また、空港から北に進む道は、今行われている「トライアスロン」の選手が練習もしています。ハイウエーのほとんどのところが制限速度55マイル(約90キロ)です。

実は最近の話でこんなこともありました。初めてレンタカーを借りたと思われる日本の方が、ハイウェーの路肩を(自転車の練習やレースがあるためかなり広い)本線と思い込んで、その速度で走行し練習中の自転車を・・・・!

安全運転でいきましょう。「ハワイ島 そう急いでも まだ半分」  

2007年度アイアンマンウイーク



今年もやってきました。この時期が!
去年もブログにいろいろとアップしたんですが、「ホノルルマラソン」と違って誰もが参加できるレースでもないし、ハワイ島だし、ハワイ好きの人たちにの関心のなかでもやや下位にランクされるイベントなのでしょうか。でも実際見ると本当に感動が伝わってきます。人間じゃぁないよ、この人たち!

それだけに、いろいろなドラマもあるしすばらしい感動のストーリーで番組も出来るかも知れないけど、これだけ大きな大会になるとその分、マイナス要因も目立ってくるんです。
それが、今回初めて出来たんでしょうか「公式コーヒー」と言うものが・・・。日刊ハワイローカルニュースでも取り上げられていましたがこれ(クリック)・・・。
私の勝手な想像では、確かにトライアスロンの頂点でもあるこの大会の開催地はハワイ島のコナですが、それはたまたまここだと言うだけで、トライアスロンに参加する選手たちには、特に関係ないんじゃぁないかと思うんです。もしかすると公式コーヒーに選ばれた団体が、トライアスロン協会に対しものすごい寄付やスポンサーとなっている、とか。

確かに、ここコナで開催されると、コナのコーヒー関係の人もボランティーアーをやったりもしますが、コナコ-ヒーの団体が寄付やスポンサーを他の国や地区で開催されるレースにどれだけ協力しているか?それは、疑問です。

実際に感動のレースで表には出ませんが、これだけの大会ですので結構な金額が動いていると想像できます。みなさんのお考えはいかに・・・。

でも今年も開催されます。通称「ブリーフ・レース」。日本時間の朝3時にカイルアピアのWEBカメラでご覧ください。

昨年のアイアンマン・アンダーウェアー・レースの様子は、ここをクリック

ワイコロア・クイーンズ・マーケットプレイスが10月1日オープン?



ハワイ島ファンの皆さんがお待ちかねの、ワイコロア新名所。「クイーンズ・マーケットプレイス」情報です。

最初去年の11月とか今年のGWとか、いやいやお盆までには・・・。で結局「プレ・オープン(それでもまだプレかい、と言うお叱りのお言葉もなく)」が先日、10月1日だったようです。

新聞にも出ていましたし、かみさんのハラウもパフォーマンスをするので連絡があったり、さぞ盛大かつ晴れやかなオープニングかと思いきや・・・。
まぁ、実際に行って写真を撮ってきましたので、後は皆様各自ご判断ください。







ワイコロア・クイーンズ・マーケットプレイスの出店リストはこちら

今日起こった本当の話!



シュノーケリングポイントや野生のイルカを直に見ることのできる所として有名なハワイ島、某場所で事件は起こりました!

どういう経緯かは全く判りませんが、なぜか「海に牛が落ちて、周りにサメがやってくるので水泳禁止」と言うことになり警察も駆けつけました!

この前後の話は、全く判りませんがイメージで絵を作ってみました。