モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年7月

これを知っている人は少ないと思う・・・。



BICは、いわずと知れた「ッグ・アイランド・ャンディーズ」ですが、

BIDは、買った人は知っている「ッグ・アイランド・ィライツ」だそうです。

斜めか水平かの、違いなんですが・・・・。はい、チョコレートが。

会社も同じハワイ島ヒロ。オーナーも同じく日系人BICはイカワさん。BIDはタカミネさん。

よく言われることですが、BICのCの「キャンディーズ」は、飴ではなく英語で甘いお菓子の総称です。一方「ディライツ」は、大きな喜び・楽しみ、とかの意。まぁどちらも考えた結果の名前なのでしょう。

残念ながらBIDはまだ試したことがありません。ついでに言うとBICの「IKA」(チョコレートデップドさきいか)も食べたことがありません。

どちらか経験者の方、教えてください。BIDは、KTAにおいて(売って)あります。

5泊7日 JAPANの旅(帰省編・パート5)



最後に・・・、昨年と今年の帰省とで(2年の内のほんの数日だけの判断ですが)日本が変化というべきか、進化というべきか解りませんが、面白かったこと。ややかたくなりますが・・・。

?、スーパーのレジで清算を終えた後、自分たちで買った商品を袋に入れるときに、キャンバス地のバッグ(エコバック、というらしい)に入れている。そして上の写真は何かというと、その人たちに(も)買った商品が自宅まで帰る間に悪くならないように、ドライアイスや氷を無料でもらえる。こんなことハワイでやったら、釣りやビーチに行く人が、缶ジュース1本で山のような氷を持っていくんじゃないかと思う。

?、TVのコマーシャルの変化。商品をイメージで知らせている。そして最後に[検索]をクリック。で済ませている。より詳しい情報はPCで、ということなんでしょうが、なんのこっちゃわからんCMもある。

?、TVのドラマの出演者が、その番組のCMにそのまままの役で出て、その商品を宣伝している。なのでどこまでが本編でどこからがCMかが慣れるまで不思議な感じがする。

?、公衆電話が少なくなった。ハワイから日本に帰って空港で家族に連絡しようとして、公衆電話を探したが職員に聞かないと場所を見つけられなかった。

?、日本人は、まじめ。というか、今私のいる特にアメリカという環境があまりにも個人を大切にというか個人が主張し過ぎているところなので、毎日それを見ているせいか、日本人は個人の考えや意見を抑えてまでも、周りに合わせるというか、全員が統一していて個性がなく感じた。でもよく言えば、統一されていてスムースに流れて無駄がない。そして無駄をなくそうとして、努力する。この考えが日本の製品を世界1にしたのでしょう。日本車最高!

まとめて言えば、メーカーなり販売者が消費者を(に対する対応が)、すごく丁寧・やさしい・大事にしている。なのにどうして国は、消費者を大事にしないんでしょう。(年金欲しい。)

以上、こんなことを感じるために帰省したわけでもないのに、ほんの数日なのにいろいろショックなこともあった。だんだんと、脳みそがハワイ化していっている自分が怖くなった。でも埼京線のラッシュよりいいかも・・・。(赤羽駅では、もうこれ以上の人は電車に入ってこれないという量の人が待っていて、信じられないけど車両に入っていく!)

年に1度しか日本の土を踏むことができない(お金があれば別)私にとって、来年まで日本はまたどんな変化をするかが楽しみです。

HDOS(ホットドック・オン・ア・ステック)



このお店知ってます?HDOS

日本で言う所の、アメリカンドッグのお店なんですが、結構古くから(1946年)やっているようなんです。ハワイには、2店舗しかありません。オアフのウインドワードモールとヒロのプリンスクヒオSC。

ここは、もちろんホットドックも有名なんですが、レモネードが抜群に美味しい!
店内には、生のレモンがこれでもかとディスプテーしてあって、上の写真のようにピエロのような帽子をかぶった、お姉さんが歌を歌いながら大きなバケツにレモンを入れてまるでセメントでもこねるように、レモンを搾ってレモネードを作るのです。


だまされたと思って、1度飲んでみて下さい。まぁ、日本では、レモネード自体があまり有名と言うか、ポピュラーではないですけど・・・・。
喫茶店の「レスカの炭酸なし」です。
お試しあれ!

またまた$1 いちどる?



また、やってくれました。ネーバーアイランド・片道1ドルでっす!

GOエアー
ただ今回は、少しだけトリッキー。$1チケット使用できるのは、来週の7/30(月)のみ。しかも行った先で1泊しなければならない。と言うもの。当然帰りの便も押さえないといけないんだけど、上手い具合に$19だったりする。
ということは、コナからホノルル往復でなんと$20+taxで、結局エアー代だけで$4・50にはなると思うけど。それにホテルとレンタカーかTAX使うと、家族で行くとそこそこの出費になる、ということで結局今回も没。

5泊7日 JAPANの旅(帰省編・パート4)



今回の帰省は、正確に言うと6泊8日になるんやけど(月曜コナ発で翌週の月曜コナ戻り)、つまりハワイを月曜日に出て日本に着くのが翌日の火曜日の午後、それも夕方。家に着くと、もう夜 しかも体時間は、すでに深夜1時頃でクタクタ。丸1日損した感じになる。
ハワイに住みはじめる前の日本からハワイに旅行に来ていた時は、同じ日・曜日の早朝ハワイに着くので得した気分になる。
結局は、どちらも同じ計算なので差はないとはわかっていても、ハワイに住んで日本に帰るときのほうが、絶対に損した気分になる。のは、私だけ?

さて、ハワイでの生活に疲れた・・・、もとい生活につまらなさを感じて来た時に日本で刺激を求めて訪れるのが、上の写真の場所!と、¥100Shop。

そんな場所に行くと、どうなるかと言うと・・・・
では、児玉清風あいうえお作文をどうぞ。
「あ〜っ、そうそう、これ欲しかったんや!」
「い〜っ、これあの雑誌に載っていたやつ」
「う〜っ、これも買っとけ!」
「え〜っ!?これが、¥1980?!」
「お〜っ、これこれ!1ケ¥250じゃん!ヒュゥー!」 
〆て¥9842な〜り。チ〜ン!

そして、もう一つ けだる〜い2日めの体を、癒してくれるのは何と言っても「お・ふ・ろ」。滞在日数最大限に近所の「スーパー銭湯」(入場料¥700前後が中心)に、行きまくる。でもって1年間たまった垢の「アカスリ」(¥3000かかっても!)会員券まで買ってしまった(と言っても¥100)このスーパー銭湯。


他にも本当は、「○くらや」「★ックカメラ」にも行きたいところなんですが、単価が違うのであきらめの夏です。
また、今回も行かなかったのが、「パチ◎コ」。数年前に行った時には777のシステム?について行けず・・・・。
ファミレスにも行って“今日のランチスペシャル。$980”も食いたいし。
JR駅構内の「◇ロタのシュークリーム」も・・・。

きりがないのでもうやめます。つづく。

5泊7日 JAPANの旅(帰省編・パート3)



埼京線に乗りました。約7〜8年前までは毎日利用していたのに、今利用すると不思議な発見があります。

?、満員電車内での経験では、あれほど人の顔が近づくことがここ何年もかなったので大変驚くこと数回。
?、でもって、75%位の人が携帯電話を何らかの方法で使っていた。
?、その携帯が実に不思議。ちゃぱつ(これも死語か?)のおねぇちゃんならともかく、普通のサラリーマンのおっさんまでが、携帯ストラップに個性がある。面白かったのは、キタロ〜のめだま親父!
?、狭い車内で携帯でゲームするヤングサラリーマンやDSで遊ぶOL。缶ビール飲むおっさん。

すべてが自分の周り50センチ以内で行われている!プライベートはどこ?だれも何にも干渉しない!英語以外の言葉が飛び交い、全員が携帯電話で結ばれている?!

ワンセグ?パケ放題?(最初バケ・「化け放題」と思った。最近の携帯はボディーの色が通信でいろいろと変色するのか?)「しょうがない発言」?地デジ?・・・!

日本は、情報が多すぎる!

あっ、ノーネクタイのサラリーマンも多かったですね。いつまで続くのクールビズ?

つづく・・・。

5泊7日 JAPANの旅(帰省編・パート2)



帰国2日目。なぜか5:30AMには目が覚めてTVをつけると、そこには既に“みのさん”。「いったい何時間仕事してるんや〜」と、思いつつ今日のランチを考えてお昼時を避けて11時前には、1年半ぶりの「吉野家」へ。

ハワイでは普通〜に食べている、米国牛肉使用の「牛丼」を。はれて解禁となって以来の訪問。いくつかの相違点を発見。
?、牛肉問題の時期も乗り越えてきたためか、牛丼以外のメニューが増えている。
?、すでに夏季状態であるにもかかわらず、麦茶が出てこない。
?、なんと、「ねぎだく」をやっていないと言う!
?、お会計を(以前は、メニュー数も少なかったため店員が丼の器の大きさで計算していたが)専用レシートで行っている。
「なんか違ってるよなぁ〜?」と感じつつも満足して店を出る。写真は、お決まりの「並・卵・味噌汁・お漬物」

その後のメニュー。





これらもまた1年食べることができないと思うと、しっかり味わって食べればよかったものの他人のメニューも気になって落ち着いて食べられず。

つづく・・・。

5泊7日 JAPANの旅(帰省編・パート1 1/2)



パート2の前に、コナ空港ですごい場面を目撃したのでその報告を。
すごいと、いっても家族でハワイ島に来ていたキムタクを見たわけではありませんので、あしからず。

それは、セキュリティーも終わってJALの搭乗案内を待っている時に遭遇しました。
目の前には、大き目のゴミ箱があったのですが、そこに日本人のおば様が近づいてきて首にかけていたまだ新品のやや大ぶりのプルメリアのLeiをおもむろにはずし、「ポイッ」と捨てたのです!

思わず、「ええ〜っ!」と、つぶやいてしまいました。

これ以上は、これを読んでいる方の判断に任せますが、

「ハワイ好きは捨てんやろ〜っ!」


おわり。
尚、写真に写っている人と話の内容は関係ありませんのであしからず。

5泊7日 JAPANの旅(帰省編・パート1)



↑、お決まりのコナ空港。タラップで乗り込みます。

いや〜っ!UPをサボっていたわけではありませんが、ひさびさです。
NEW PCを買ったのはいいのですが、無線LANだネットワーク接続だ・・・と未だに完成していませんが、とりあえずUPです。

さてさて、表題のように1年ぶりの日本でした。
たった、5日間でしたので誰にも会わず、かみさんの実家中心の生活でした。
ここを見ている人たちは、HAWAIIのことに興味はあっても、実際に生活している日本は、(自分もそうでしたが)日々の暮らしが過ぎていくというだけで新たな発見というのはあまりないかもしれませんが、1年ぶりに見た日本は、いろいろ興味のわくことが多く、やはりハワイ島コナは田舎だということを痛切に感じたのでした。

以下、面白かったこと、懐かしかったことを軽く写真でご報告です。
(さ〜、っと流してください。)


成田―コナ 直行便は、チケットがとりにくいでんなぁ!


なぜか、「サクララウンジ」が使えました。モバイルメールとジュース飲んだだけだったりして・・・。


機内食は、いつもの低カロリー食。一番に出てきてうれしいし、この歳になると胃にもたれる食事はどうも・・・。アルコールも取らず。


日本到着、翌日にどうしても食べたかったのがこの駅の立ち食いそばとコンビニの「マーガリンと小倉アンのコッペパン(写真なし)」。飛行機では胃にもたれる食事がだめで、地上では胃にもたれる食事もしたいのが、おっさんの証拠だったりして。

続く・・・。