モーハワイ☆コム

カテゴリー:これもハワイ島

愛車12年目で・・・



走行距離、120,000mil になりました。もう少しで200,000km越えです。


12年間ハワイ島中を駆け巡っています。

4WDなので、マウナケアにも幾度となく、ワイピオ渓谷にも下りました。グリーンサンドビーチだけ行ってない。

ちゃんとハワイ州の虹も付いています。


さすがに新車の頃のボディーは、ピカピカですなぁ。

さて、後何年お世話になるのでしょう。

しかし、日本でこれだけの走行距離の車は、「価値なし」となるのでしょうが

ここハワイでは、まだまだ現役。

この同じ年代のこの車種のこの同じ色は、ハワイ島には3台しかないそうです。

これからもよろしく。

さて、問題です。ハワイで1年のうちにで2回しか出来ないことといったら?



花火ですが、それは、大晦日ともう一日は、いつでしょう?


答えは、7月4日の「アメリカ独立記念日」でした。

今年も、花火のセールが既に残りわずかですが盛り上がっています。

今朝行ったウォールマートも入り口の一番近いところに、小さな畳ほどの大きさの$150分も花火が入ったものが売られていました。そういえば去年はCOSTCOで$500のものを見たかも。

やはり1年に2回しか出来ないのでみんなで盛り上がるようです。

でも、実際に花火が出来るのは、夕方からだと思いますが・・・

コナもカイルアコナの港沖で午後8時頃から「花火大会」もあるようです。

ワイキキで毎週金曜日にやっているヒルトンの花火も、ハワイの人にとってはそれなりにすごいと思っているのでしょうが、やはり日本の夏の花火大会にはかないませんよね。

まぁ、あさっては夕方から(特にワイキキ周辺は)花火の煙で真っ白になります。

「今年は喘息で何人病院に運ばれた」なんてニュースも5日の朝にはあったりします。

アラモアナや大きなモールのあるところでは、独立記念日セールもあったりしますが、コナはほとんど影響ありません。やはり11月のブラックフライデーを待つとします。

今日は、硬貨の話



さて皆さん、アメリカ50州のクオーターコイン、すべて集まりましたか?

正確に言うとさらにプラス、6枚(ワシントンDC、グアム、南サモア、プエルトリコ、ヴァージン諸島、北アリアナ諸島)があるので56枚です。ちなみにこの6枚のうちプエルトリコは13億枚も製造されているので見つけやすいのですが残りのは1億枚切っているのもありなかなか集めにくいのです。ハワイ州は5億枚弱で平均以下、少ないのはオクラホマ州が4億枚弱でやや少ないようです。

で、今日は、その反対に一番価値の小さな1セント(ペニー)のはなしです。硬貨の表側にはアメリカ合衆国第16代大統領のエイブラハム・リンカーンの肖像ですが、裏側にはワシントンD.C.にある「リンカーン記念館」の建物のデザインです。

でもっていつからか知りませんがその建物の中に「リンカーンの座像」が小さくデザインされているをご存知だったでしょうか?
少し前の映画「猿の惑星」では、猿がそこに座っていましたが・・・
(私の記憶にある生まれてはじめてみた映画館で見た洋画は昔の「猿の惑星」でした。)

ちなみに2009年には他にも違うデザインがあと2種類あり、2010年からは現在はまた違うデザインもあります。。
また、1974年に鋳造されたアルミニウム・セント硬貨なんていうのもあり通常の銅の色では無く銀色のペニーもあったりします。

ハワイに来てコインを使う時になかなか覚えられずに、「やっと使えるようになった」と思ったら日本へ帰る日になっていた、という方も結構いらっしゃるのではないかと思いますが、ローカルにも負けないようにがんばって使えるようになりましょう。

携帯UP



遅ればせながら、やっと、ついに「スマ−トフォン」デビューしました。
(しゅんさんと同じやったりして・・・(涙)。って、別に泣かなくてもええか・・・・。

ハワイの車両ライセンスプレート(ナンバープレート)の話



私の情報が正しければ、ハワイの自動車のナンバープレート基本は、アルファベット(A〜Z)3つと数字(0〜9)3つで、”JDL295“とか”LAS005”のはずです。

ただ、主な島(ハワイ・マウイ・カウアイ)は、ややルールがあるようで、ハワイ島ビッグアイランドで登録されたナンバーは、HDC224・HIX987のようにアルファベットの最初の文字がハワイ島のHで始まります。なので、HAA001からはじまってHZZ999で一巡します。

同様にマウイ島は、MAA001からMZZ999、カウアイ島はKAA001〜KZZ999、という風になります。

では、ハワイ州の人口のほとんどである「オアフ島」は、OAA001からかというと、そうではなくてH・M・K以外の文字、AAA001からZZZ999のあいだのHMKを除いたもののようです。

プラス、日本でも追加料金で自分の誕生日の番号やぞろ目数字にできるように、文字だけや数字だけを組み合わせて、自由に6文字のナンバーが取れます。

たとえば、ALOHAとかTHANKSとか人の名前もMARKやPELEなんていうのもできます。
ただ、教育上よくないのはできませんし、一度誰かが使うとだめです。ALOHAなんてのはもうないのでしょう。

で、ハワイ島で見た以下の番号。

トップは、「HANAKO」乗っている車は、80年代前半のセリカでした。

ハワイ島ならではの「KOHALA」



ハワイ島には関係ないけど、オタク系のこの車は、アンテナにそのシンボルが、着いていました。


ちなみに我が家も息子の愛称を着けています。(親バカ)

ハワイ島 ヒロねたをもう少し。



年始に行ったヒロでのこと。
ご存知BIC(ビッグアイランドキャンディーズ)の建物とは反対側の駐車場のhinano St.沿いに植えられている大きな木の下の木の垣根の様な木。これはコーヒーの木だということをご存知でしょうか。
ちょうどこの時期は、まだコナでも収穫時期なのでここのコーヒーの木にも赤い実がついています。

ただ、このBICのあるヒロの場所は、コナのコーヒー栽培エリアに比べ夜の雨も昼間の日照時間も長いため、実が水分を吸収しすぎて通常のコナコーヒーの実の大きさに比べて非常に大きいのです。

通常のコーヒーの実は、手の小指か薬指のつめの部分くらいですがここのは、親指の爪くらいあって、(「個人差ありすぎ」っちゅうねん!)「これじゃぁコーヒー作ってもおいしくないかぁ」という感じです。



ところで、年末年始からまた溶岩が目の前で見れるようになったとか。
またコーヒー(生豆)持参して「溶岩焙煎コーヒー」作成のチャンス到来です。
今度は、準備万態で行かなければ!

ハワイ島小ネタ集



?、カイルアコナに「ジャック・イン・ザ・ボックス」がオープンします。Bの位置。これで、あのアンテナボールがヒロまで行かなくても手に入るようになります。クリスマスシーズンとかにスペシャルバージョンがあります。



?、 ガソリンスタンドが移動します。AからBへ
  コナで一番安いガソリンスタンドは、もちろんコスコですが、その昔はこのガソリンスタンドが一番安かったのです。ここも、「ジャッキン(英語ではこう略します。)」と同じエリアです。それは、Bの位置。クアキニHWYとヘンリーSTの交差点。
ただ、クアキニHWYとヘンリーのウォールマート方面へ向かう右車線からしか入れそうにありません。ガソリンスタンドは、どの方向からも入れたほうが儲かると思うのですが・・・。

  ?と?は、「2010秋予定」となっていました。


?、マクドナルドのドライブスルーが24時間営業。
と言っても、Cの位置のお店です。店舗自体は夜11時間で開いているようですがドライブスルーは、24時間のようです。日本でも大きなバイパスに面した店舗でやっているのを見たことがあります。人件費とかはどうなるんでしょうねぇ?(あっ、この辺はマクオさんにお任せ。)

?、カイルアコナのスタバの後ろにある「ROSS DRESS FOR LESS」がスポーツオーソリティーのある新しいエリアに7月上旬移転します。
今までよりかなり大きな店舗です。ヒロより大きいかもしれません。
もともと「サーキットシティー」という電気屋さんが入る予定の建物に移動します。(地図なし)相当の品揃えになることが期待されています。ハワイなので予定の日程どおり行かないのではと、予想されたのですが順調な?予定のようで現在の店舗からどんどん商品を移動しており今の店の内容が、スカスカで買うものがありませんので、これから数日間のうちに「ロスでお買い物〜!」と期待されている方はご注意ください。

  

コナコーヒー・エキスポ 2010



カイルアコナのオールドエアポートパビリオンでマイナーなイベントがありました。

その名も「コナコーヒー・エキスポ 2010」主催は「コナコーヒーファーマーズ・アソシエイション


毎年11月に行われている「コナコーヒーカルチャーフェスティバル」とは、一味も二味も違う、コナコーヒーを作っている農家・農園の組織団体が自分たち自身や一般のコナコーヒーファンに向けたイベントでした。

具体的には、農園経営に関した農機具や灌漑(かんがい)施設の紹介、コーヒーの袋やラベルの作成、コーヒー販売・発送に関係した案内、また流行のオーガニック関係の紹介、等々。

まぁ、関係者以外の人が来てもあまり楽しめるものではなかったのですが個人的には興味深いものなどもあり、それなりに楽しめました。


また、このイベントでも「10%コナブレンドをなくして100%だけにしよう! 」的な訴えも大きく取り上げられていました。ハワイ島ファンの皆様は、10%コナブレンドと100%コナコーヒーについて、いまさら違いを説明するまでもありませんが、この団体が面白い例を挙げていましたのでご紹介すると「“10%ブレンド・ナパ・ワイン” や “10%ブレンド・スコッチウイスキー”“10%ブレンド・マウイオニオン” “10%ブレンド・アイダホポテト” なんて見たことありますか?そんなのありえないでしょう?だから10%ブレンド製品は売らない・作らない・買わない、様にしましょう!」と、訴えています。


ただ、現実的にはホノルルの大手焙煎メーカーがお土産物として大量にかつ安く買えるようにしているので、せめてハワイ島に来たときだけでも10%は買わないようにしましょう。という感じですかね。

では、最後に今回試飲できた農園です。
あまり知っているところはありませんでしたが、みなそれなりでした。


以上、BPさん以外でもご興味のある方はこちらをどうぞ。
click here for the entire random listing.という部分をクリックするたびに農園が変わって好きな農園のコーヒーが購入できます。

どんだけ〜っ!&emojibeer;



ある駐車場で見たこの映像。
ピックアップトラックの荷台に飲み終わったビールの空き箱を捨ててありましたが、いったい何箱あるのかと思うくらい、荷台にいっぱいでした。
それも、すべてメキシカンの好きな「コロナビール」だけ!しかもビンタイプのものだけ。30箱位はあるかと思います。1箱24本入りなので・・・なっ 720本?
箱は、ほとんどが同じ日に開けられた感じでした。(古くて時間がたったものだと、ピックアップの荷台なので雨ざらしだったり、日があたって変色しているはずなのですが、そんな雰囲気はなく、すべて新品の箱を開けた感じ。)
時期が時期だけに、クリスマスパーティーで飲まれたものか? 場所は、ワイメアなのでパーカーランチに働くパニオロ達(メキシカン)が飲んだのか?

日本ではとても厳しい飲酒運転ですが、少し前のハワイ島は検問で止められてもドラッグでないとわかると、意外と見逃してくれたそうですが、最近はそうもいかないとか。オールドエアポートのビーチでも夜になると、雰囲気ロコボーイの格好をしたポリスがビーチでの飲酒を取り締まっているとか。

ご存jの方も多いでしょうが、警察のことを「ポリスマン」と言っていましたが、最近では「オフィサー」と、呼称が変わっています。女性の警察官も増えてきてその人達には「ポリスウーマン」とは言えないからでしょうか?

ジャクソンカメレオンあらわる!



保護色で見えにくいかもしれませんが・・・・

今の職場で初めて発見しました!約20cm以上はあったでしょうか。興味本位で捕まえようとしたのですが、イメージでは「のろのろ」と動く感じだったのが、以外や以外けっこう素早い動きで樹の手の届かない高い位置まで逃げてしまいました。

結局、このカメレオン君どこから来たのか、その後どうしたのか追跡はしていませんが、9年目にして始めての発見です。

ところでこのカメレオンを生け捕りにしてホノルルのペットショップに持っていくと、$500位で買い取ってくれると言うのを聞いたことがあります。ホノルルでもタンタラス周辺でKIDSが探しているとか・・・。

まだまだ、自然たっぷりなハワイ島でした。