モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年7月

ご存知・・・



ハワイ島は、ケアウホウ地区のキングカメハメハ3世ロードを下った所の、ケアウホウSCの上にあるこのお店。すごく見晴らしも良くて気に入っていたのですが、もう何ヶ月くらい経つでしょうか、営業していません!つぶれました。

こういった店もだめになるんですね。コナで有名だった日本人がオーナーだった CAFE もオーナーが店を手放して(つぶれたわけではない)経営が白人になり、別の意味で結構流行ってきています。

かと思えば、おなじFFでもコナの「バーキン」は、リニューアルして「マクド」とは違った意味で、ローカルには人気です。

コナに住んで7年目ですが、いろいろな店が出来たり無くなったりするのを見てきました。ワイキキにもあった「シズラー」なんていうのもありましたよね。

う〜ん、個人的に出来て欲しい店は、やっぱ「ダイエー」と「マルカイ」と「ラーメン屋」と「温泉」かな。 

ALOHA〜な、自販機



こんなの初めて見ました。ホノルル空港の昔のインターアイランドのビルディング内(アイランドエアーとGOが今も使用中)にあるのですが、インパクトがあったので思わず「パシャ」。
ちなみに、中身はPEPSIです。

ALOHA〜な、餃子2



では、私も対抗して・・・!まぁ、うちはハイビスカスがらのお皿という事だけですが。
いやいや、初挑戦でしたので、味・形共にかみさんには、大不評!
二眼レフ殿、次回ご伝授いただけますでしょうか?それとも、昨年のチャンチャ焼き?に対抗して今年は、レフさんと私で「餃子」と行きますか?当たりでパイナップルやコーヒー豆を入れたりして・・・。

通い先は、ここ!



←この写真は、標準的なコンドミニアムのバスルームですが、私の通い先は、コナの街中にある、フィットネスセンターThe Club in Konaです。夜、8時半頃に時間が出来たら、できるだけここに通っています。理由は・・・、リンク先を開いて画像の2枚目を見てください。

そう、ジャグジー(この英語の発音がまた難しい!)が、あるんです。プラス、ドライ&ウエットサウナも! もうスーパー銭湯感覚です。でもって、サウナで熱くなった体を、シャワーしてこのプールに飛び込むと・・・!もう極楽気分です。

私が、今住んでいる物件は、1.5bath。つまり立って使うシャワーだけのバスルーム(0.5)と、バスタブ(お湯をためて座る事ができる)1、で1.5。
ご存知のようにアメリカの住宅では、肩までお湯に浸かるバスタブは、通常標準装備されていません。(もし個人で一軒家を建てる事が出来れば、ホノルルに日本のような深いバスタブを売っていて、それを買って、さらに今話題のパロマガス湯沸し機を設置すればお湯をためる事が出来ます。つまり通常標準装備の電気式湯沸かし器では、たっぷりのお湯は、作ることが出来ません。)

40歳少し前まで、日本で過ごした私には、風呂が不可欠なのでした。
おわり。チャンチャン。 

オアフねた2



行ってきました、「ウォーター・アドベンチャー・パーク」
オアフ島でもかなり西のほうにありH1最後の出口なので、「行くのに結構時間がかかるかなぁ」、と思いましたが、ハワイ島でコナからヒロまで行く事を考えれば、チョロイチョイ。

2歳の子供のいる2家族で行きましたが、大人も子供も結構楽しめました。
1つ、難を言えば金銭的なものでしょうか。入場料+食事代の額は、ハワイに住む人にとって結構な出費かも?オアフに住んでいれば、無理してでも年間パスを買って足繁く通えばえば、それなりなのかもしれませんが。
でもワイキキに飽きた人、家族連れでも、カップルで行っても、楽しめますよ。写真の6階建ての高さから落ちる「クリフハンガー」でしたっけ、体験しましたが癖になりそうです。といっても1回だけでしたが。

1つ裏話。貸しコインロッカーの受付のおにいちゃんが日本語のできるイケメン風です。
それと、園内には結構日本語のできる従業員もいますので、安心かも。

オアフねた



ひさびさのオアフ訪問で、最後に行った店がここ「Liliha Bakery」。場所はスクールストリートを少し上がったKuakini st..、日本領事館の近くだったと思います。

「べしべしオアフ」で取り上げられていたと思いますが、ベーカリーとカウンターのみの日本で言う喫茶店のような店です。喫茶コーナーもさることながら、ここの名物はこれ↓


甘〜いアメリカンテイストのチョコレートクリームの入った、いわゆる「シュークリーム」。プラスチックの容器に12個入って$20位だったと思います。でもって、これには冷凍しているものがあって、それをハワイ島に帰る前に買いました。ハワイ島にはない味だと思っているんですが・・・。

この「ココパフ」もそうですが、最近はビアードパパやKTAやフードランドにも「クリームパフ」は売っていて味もそれなりだし悪くはないのですが、やっぱり日本の「シュークリーム」(関東では、コージーコーナー、関西ではヒロタがお気に入り)にはかないませんぁ。

初搭乗



7/12、10:30am コナ発ホノルル行き、「go !」に乗りました。
現在ハワイのインターアイランド間でおそらく最も安い片道$39.00で乗れる飛行機でしょう。 さて、感想というかご報告を・・・。

?、コナ空港のチェックインカウンターは、ユナイテット航空の端にあり、業務委託をしているのでしょうか?ユナイテットの従業員のようでした。でも初めて「go!」に乗る、という事を言うと写真を撮ってくれました。まぁ、この辺はユナイテットに働いていてもコナの住民だからでしょうか?
これ↓


?、機体は、他社よりさらに小さく50人乗り。上の写真のように機体のドアが開いてそれが階段状になり、乗り込みます。

?、やはり価格を抑えてあるからなのか、既存の2社のような機内のドリンクサービスは、アメリカの国内線のように有料でした。コーラ類で$1.50


?、コナ−ホノルルの所要時間は、機体が小さいので早く着く?と言う噂もありましたが(理由は不明)当日の気象条件もあったのかやや長く感じました。ホノルルの空港は「アイランドエアー」と同じ昔のインターエアーの場所で階段で降ります。


?、まぁ値段が値段ですので「可も無く、不可も無く」といった所でしょうか?

最後に、今回の「go!」は、GOエアーではなんですね?メサエアーというグループがハワイで運行してる飛行機の名前が「go!」と言う事なのでしょうか?詳しい方、ご説明ください。日本からは、もう手続きがネット以外で出来るんでしょうか。

go!
Mesa Air Group, Inc.
410 N. 44th Street, Suite St. Suite 700
Phoenix, AZ 85008

KOA-HNL



明日から3日間ホノルルにバケーション!!

日本から来ている友人家族と久々のホノルルです。
5月にも日本から帰って来た日にフライトの都合でどうしてもオアフ島に1泊しなくてはならなくて立ち寄りましたが、その際はモーハオフィスとダイエー(ドンキ)に寄っただけでホテルで寝ていました。
でも今回は、「ウォーター・アドベンチャー・パーク」にも行きたいし、女性陣達は「マヌヘア」だとか「チャッキーチーズ」だとかいろいろ言ってますが、そのへんは、コナに帰ってからまたご報告いたします。ハワイ島に住んでいる日本人が日ごろどれだけ刺激の無い生活を送っているかをセキララに報告です。

さて、今回の私の目玉の一つはこれ↓
http://www.iflygo.com/
6月に就航されて、早くも搭乗のチャンスに恵まれました。片道$39!の、うたい文句で客集めをして、それに刺激されてALOHA AIRあたりは、無料チケット発行までの競争になりましたが、実際どうなのか?

6月中旬(約1ヶ月前)にHPでチケットを予約しました。やはりこのタイミングではもう$39の席は無く、約$59でしたが、それでも10:30amのフライト。同じ金額で他社だと6:30amとか9:00pmの時間帯に限られてしまいます。

ロコの方たちも徐々に「乗ったよ〜」とか言う声を聞きつつあります。確か50人乗りくらいの小さな機体だとか。「でもプロペラじゃぁないよ」ともその人は言っていました。どうでしょうね?HNLの発着も昔のインターアイランドのビルディングだとか。

では、次回のご報告まで。「バッ、ハァハァ〜イ!」

季節限定



少し前誰かのブログで話題になっていたものです。

例えば、コナのセーフウェーとかにある、メインランドから来た苺のパックを手にとって香りを試してください。美味しそうな苺のすご〜くいい香り!わくわくして買って帰り急いで食らいつくと・・・・ 「なんじゃぁ!これぇー!不味〜い!」
はっきり言って、チョコレートディップかジュ−スにしか出来ません。

ところが、この「ワイメアイチゴ」の美味しい事!まさに日本のスーパーに並んでいるものと同じです。香りといい甘さといい・・・「う〜ん、寝てみたい!」あっ違う(ごめんなさい、古いギャグで。わかる人にはわかる。)

ただし、いつでもどこにでもあるわけではありません。かなり小ロット栽培なのか、それもいわゆる、春の季節にしかなかったと思います。写真は、ワイメアの「ダニエルティーボー」レストランの前のこんな小屋で売っている所です。あと、毎週土曜日にケアウホウSCの朝市で一つの農家がほんの少しだけ出していたと思います。

この「ワイメアイチゴ」は、ワイメアのカワマタファームという「モモタロウ・トマト」を専門に作っている農場の、斜め前でメキシコ人移住者が作っているとのことでした。


写真を撮っていいかといったら、ポーズまでしてくれました。