R60★亀(亀次朗)であります。
既に数名のブロガーさんがUPしていますが「GoToHawaii」キャンペーン計画が水面下で進行しています。税金を投入してハワイ旅行の代金20~50%補助しようという夢のような話です。
この記事は2021年04月01日のものです。
タイルリゾート

事の起こりはチャイナコロナの大流行で危機的な状況に陥っているハワイの観光産業の再起のためにハワイ州知事の大英断で日本人観光客の二週間待機を解除する方針に舵を切った事にあります。一方日本では盛掛桜なんかの無能政治でにっちもさっちもいかなくなった前首相がチャイナコロナと持病のせいにして逃亡してしまいました。イエスマンの番頭さんが棚ぼた的に一国の舵取りをすることになって、さあどうしましょ。まずは第一声に「各省庁の垣根を取り払って景気回復に邁進する」と宣言しました。大手旅行業者の口利き幹事長にとってはチャンス到来。外務省・通産省・文科省までも巻き込んで新しい集金システムを構築してしまいます。なにしろ国民の懐から金を抜き出すのが仕事です。各省庁も美味しい天下り先が増えるに越したことはありません。ハワイ州知事からの「日本人観光客優遇策」は正しく渡りに船で有りました。
01P4150013

GoToHawaiiキャンペーンの仕組みは極々簡単です。現在日本国内で行われているGoToキャンペーンのハワイバージョンです。但し中小零細の旅行業者は最初っから対象外です。「万一邦人旅行者が旅行先でトラブルに巻き込まれては国家事業としていかがなものか」などともっともらしく理由を付けて大手旅行業者だけに販売を認可します。「滞在先に邦人旅行者に対応できる支店もしくは営業窓口があること。」と定義付けられました。 事実上中小零細業者やウェッブサイトを締め出して与党幹事長とかねてから親交の深かった大手旅行業者だけとなります。 つまりは利権の集中により政治家への利益還流を謀ると同時に今後大量に予想されている下級官僚の天下り先を確保しようとするものです。新総理の「各省庁の垣根を取り払って。。。」というのは与党や各お役所から突き上げが来ない仕組みを作るというだけの事なんです。
02P6270036

これまで半年以上ハワイに行けなくなっているハワイ中毒患者には「国家が保証するハワイ旅行」はまさに「砂漠の泥水」となることでしょう。高額旅行商品ほど割引率が良くなる三段逆スライド方式は「前政権を踏襲する」という公約の通りお金持ち優遇のスタイルは相変わらずです。無論チープな個人旅行者などは対象外。国内のGoToキャンペーンと同じく30%の現地利用クーポンも大手旅行業者の契約先でしか使えない仕組みのようです。それでも日本人観光客に来て欲しいハワイ州・米系エアラインすらも尻尾を振って与党参りをしているんです。アメリカ側にしてもハワイから日本への観光客送客がバーター取引に組み込まれています。アメリカ側に配慮を見せながらもインバウンド需要も稼ぐ。つまりは欲と欲とのWin-Winな関係が成立しました。

最後の調整はあの「えっちな愛の生活」社の扱いです。創業時、騒インターナショナルの時代から大手のパッケージ崩しで成り上がってきて当時から大手旅行社からの嫌われ者。大手旅行業社から「あすこは外せ」の大合唱。とうとう与党のフィクサーが間に入って「えっちな愛の生活」社側が天下り官僚を大量に受け入れる事を条件に呑んでなんとか仲間入りさせて頂けたそうです。
03P4191261

こうしてチャイナコロナは全世界的な蔓延期を向かえることになります。
GoToHawaiiキャンペーン実施時期は2021年4月1日を予定しているそうです。キャンペーンの詳細についてはこちらの記事を参照してください。


http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/884.html

おやすみなさい。
04P4190930