モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2020年3月

リベンジ 伊豆高原-7 お風呂場備忘録


R60★亀(亀次朗)であります。
お正月明けに温泉旅行に出かけたのに現地到着早々に高熱をだして滞在中ずっと寝込んでしまった亀次朗。一か月経ってようやくリベンジして参りました。
この記事は2019年2月のものです。
タイル温泉



いつもの亀次朗なら真っ先に大浴場の記事を書くんだけど、部屋もごはんも美味しかったのでそっちが先になってしまって、お風呂の記事を書くのが遅くなってしまいました。すんません。とっても良いお風呂なんだけど残念な事が一点だけありました。お昼の時間帯には清掃が入るので大浴場は使えません。平日連泊して間の日にはノンビリと温泉三昧をもくろんでいた老夫婦にはそこだけがチョッピリ残念な事でありました。
01P1100075



伊豆高原の広い谷戸にフロントも宿泊棟などの施設が点在しているこの宿ではお風呂も独立した建物です。お風呂のある建物に向かう前にちょっと帳場に寄っていきます。何でかって言いますと新しい浴衣や作務衣、バスタオルなんかはフロント横に用意されていて必要に応じてピックアップしていくシステムなんです。
02P1100106



女性用の色浴衣も色とりどりに用意されています。勿論無料サービスです。
03P1100107



帳場横で新しい作務衣やバスタオルを仕込んだ老夫婦はまるで村の中の小道のような敷地をゆっくりと歩いてお風呂場に向かいます。
04P1100077



お部屋からお風呂までホンの数分ですが田舎道を歩いている雰囲気がとっても気持ちの良いものです。真冬の一番寒い時期だと辛いかもしれないかな。
05P1100076



お風呂に入る前には待合室。湯上がりにはここでゆっくりと相方を待っていられます。
06P1100065



湯上がりにコーヒー牛乳はいかがでしょう。無料です。
07P1110177



伊豆の海で遊んできたファミリーにはありがたいランドリールームもありました。
08P1100069

ラーメン戦線異状あり-3


R60★亀(亀次朗)であります。
三度目のラーメン記事であります。メーカーさんも物流業者さんも目一杯頑張っています。
この記事は2020年03月27日のものです。
タイル プラン75

今になって首都圏戒厳令が出そうだからってスーパーマーケットが大混乱です。お役人や議員が「在庫は充分あるから大丈夫」って火消しに必死ですがスーパーマーケットの棚は空っぽです。
メーカーさんのデリバリー担当者に訊いてみたら「通常ならこの地区の工場から首都圏各地に1日1往復づつ配達しているトラックを2往復させているけど間に合わない」んだそうです。「営業からは日本各地の直営工場から在庫を掻き集めてくれ」って言うんでデリバリーの手配やトラックとドライバーの確保なんかに毎朝早くに出勤して夜遅くに帰ってきます。大変だねってねぎらったら「生産現場や運輸現場はもっともっと過酷な状況だから家で寝られるだけでもありがたい」と随分と健気です。
  亀治朗が今日ラーメンチェックに近所の独立系ドラッグストアに行ってみたら見かけないラーメンが並んでいました。どうやら自社で直接地方のメーカーに交渉して確保しているようです。仕入れ担当者もご苦労されています。お陰で今まで食べた事のない全国各地の袋麺が味わえそうです。
わ~い(^^)/ 
などと呑気な事を言っている場合じゃありません。
01P3270019

ちょっと気になったんで前述のデリバリー担当者にお尋ねしてみました。
「あのさ、TVでお偉いさんが『在庫はたっぷりある』とか言っていたけど事前に『在庫調査問い合わせ』とか『近々に戒厳令が発令されるから予め在庫を首都圏にためておいてくれ』とか前振りがあったの?」って訊いてみたんです。
デリバリー担当者は、ふふん!と鼻先で笑って「あの人たちには守秘義務と自己保身が大事だからどんなに現場が困ったって前振りなんかしてくれない」んだそうです。ならスーパーの棚が空っぽになる訳だ。
だとすると
役人どもが偉そうに言ってる「在庫はたっぷり、大丈夫」ってどんな根拠で喋っているんだろうか?

リベンジ 伊豆高原-6 朝ごはんは豪勢に


R60★亀(亀次朗)であります。
お正月明けに温泉旅行に出かけたのに現地到着早々に高熱をだして滞在中ずっと寝込んでしまった亀次朗。一か月経ってようやくリベンジして参りました。
この記事は2019年2月のものです。
タイル温泉



伊豆の隠れ宿の朝ごはんであります。夕べたらふく喰って寝ただけなのに朝になれば腹ペコになっているのは何故なんでしょう?期待を込めて朝食会場に向かいます。場所は夕べ海鮮鍋を食ったレストラン棟です。既にお料理がスタンバイしています。おお!なんと贅沢な。朝から日本酒が欲しくなります。
01P1110201



熱々の豆乳鍋が荒れた胃袋に優しくしみこみます。
02P1100092



エボダイにカサゴ、鯖の開きに鰯のはんぺんなどを目の前の七輪でお好みに焼き上げて食します。今回はノンアルコール朝ごはん。ぐぐっと日本酒を我慢します。精神衛生上よくないです、
03P1110203

リベンジ 伊豆高原-5 お楽しみの夕ごはん(一回目)


R60★亀(亀次朗)であります。
お正月明けに温泉旅行に出かけたのに現地到着早々に高熱をだして滞在中ずっと寝込んでしまった亀次朗。一か月経ってようやくリベンジして参りました。
この記事は2019年2月のものです。
タイル温泉



さて三時チェックイン前にお宿に向かったのには一つだけ理由がありました。このお宿では夕ごはんを二種類用意しているんです。勿論一晩に二種類食べられる事なんて出来ません。チェックインの際先着順にどちらかを選ばなければなりません。チェックインが集中する三時過ぎには希望するメニューが食べられない恐れがあります。わしら老夫婦は二連泊だから二日に分けて両方食べられるんだけど、まず一泊目に海鮮メニューを選びたくって早めに宿に向かったのであります。滞在している部屋から別棟のレストラン棟に行ってみると既に鍋の用意がされていました。
01P1090032



手元に置かれた今夜のメニューはこんなかんじ。海鮮鍋と聞いてきたのですが何だか色々と頂けるようです。お寿司やお刺身、ビーフシチューまで出てくるんですか。きっと途中でおなかいっぱいになってしまうだろうなあ。
02海鮮しゃぶしゃぶメニュー



ともあれ目の前に置かれている先付けから頂きましょうか。河豚の薄揚げ、練りカラスミ、までは分かるけど無学な亀次朗には何が何だか。んでも旨い。
03P1090033



「凌ぎ」というのはメインのお料理が出てくるまでのお待ちメニューという事でしょうか。小ぶりの鯖押し寿司に海老芋の汁椀が却って食欲をかき立てます。
04P1090034



お品書きに「お造り」とあったのできっと小皿の刺し盛りが出てくるもんだと思っていたら横幅40cmもある寿司下駄にたっぷりのお刺身がやってきました。これ一人前なんです。老夫婦にこの寿司下駄が二脚。これだけで充分すぎます。
05P1090038



老夫婦が大量の絶品刺し盛りと格闘していると大きな鉢にてんこ盛りの鍋食材がやってきました。ものすごい量です。
06P1090040



なんとかかんとか鍋を平らげて〆に雑炊。こってりと海鮮の出汁を吸った白米をぐつぐつと煮込んで余韻を楽しみましょう。
旨かった
07P1090042

リベンジ 伊豆高原-4 お部屋はこんなかんじ


R60★亀(亀次朗)であります。
お正月明けに温泉旅行に出かけたのに現地到着早々に高熱をだして滞在中ずっと寝込んでしまった亀次朗。一か月経ってようやくリベンジして参りました。
この記事は2019年2月のものです。
タイル温泉



一泊二食付きでおおよそ15000円(税込み)という価格設定は今時では安い部類なのでしょうか?年金暮らしの老夫婦の家内基準では一泊二食10000円というのがボーダーラインです。色々な事があった2019年も終わって一区切りしました。今回は思い切ってこのお宿にしてみました。
さてお部屋はどんな感じでしょう。案内されたのはこのお宿で一番安い本館の上の階の部屋でした。さっき部屋に入れるまえに敷地の中を歩いてみたら瀟洒なコテージ風の建物が見受けられました。きっとあっちは高いお部屋なんだろうなあ。ともあれわしらのお部屋に入ってみましょう。
部屋に入ると和風のベッドルーム。膝の悪い老夫婦には和室に布団敷きよりずっとありがたいです。奥の方にリビング部分が見られます。
01P1110189



窓際の板の間の部分まで入れるとリビングルームはおおよそ10畳近くになります。テレビを見ながらゴロゴロすろには充分すぎる広さです。ついでですが無料のWi-Fiがパスワードなしで気軽に楽しめます。引きこもり温泉ステイなんて楽しそうです。
02P1110188



肝心のベッドは亀次朗好みの固さでした。
03P1110187



お着き菓子は二種類(二泊したからか?)桜エビ煎餅にカワハギの干物。どっちも酒の肴です。和菓子が無いなあと思ったけどフロント(ここでは帳場と呼ぶ)でチェックインの時に和菓子がありましたっけ。
04P1100085



お湯と氷はセルフサービス。氷は屋外に製氷マシンがあってそこまで自力救済せねばなりませんでした。
05P1110195



一人一泊につきお水のペットボトルが一本サービスされます。後はウィスキーがあればこの世は天国。
06P1110196



お手洗いは無論洗浄暖房便座。これが世界標準になる日が待ち遠しいですね。
07P1110190



一通りのアメニティが揃っています。爪切りとか体温計は帳場でお借りしましょう。
08P1110194



残念ですがこの価格帯のお部屋にはシャワーのみで湯船は付いていません。別の記事を書く予定だけどご機嫌な大浴場や無料の貸し切り風呂があるから不便はないけど小さいお子さん連れではちょっと困るかも。
09P1110192



シャワールームのアメニティは必要最小限。洗い椅子も無ければ洗面器もありません。タオル掛けぐらい有っても良さそうな気がします。
10P1110191



部屋の窓からは敷地の中が見下ろせます。緑たっぷりの広大な宿はまるで昔の田舎を彷彿とさせてくれます。
11P1110198

リベンジ 伊豆高原-3 昔あそびがいっぱい


R60★亀(亀次朗)であります。
お正月明けに温泉旅行に出かけたのに現地到着早々に高熱をだして滞在中ずっと寝込んでしまった亀次朗。一か月経ってようやくリベンジして参りました。
この記事は2019年2月のものです。
タイル温泉



一応チェックインは済ませたもののお部屋の準備が整うまで少しだけ時間があります。広い敷地を少しブラブラしてみましょう。この宿のコンセプトは「昭和の田舎」。ゆったりとした雰囲気が楽しめます。
11P1110182



うさぎさんが飼われていました。孫が大きくなったら連れてくるのもいいなあ。きっと喜ぶでしょう。
12P1100078



ここでは色々な木のおもちゃが無料で使えるそうです。広い敷地の中では走ったり遊んだり小さな子供連れに最適な環境です。
13P1110185



何故か物騒なソロモノが用意されています。立て籠もり事件が起きたらどうしよう。。。。
14P1100080



お金を掛けずに楽しむのが嬉しいです。「孫を喜ばせたい」「お嫁ちゃんにいい顔したい」そういう世代を狙い撃ちですな。
15P1100079



よくよく考えてみたら温泉宿にやってきてまで託児所開設せにゃなりません。何処まで行ってもジジババはこき使われます。
16P1110184


夜10時になるとラーメンが食べられるそうです。起きていられるかなあ。。。。
17P1110183

リベンジ 伊豆高原-2 お宿はかつての隠れ宿


R60★亀(亀次朗)であります。
お正月明けに温泉旅行に出かけたのに現地到着早々に高熱をだして滞在中ずっと寝込んでしまった亀次朗。一か月経ってようやくリベンジして参りました。
この記事は2019年2月のものです。
タイル温泉



世の中には立ちいかなくなった宿や企業の保養所を買い取って新しいコンセプトにまとめ上げて高級路線を展開しているホテルチェーンがございます。そういう宿はとても料金が高くなってしまってとてもリタイヤ老夫婦煮など手が届かないのですが、こちらの宿はちょっと違います。かつて大人の隠れ家としてひっそりと営業していて、勤め人時代の亀次朗にはとても予約が取り辛い宿だったんです。その後時代の流れで経営者が変わりました。あの月野グループにでも組み込まれてしまったらリタイヤ老人など泊まることなど敵わなかったでしょう。
新しい経営者はビルメンテナンスがメイン事業の東京の企業です。ここはそれぞれの宿の持っている経営資源をうまく活用して個性ある宿に再構築しています。同じ資本下に伊東の元リゾートマンションを改装した格安ホテルがあるんですが全く違うコンセプトです。
お蔭でリタイヤ老夫婦でも背伸びすればなんとか泊まる事の出来る料金でありました。
ありがたやありがたや

01P1100154



大きな門構えから宿の敷地に足を踏み入れます。おお、ここはまるで里山の田舎道のようです。この広大な敷地すべてがこのホテルです。
02P1110181



まずはフロントに寄ってみましょう。ここでは「帳場」と昔言葉で呼んでいます。
03P1100086



一番早い送迎バスでやって来たのでチェックインまでまだ一時間も前です。実は早い送迎バスで来たのには訳があるんですがそれは後の話。緩やかな日差しがあたたかいロビーでしばし寛ぎます。
04P1100112



最新式のコーヒーサーバー。これ以外にもソフトドリンクもセルフサービスで飲み放題。
05P1100110



お着き菓子を頂きながらゆっくりと過ごさせて頂きました。
06P1100156



場所はこんなかんじ。地図だけ見ると伊豆高原の駅からすっげ近いんだけど結構な急坂です。足腰の弱った老夫婦は往復送迎バスのお世話になりました。
07伊豆高原地図1

空いてる時に小田原攻略-5 鎧塚一夜城ファームのスウィーツはお約束!


R60☆鶴(鶴弥)です。
亀次朗に小田原を案内して貰いました。今まで行ったことの無かった漁港食堂やわんぱくランドを回って最後にスウィーツのお店にやって来ました。
この記事は2020年02月22日のものです。
タイルリゾート



美味しいパンを沢山買って幸せ気分♪
でもこのお店の魅力はまだまだあります。入って左側には焼き菓子が並んでいます。大切なお友達にお土産にしましょう。ここから送って貰えます。
21P2220375



お出かけ出来るんだったら北海道や九州にも行ってみたい。でも今は何だか自粛ムードです。美味しい物食べにお出かけしたいな~
22P2220377



焼きたてパンやお友達に送る焼き菓子を抱えてレジに向かおうとしたら大きなショーケース。色とりどりのスウィーツが処狭しと並んでいます。買わないなんって選択肢、ありませんよね!
23P2220379



噂に聞いた「一夜城ロール」を買っておうちで食べましょう♪
24P2240603



スウィーツは人数分!みんなで分けっこして楽しみました。
25P2240599



亀次朗にはこれを食べて頂きますね。ブランディをたっぷりと染みこませたサバランです。このお店では古典的にババとして売っています。
26P2240604


ほら、たっぷりのブランディーが染みこんで(溢れて)います。
27P2240606

空いてる時に小田原攻略-4 鎧塚一夜城ファームの美味しいパン


R60☆鶴(鶴弥)です。
亀次朗に小田原を案内して貰いました。今まで行ったことの無かった漁港食堂やわんぱくランドを回って最後にスウィーツのお店にやって来ました。
この記事は2020年02月22日のものです。
タイルレストラン


まだ元気だった頃亀次朗は麓からここまで走って登ってきたそうです。(多分半分以上は歩いたと思います)「とても清々しい場所だよ」というので今回は次男ファミリーのマイカーで連れて行ってもらいました。楽ちん楽ちん♪
11一夜城ファーム2



お店に入りのに随分と長い行列だったのでちょっと心配したのですが中には入れる人数を制限してゆったりとお買い物が楽しめるように配慮されていました。10分ほど外で待っていていよいよわたし達の番がやって来ました♪
12P2220372



意外と広い店内。入って直ぐに出来たてのおかずパンが処狭しと並んでいます。どれも美味しそう♪
13P2240592



わたしの一番星はこの「チークロ」(=チーズ・クロワッサン?)。クロワッサンというよりパイ生地のような香りとサクサク感!中に入っているチーズもとっても美味しかった!
14P2240587



意外ですが亀次朗がイチオシとしたのはこの「カフェモカあんぱん」。そういえば最近お酒が弱くなりましたものね。亀次朗によりますと「大人のあんぱん。パン生地も中の餡も子供には食わせられない」のだそうです。
15P2240588



地産地消をモットーにして小田原の食材を使って作られたおかずパンも欠かせません。わたし達はここで買って青空ランチを楽しみました。
16P2240589



すっごく沢山買い込みました。美味しかった~♪
17P2240590

空いてる時に小田原攻略-3 鎧塚一夜城ファームに行ってみた


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ渦で息の詰まりそうな閉塞状況です。憂さ晴らしに近場ドライブを楽しんできました。
この記事は2020年02月22日のものです。
タイル プラン75

朝一番でやってきたのは亀次朗が大好きな街小田原です。まずは小田原漁港直近の朝酒食堂、お次は孫達が思いっきり体を動かして遊べるわんぱくランド。そろそろお昼です。お姫さまに喜んで頂けるスポットに向かいます。わんぱくランドから一旦坂を下って箱根板橋付近から急な坂道を登っていきます。
01一夜城ファーム地図

どピーカンの土曜日。海も空も真っ青です。この見晴らしだけでも来てみる価値があります。
02P2240597

わんぱくランドから僅か10分ほどで鎧塚一夜城ファームに到着しました。
03P2240594

尾根道を上りきった処なんでこんな景色が楽しめます。健全おデートに行ってみてかいかがでしょう。
04P2220388

ここのレストランは予約必須。土日にはランチが二交代制でほぼ満席です。鶴亀ファミリーはわんぱくランドでどのぐらい時間が掛かるか分からなかったので初めからランチは断念。お買い物だけの作戦です。
05P2220386

さっき到着した時にはガラガラだったのにあっという間に行列が出来てしまいました。あら困った。人混みには近寄らない作戦だったのにお店の中は大混雑なんでしょうか!?
この件は次回の記事でお買い物担当の鶴弥さまに報告して貰いましょう。

06P2240582

お買い物に縁の無い爺いは既に飽きてしまっている孫のお相手で広い敷地の中で遊んで過ごしました。
07P2240593