モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2020年1月

鎌倉遊ケ崎の極上寿司ランチを喰ってみた


R60★亀(亀次朗)であります。
隣町にあった洋食店三笠が和食のお店に変わったというので行ってきました。
この記事は2020年01月14日のものです。
タイルレストラン


六本木の和食の名店「遊ケ崎」。なぜか鎌倉の隣町に移転してきました。これから先長いお付き合いが出来るといいなあ。
21大船三笠


鶴弥さまが先に限定10食のランチに手を上げてしまったので亀次朗の選択肢は「天津丼」か「寿司ランチ」のどちらかです。ソンナラやっぱ「寿司ランチ」でしょう。昼から宴会のようです。
22P1140045


鶴弥さまがオーダーしたランチと同じく美味しいごま豆腐と茶碗蒸しがやってきました。つるつると喉越し滑らかな茶碗蒸し、こってりと舌の上で厚みを感じるごま豆腐。どちらも手の込んだ仕上がりです。これならお客さんをお連れしても喜んで頂けそうです。やがて一皿目のお寿司がやって来ました。光り物三点に帆立の炙り。光り物には軽く煮切りが施されていてそのままで頂きます。
23P1140056


例えば「鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにし」の光り物は当日朝取れの新鮮さ命で勝負していますが、ここ遊ケ崎の光り物はあえて熟成させて甘みと旨みを引き出しているように思います。それがあの甘くもっちりとしたご飯に相まって全く違うお寿司の世界に誘いかけてきました。ここは白ワインでも熱燗でもなく赤ワインでしょう。
24P1140057


炙りサーモンに鮪赤身のヅケ、大好物の鯖も亀次朗好みに仕上がっています。ここで赤ワインのお代わりに突入しました。もう完全に昼宴会のノリです。
25P1140059


寿司コースの途中に揚げたての天ぷらも供されます。揚げたてサクサクの野菜天ぷら。
26P1140061


〆にキュウリ巻きにカンピョウ巻き。意地汚くも日本酒が欲しくなってしまいます。
27P1140062


お代はこんなかんじ。「おまかせコース」の上の2000円は鶴弥さまが召し上がった「限定ランチ」、下の2800円が亀次朗が喰った「寿司ランチ」であります。生ビールだけで済ますつもりだったんだけど美味しくってついついハウスワインを注文してしまいました。ランチタイムとはいえワイン一杯500円は嬉しい価格です。次回はディナーに行ってみたくなりました。
28P1140068

松竹撮影所前の三笠跡地で六本木ランチ


R60★亀(亀次朗)であります。
承知来撮影所前にあった老舗洋食店三笠が六本木にあった和食のお店に変わったというので行ってきました。
この記事は2020年01月14日のものです。
タイルレストラン



そもそも東京六本木で繁盛していた和食屋さんが何でまたこの町にやってきたんでしょう?例えば同じ鎌倉でも大勢の観光客がやってくる旧市街に出店するとか富裕層が住むらしい鎌倉山とか西鎌倉にお店を構えるなら理解のしようがあるんだけど、松竹撮影所の跡地の近所では周りにはスーパーマーケットやブックオフくらいしかありません。とりあえず住所は間違いなく「鎌倉市」にはなりますが夜の部の一番安いお料理は「おまかせコース」の8000円です。こういうお店にやってくるお客さんはこの町にいるのでしょうか?
11大船三笠



ともあれ突撃してみましょう。と言っても最初っからディナーに行くほど無謀な事は出来ません。まずは予約しないで済みそうなランチで様子見です。
12P1140042



それでもランチは2000円。リタイヤ老人にはやはり手が出し辛い金額です。んでも、だからといって天津丼900円では偵察の意味がありません。ここは思い切って特製ランチとやらを食べて頂きましょう。食べたのは鶴弥さまです。
13P1140045



「おすすめ限定ランチ」はこんなかんじ。ちょっとした女子会にも良さそうです。
14P1140041b



意外とお客さんが多くって店内の画像を撮りそこねました。老舗洋食屋三笠が贅を尽くして建てたがっしりとした建築です。店内もレトロお洒落な雰囲気です。どうやら新しいテナントさんはこのインテリアが気に入って洋食店のまま使っています。(オーナーさんは不動産屋さんです)オーダーが終わってお茶をすすりながら料理を待ちましょう。
15P1140050



やがてやってきたランチはこんなかんじ。済みません、逆から撮ったから天地が逆です。ごま豆腐に茄子の煮浸し、茶碗蒸し、お刺身盛り合わせと天ぷらも付いてとても豪華です。もっちりとしたご飯は冷めても最後まで美味しく鶴亀家の好みに一致しています。
16P1140055



〆に自家製プディング。小さいけどこれだけで充分に昼下がりのひとときを楽しめる逸品です。
明日は亀次朗が寿司ランチに挑戦します。
17P1140065

Monsarrat Aveのmicasa 鎌倉の三笠


R60★亀(亀次朗)であります。
今夜は昔話にお付き合いください。
この記事は2020年01月14日のものです。
タイルレストラン

昔々 KCCの朝一がまだ今ほど観光地化する前のお話しです。モンサラットの坂を少し登った処にmicasaというご機嫌なメキシカンのお店があったんです。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/582.html
KCCからの帰り道に毎回のように立ち寄っていたローカルなお店でした。お客さんは地元のおっさんやおばちゃんばっかりでノンビリとしています。大きく開けられた窓からはダイヤモンドヘッド超しに涼しい風が入ってきてとても気持ちの良い時間を過ごしていました。
01micasa

02mikasa記事

その後経営者が変わってとても賑やかになってしまって足が遠のいてしまいました。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/22874.html
今では日本のメディアにしょっちゅう登場してご存じの方も多いかと思います。
03P1090278

04パイオニアサルーン

実はもう一軒「ミカサ」という名前のお店がかなり以前から隣町にありました。
撮影所の直ぐ近くにあって役者さんや映画会社の人たちが大勢出入りしていて、それがまた評判になって大勢のお客さんがやってきて大繁盛のお店でした。時を経て撮影所が閉鎖され「ミカサ」も閉鎖されていました。近年になって建物が再建されたもののいつまで経っても営業が再開しませんでした。往年の「ミカサ」ファンがやきもきした数年が過ぎました。
それが去年(2019年)末になって看板が掛け替えられてしまいました。そう、ここは三笠という老舗の洋食屋さんでした。そして新しく開店したのは「遊ヶ崎」という和食屋さんです。なんでも六本木にあったお店を引き払って鎌倉の住宅地にやってきました。さて勝算ありやなしや?もう残り少ない亀次朗の人生に僅かな好奇心を奮い立たせて襲撃してみましょう。
明日に続く。。。。
05P1140039

冬の材木座海岸は寒かった


R60★亀(亀次朗)であります。
気まぐれに材木座海岸に行ってみました。
この記事は2020年01月15日のものです。
タイル居酒屋


暖冬とはいえ身を隠す物など何も無い吹きっさらしの海岸は凍えるような寒さです。よくもまあこんな時期に海に入れるもんです。頑張るなあ。。。
01P7041262


いつもならこんな寒い日は土手で鍋焼きうどんで暖まるんですけど気まぐれにルワーズに行ってみました。この界隈は外食できるお店が少ないので貴重な洋食屋さんです。お店に着いたのは11時半過ぎ。丁度お店の前を掃除しようと親父さんが出てきた時だったんでお訊きしてみたら「お店は12時からだけど寒いから中で待っていていいよ」っていうんでお言葉に甘えて入店させて頂きました。
02P1150076


さて何喰おうかな。ここは結構ボリュームあるし旨いんです。
03P1150069


夜になるとこの界隈のおやぢ達が鈴なりになってオダを挙げるご機嫌なカウンター。居心地が良さそうです。
04P1150070


開店前にお店に入れてもらってストーブの前で暖を取らせていただいているんです。営業開始前に赤ワインをお願いしてみました。ランチタイム価格300円にしてはどっしりとしたフルボディです。
05P1150068


今日は「豚の生姜焼き&チキンの唐揚げ」にしてみました。ポター時スープと大盛りライスが付いて1000円は嬉しい地元価格です。結局昼間のお客は亀次朗一人だけ。ランチタイムの営業が終わるまでゆっくりと過ごさせて頂きました。
06P1150073

亀次朗 伊豆に倒れる


R60★亀(亀次朗)であります。
なんとも情けないお話しであります。
この記事は2020年01月09日のものです。
タイル温泉


およそ一年ぶりの温泉旅行であります。去年前半はつる姫さまの葬儀があったし夏には入院、秋には台風とめまぐるしい日々が続きました。せっかく抽選で当たった紅葉の濁り湯宿には膝のトラブルで直前キャンセル。歳が開けてようやく一息ついたのでかねてから行きたかった伊豆の隠れ家宿に向かいます。
01P1090029


この宿の創業者のコンセプトは「大人の寛ぎ宿」。しっかしその高邁な理想を実現するにはそれなりの高価格な宿泊費が必要でした。んだから数年前までは侘しい年金生活の老夫婦には無縁の存在でありました。経営が変わって今までのコンセプトを大事にしながらもようやく年金生活者にも泊まれそうな価格設定が提供されるようになりました。勿論、閑散期の平日だけですがね。
02P1100086


おうちから電車に乗って隣の駅まで行けば特急踊り子に乗り継げます。およそ一時間半で念願の宿にたどり着けるんです。旧国鉄時代から引き継がれた180系特急車両もそろそろ引退時期にさしかかっています。名残惜しくまるで150系急行車両のような車両に揺られているうちに何だか寒気を覚えて来ました。万が一の為に持ってきた二枚のホカロンを背中と腹に付けても寒気が納まりません。これはマズい。震えながら送迎バスで宿に到着。帳場で体温計を借りて計れば既に38.5度まで上がっています。毎朝計っている体温が35.5度前後の亀次朗にとって38.5度とは極めて危険な状況でありました。
03IMG_1727高熱発症


しっかし既に夕方です。このまま自宅まで帰るのは却って危険です。帳場で氷枕と解熱剤を頂いて夢にまで見た大人の寛ぎ宿のベッドに倒れ込みます。こんな風にこの宿を使うことになるだなんって思いもしませんでした。亀次朗が布団の中でうなっている間に鶴弥さまは一人大浴場と露天風呂をたっぷりと楽しんでそうです。夕食時間になっても高熱は下がりません。随分とご馳走が並んでいたのですが全く食欲が沸きません。かろうじて海鮮鍋の出し汁で雑炊を作って頂いてその夜を過ごしました。
04IMG_1729


悶絶二日。思惑では優雅な二泊三日の温泉三昧だったのですがずっと布団の中で過ごしたのでありました。その間鶴弥は広い敷地内をゆっくりと散策していたそうです。亀次朗は三日目の朝になってようやく平熱近くに下がり這々の体で帰宅したのであります。

くっそ!いつかきっとリベンジしてやる!
05IMG_1732

ゴッホ時々昼呑み-3 浜ちゃん


R60★亀(亀次朗)であります。
前から気になっていた上野のゴッホ展。気がついたら閉幕間近になっていました。慌てて東京までお出かけしてきました。
この記事は2020年01月07日のものです。
タイル居酒屋


混み混みの通勤電車で上野にやってきてゴッホ展を見に来たけどそっちも大混雑。とりあえず肉の大山で一杯やっつけて次に向かいます。今度は落ち着いて座って飲めるお店がいいなあ。
21P1070030


肉の大山の斜め前にある海鮮居酒屋「浜ちゃん」であります。
22P1070032


まずはホッピー。亀次朗はいつも白、鶴弥は黒がいいんだそうです。一皿目は鮟肝煮。分厚く着られた鮟肝がしっとりと甘辛く煮込まれていてキンキンに冷やされたホッピーにベストマッチです。
23P1070034


居酒屋の定番エイヒレ。七味マヨネーズをどっぷりつけてホッピーで流し込みます。そろそろ熱燗にしましょうか。迷います。
24P1070035


海鮮居酒屋だっていうんだから海の物も喰ってみましょう。はたして試しに注文した〆鯖は充分に満足出来る一品でした。
25P1070036


お会計はこんな感じ。あっ鮭ハラス焼きの画像撮り忘れています。
26P1070048


ここの一帯は昼呑みおやぢ天国であります。一軒ずつ攻略してみましょう。一緒にやりませんか。
27上野地図2

ゴッホ時々昼呑み-2 肉の大山


R60★亀(亀次朗)であります。
前から気になっていた上野のゴッホ展。気がついたら閉幕間近になっていました。慌てて東京までお出かけしてきました。
この記事は2020年01月07日のものです。
タイル居酒屋


せっかく花の上野までやってきたんだから何か喰って帰りましょう。上野と御徒町の中間くらいの場所に年金生活者でもなんとか楽しめそうなお店が集中している一角があるんです。
11P1070030


精肉店さんが食堂をやっています。1000円以下でも美味しいランチが食べられるんです。ちゃんと椅子テーブルがあって座って食べられる食堂はこの建物の奥にあるんですがちょい呑みの老夫婦は手前の立ち飲みで済ませます。
12P1070043


ベタベタと色んな張り紙が出ています。色々と注文の多い料理店です。裸になって体中にバターを塗れだなんって言われたらどうしよう。。。
13P1070041


左側には売店があって右側が立ち飲みスペースになります。今日はまだまだ空いていますね。
14P1070042


肉屋さんですからメンチカツとかコロッケが主戦力。んでも旨辛キムチとか塩トマトサワーなんかも楽しめそうです。
15P1070038


雨が強くなってきたからでしょうか随分と混んできました。そろそろ座って食べられるお店に河岸を変えるましょう。
16P1070040


ちなみにこの辺です。
17上野地図1

鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」de家族新年会


R60★亀(亀次朗)であります。
大勢の観光客で賑わう鎌倉駅前にあってもっぱら地元民だけを相手に商売を続ける小さな鮨屋があります。今すぐにも朽ち果ててしまいそうな丸七商店街の奥底でひたすら旨い寿司を握っている怪しい寿司職人が生息しているのであります。
この記事は2020年01月03日のものです。
00タイル


つる姫さまの大往生から九ヶ月経ちました。喪中だから子供らには「せっかくの長い休みなんだから何処か遠いところに遊びに行っておいで」と秋口から話しておいたんです。しめしめゆっくりと怪しい寿司居酒屋えにしで寿司が食えるぞとほくそ笑んでいたのに予約した日には家族全員きれいに揃っての乾杯となりました。みんなが揃うのはとっても嬉しい事です。爺いの財布は軽くなる一方です。
11IMG_1713


お正月のえにしでは毎年恒例で樽酒が振る舞われます。
12IMG_1705


正一合の白木の升でゆっくりと銘酒「奥の松」を頂きましょう。
13IMG_1718


鎌倉戎から巫女さんがやってきました。鎌倉本覚寺夷堂の新年行事に毎年提灯を寄進しているお店へお守り札を届けに来てくださいました。
14IMG_1707


まずは蟹肉のグラタンから。グラタンといっても80%以上が蟹肉です。右側の小皿の蟹味噌をつけて頂きましょう。きっちりと日本酒に合う酒の肴です。
15IMG_1719


あまりに旨そうな鮭切り身があったので焼いてもらいました。
亀次朗的には鮭の皮の炙りだけでも充分なんですけ「それじゃお金が貰えないでしょう」と極上の切り身も炙って貰いました。もちろん刺身で食える上級品です。
ん?何か白いもんが添えられています。
なんじゃ?
16IMG_1720


大根おろしで作られた今年の干支ネズミさんです。板さんの遊び心を楽しみましょう。
17IMG_1721


昨年末の血液検査でUA値が予想以上に低かったお祝いに海胆いっちゃいましょう。
18IMG_1716


お刺身だってほらこんなかんじ。日本酒ががんがん進みます。
19IMG_1723


〆は鮟肝巻き。色々あった2019年から新しい年を迎えました。さてどんな年になるんでしょう。ハワイに行けるんかなあ。
20IMG_1724

ゴッホ時々昼呑み-1 上野の森から海鮮ランチ


R60★亀(亀次朗)であります。
前から気になっていた上野のゴッホ展。気がついたら閉幕間近になっていました。慌てて東京までお出かけしてきました。
この記事は2020年01月07日のものです。
タイル居酒屋


去年の10月から始まってこの一月中旬までの開催です。もう後がありません。お正月明けの平日だから空いているでしょう。と高をくくって上野に向かったのであります。
01P1070023


え?朝早くに上野にやって来たというのにもう行列が出来ています。朝の時点で入場まで10分待ちでしたがわしらが帰る頃には長い長い行列が出来ていました。展示場の中は超満員で人の背中越しに名画を見る有様です。人いきれでのぼせてしまいそう。中に入る前に無料のロッカーが用意されているので荷物やコードは預けた方がいいでしょう。
02P1070024


今週末でお終いです。お早めにお出かけください。
03上野ゴッホ展


じっくりとゴッホの名画を拝見して外に出てみればもう昼過ぎ。しかも雨が降り始めています。
04P1070045


不良おやぢのメッカ御徒町ガード下にやって来ました。この日の一軒目はこの画像正面、二件目はその右手前でした。
05P1070030


あっちこっちのお店から呑ん兵衛たちの賑やかな声が響いています。まだ昼下がりなんですけど。。。。
06P1070046


歩いているのは殆どが年金暮らしの爺いばっかりです。こんな薄ら寒い小雨交じりに何しにやってきたんですか?
07P1070044


この日のお昼ごはんは1000円の海鮮丼を肴に日本酒熱燗二合を頂きました。
08P1070047

冬のキャンプにはやっぱ温泉が温泉でしょう!


R60★亀(亀次朗)であります。
夏の手術から半年経ちました。病院でのリハビリは無事終了したけど爺いの衰えた筋力は期待していたようには回復していません。
この記事は2020年01月01日のものです。
00温泉


妄想越年キャンプの続きです。
「そのキャンプ場のお隣に立ち寄り湯がある」
というのでその宿に泊まっていたチャーハンにお願いしてお風呂場の取材をしてもらいました。
01IMG_1655


ここは「勝浦つるんつるん温泉」いう宿屋なんだそうです。お隣にキャンプ場を併設しているんであってあくまでもメインは旅館のお客さんでしょう。
02IMG_1656


土だらけだったり薪のススで汚れたキャンパーは良く洗ってから入湯しましょう。特にけつめどはしっかり洗ってくださいね。
03IMG_1646


関東ローム層から湧き出ている黒湯の贈り物。暖ったまるし肌がつるんつるんになったそうです。いいなあ。行ってみたいなあ。。。。
04IMG_1647