モーハワイ☆コム

山に行ったらとっておきの旨い酒を飲もう


R60★亀(亀次朗)であります。
旧友腹乃豊関と久しぶりの野営生活です。
この記事は2018年(平成30年)10月25日のものです。
タイル温泉


立ち寄り湯でゆっくりと過ごしてキャンプ場に戻ります。まだまだ秋の緩やかな日差しが残る午後三時頃。今日はもうクルマの運転は運転はありませんから湯上りのイッパイを楽しみましょう。真夏なら間違いなくキンキンに冷やしたビールなんでしょうけど、湯冷めを用心して焼酎のお湯割りにしましょう。この日の為におうちではずっと我慢して呑まないでいた焼酎を担いで来たんです。
21PA200230


このキャンプ場の標高は凡そ800mと言いますから10月下旬とはいえ油断は出来ません。加えて西側の山が高くそびえていて実際の日暮れは結構早い時間に訪れてきます。イッパイ飲んだら夕ごはんの支度にとりかかりましょう。今夜は麓の練り物屋さんで買った出来立てほやほやの薩摩揚げでおでんを楽しみましょう。
22PA200231

山の朝はとびきり旨い珈琲を飲もう


R60★亀(亀次朗)であります。
旧友腹乃豊関と久しぶりの野営生活です。
この記事は2018年(平成30年)10月24日のものです。
タイル温泉


今回のキャンプでは毎日近くの温泉まで車で行く予定になっているんで朝から酒飲むのは自重しました。山の朝のお楽しみはやっぱりコーヒーでしょう。
01PA200220


松村農園の今年の新豆とストーブで沸騰させた山の水と10月下旬の透き通るような冷えた空気があれば最高のコーヒーが出来上がります。この豆は成田空港での僅かなトランジットタイムに梱包され鶴亀家にやってきました。貴重な時間を割いて送ってくださってありがとうございました。 
02PA200218


さて今日は何をしましょう。湖畔を散策するのも楽しいひと時です。持ってきた読みかけの文庫本を広げたまま居眠りして過ごしましょうか。
03PA200219

山に着いたらまずは乾杯!


R60★亀(亀次朗)であります。
旧友腹乃豊関と久しぶりの野営生活です。
この記事は2018年(平成30年)10月23日のものです。
タイル温泉

詳しいことはまた改めて記事にしようと思っているんですけど、取り敢えず無事にサイトに到着しました。テント張りは久し振りだったんで多少てこずったけど何とか設営完了。まずは乾杯しましょう。
31PA200235

若いメルロだけど意外や大人しく柔らかいチリの赤ワインです。ユウメシの時間までまだちょっとあります。ストーブの準備をしたりベーコンブロックを刻んだりしながら、ゆっくりと、しかし確実にワインが減っていきます。
32PA200238


明日の天気がちょっと心配だけどフライも張ったし三日ほどゆっくりと過ごしましょう。乾杯!詳しくは自宅に戻ってから記事に仕上げようと思います。久しぶりの山の空気を存分に吸っています。
33PA200237

関内路地裏居酒屋アフターヌーン焼酎


R60★亀(亀次朗)であります。
相変わらず関内の路地裏をうろつく老夫婦であります。
この記事は2018年(平成30年)09月26日のものです。
タイル居酒屋


昼下がりの関内オフィス街の裏路地であります。しょもない用事をスバヤク片付けて遅いお昼ごはんを食べましょう。んでも午後一時を過ぎるとこの辺のお店はランチ営業を終えて夜の部の仕込みと休憩時間に入ってしまいます。いかんいかんヒルメシ難民になってしまいそうです。さて困った。何処か営業しているお店は無いもんでしょうか。空腹を抱えて彷徨する亀次朗に一軒の居酒屋が目に止まりました。
01P9260205


平日午後2時から深夜24時までやってます。ランチは夕方5時まで食べられますって一体全体何のお店でしょう?
02P9260203


「王道の角煮か?」「極上の豚足か?」とか煽情的な文句が並んでいます。入ってみるしかないでしょう。
03P9260204b


お店の中は一昔前のスナック風です。しっかしカウンターの背中に並ぶ酒はスコッチウイスキーではなく焼酎ばかり。つまりこのお店では午後二時から焼酎をぐびぐび呑んでいられる酔っ払い天国なんであります。
04P9260223


しかも銘柄焼酎が一杯500円というサービス価格。簡単なオツマミさえあれば目指す夕方開店のお店が始まるまでここでスタンバイしましょう。格好のゼロ次会店舗を見つけました。
05P9260224

小田原では「小田急百貨店」で待ち合わせ


R60★亀(亀次朗)であります。
旧友腹乃豊関と箱根に行くことになったんです。待ち合わせは小田原。小田急で来る腹乃豊関と息子の車で向かう亀次朗。何処で待ち合わせをするのがベストでしょう?小田原街歩きを兼ねて実際に行ってみました。 
この記事は2018年(平成30年)10月18日のものです。
タイル温泉

大きな荷物を担いで小田急でやってくる腹乃豊関の事を考えると常識的には「小田原駅で待ち合わせ」というのが真っ当な考え方なんですが、実は待ち合わせ前日(10/22)鶴亀老夫婦は銀座のジャズライヴの先約があって恐らく終電での帰宅になりそうなんです。小田原での待ち合わせ時刻を午前10時と設定したものの間に合うかどうか全く未知数であります。そこで腹乃豊関に無理なお願いをして小田原から一つ先の箱根板橋までご足労お願いしました。
01小田原買出しマップ

箱根板橋駅から箱根湯本駅までの間は箱根鉄道と国道一号線が並行して走っています。勿論、この先の入生田や風祭でも合流出来るんですが箱根板橋なら「小田急百貨店」があるから同時に食料品の買出しも可能なんです。そこそこ広い駐車場もあるから万が一車で向かう亀次朗が先着しても駐車場で待機していられるのも決め手の一つでした。
02PA180296

「パントリー」というとついついワイキキステイで重宝するクヒオ通りのフードパントリーを連想してしまいますが、このお店の正式な名称は「株)小田原百貨店 板橋店 食品館」というんだそうです。
参考⇒http://www.odawara100.com/stores/itabashi.html
03PA180290

つまりは小田急百貨店グループ傘下の食品スーパーであります。実際に行ってみますと三方向に駐車場があって車で行っても便利。電車で行っても箱根板橋から徒歩3分というアクセス抜群の待ち合わせポイントでありました。
04PA180291

食品スーパーの入り口脇にお買い物帰りの主婦が荷物を整理する椅子が並んでいています。白い帽子のおやぢが座り込んでいるのがその場所です。この画像のスーパーマーケット建物の裏手に男女別のお手洗いがあります。
05PA180292

スーパーマーケット内部の画像がなくって申し訳ありませんが中規模な食品専門の店舗で一通り商品が揃っているので皆さんが箱根方面に遊びに行く途中で立ち寄るのに便利なお店です。勿論、アルコール飲料もお弁当類も揃っていました。
腹乃豊関には亀次朗の到着までアイスクリームでも舐めてお待ちいただこうと思います。すみませんが宜しくお願い致します。
06PA180293

ふらんす食堂で秋キャンプを語る


R60★亀(亀次朗)であります。
旧友腹乃豊関とイッパイやってきました。
この記事は2018年(平成30年)10月01日のものです。
タイルレストラン


初期高齢者になってつくづく感じるのは駅の乗換の煩わしさであります。遠出そのものは楽しいんだけども乗り継ぎでの待ち時間や階段移動がだんだんに苦手になって来たんです。人混みの雑踏を躊躇するのは老化の始まりなんでしょうか。そんな初老の爺ぃ友が待ち合わせ場所に選んだのは双方から乗り換えなしで辿り着ける駅の小さな食堂であります。
01PA010243


カウンター六席と四人掛けのテーブル席が一卓だけというこじんまりとしたフランス料理店。ターミナル駅でも急行や快速の停車駅でもない小さな駅から歩いて5分程。こういう店が自分ちの近所に欲しいもんです。
02PA010261


まずはビールで乾杯しましょう。スターターに手作りピクルスをお願いしましょう。
03PA010246


このお店は何を注文しても外れはありません。オードブル盛り合わせはこんなに華やかです。この日のお客さんは我々以外に一組だけだったし、我々は呑んで喋ってばかりだったので気にならなかったけど、このお店はシェフ一人だけで切り盛りしているから混んでる日は大変だろうなあ。
04PA010250


「久し振りに山に行きたいですね」虫刺されや小学生の花火大会なんかが無くなる秋のキャンプ場で静かに酒を飲むなんって最高の贅沢というもんでしょう。「我々もかなり久し振りだから手近な所でテント張りましょう」
05PA010253


話題は尽きません。遂に2本目のワインに突入します。余談ですがこの街はあの「住みたい街ランキング」の上位にランキングされているあの町から歩いて行ける距離にあるんです。ですが街の様子はとっても庶民的で下町っぽくって亀次朗お気に入りの街であります。
06PA010257


この赤ワイン美味かった。途中からがんがん呑んじゃったから肝心のキャンプ計画は「んじゃ秋晴れの時期を選んで出かけよう」とだけ決まったものの具体的な検討は全く出来ませんでした。さて一体全体どんなキャンプになるんでしょう。
07PA010258


【おまけ】酔っ払った勢いで追加注文した「仔牛の赤ワイン煮」。こってりとした甘みと赤ワインの渋さが見事に融合した味わいです。勿論、しっかり煮込まれてトロトロな仕上がりです。この店は酔っ払いに行く店じゃないね。次回はちゃんとお料理を楽しみに来ましょう。
08PA010260

201804突然ソウル-31/帰国日の朝ごはんは広蔵市場


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。あっという間の帰国日です。
この記事は2018年(平成30年)04月13日のものです。
14タイル201804ソウル食い倒れ


旅立ちの朝ごはんです。心に残るメシを喰いたいものです。今回の旅のメインターゲットである東大門広蔵市場で最後の決めメシにしましょう。今回のお宿東大門米豚旅館から広蔵市場まで充分に徒歩圏です。
01P4120557


(日本時間)朝7時の広蔵市場は昨日の昼間の喧騒が信じられないくらいにひっそりとしています。ありゃりゃ朝飯朝飯にありつけるのでしょうか。ちょっと心配になってきました。
02P4130677


昨日来た時に一番賑やかだった中央の十字路までやってきました。おおっここでは既にあちこちの屋台から旨そうな湯気が立ち上がっています。わしら観光客ではなくここで働いている皆さんの一日のエネルギー供給に欠かせない屋台食堂であります。
03P4130685


ここで朝飯喰えば後はチェックアウトして仁川空港にむかうだけです。名残惜しいけど朝飯喰いましょう。
04P4130681


やっぱり韓国海苔巻きは欠かせません。
05P4130678


日本で喰うのと全然食感の違うチャプチェ。このもちもち感が堪りません。
06P4130679


おでんを一皿注文したのに丼二つたっぷりのスープ付きでやってきました。あれ、アジュマ聞き間違えたのか!それともしらばっくれて二人前だしたのか!って思ってお尋ねしてみたら「お二人さんだから半分こ。スープたっぷりはあたしの気持ち」だそうです。大変失礼いたしました。
07P4130680


お腹一杯になって米豚旅館に戻ります。米豚旅館から広蔵市場まで往復で1200歩。長期滞在したくなりました。
08P4130676

201804突然ソウル-30/東大門で夕ごはん


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅もいよいよ終盤戦です。東大門街歩きで大量の戦利品を仕込んだ鶴弥さま。一旦宿に戻りましょう。といっても米豚旅館は東大門の目抜き通りから歩いて5分の距離です。荷物を置いて夕ごはんに出かけましょう。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ


丸一日歩き回っていたのでかなりバテました。ささっとシャワーを浴びて米豚旅館の裏手の食堂でサクッと食べましょうか。もう顔なじみになった女将さんがささっとサービスおかずをテーブルに広げます。このお店はこの界隈のおっちゃん達の晩酌食堂です。サービスおかずを肴にメクチュ飲めばしっかり地元気分になれます。
P4120671

01P4120673



「肉が食いた~い」って言ってみたらこんなん出てきました。付け合わせの野菜に辛い味噌をつけてお肉を包み込んで頂きましょう。そろそろソジュ貰いましょうか。
02P4120674


明日は日本に帰ります。お名残り惜しくビビンパフ喰って明日に備えましょう。
03P4120672

神奈川県民がパスポート申請に行ったらランチはお得な海鮮丼


R60★亀(亀次朗)であります。
知り合いが「初めてパスポートを取りに行くから一緒に行ってくれ」っていうんで横浜関内まで出掛けてきました。 なんと!齢65歳にして初パスポートなんですと!んじゃリタイヤ祝いにハワイに連れて行ってあげよう。ガイドするから儂の分の旅費も出してくれよ。
この記事は2018年(平成30年)10月のものです。
タイルレストラン

JR関内駅から海に向かって山下公園の手前にある産業貿易センタービル。このビルの二階にパスポートセンターがあります。最近では最近では厚着や茅ケ崎でも申請が出来るようになったようですが、やはり長年こっちを利用しているんで行きやすく感じます。横浜公園や日本大通りを歩いていくのも散歩道としてもいい感じです。帰りに中華街や元町に寄り道するのも楽しいでしょう。
01PA040285

パスポートセンターのある産業貿易センタービルの地下には数軒の食堂(レストランなんちゅうもんじゃない)があるのをご存知でしょうか。山下公園直近とあってこの界隈にはお洒落なレストランがあっちこっちにあります。んでもこの近辺のサラリーマンが毎日そんな高いランチを喰っているんはありません。むしろ慎ましくMaxでも1000円位で収めないと晩酌に回すおこずかいがなくなってしまいます。そんなサラリーマン諸兄が頼りにしている割安食堂街なんです。
02PA040322

以前記事にした激盛りカツカレーの「どん八」
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/23165.html
もここにあります。
03どん八

ここのワンコイン弁当も結構凄いんです。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/23176.html
若い衆でも腹一杯になるんでカレー屋ランチの行列に出遅れたら弁当買って山下公園で喰うのも楽しいでしょう。
03どん八弁当

今回は初老の爺ぃ二人なんで和食を喰ってみました。
03PA040312

地下飲食店街の目立たない角に和食屋さんがありました。ここも外に待ち椅子が並んでいて既に数名のサラリーマンが待っていました。
04PA040316

席が空くまで手持ち無沙汰なんでランチメニューを読んで予習しておきましょう。ふむふむ、⑦新秋刀魚刺身に生卵トッピングなんていいなあ。④牛すじ煮込みに納豆なんてスタミナメニューも嬉しいです。どっちも850円だな。迷うなあ。
05PA040311

迷って迷って結局①ミックスフライにかつお漬け丼のセット920円と気張ってみました。
06PA040317

揚げたてサクサクのアジフライと鰯フライ。
07PA040318

カツオ漬け丼もたっぷりのボリュームです。
08PA040319

こっちは爺ぃ友の注文した海鮮丼。880円とはお得です。
09PA040320

在職中に胃を半分切除した爺ぃ友はごはんを半分に減らして貰っています。それでも結構なボリューム。次回ハワイでポケ丼食わせてやりましょう。
10PA040321b

信州中野in横浜で鶴弥お買い物に狂う


R60★亀(亀次朗)であります。
老夫婦は観光物産展が大好きなんであります。横浜山下公園の近くで信州中野の物産展があるっていうんで行ってきました。
この記事は2018年(平成30年)10月04日のものです。
タイル亀次朗


この展示会にやってきた目的は信州中野の街の情報を収集するたもだったんです。だから商工会のおっさんに色々質問したりパンフレットをいただいたりしていたら鶴弥の姿が見えなくなってしまいました。こんな素敵な場所で放し飼いにしたら危険極まりないではありませんか。
11PA040302


新鮮な地野菜や果物、おやきなどほんまに眼の毒な場所ですなあ。
12PA040308


案の定、鶴弥は買い物の鬼になっていました。名産のナメコやシメジを抱え込んでいます。
13PA040309


行く時には空っぽだった鶴弥のデイパックからは次から次へと戦利品が出てきました。相当散財した様子です。
14PA050217


既に大量に買い付けたキノコ類は鍋支度に入っています。まずはシャインマスカット。一房600円とは随分とお安い。
15PA050221


リンゴも二種類で300円。重かったでしょうに。。。
16PA050218


ピリ辛激ウマの「ぼたんこしょう なめ茸」。めっちゃ白メシに合います。初めて「ぼたんこしょう」って見たけど一見パプリカだけど、めっちゃ辛いヤツです。罰ゲームにいいかもです。
17PA050223


【おまけ】ぼたんこしょうを使ったレシピ。癖になりそうです。この画像は縮小加工していないんでクリックしてみてください。
18ぼたんこしょうレシピ