この写真2003年9月22日の物なんですが、この頃までですかね・・・?チェーン・オブ・クレーターロードの端まで車で行って、30分くらい歩けば目の前にイメージビデオのごとく溶岩の流れを見ることができたのは。

ペレ様には不謹慎かもと思ったのですが、溶岩の熱でコナコーヒーの焙煎に挑戦しました。ハワイ島のコナで採れたコーヒーをハワイ島の地中から出てきたばかりの溶岩で焙煎です。

結果ですか?普通コーヒーを焙煎する温度は、約220℃なんですが溶岩は1200℃!1000℃も差があったんで、あっという間にダークロースト・・・・、と言いたかったのですが、写真のなべのハンドルの部分をあまりの熱さで持つ事が出来なくて、失敗に終わりました。次に行く時は、もっと重装備で最後まで焙煎するぞ!っと、思っているうちに溶岩の流れがどんどん奥に奥に行ってしまって不完全燃焼です。

ところでハワイ島の休火山、「フアラライ山」は、約200年ごとに噴火しているそうなのですが、前回の噴火が1802年頃、と言う事はもうそろそろ出てもおかしくないんですよね。
そうなれば、わざわざキラウエアまで行かなくても、コナの街から数分のところで、溶岩見物も出来るかも知れませんぞ。