モーハワイ☆コム

カテゴリー:やっぱハワイ島

日本からハワイ島コナへの直行便の話 &emojiairplane;



2010年10月末をもって、日本からハワイ島コナへの国際線は、休止していますが

先月末頃より新たな話がハワイ島観光業関係者の間では、もちきりになっています。
(この話題は、ハワイ島大好き関係者のブログで、すでに話題になっていましたか?)

なんと「ハワイアンエアー」が羽田−コナを申請しているとのことで、許可されれば2013年の3月から、運行開始されるとの事。

使用される期待の機種や運行時間も発表されるなどして、
具体性のある話なのですが、どこまで期待していいのやら。 

とりあえず、ローカル紙で出た記事をリンクしておきます。 

westhawaiitoday ←

2010年の直行便休止はハワイ島旅行関係者には、大打撃となるのかと思いきや
実際にふたを開けてみると、それほどでもなく(ただ2011/3/11を境に
数ヶ月は冷え込みましたが)、今年も夏休み期間もそれなりの人数で、
2001/9/11以降数年間に及ぶ、冷え込みは感じられません。

この話、とりあえずは、冷静に見守っていきます。

ヒロのスリフトショップでお宝物発見!



流石シグゼンのお膝元、古着(と言ってもまだまだ問題なし)が、$15〜ごろごろ売ってます

Blue in Blue



ワイピオの空の青さで思い出したことがありました。

某月某日、某コーヒー農園の空撮がありました。理由はおいといて、ハワイ島の知人の操縦する青い色のヘリコプターが飛んできました。空撮と言うことで、ドアを取ってあります
農園は縦に(海方面から山方面に)長いので、ヘリはカイルアコナの街からなめるように撮影しながら移動してきました。
最初は、そこそこの高さから撮影していましたが、チャーターと言うことで依頼主の希望通りの高さまで降りていて、撮影をしました。
それがこの写真。いったい地面から何メートル(専門用語というか、何フィートと言われても、ピンとこないので)のところからだったのでしょう・・・。


ヘリにはまだ一度も乗ったことはありませんが、見ているだけでもいい経験でした。

その日の後日談として、あんまり低く飛んでくれたので、開け放していたドアや窓から砂埃や枯葉が室内にたくさ〜ん入って、掃除が大変でした。

ところで、ワイピオ渓谷をさらに北に行った場所にある渓谷(名前忘れた)を同じくヘリで空撮されたのを見てそのすばらしさを一度は経験してみたいと思ったのでした。
パイロットの方もそこがハワイ島で一番好きだと言ってました。(違った?)

プウコホラ ヘイアウ



プウコホラ ヘイアウに行って来ました。

ここに来たのは、おそらくハワイ島に住み始めてすぐの頃以来なので8〜9年ぶりだと思います。その時は、時間も4:00pm頃だったので、遠めに「なんか古墳のようなものがあるなぁ」程度にしか意識していませんでした。その後、いろいろハワイ島のことを見たり聞いたりしているうちにあの古墳は、ハワイ島の中でもかなり歴史的な遺産だという事がわかってきました。

そして、久々に調べたいこともあって訪れてみました。
訪れてみてびっくり!ビジターセンタなる超近代的なものも2年前に出来ています。館内にはハワイアンの子孫らしき博学そうなアンティーが何かを質問するとこと細かく答えてくれました。
「ナショナル・パーク」だったんですね。レンジャーもいますし、(ボルケーノで入場料を払う時にもらうのと同様の濃い内容のことが書かれている)パンフレットももらうことが出来ます。

一部、興味深いと言うか、わかりやすい展示物もあったのでご紹介しますと・・・・。



これは、古代ハワイアンの階級制度の絵です。
キャプテンクック到来以前のハワイアンらは厳しい階級制度を持った社会を構成していたそうです。アリイと呼ばれる王族と、カフナと呼ばれる神官が構成する貴族社会、その下にマカアイナ(平民)、そして一番下にカウバ(奴隷)、アリイの中からアリイ・ヌイ(大王)が選ばれ、島ごとに1人または2人のアリイ・ヌイがおり、支配体制を作っていたそうです。この体制の下には、カプー(禁制)があり厳しい取り締まりの中で人々は生きていたとのことです。
日本も江戸時代に士農工商の制度っていうのがありましたが、日本は約300年続きましたがハワイは、キャプテンクックの登場で、そこまで続かなかったのでしょう。

また、ポロル渓谷から人が運んできて建設に使われたと言う石が、置いてありどれだけ重いかを実際に持ち上げてみる、まさに社会科見学的な展示物もあり、面白かったです。


ただ、2009年5月末現在、この巨大なヘイアウは2006年の地震で一部が崩れて修復中のためそれ以前は中まで歩いて見学可能な場所も、今は閉鎖されています。とはいっても、かなり麓まで行けますので、ご興味のある方は、どうぞ。


確かここは、編集長もかなり前に訪れようとしたでした様でしたが、その頃だったのでしょうか例の事件(リンク先不明!)もあり、生臭い場所でもあり立ち入らなかったとか・・・・。

2009 Kona Coffee Cultural Festival Report



Holualoa Village Kona Tasting & Art Stroll
30近くのコナコーヒー農園が出店し、無料で試飲来ます。個人的な感想は、やはり普通の農園のミィディアムローストは「すっぱく」、ダークロースとは「にがい」・・・でしたが、なぜかいくつかあった”オーガニック農園”のミィディアムは、すっぱくありませんでした。特に美味しいかな、と思ったのは、後でわかったのですが数年前に優勝した農園でした。



2009 Miss Kona Coffee is …. Ku'ulika Karratti 22歳の(トップの写真)彼女は、ヒロでハワイ語を教えている先生です。
一応こんな審査もあります。

Ueshima Coffee Corp. Kona Coffee Picking Contest
PBさん!残念でした!惜しくも優勝できず・・・。(バーチャルツアーより)
今年も盛大に行われましたよ。なんといっても、“フード・ネットワーク・(まさに食べ物関係のみのチャンネル)” “トラベル・チャンネル”が取材に来ましたし、ハワイ島に住んでいるシェフで有名な「サム・チョイ」もピッキングに参加しました。


PBさんに参考資料として・・・今年の優勝者の収穫量は、3分間でなんと!4kg強!今までに比べて異常な多さです。(ちなみにこの人は、本職のメキシコ人)一般の部の優勝者は、約1キログラム弱。でも相当な量です。

では、収穫のコツを伝授しましょう!
?、なるべく赤い実がたくさん付いている樹を選ぶ。
?、枝の根元から手前に手を動かし、実の落ちるところに籠を持ってくる。
?、樹を回るようにして移動しながら摘んでいく。
?、終了直前に籠に入ったマイナスの要因の葉っぱや緑の実をすばやく取り除く。

これで、来年は優勝間違いなし。優勝賞金$200ですよ!

ちなみに、青年の部で優勝したのは、あの「まさしのツアー」のまさしさんの息子さん、2位は娘さん、でした。

緊急報告



「島別の掲示板・ハワイ島」でNONさんが報告されていますが、ケアウホウSCのローカロリー・ドーナッツのお店「デイライトドーナツ」が、惜しくも閉店してしまったので、改めて様子を見てきましたので報告します。



張り紙には、「13年間、このケアウホウSCでがんばってきましたが、これ以上続けられなくなりました・・・・。」の様な内容のことがかかれてありました。

子供からお年寄、それに朝早くから開いているので出勤前のサラリーマンまで幅広い層に人気だったのですが、本当に残念です。

このSCからは、ここ7・8年で、本当に多くのお店が立ち退きました。家賃がとても高いと言う話も聞いたことがあります。KATや郵便局もあって、ローカルにはとても人気なのですが、営業する側は、大変なんでしょう。
それにしても、残念

ワイコロア・クイーンズ・マーケットプレイスが10月1日オープン?



ハワイ島ファンの皆さんがお待ちかねの、ワイコロア新名所。「クイーンズ・マーケットプレイス」情報です。

最初去年の11月とか今年のGWとか、いやいやお盆までには・・・。で結局「プレ・オープン(それでもまだプレかい、と言うお叱りのお言葉もなく)」が先日、10月1日だったようです。

新聞にも出ていましたし、かみさんのハラウもパフォーマンスをするので連絡があったり、さぞ盛大かつ晴れやかなオープニングかと思いきや・・・。
まぁ、実際に行って写真を撮ってきましたので、後は皆様各自ご判断ください。







ワイコロア・クイーンズ・マーケットプレイスの出店リストはこちら

超ローカルねた、ですが



ハワイ島コナ地区へいらっしゃる皆様へ。
今月22日より、平日(月〜金)の午後3時30分から午後6時30分までの間、ホルアロア方面からケアラケクア方面へHWY180号線を使って南方面に向かうと、「てしまレストラン」の直前にある交差点(ホナロジャンクション、と言いますが)が、交通規制されています。上の写真を拡大してご確認ください。

ハワイ島コナ地区の交通事情が、時間帯と場所によっては、ここ3・4年最悪の状態です。
以下の時間帯と場所を通行される時にご注意ください。

?、7:30AM〜9:00AM。サウスコナのマナゴホテル付近からコナダウンタウン・空港方面。特にパラニジャンクションから空港方面。

?、2:30PM〜6:30PMホノコハウハーバー付近からコナのダウンタウンからケアウホウを通りキャプテンクックとケアラケクア方面。今回のホナロの交通規制もこの時間帯です。

この2つの時間と場所は、本当にお気をつけください。
日本に帰る日の朝、コナのホテル・コンドから空港に向かう場合、WHYを通ると、渋滞にはまります。かえってアリイドライブからオールドエアポート方面を通った方がスムースだったりします。また、ハワイ島をワイコロア方面からコナの町に午後から向かう場合は、極端に時間をずらして、午後7時以降とかに、した方が無難です。

午後2時にワイコロアのホテルをでて、ケアラケクア湾近くのコーヒーファクトリーに着くのは、午後5時を過ぎた頃になると思ってもまんざら冗談ではありません。

以上お気をつけください。

やっぱハワイ島



あっと気づいたら、未更新ですでに1ヶ月以上!まずい、まずい!

と言うわけで、2007年初の更新です。
皆様、本年もどうぞごひいきに・・・・。

さて、写真は「ハワイ・コミュニティ・フェデラル・クレディット・ユニオン」のキャッシュカード、ですが、ご覧の通りハワイ島の「キャプテンクックの記念碑&イルカ」がデザインされています。ローカルっぽいでしょ?実際ローカルのを借りて写真撮りましたので#とかを加工してます。あしからず!(100円でポテトチップスは、買えますが・・・・って、いつのCMじゃぁ!)そこのNaomi!ニヤッとするなぁ!

でもって、別バージョンはこれ↓コナコーヒーです。


こんなの持ってると、つい使いたくなる・・・、ってことはありません。


ことしは、軽めの話題でいきましょう!

国民性の違いを感じた時



見にくいですがご覧の通り、カスコのセルフ・ガソリンスタンドです。

カスコの会員証とアメックスやローカル銀行のチェックカードあるいは、プリペイド・カスコカードなどが使えます。現金は?使った事がありませんが、確かダメだと思います。コナサイドでは、今一番安いので時間的にめちゃこみの時もあります。朝6時からやっています。

さて、本題。このシーン、見て何か感じますか?そう、今給油中のアメリカ人らしき前後の車とも車を給油口を機械から離れている反対側に停めて、給油していますよね。それをまってこの写真を撮っている自分の車の給油口は、もちろん右側(機械に近い方)です。

つまり、ガソリンを入れる時日本人以外は・・・、
?、わざわざ給油しやすい側に車を止めるという感覚がない?
?、それとも、自分の車のどちら側に給油口があるか覚えていない。
?、そのどちらも。

たぶん答えは、?だと思いますが、ハワイ在住の日本人の方どうしてます?
と言う投げかけで終ってみたりして(しゅんさん風)