モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2020年5月

居酒屋サバイバルBento-06魚男<フィッシュマン>


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ蔓延中で外出自粛が続いています。午後八時閉店とは「行政による零細殺し」としか思えないような居酒屋いぢめが五月いっぱい続きそうな気配です。
この記事は2020年05月のものです。
タイル居酒屋



刺身居酒屋「魚男」fish manであります。「海鮮居酒屋」というフレーズはあちこちにあるんでしょうけど『刺身居酒屋』というのには篤い志しを感じます。事実数年前に開店して以来「予約が取りづらい居酒屋」の地位を保ち続けているんです。
01IMG_2011



そんな実力店にもチャイナコロナは容赦しません。自粛自粛で午後八時閉店では毎日とびっきり新鮮な魚介類を仕入れていても売れ残ってしまいます。何とかこの危機を乗り越えなければなりません。居酒屋Bento戦線に参入してきました。「ぶりと金目鯛の丼」ですかっ!喰ってみましょうぜ。
02IMG_2008



お店の前にはずらりと個性的な丼が並んでいます。どれにしましょう?目移りしてしまいます。
03IMG_2010



やはり看板メニューの「ブリと金目鯛のドンブリ」にしてみました。たっぷりと脂ののったぶりと金目鯛の切り身がどっさりと乗っています。本来なら居酒屋フィッシュマンのカウンターで常温の日本酒片手に喰いたい刺身であります。いつかそんな日が戻ってくるのを楽しみに自宅青空ランチで楽しみましょう。
04IMG_2018

居酒屋サバイバルBento-05との山


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ蔓延中で外出自粛が続いています。午後八時閉店とは「行政による零細殺し」としか思えないような居酒屋いぢめが五月いっぱい続きそうな気配です。
この記事は2020年05月のものです。
タイル居酒屋

かつて隣町で大繁盛していた若者向け焼き鳥屋さん。いつ行っても若い女性グループが何組も楽しんでいておぢさんにはいささか入りづらいお店でもありました。今思い返せば「女子おやぢ呑みブーム」の先駆けだったようでした。色んなテイストのチューハイと美味しい焼き鳥、そして一番のウリは焼き場前にデン!と座って存在感ばっちしの大将の存在でありました。その後亀次朗の足が遠のいてしまったっていました。今回は久し振りにやって来ました。
01IMG_1974

まるでスターウォーズでレイヤ姫を捕まえた暗黒星のオヤブン(確か「ジャバザハット」だったと思う)のような親父さんでしたが随分と柔和なおじいさんになっていました。何か大病でも患っていたのでしょうか。
02IMG_1976




参照;ジャバザハット
02ジャバザハット


そんな老舗居酒屋さえもチャイナコロナの猛威はすざましいものだったようです。従業員も多かったので人件費も大変でしょう。午後八時閉店ではとてもやっていけません。とうとう店頭でランチ弁当の販売を始めていました。
03IMG_1975

三種類の弁当から亀次朗が選んだのは「鰯丸干し弁当」。じっくりと炭火で仕上げた逸品です。

サイドメニューに「レバニラ炒め」と何故か「タッカルビ」。こてこての居酒屋メニューではありませんか。こんな料理を庭で広げて芋焼酎ロックがあればシアワセなひとときが過ごせるというものです。肉厚のレバ最高です。
05P5010005

極めつけはなんと言っても焼き鳥屋オリジナルの焼き鳥。さあ、喰ってみろ!と言わんばかりのコテコテ居酒屋メニューであります。甘く柔らかい炭火焼き鳥を食っていると、早くチャイナコロナが終焉して以前のようにとの山のカウンターで焼きたての焼き鳥をほおばって見たいと思う亀次朗であります。
06P5110002

居酒屋サバイバルBento-04パレット


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ蔓延中で外出自粛が続いています。午後八時閉店とは「行政による零細殺し」としか思えないような居酒屋いぢめが五月いっぱい続きそうな気配です。
この記事は2020年05月のものです。
タイル居酒屋



バジルと言えばおやぢ呑み屋の街野毛にイタリアンを根付かせた伝説のお店です。そのイタリアンバーグループの中でも食事に特化したトラットリアバジルで働いていた店長さんが満を持して隣町に開店したお店です。
01P4280002



野毛時代からの常連さんが層をなして寛いでいるので新参者には中々入っていけませんでした。まして亀次朗などはこの街には途中下車でちょい呑み老人の身であります。肩身が狭いので一計を図って開店直後の明るい時間に立ち飲み参戦してみました。今はどうなのか分かりませんがチャイナコロナ以前には午後二時から営業が始まっていてリタイヤ老人にはありがたい存在でありました。
02パレット店内



今回は自慢の石窯焼きマルゲリータとナス&ミートの熱々ラザニアをテイクアウトしてみました。普段は赤ワイン派の亀次朗ですがまるで真夏のような五月の日差しを浴びてキリッと冷やした白ワインを楽しみました。
03P4280001

「サイトカインストーム」って何だ!?


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ大流行。残り人生あと10年ちょっとだと思っていますから今の時点での自宅蟄居は貴重な時間を無駄使いしている気がしてとても悲しい毎日です。
この記事は2020年05月19日のものです。
タイル プラン75

最近になって聞き慣れない言葉を沢山耳にします。「サイトカインストーム」何ですか?それ?「免疫システムの暴走」だというのですが、よく分かりません。どうやらチャイナコロナが体の中で大暴れして重症化する事らしいんです。しっかし何でまた知らないカタカナが沢山出てくるんでしょう?博士にお伺いしたら「そういう聞き慣れないカタカナ言葉を多用している輩はほんまは自分ではあんまり理解できていない」んだそうです。そんなもんか。。。

画像はヒロ病院の入院書類です。ハワイ島ヒロの美しいビーチが目にしみます。病院の受付近くに病院の起源になった「ハワイサン紙」が張られています。
01aP5081167

01bP5081169

01cIMGP9461

どうやらチャイナコロナが体に入ってきて炎症を起こすと体の中の防衛隊が出動して消火活動を始めるんだけど、防衛隊が沢山やってきてチャイナコロナだけじゃ無くって自分の体も責め付けるっていうんだけど亀次朗の七年前の入院では同じような症状でありました。

入院したのは鎌倉材木座にある「鎌倉ヒロ病院」。近隣に愛されている小さな医院です。ですがロゴマークはビッグアイランド。真っ赤なハワイ島とヒロ市の青いポイントがこの医院の起源を表しています。
02aIMGP8004

02bIMGP8005

んでも、何だかどこかで聞いた事があるような気がして昔の記事を掘り起こしてみました。七年も前の事なんだけど「ヒロ・ロングステイ」⇒http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/category/hiloというカテゴリーです
03aCRP-LA

03bCRP

03cランキング

原因は全く分からなかったけど体の中に入り込んだ雑菌が大増殖してしまって、それに対抗する抗体が総動員されたんだそうです。お馬鹿な抗体は雑菌の殲滅だけじゃ物足りなくなって自分の体にも攻撃を掛けてしまうんです。その時点で一番弱い部分がモロに傷めつけられます。腸が弱っていた人なら大腸潰瘍炎(UC)となります。肝臓が弱っていた亀次朗は「自己免疫性肝炎」(ACL)⇒http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/2816.html。いずれにせよ国指定の難病です。
04aヒロロングステイ

04bP6031284

主治医によりますと「原因はまだよく分かっていないんですよ」。対処療法として安静しているしかないそうです。暴走している抗体をなだめるのに「プレドニン」というステロイド製剤を静脈投与されました。この薬は自分の免疫力を落とす事によって体の中で暴れ回っている抗体をなだめすかすそうです。症状が治まってからもかなり長い間プレドニンの錠剤を服用していました。原因も治療法も確立されていない難病ですんで対処療法としてのプレドニン投与です。当然副作用もありました。不幸中の幸いで一番怖かったステロイド依存症にはならなかったけど免疫力を意図的に落とすんですから風を引きやすくなったり怪我が化膿しやすくなったりするそうです。やだやだやだ
05P5261273

それだけじゃなくって徐々にプレドニン摂取量を減らしていると異常に喉が渇きます。それとめちゃくっちゃチョコレートが喰いたくなって大体一日一袋喰い続けてしまいました。亀次朗はならなかったけど「ムーンフェイス」っていってお顔がまん丸になってしまうんだそうです。あ~怖かった。。。亀次朗のAIHは既に七年経過していますが一部の血液数値にその痕跡が残っていて主治医によると「未だ経過観察中」の扱いなんだそうです。
06P5261271
んなもんだから今回のチャイナコロナにおける「持病持ちの高齢者」扱いです。まだ当分の間は自宅でおとなしくしていましょう。
んだってまだまだハワイに行きたいんですもん。
皆さんもご自愛ください。

ラーメン王国から陣中見舞い


ただ今チャイナコロナで自宅蟄居中の亀次朗であります。
何処にも出かけられない毎日です。一番の楽しみと行ったらやっぱ喰うことでしょう。
この記事は2020年05月16日のものです。
タイル プラン75

県民一人当たりのラーメン消費量が全国一というラーメン王国から陣中見舞いを頂戴しました。行列の絶えないかの有名な琴平ラーメン、県民食鶏中華、赤湯から味噌ラーメン、盆地特有の真夏の暑さを乗り切る冷やしラーメン、冷たい肉そばも欠かせない存在です。二人前づつ入っていて全部で五袋。食の細った老夫婦には計10回分のお昼ごはんになります。貴重なお宝です。かみしめるように頂きましょう。
01P5150003

では早速作ってみましょう。「赤湯からみそラーメン」です。赤湯というのは山形市と米沢市のほぼ中間辺りにある湯量豊富な温泉街です。周囲には広々と田園地帯が広がっていてお米も野菜もとびきり旨い自然豊かな一帯です。
02P5160006

一袋に二食分。どっしりと重い麺は一人前130gもあります。老夫婦には充分なボリュームです。スープと辛味噌が別袋になっています。
03P5160007

予めドンブリにスープを作っておけとの仰せであります。どっしりした味噌スープ。めっちゃ迫力があります。こってりとした脂がこのラーメンの実力を示しているような気がします。
04P5160009

さあ麺を茹でてみましょう。たっぷりのお湯で五分茹でろとあります。そんなに長く茹でてしまったら延びちゃいんじゃないかと心配になりました。薄い黄色っぽい太い生麺は茹でるにしたがって半透明になってきました。箸先に麺の弾力が伝わってきます。
05P5160008

仕上げは真っ赤に燃える龍上海特製辛味噌。こいつをスープで少しずつ溶かしながら喰らいましょう。五分も煮たから柔らかくなってしまったと心配しましたがもっちりと弾力のある腰の強い平打ち麺はスープの濃さ、辛味噌のハードさにも負けていません。旨かった。また喰いたい。
06P5160012

「あ、ヤバ。。。。外出禁止が解けたらどっかに出かけちゃう!!」
って。。。。
ううむ。。。。
すっかりお見通しです。んでも持病持ちの高齢者です。まだしばらくの間自粛していましょう。ごっそさんです。

居酒屋サバイバルBento-03さじ


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ蔓延中で外出自粛が続いています。午後八時閉店とは「行政による零細殺し」としか思えないような居酒屋いぢめが五月いっぱい続きそうな気配です。
この記事は2020年05月のものです。
タイル居酒屋



一年ちょっと前の事ですが、銭湯のお隣にあった床屋さんが改修工事していて「一体何のお店になるんかいな」と思っていたら「さじ」という居酒屋さんになってしまいました。居酒屋さんが立ち並ぶ一帯からちょっと離れた場所でひっそりとオープンしました。外看板にメニューボードも出さず正直入り辛いお洒落な外観です。
過去の記事
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/28287.html 01IMG-0301





それでも「さじ」というお名前なんだからきっと和食でしょう。思い切って入ってみたのはつる姫さまの四十九日法要の打ち上げでした。
02IMG-0300



入り口に四人がけのテーブル席が一卓。奥に向かって八席の真っ直ぐなカウンターが伸びています。新鮮な魚介類に創作和食。豊富な日本酒のレパートリーがあって鶴亀老夫婦のお気に入りのお店になりました。
03P6260005



開業一周年を迎えて大きな試練がやってきてしまいました。チャイナコロナの来襲です。小さいとは言え飲食業の店舗を立ち上げるとなると大変な出費だったでしょう。ここで引き下がる訳には参りません。大将は思い切った作戦に打って出ました。
『お店の実力を全面に押し出して何処にも負けない居酒屋弁当を作ろう。街の皆さんにお店をよく知って貰おう』
04P4230018



選りすぐりの食材を使って朝一番から調理を始めてお昼前に出来上がり。どれも皆居酒屋メニューのてんこ盛りです。さあ、大急ぎでおうちに帰って青空居酒屋ランチを楽しみましょう。
05P4230019

居酒屋サバイバルBento-02新海


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ蔓延中で外出自粛が続いています。午後八時閉店とは「行政による零細殺し」としか思えないような居酒屋いぢめが五月いっぱい続きそうな気配です。
この記事は2020年05月のものです。
タイル居酒屋



多分隣町で今一番予約が取りづらい海鮮居酒屋「新海」であります。大繁盛店「鳥恵」で長年修行を続けてきた板前さんが満を持して立ち上げた居酒屋さんです。今では珍しくなくなったけどこの街で「店内禁煙」を最初に打ち出したのが「新海」でありました。
01sinkai2



超新鮮な海鮮が最大の売り物。ここの刺身は間違いなしです。大将のお父さんとは通信工事業時代からのお付き合い。他方、「鳥恵」での働きはよく知っていたから二重の意味で亀次朗にとって大切なお店です。
02P3160188



但し予約が取りづらい。しかも繁盛しているから時間制限もあるからノンビリ出来ないのが玉に瑕であります。
03P3160190



そんな大繁盛店もチャイナコロナの影響下では営業自粛です。とうとう店頭でランチ弁当の販売を始めました。かつ、ハンバーグ、焼き魚の三種類が並べられています。
04P4240025



孫に分けてあげられるようにハンバーグ弁当をチョイスしてみました。居酒屋さんが作るハンバーグとはどんなんか!?と思いきや意外や大衆受けしそうな柔らかい食感。但し厳選された牛挽肉と新鮮タマネギのジューシーな共演が楽しめました。
05P4240024



一方かつ弁当は大人向けにがっしりとした仕上がり。こっちは休日返上で食品デリバリーの手配に明け暮れている長男かつ☆ドン!に半分差し入れましょう。
06P4240023



極めつけは「鯖塩焼き弁当」。この街一番の海鮮居酒屋が仕上げる焼き鯖は流石です。ふっくらとした焼き上がり。腹身脂の芳醇な甘さ。もっちりとした背肉。これを喰ったら我が家の青空レストランは一瞬にして海鮮居酒屋のカウンターとなってしまいました。常温の日本酒を重ねてしまって使い物にならない午後となりました。
07P5110001

居酒屋サバイバルBento-01隣町居酒屋事情


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ蔓延中で外出自粛が続いています。午後八時閉店とは「行政による零細殺し」としか思えないような居酒屋いぢめが五月いっぱい続きそうな気配です。
この記事は2020年05月のものです。
タイル居酒屋



隠居生活も七年目になりました。勤め人時代は帰宅途中に途中下車して徘徊していた隣町の居酒屋にもとんと足が遠のいてしまっています。
01P1300081



大手の居酒屋チェーン店にちゃらちゃらした若い兄ちゃん達が群がっているのは住む世界が違うんだから気にならないけど、親父さん一人が細々と食いつないでいる赤提灯の灯火が消えかかっているのは看過出来ません。勤め人時代お世話になっていたお店が閉店でもしてしまっては悲しすぎます。やきもきしていたら居酒屋さんが昼ごはんを売って窮状を凌いでいるというではありませんか。侘しい年金生活者ではありますがご協力させてください。久し振りにお隣の街まで歩いて行ってみましょう。
02大船ランチガイド



togoしたBentoは自宅まで持って帰って庭で喰います。ほんまやったら出来上がったばっかりのご馳走なんだからその場で喰いたいんですが当分の間は我慢しましょう。お店から自宅まで片道30分のウォーキングで腹を空かせます。
03IMG_2024



そのかし自宅庭呑みですから冷蔵庫でキンキンに冷やした缶酎ハイは呑み放題。今日も又使いものにならない午後になりました。

ではしばらくの間「隣町居酒屋Bento」綴って参りましょう。
馴染みのお店の応援しよう。
まだ入った事の無い気になっているお店の味を楽しむのも一手です。
04IMG_2016

リベンジ 伊豆高原-13 伊豆土産に美味しい戦利品♪


亀次朗であります。
外出自粛が延長されて「旅欠乏症」の皆さん。ちょっと古い記事なんですが今年2月に行ってきた伊豆高原の記事の残りです。
タイル温泉



R60鶴(鶴弥)です。
久し振りの温泉旅行を楽しんできました。たまたま亀次朗が探してきた宿はかねてからわたしが行ってみたかったパン屋さんの近くでした。おうちに帰る前に宿から歩いて行ってみました。
この記事は2019年2月のものです。
タイルレストラン



美味しいランチを頂いてそろそろおうちに帰ります。とても落ち着いて気持ちの良いパン屋さんでした。
31P1100147



お店の中では次々と焼きたてのパンが並んでいきます。お昼頃になってお客さんもどんどんやって来てパンを買っていきます。
32P1100125



どれも美味しそうなパンばかりです。どれにしようかな♪
33P1100122

34P1100124

35P1100142




お買い物に一生懸命になっていたら亀次朗に撮られてしまいました(汗)
36P1100143



ついつい沢山買ってしまいました。大好きなお嫁ちゃんとおうちで一緒に食べましょう♪
37P1110216



お会計はこんなかんじです。
38P1110217



亀次朗にお願いして地図にお店の場所を書き入れてもらいました。
地図でみると駅やお宿からとっても近いと思ったのですが急な坂道が続いて膝の弱いわたし達にはちょっと大変なハイキングになりました。
39伊豆高原地図1

リベンジ 伊豆高原-12 手作りパン屋さんで木漏れ日ランチ♪


亀次朗であります。
外出自粛が延長されて「旅欠乏症」の皆さん。ちょっと古い記事なんですが今年2月に行ってきた伊豆高原の記事の残りです。
タイル プラン75



R60鶴(鶴弥)です。
久し振りの温泉旅行を楽しんできました。たまたま亀次朗が探してきた宿はかねてからわたしが行ってみたかったパン屋さんの近くでした。おうちに帰る前に宿から歩いて行ってみました。
この記事は2020年2月のものです。
タイルレストラン



伊豆高原の駅から山側に入っていった別荘地の中にある手作りパン屋さんに行ってきました。休日にもなると大勢のお客さんで朝九時の開店時間から大忙しになりそうです。わたし達は平日のお昼ちょっと前に到着してここでランチを頂く作戦です。
21P1100148



日差しの弱い二月中旬でしたので店内のテーブル席にしました。もう少し暖かくなったら外のテーブル席が楽しそうです。
22P1100128



メインの料理が三種類用意されていて副食材とパン三種類のつくランチが1200円から。サンドウィッチなら600円からとお手軽です。サンドウィッチのパンは三種類から選べます。
23P1100120



ドリンクは別料金。ランチメニューと一緒に注文すれば150円引きになります。わたし達は赤ワインを注文しました。マイカー利用では無いのでお気軽にワインが楽しめるのも嬉しいです。
24P1100121



わたしが注文した「豚ロースの塩釜焼き」というランチがやってきました。
25P1100136



亀次朗は「生ハムとチーズのサンドウィッチ」を注文しています。ランチを安くしてワインを追加注文する作戦のようです。
26P1100137



どちらにも新鮮なお野菜がふんだんに使われていて思いがけず充実したランチが味わえました。
27P1100139



お会計はこんなかんじ。とてもゆったりと過ごせました。コロナウィルスが一段落したら又行ってみたいお店です。
ル・フィヤージュ(http://www.le-feuillage.com/index.htm)
28P1100138