モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年11月

恐怖のサンクスギビング・ディ



ハワイ時間の今日は、恐怖のサンクスギビング・ディ(感謝祭)
何が恐怖なのか・・・

?、99%のお店が閉まっていて(スーパーのみならず、マクドまでも)外出してもビーチや公園で遊ぶしかない。
 
?、そして今日の(早い所では、ランチから)夕食はご存知「ターキー」を食べるの恒例です
が、いわゆるサンクスギビング・パーティーと称して、飲めや歌えやの酒池肉林となる訳です。=また体重が増える!

?、とりあえず、それらのパーティーが終わって一夜明けた11/24は、1年で最も大規模なバーゲンセールの日!○ール・マート、K・マー○、メー・○ーズをはじめほとんどのストアーで大々的なセールがあり、開店はなんと朝の5時や6時。そこから限られた時間内の超割引セールの開始です。今日の新聞にその目玉商品のチラシが入っていてそれらを目当てに早い人は、今夜から明日朝まで徹夜で店頭に並ぶ風景が毎年TVのニュースで流れます。

?、クリスマスデコレーションの開始。各家庭でもツリーや一軒家の人は家の周りを電飾で飾り付けます。これらにかける費用は、バカにならないのでしょうが近所で競って飾り付けます。

?、そんな中、今朝また、また、また地震がありました!
  http://earthquake.usgs.gov/eqcenter/recenteqsus/Quakes/hv00021672

2006年11月15日20時15分ころの千島列島で地震



が、あったそうでハワイ州でも早朝AM2時頃から津波警報(今の時間はもう解除されました)が出ていたそうです。
でもまだ、警察は海には入らないように注意しているようですが・・・。ワイキキはどうなんでしょうか?コナのカフウルウビーチもライフガードが集まって沖を見ていました。でもその横では、スノーケルのレンタル業者がせっせと準備を始めていました。

今朝のハワイでした。



とらねこさん、地震感じました?2・3日ホノルル行ってきま〜す

KCCF result #2



次のご報告は、メインの話題でもある、今年のコナコーヒーの味のチャンピオンを決める
Gevalia Kona Coffee Cupping Competition's

約600以上あるといわれている、コナコーヒー農園の人達が丹精込めて育てた自分たちの畑のコーヒーを出展する、いわばコナコーヒーの品評会。2日にわたって行われ、今年は約70以上の参加農園から初日に次の15の農園が勝ち残りました。中には、毎年勝ち残っている農園もあり、みんな頑張っているんだなぁ、と感じるのでした。

Hawaiian Hawk
King K Coffee Co.
Kona Café
Kona Mountain Coffee Co.
Kowali Farm
Long Mountain Kona
Magic Mountain Farm
Meader's Farm
Moki's Farm
Mom Kona Coffee LLC
Pau Hana Estate
Pearl Estate Organic
Perry Estate Organic
Sacred Grounds Coffee Farm
The Funny Farm

そして、今年の優勝は、Pearl Estate Organic←HPもあります。

では、どうやって味の審査をするかというと

コナコーヒーを通常よりかなり浅めに焙煎したものを、最初に豆を挽いただけの香り、抽出した香り、粉をお湯に入れ上澄みのコーヒーを口に入れた時の香り、口に入れての味(苦味・酸味・渋味・甘味)、そしてそれを飲み込まないで、つぼに「ペッ」と捨てる。これを永遠に繰り返す。でもこれが出来るのは、ブラジルで厳しい研修を受けてライセンス(珈琲鑑定士)を持っている人のみ。大変な作業です。

さて、裏話。このコンテストは、ホテルで朝9時から行われます。会場には、毎年大勢の関係者や一般観光客もいます。そこで、ホテルが、簡単な朝食をサービスしてくれます。ハワイ島には、ホノルルのような日本風のパン屋さんはなく、唯一この時に写真の様な菓子パンの美味しいパンが食べることが出来るのです。これが一番うれしい。


では、このコンテストをしている対象となる農園のコーヒーは、観客は味わう事ができないのかと言うと、出来ます。ただ、味の審査用に焙煎したコーヒーは、焙煎が浅く「全く美味しくないものしか飲めませんから〜!」(って、言うかこのギャグもう死語?)

KCCF result #1



すんませ〜ん!アップ、さぼてってましてん!(小林万里子「すんまへんのブルース」風に。と言っても知っている人は、何人いるだろうか?)

表題の件、もう10日も前になりますが決まりました。コンテスト前の写真ではこの人です。
彼女は、ヒロのコミュニティーカレッジに通う21歳の学生さんですが、実はこの彼女昨年もこのコンテストに挑戦しクイーンの惜しくも次点でした。2度目の挑戦で栄冠を手にしたのです。今月から12ヶ月間、今までと全く違った生活が始まる事でしょう。

今年のミスコナクイーンの注目は、同じ2度目の挑戦の(皆さんご存知のあの)レストラン「てしま」のひ孫、も参加している事でした。コンテスト前の予想では、ほぼ10中8・9、人気も有り彼女が今年のクイーンだと予想されていました。結果は、第3位。選考基準は、人気もさることながら個人面接での質疑応答も重要なポイントを締めているのです。

・・・・、と言う硬い話は置いといて、裏話・・・。
コンテスト後今年のクイーンは、KCCF中のイベントに顔を出さなければなりません。昨日ですべてのスケジュールが終了したのでしばらくは、イベントがないと会う機会はないのですが、なぜか今日、私の職場に現れました。いろいろお疲れでした、と言う話もしたり日本に行くのを楽しみにしていると言う事でした。おそらく5・6月頃に首都圏のデパートでミスコナコーヒーを招いてのイベントがあると思います。日本の方はその時に実物をご覧いただけます。さて、彼女の家は、かなりのお金持ちではないかと思います。と言うのも自家用車があのハマーですから・・・。