モーハワイ☆コム

カテゴリー:2012 JAPAN

初ピーチ体験&emojiairplane;



3日目。 

完全に移動日。(それでは面白くないので・・・)

体験してきました。→「peach」(プレス発表時に会社自身で「c・h・e・a・p あっ、順番間違えてた」と、ボケてた)

千歳→関空、片道約¥4800でした。ちなみに大手だと¥15000〜¥30000。

就航まもないようで、チケット購入前にいろいろ検索、評価をチェック。

席と席の間隔が狭いとか、食事や飲み物・音楽サービスもなし、荷物も料金が必要。

CAは見経験者も多く、社長いわく「CAは、タバコ屋さんの看板娘」だそうです。(ガイアの夜明けより)関西中心の会社のようで関西人も多いようです。

さて、ここからは個人的な感想。

ハワイ州内ホノルルと他島間のエアーに、古くはアロハ・モクレレ・ゴーそしてハワイアンと経験しましたが、まぁそれらと同様な感じ。

HNL−他島間は、ほぼ1時間以内ですが今回の千歳−関空は約2時間。

手持ちで飲み物や軽食を持ち込めばノー問題。

シート間もハワイのそれとほぼ同じで、大手の国際便と比較すること自体が別問題。

日本発のLCCと言う事で、価格以外にもいろいろ特徴を出していました。

機内での案内放送が「関西弁」!

CAの機内販売も関西弁。乗客も関空行きのため関西人も多く、北海道からのゴルフ帰り?のおっさん達も気軽にCAに居酒屋のバイトの娘へのようにに声をかけます。

「ねぇちゃん、出身どこやねん?」「おぉ、吹田かぁ。わしゃ、高槻や。」とか

CA「就航記念の毛布こおてくれませんかぁ?(買ってくれませんか?)」
乗客「2人だけで使うんやったら、こおたるでぇ〜。」

さらに
CA「バキュゥン(ピストルで撃つまね)」
乗客「う〜っ、やられたぁ〜」

と言うのは、うそですけど。

どうも会話ののりが違います。ただ、あまりにも取ってつけたような関西弁なので、「なんか、わざとらしいなぁ」という事を大きな声で言っていた人もいました。

「○★してください。」と言うのが耳についた。やや京都よりの関西弁らしい・・・。

そつなく、関空着でしたが、空港での「ピーチ」というかLCCの取り扱われ方が、なんかいじめにあっているようで、大手とは異なるルートでバスで延々移動。

荷物もターンテーブルとかではなく離れたところに地べたに置かれていたり、と なんかかわいそうな感じ。(これは、今だけのようです。)

でも、「¥4800だから」と思えば何も問題ありませんでした。

以下ご参考に。

ピーチ

ハワイ島コナから北海道札幌へ Part2



2日目の宿泊先は「シャトレーゼ・ガトーキングダム・サッポロ」。

札幌市内よりやや郊外にある温水プールとこれまた温泉付のホテル。
なんでも、温水プールの施設の方が昔からあって、そこにホテルを後で隣接させたとか?

ハワイ島で言うとリノベーション前の「ケアウホウビーチホテル」と、いった感じか。

チェックイン時間より前にプール施設は使わせてくれるというので、先に電話確認したところホテル到着後すぐにアーリーチェックインしてもらう。

大人2人に小学生1人ということでエキストラベットを頼んでおいたのが良かったのか偶然にも角部屋のかなり広い部屋になってラッキー。バスルームにもTVがあった。(ただ喫煙ルームだったようで残り香が・・・)


早速、温水プールにGO。なんと80mと120mのスライダーを追加料金で1日乗り放題に。
ただ、何が辛いってスライダーの降りる天辺まで階段を上らなくてはいけないこと。
おそらくビル4・5階まで階段を使うこと約数回。大人は3回ほどでギブアップ。子供は永遠と・・・。

夜は、本来なら北海道名物?「サッポロビール園でジンギスカン」の予定が、プール横の質素なもとい節約的な食事で済ます。

3日目。
いよいよ待望の「旭山動物園」へ、GO。ただ、気温が10℃〜11℃。なめてました北海道。
室内がけっこうあったかいので薄着のまま外出。かなり早い時間にサッポロ駅到着。駅構内の立ち食いそばならぬ、「豚汁&おにぎりセット」で温まる。


動物園をそつなくこなし、午後からこれも友人お勧めのサッポロ駅前「佐藤水産・本店」で海産物のお買い物。そのままクール宅配便で自宅まで。

買い物終了後、今度は小樽在住のブロガーさんに会いにJRで移動。
初めて北海道旅行らしい小樽の観光をし、お勧めの店で北の新鮮な魚介類のおすしで満足。


(この辺が、日本からハワイ島に来ている観光客のようでしょう?午前中ホナウナウでイルカを見て午後からキングショップで買い物&ワイピオ渓谷行って最後にTEXでマラサダ食べるんです。みたいな)

むりやりハワイネタにもって行っている、という訳ではありませんがさらに続く。

そういえば、ブロガーで鉄ちゃんの方が言ってましたが、JR北海道の車両は本州で使っていたかなり古いタイプのものばかりだとか?また、スピードを出して曲がるので車両の揺れがひどいとか・・・  確かに感じました。

ハワイ島コナから北海道札幌へ



ご無沙汰しています。重い腰を上げやっと更新です。

今年もこの時期となりました。年に1度の家族揃っての日本帰省です。

今回は、単なる帰省でなく少し頑張って(出費も)日本国内旅行も。

ちょうどハワイ島に長期滞在されていた数名の友人が旅行先の北海道出身だったので(まさにハワイ島を始めて訪れる方のような状態で)

いろいろ詳しい話を聞かせていただき、相談にのってもらいました。

本当にありがとうございました。

では、始めます。

期間は、5/24ハワイ島発 6/6ハワイ島着の12泊14日の旅。

第一日目。
ハワイ島コナ→ホノルル→名古屋セントレア→北海道千歳空港着。(トップは合成)

セントレアでは、いろいろとアドバイスいただいた友人やハワイ島大好きブロガーにお出迎え頂く。

みんなで名古屋名物の「味噌カツ」を堪能する、プチOFF会。楽しい時間を過ごす。そして北海道に向け出発。



千歳空港着は、すでに夜の9時半過ぎ、コナの自宅を出て24時間以上経って同行者すべてがクタクタ状態。

これ以上の移動もきつく、友人のアドバイスにより千歳空港内のスーパー銭湯兼温泉を堪能できる宿泊施設で初日泊。


第2日目。
翌日目を覚ますと、北海道地区は朝からの雷雨! 旭山動物園訪問予定を変更しチェックアウトギリギリまで朝風呂を堪能し札幌へ。

北海道での自分的イベントのもうひとつが「札幌ラーメン」三昧。この日は、サッポロエスタ内ら〜めん共和国「さっぽろ 大心」で。


ただ、8歳の息子的には「サッポロポケモンセンター」がメイン。
会場に着くなり「オ〜・マイ・ゴッド!OMG!」の連発!


それほど広くはない売り場に、ポケモングッズがこれでもかといわんばかりの陳列。

でも意外と冷静にハワイ島では手に入らないものを中心にチョイスし、お買い上げ。

ポケモンといえば、もうすぐ映画も始まるようで、それにあわせてそのゲームソフトの宣伝もあり本当に日本は消費者の物欲をあおりたてるタイミングというかスパンというか、次から次に(これは子供の世界だけではなく大人にも)出費させて日本経済が発展していくのではないかということを改めて感じたのでした。

2日目の後半に続く。