モーハワイ☆コム

カテゴリー:2008 JAPAN

日本旅行 最終日



長かった13日間の日本滞在も、あと数時間で終わろうとしていた、最終日のお昼。
「しまった、まだ “吉牛” 行ってない!」と思い出し、チャリで近所のお店へGO。
フレッシュマンセール、とかで50円引き。定番の「大盛り・味噌汁・生卵:おしんこ」で最後を締める。

99円ショップも3回も行ったし、ドンキ・ユニクロも行ったし、スーパー銭湯も計8回も行ったし、大型電気量販店もチェックしたし、もう思い残すこともありません。あとは、ハワイ到着の税関で物を没収されないようにパッキングして、空港までのABC宅配に出せば、全て終了。

実は、この宅配が今回の旅の最終トラブルでした。宅配に預け空港で受け取る、と言うことを、毎回やっていますが、成田空港の宅配所に行った際に、ソフトスーツケースの(中身が重すぎたのか)ハンドルの部分がとれて(破損)しまっていました。
一応、スーツケースのメーカーが「サムソナイト」だったこともあってか、対応してくれた方が、先方の非を認めてくれて、ほぼ同じ大きさの新品と交換してくれたのでした。
その壊れたスーツケースは、まだ2・3年しか使っていない、わりときれいな状態ではあったのですが、全くの新品と交換してくれるとは・・・!これを半額負担とかだったら壊れたのをそのまま使っていたかもしれません。お客様は神様です。精神なのでしょうか?
日本で商売をすると言うことは、本当に大変なんだなぁと、しみじみ思いました。

さて、成田空港は、第二ターミナルからだったのですが、いつも出発まで何も食べません。単にウインドーショッピングだけなのですが、テナントが毎年少しずつ変わっているのに気づきました。なかでも某大手コーヒーメーカーのカフェが出来ており、メニューに懐かしいコナコーヒーを発見。ハワイ島を身近に感じたのでした。

ただ、ここでハワイ島通の方には、ご理解いただけるかもしれませんがこのメニューを見て、「まだまだコナコーヒーの宣伝が足りないなぁ。」と感じたのでした。
つまり、ブルーマウンテンの最高のグレードは、#1
でも、コナコーヒーの最上級は、エクストラファンシーであって、#1ではないのです。

でもそのままEXFとか書いても、普通の人には理解できなだろうし、「こんなのじゃぁなくて、トップの#1が飲みたいのですが・・・」なんてことに、なるかもしれませんので。
一杯¥600だと飲むかなぁ?



ということで、成田―コナ便は、いつものB-767ではなくジャンボに変更。
理由は、到着日から始まるフラの大会の観戦ツアーの方たち「フラのおばちゃん」でほぼ満席でした。でもって、コナ空港に到着して機内から外を見ると「アロハエアー」の機体が全くありません。いや〜、驚きましたね!「チャプター11」とかいう状態で倒産したというニュースは、ネットで確認できていたのですが、全く運行停止とは。

最後まで驚かされた、2008年帰省でした。
終わり。

日本旅行 終盤戦



日本にいた頃は普通に体験していたことを、たった2週間と言う限られた日数のうちに凝縮した毎日を過す事になり、帰省後半は「あ〜あそこも行きたい。ここも行っておかないと・・・」と言う焦りを感じながら過ごしていました。

実家の近所にちょうどタイミングよくオープンした「鉄道博物館」があると言うことで早速かけつけました。いつものハワイ島でのイベントごとに慣れていたせいか、「てきとーに行って、ちょちょっと見て帰ろーか。」と言う、今から思えば実に甘い考えで行った為に、あっさりと返り討ちにあいました。元国鉄の敷地内の建物は想像以上に大きく、平日の昼間と言うのに(春休みと言うことを忘れていた)「これでもかっ!」と言うくらいの人・人・人!

単なる“ジオラマ”を見るためだけに「1時間30分待ち・最後尾はこちらです」状態!すっかりあきらめモード・・・。それでも展示車両で写真を撮ったりもしましたが、まだ3歳の子供には、酷でした。新幹線が実際に走っているところをホームで見るのは楽しくても、全く動かない車両に乗っても「それで?」って感じ。一番気に入ったくれたのはサブ会場にある「レゴ」で機関車を作って走らせて遊ぶ「お子様部屋」。最後には、ほかの子とブロックの取り合いになって、泣いておしまい。まぁ、そんなに事は上手くいきませんよ。


そしてもう一つの、失敗談。
かみさんの知り合いが、都内で「ハワイアン・カフェ」なるものを最近オープン。
ちょうどその方たちにもお会いしたかったので、お祝いをかねて訪問。夫婦それぞれの得意分野を披露。それなりに盛り上がって楽しかった、と言うところですが、そのカフェの場所がとてもトリッキー。もともと地方出身者にメトロ?の「洗足(せんぞく)駅」と「洗足池(せんぞくいけ)駅」の区別が出来ようはずがない。しっかり間違えて、結局TAXIの世話に。

でもそこで体験したこともハワイ島では、味わえないこと。TAXIのドライバーいわく「私もあまり詳しくないので、ナビを使ってもいいですか。」と来た!例の“検索&クリック”です。幸いあまり離れた場所ではなかったため、数百円で目的地に着きましたが、今携帯を使えば簡単に解決できてしまう事なのかなぁ・・・。と軽いカルチャショック。100%コナコーヒーも¥500で飲めますので、どうぞそちら方面に行かれる時は、お立ち寄りください。(「洗足池駅」です!)


で、次回は最終回。

日本旅行 中盤戦 その2



ハワイから日本に帰省すると決まって何故か早起きになります。それも5時半とか・・・。
かみさんの実家の横は単線ですがJRの線路沿いにあるため、まぁその位の時間から夜中の1時近くまで電車は通るのでそれなりの振動があります。それが理由と言うわけではないのでしょうがなぜか、早起きです。(単に歳を取ってきた、と言う話もあるが。)

さて、日本に帰省すると必ず行きたい・やりたいことの一つに近所のCVS・コンビニエンスストアーめぐりがあります。「コンビニ」が今の日本を象徴するようになったのはいつ頃からでしょうねぇ?特に、次から次へと出る飲料関係の新製品の試験販売をはじめとするマーケッテングは、先ずは、コンビニですよね。今年のCVSで目立ったものは、携帯電話のバッテリー切れを補う乾電池(この言葉も死後?)が接続される物。総称してあれは、なんと言うのでしょうか?(CVSでは写真が取れないので、ご想像ください。)

携帯と言えば、年々公共の場から公衆電話がなくなっています。普段携帯を持っている人には、あまり感じないかもしれませんが、本当に困ります。また、駅のホームにもこんな自販機が置かれる様になったのは、最近ですよね。


CVSは、要するにかゆいところに手が届く、と言うことなのでしょうが、日本は飽食・飽物(こんな単語があるかどうか)物があふれかえっていますね。

そしてそんな世間を横目に、今日もラーメン屋に入ります。(強引な持って行きかた。)
改めて言いますがハワイ島では、ワイキキのような本当の日本のラーメン屋の味は体験できません。(と、思っていたら最近それらしきものが出来たと言う噂も

実家から車で20分位のこのお店も、日本にいるときからお気に入りの一軒。


そして、昔の職場近くにあったこのお店も、わざわざ電車に乗って行きたい一軒。


塩分摂取量過多も気にせず、スープまで完食です。
ラーメンの次は、焼肉でしょう!ワイキキにもあるチェーン店が近所にもありました。
どうして日本の食べ物は、こんなに美味しいのでしょう!ええ〜ぃ、こうなったら
回転すしにもいくぞーっ!お〜っ!

「またメタボに一歩近づいた!の巻」でした。

日本旅行 中盤戦



さてさて、実家での親兄弟に2年ぶりに大きくなった孫の顔を見せて、西日本エリアでの活動は終了です。今度は関東地方に移ったのですが、ちょうどこの時期の桜前線と同時に移動となり、約8年ぶりの満開の桜を見ることができました。やっぱ、桜は日本とマッチしますなぁ。こんなことを考えたり思ったりするのも、歳をとった証拠でしょうか。
ところで、北海道は今頃が桜のみどころの時期だそうなんですね。日本は広い。

かみさんの実家は、関東地方でもやや田舎のほうになるのですがですが、どんどん開発が進んでいて、帰省のたびに違った風景を見ることになります。
結構な頻度で、日本からハワイ島に来る人が「ハワイ島は変わらないねぇ。」と言うような事をおっしゃいますが、確かに日本の変貌ぶりは本当に驚かされます。

閑話休題、日本国内旅行です。
まだ、「JR PASS」が使えます。今度は、知り合いのセレブな方にご招待していただき「那須高原の別荘」に2泊3日で行きました。「那須高原」と言えば、「御用邸」で有名ですが、それは夏の避暑的なものがあるのでしょうかこの時期の那須は比較的空いて、ハワイ島と同じようなゆったりとした気分にもなります。そしてここでも普段出来ない次の様な体験をセレブの方にさせていただきました。

その?、プライベートの貸切露天風呂。この旅館もそうですが日帰りでランチも頂けるパッケージがあり、家族で露天風呂を貸切利用後ヘルシーな懐石料理を楽しみました。


その?、近くのスキーゲレンデでのソリ遊び。雪を直に見たことのない我が家の息子にはこれまた、印象深い経験が出来ました。

ここで「那須高原」に行かれる方に那須のレストランで口コミで人気のお店を紹介します。
本来、ここはステーキで有名なのだそうですが、知人のセレブによると、それ以外の中華料理が隠れた人気だそうです。実際にオーダーして試したのは、中華のみ。「激辛マーボー豆腐」「(白髪葱とシソの香りの)貧乏人の焼きそば(と言う名前)」がお勧め。


またまた、メタボ街道まっしぐら!です。

今回、実家からの移動と那須への移動、合計すると(実際に払えば)約5万円位の交通費。日本到着後1週間「JR PASS」を使いまくりました。1週間で一人合計8万円以上の計算になりました。十分、元を取った旅となりました。

続く。

ウルトラマン・ランド



日本での2日目、さっそく「JR PASS」を使い、九州への旅に出かけます。
目的地は、福岡県大牟田市。そこに何があるかというと・・・。
ジャ〜ン!「シュワッチュゥ!」
目指すは、“ウルトラマン・ランド”(←ここクリック)です。
そう、あの円谷プロ公認のウルトラマンだけのテーマパーク。
ふとしたきっかけで、ここの存在を知り、せっかく日本に帰省して実家(岡山)まで
行くんだったら、どこか変わったところに行きたい。ということで行ってきました。

ええ〜?大牟田ってどこや?と、おっしゃるあなた、確かにマイナーなところですが
九州出身の方のみ限定で言うと、三井グリーンランドがある所。といえばお分かりのはず。
あの数年前有名になった「佐賀県」と「熊本県」に挟まれた所。「三池炭鉱」のあったところで?そのウルトラマン・ランド自体は、熊本県に属していたと思いますが、乗降駅はJR大牟田。ちなみに、この九州の旅のJR交通費・約3万円也。

いろいろチェックすると、その日のショーのウルトラマンのサイン(ウルトラ文字)がもらえ(有料)、握手も出来る!ウルトラマン・レストランでは、ウルトラマン・カレーハンバーグも食べられる。ただ、親たちはというと「こ〜んな、カレーが1000円かよ!」と思う気持ちをおさえて「ミッキーのいるところだと、この倍はするぜ〜」と強引に納得。
一人息子は、大満足するに違いない!と親ばかな気持ちから、まぁ、$280の交通費がなせる業、とでも言いましょうか・・・。


さて、いるいる初代マンから今のメビウスまでいろんな種類のウルトラマンが!
最終的に息子は65%位の満足度、といったところでしょうか。最初、いきなり出てきた着ぐるみの怪獣やウルトラマンにやや面食らった様子もありましたが、何せハワイ島には、ディズニーランドもキティーちゃん人形もいませんから!せいぜい年末のサンタさんくらい?でも後で聞くと、しっかり覚えていましたので連れて行った甲斐は、あったのでしょう。お土産も、ウルトラマン柄のパンツ(下着 )・靴下・トレーナー・・・と。

唯一、個人的に欲しいなと思ったのが次の2つ。アロハシャツは2万円近くするので却下。
カップもこれでコーヒーを飲んだからといって変身できる訳でもないので同じく却下。


ちなみに、ここ大牟田は、九州大牟田・熊本ラーメン?でも有名な場所。ハワイ島にいながらでも、インタネットを駆使し数あるラーメン店の中からこれは、と思われるところを選び、食べました。いや〜本場のこの味は最高ですね。見た目はこくがありそうでもあっさりしていて、本当にうまかったですね。もう2・3軒行きたかったですね。帰りの福岡駅で辛子明太子も買ってお土産は、OK。


以上で、九州の旅は終了。

13泊15日2008年日本の旅



実は、3月中旬より2週間ほど日本に帰省していました。しばらくは、その報告です。
(「海外にいる日本人は、こんなことを望んでいる。」という事をお伝えできればと
 思います。)

今年の帰省の主な目標?目的は、いくつかありました。

・息子にウルトラマン三昧をさせる。(o|o)←こんな顔文字があった!
・自分たちは日本食グルメ&温泉(本物orスーパー銭湯) 三昧。
JR PASSを使っての7日間の日本国内旅行。
・大型ディスカウントショップめぐり。
・あと数ヶ月で期限が切れるパスポートの更新

日本への到着は「中部国際空港」でした。
空港直結のホテルにチェックイン後、即 空港内にある日本の空港初の展望風呂
風の湯(ふうのゆ)」につかりました。ここは、温泉ではなかったと思います。
翌朝、名鉄でJR名古屋駅へ。あれだけ騒がれた?「赤※」もKIOSKUに山積みに
されてあり、飛ぶように売れていました。(もちろん買ったのですが、実家に
忘れて食べなかったのでした。(T_T)/~~~)


JR名古屋駅でお待ちかねの、「JR PASS」を入手。

「JR PASS」とは、本来は日本人以外の外国人向けの日本国内観光用の
格安チケットというのでしょうか、日本全国のJRが約$280で
7日間・普通車(14日間やグリーン車様もある)が特急も含めて、
つまり新幹線(のぞみを除く)にも、いちいち乗車券・特急券を買わなくても、
この「JR PASS」を改札で見せるだけ(指定席も可)で、ある意味乗り放題という形です。
それが、海外永住者にも購入・利用できるので、最大限に利用し九州・中国地方
などの日本国内旅行を楽しみました。

名古屋から岡山の実家までの途中 京都駅で下車、知人と会い京都駅伊勢丹で
プチ懐石ランチ。ハワイ島にある日本食レストランでは味わえない、繊細な味付けを
堪能。やっとたどり着いた実家では、これまたハワイ島までは味わうことの出来ない
特上霜降り牛肉(証明書付)「千屋牛」の焼肉でお出迎えされ(実は、リクエスト済み)
メタボ一直線!の帰省が始まったのでした。


続く。