カイルアコナのオールドエアポートパビリオンでマイナーなイベントがありました。

その名も「コナコーヒー・エキスポ 2010」主催は「コナコーヒーファーマーズ・アソシエイション


毎年11月に行われている「コナコーヒーカルチャーフェスティバル」とは、一味も二味も違う、コナコーヒーを作っている農家・農園の組織団体が自分たち自身や一般のコナコーヒーファンに向けたイベントでした。

具体的には、農園経営に関した農機具や灌漑(かんがい)施設の紹介、コーヒーの袋やラベルの作成、コーヒー販売・発送に関係した案内、また流行のオーガニック関係の紹介、等々。

まぁ、関係者以外の人が来てもあまり楽しめるものではなかったのですが個人的には興味深いものなどもあり、それなりに楽しめました。


また、このイベントでも「10%コナブレンドをなくして100%だけにしよう! 」的な訴えも大きく取り上げられていました。ハワイ島ファンの皆様は、10%コナブレンドと100%コナコーヒーについて、いまさら違いを説明するまでもありませんが、この団体が面白い例を挙げていましたのでご紹介すると「“10%ブレンド・ナパ・ワイン” や “10%ブレンド・スコッチウイスキー”“10%ブレンド・マウイオニオン” “10%ブレンド・アイダホポテト” なんて見たことありますか?そんなのありえないでしょう?だから10%ブレンド製品は売らない・作らない・買わない、様にしましょう!」と、訴えています。


ただ、現実的にはホノルルの大手焙煎メーカーがお土産物として大量にかつ安く買えるようにしているので、せめてハワイ島に来たときだけでも10%は買わないようにしましょう。という感じですかね。

では、最後に今回試飲できた農園です。
あまり知っているところはありませんでしたが、みなそれなりでした。


以上、BPさん以外でもご興味のある方はこちらをどうぞ。
click here for the entire random listing.という部分をクリックするたびに農園が変わって好きな農園のコーヒーが購入できます。