モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2019年8月

さよなら静雲荘


 

亀治朗であります。

箱根強羅の名湯がまた一つ閉鎖されてしまいました。



この記事は2019年08月のものです。



 

 

静雲荘に巡り会えてから凡そ10年近くになりますでしょうか。箱根登山鉄道強羅駅から駅裏に出て五分ほどの近距離にもかかわらず静かで落ち着いた宿でありました。

26P4250391

 

シンジケートを通じて大涌谷から運ばれる濁り湯はまるで天然温泉のよう。むしろ品質の安定や湯量の調整など天然温泉にもないご苦労があったとお聴きしました。



 

大浴場からガラス戸を開けばウッドデッキの森林浴空間。小さいけど豊富な湯量の白濁の湯がとろとろと流れて続けています。長湯して暖まってきたら素っ裸でデッキチェアに寝そべればそのまま極楽浄土の一歩手前まで行けますが、ちゃんと戻ってきて下さいね。



 

閉鎖の主要因は老朽化。それと露天風呂部分の基礎の劣化。崖崩れの一品手前なんだそうです。確かに古い建物ですから修繕するにも建て替えるにも大変なお金がかかりそうです。



 

膝の手術を数日後に控えた7月下旬、最後の挨拶兼ねて強羅に行ってきました。



フロントのおっちゃん、食堂のおばちゃん、ここには沢山の思い出をいただきました。さあ秋には何処の温泉に行こうか。

キズ者再生工事-9/無事に退院しました。


亀治朗であります。

退院の時、髭せんせえが何かを手渡してくれました。

 「コゲメシさん、これ君の前十字靭帯再建の時使った手術用のピン」
01IMG_1020


 一片が2センチ半もあるステップル(コの字形の釘)。これを足の骨に打ち込んでハムストリングから作った代用靭帯を固定してたんだ。人工関節になって、もう必要なくなっちゃったんだなあ。長かったようであっという間に過ぎたランニング生活だったけど、その後半を支えてくれた再建靭帯。このピンのおかげで充実した日々が送れました。

死んだら一緒に焼いてもらおう。
02IMG_1021


この記事は2019年08月29日のものです。

前十字靭帯断裂したのが2003年末ころ。再建手術は2004年の2月ころ。丁度その頃しゅんさんの「べし-1」が出版されました。同じ頃KAIがアラモアナ北にデビュー。2004年のホノルルマラソンの画像を何枚か引きずり出してみました。

03P1010035

これまでいくつかの怪我や病気を経験してきました。左肩剥離骨折から始まって右膝前十字靭帯断裂、自己免疫性肝炎、左膝前十字靭帯損傷、冠攣縮性心筋症。。。随分と経験しました。更に、肥満、加齢、練習不足、不摂生が追い討ちをかけます。正常な部分の脳みそはもうとっくに「走るのはもう無理かな」と悟っていながらも奥底には「せめてキロ8分でもいいから、たった1kmでもいいから走りたい」という欲望が消えた事はありませんでした。

前十字靭帯再建手術した時には、退院後きっと走れるようになれるという漠然とした期待が持てていました。事実前十字靭帯再建後に(低レベルな市民ランナーだけど)自分なりに自己ベスト更新出来た時の達成感は忘れられない思い出です。

04P1010042

しかし今回の人工関節置換手術ではその先に待っている世界は全く違うものなんです。ゴルフ、テニス、ハイキングなどは体力が伴ってくれば無理のない程度に運動が可能なんだそうです。んが、ランニングのように継続して同じ場所に圧力をかけ続ける行為は新しく装着した人工関節のクッション材をピンポイントに破壊する恐れがあるんです。現状のクッション材の耐用度は1日6000歩の歩行で15年から20年なんだそうです。ランニングではその数倍の圧力がかかってくるので現状のクッション材では保証出来ないというのです。
この事はもう何年も前から知っていました。この手術したら走れなくなる。義母の介護を言い訳にしてずっと手術を逃げ回ってきたのは亀治朗のランニングに対する未練以外の何物でもありません。

05KICX0117

手術が終わり病院のベッドでじっとしていると自分が踏ん張って走っていた時代を思い出してしまいます。低レベルで決して自慢など出来ようもないランナーもどきでしたが楽しかった。大勢の仲間が出来て世界が広がりました。

 もう走れなくなったんだ。

違う何かを始めるにはまだしばらくは時間がかかると思います。ゆっくりと考えてみようかな。

長々と続けてきた今回の「キズ者」シリーズはこれでおしまいにしようと思います。くだらん話にお付き合いくださってありがとうございました。

06KICX0111

最後にお願いがあります。

今年のホノルルマラソンに参加の皆さん。

亀治朗がひょっこりと応援に顔だしたら笑って受け入れていただけませんか。もう決して同じスタートには立てないけど、あの気持ちに触れる事が出来たら嬉しいです。

4亀治朗の2020年問題-03/ぺちゃくちゃ


ただ今長谷でリゾート休暇中の亀治朗であります。

お願いですから、何処か一局だけでも普段通りの放送をして頂けませんか。

この記事は2019年08月のものです。

令和になれば令和の事ばかり、タレントが捕まれば根掘り葉掘り家族親戚まで個人情報丸裸、ハワイ島の東端で溶岩噴出すれば全山大噴火の大騒ぎ。もちっと正確にに冷静に伝えて欲しいものです。

この分では来年の夏は大騒ぎ間違いなし。何処にチャンネル回しても(チャンネル回すって死語だ)一日中同じような映像が延々と流れているでしょう。

爺いには耐え切れません。



そんな初老の爺いどもが疎開先に選んだのは瑞牆山の麓にある小さなキャンプ場であります。須玉ICで中央高速を降りて途中で野菜市場とスーパーマーケットに立ち寄って山路を走る事一時間半くらいで、このロケーションに到着します。ええでしょ





テント場までマイカーで進行OK。

直火は不可だけど地面から離隔取れればテントサイトでの調理もOKだそうです。



管理棟には薪や炭、簡単な食材まで揃っていて安心です。何よりもアルコール飲料まで置いてある優しさが嬉しいです。







多忙期だと夜間でも管理人が常駐します。そうすると夜間このお手洗いが使えるし蕎麦屋も営業しています。



世間の喧騒を離れて涼しくて静かな2020年の夏を満喫したい爺いどもであります。

3亀治朗の2020年問題-02/ちゃちゃちゃ


ただ今長谷でリゾート休暇中の亀治朗であります。

国賊と罵られようが「ニッポンちゃちゃちゃ」は大っ嫌いです。

この記事は2019年8月のものです。

特に嫌なのは相手のエラーでポイントを獲得した時の馬鹿騒ぎ。贔屓がポイント上げたのが嬉しいんだろうけど、あすこまで盛り上がってしまうと「どーだ!参ったか!ザマーミロ」としか見えません。今時の少年チームだってそんな相手を見下すような声援はしません。

相手の素晴らしいプレーでポイントが上がった時素直に拍手を送っていますか。

無論勝負なんだから勝敗が大事だというのも分かります。出来ましたらメダルの色や数に一喜一憂せず世界からやってきたアスリートの技を楽しんでみてはいかがでしょう。

その頃、釈迦堂バス停で盟友腹乃豊関をピックアップした亀治朗は中央高速をひた走り須玉ICで高速を降りて国道141号を北上していることでしょう。若神子付近に重要な立ち寄りポイントが二つ並んでいます。





先ず一つ目の立ち寄りおポイントは地元で生産された農作物の直売所です。まるでショールームのように洗練された建物の中にはたくさんの新鮮な野菜や果物がどっさり。広くて快適なお手洗いもあるから旅の休憩ポイントとしても使い勝手良さそうです。



もう一ヶ所はこちらのスーパーマーケット。イオン系ですので品揃えは完璧です。この周辺にはもう殆ど個人商店など滅びて無くなってしまって今やこの店舗のみが若神子周辺の広いエリアの食の拠り所になっています。



肉魚調味料酒類まで品種も多いので、さっきの農産品市場と合わせて現地での食料品調達は安心です。

爺いどもが買い物していた僅かな時間にも数台のタクシーが往き来してお年寄りの送迎が盛んに行われていました。

これより山路に分け入ります。

2亀治朗の2020年問題-01/にょきにょき


ただ今長谷でリゾート休暇中の亀治朗であります。

その昔カウアイ島の住民と後からやってきた白人との間で「椰子の木より高い建物は建てない」という約束をしたそうです。人々は安心したそうです。処がある白人がこう考えました。

【島で一番高い場所に生えている椰子の木よりも低ければいいんだ】

こうしてカウアイ島にも大きなホテルがたくさん建築されたと言うんです。世の中には悪賢い輩がいるもんです。

この記事は2019年08月のものです。

一月程前の新聞に「最初の新国立競技場案を受けて神宮地区の高さ制限を撤廃した後キャンセルして平凡な形になっちゃったけど高さ制限を撤廃したままになっていて今うじゃうじゃ高層マンションが建築され始めた」ってあったけど、それって嘘です。

本当は「神宮地区の高さ制限を撤廃させる為にやたらに背の高い案を意図的に採用して後になってキャンセル。でも高さ制限撤廃は元に戻さないまま放置。ほとぼりが覚めた頃合いを見計らって高層マンションの確認申請をかける。最初のキャンセル料は税金で処理」

最初っからこのオリンピックは箱物行政と乱開発の為の仕組みになっているんですね。

この手口は昔広大な一級河川の河川敷の境界線をスルスルっと動かしちゃってうまい汁吸った越後川河川敷事件にそっくりです。

こんな馬鹿馬鹿しいイベントに付き合う必要なんかありません。日本中が馬鹿騒ぎしている間亀治朗は電波の届かない場所に避難しましょう。



ここは中央道釈迦堂バス停です。新宿を出発した高速路線バスはこういったバス停を通りながら甲府や松本方面に向かうんですが何故かSAやPAの中にバス停が設置されているケースって少ないんです。調べ方が浅いのかもしれないけど、新宿と甲府の間ではここと次の中道バス停しか見当たりません。例えば談合坂SAなんかなら便利だと思うんだけどバス停は何故か1km以上離れているんです。



ここで新宿からバスでやってくる盟友腹乃豊関をピックアップして山に向かいましょう。PAだからどっちが先に到着しても涼しく待っていられます。


こうして初老でぶ二人の2020年夏の逃避行が始まりました。

1亀治朗の2020年問題-00/来年の夏はここがいいかな


ただ今長谷でリゾート休暇中の亀治朗であります。

病院の四角くく切り取られた夏空を眺めながら来年夏のことを考えています。

この記事は2019年08月のものです。

右膝人工関節置換手術から一週間が経ちました。心配していた麻酔事故も無く、リハビリも順調に進んでいます。

今すぐというのは無理ですが、どうやら退院後にはウォーキングやクルマの運転も楽しめそうな気がしてきました。

手術直前に「ひょっとして当分の間行けなくなるかも知れない」と思って故郷の墓参りに行ってきたんです。帰りがけに足を延ばして山奥の立ち寄り湯へ。来年に向けて色々調査してきました。



しっかし画像を縮小した処でタイムアップ、入院日になってしまいました。スマフォ初心者の亀治朗には上手く行くかどうかわからなかったけど縮小して順序を並べ替えた画像を試しにPCのモーハ(ワードプレス)編集画面のメディアにぶち込んでみたんです。無事手術が終わってスマフォ開けてみたらちゃんと縮小画像が飛んで来ています。入院生活の後半はこれらの画像に記事を添えていきましょう。

キズ者再生工事-8/退院パーティー?まだ抜糸したばかりなんですけど?


亀治朗であります。

昨日(8/21)無事抜糸が終わりました。それでもまだ安心できないんだそうで今日(8/22)再確認してようやくシャワーの許可がおりました。今日もまたヒマな話題です。

この記事は2019年08月22日のものです。



入院生活も残り一週間くらいです。涼しい快適空間から地獄のような真夏に戻らねばなりません。

うだうだと昼寝を楽しんでいたら次男チャーハンから着信です。

「あのさ、28日退院したらすぐ呑めるの?」

まだ、28日退院って決まった訳じゃないのにもうお誘いですか?

久し振りのシャワー浴びて寛いでいたら夏休み中の長男かつ☆ドン!が顔を出します。

「夕べ『えにし』に行ったら大将が『28日退院なら何処かに食べに行こうよ。店休みだから』って言ってた」って言うんです。



ちくしょ〜えにし行きてえ〜

抜糸が終わったばっかしでまだ入院中だというのに、既に鶴亀家では退院祝い宴会の準備が始まっているようです。

嬉しいんだけど、気が早すぎませんか?

入院の支度からおよそ一ヶ月掛かっています。退院したらやらなければならない事が山ほどあります。それを処理したら10月には待望の温泉旅行が待っています。

頑張らねば!

【おまけ】

かつ☆ドン!から差し入れ

古いバックナンバーだから読み捨てでいいよって



身動き出来ないハワイ病患者には酷ではないかい?



んでも楽しく読ませていただきました。

キズ者再生工事-7/入院生活をもっと楽しく


亀治朗であります。

朝から雨が降っております。台風が近付いているそうです。今日はヒマな話題です。

この記事は2019年08月13日のものです。



言ってみれば「入院準備備忘録」です。事前に何を用意したか、何を忘れたか書き残しておこうと思います。

事前に済ませておいた事

  1. 庭の草刈り その昔「草刈マス夫」を名乗っていた頃からずっと女房実家の庭と駐車場、裏のアパート周辺までの草刈りはずっと亀治朗の担当でした。ま、数年前からは居候の身ですから何でもやらせてください。しっかし今年の長梅雨の後の高熱地獄には参った。梅雨前に綺麗に刈り取った庭がすでにジャングルです。つる姫さまがあちこちに綺麗なお花の種や球根を植えていたので庭の中は全て手作業で農薬も使えません。入院前の三日間汗びっしょりになって草刈り完了しました。

  2. いつか来るとは覚悟していたけど、呆気なく逝ってしまったつる姫さま。まさか御存命中から大掃除なんって出来ません。葬儀四十九日が終わって「さあ少しは片付けねば」と思い始めた老夫婦にどっと脱力感が襲い掛かります。六月になってようやくぼちぼちと片付けを始めたんですがまだまだ1/3も進んでいません。亀治朗の入院中には新盆を迎えます。お坊さんにお経を上げていただきたいし、お客さんも大勢いらっしゃるでしょう。せめて玄関周りと仏間くらいは綺麗にしておきました。お客さんが来て泊まっていくかもしれないんで布団干しと食器類を洗うのも欠かせません。

  3. ようやく自分の事です。 完全看護だしこの病院では衣類はアンダーウェアまで含めてレンタル品を使うことがお決まりのようなので荷物は大分少なくて済みそうです。まずは爪切り、そして散髪。夏場だし手術後しばらくの間シャワーも浴びられないので思い切って超ショートスポーツ刈りにしてみました。馴染みの床屋のマスターは「亀治朗さんの場合元々の顔の作りが三角オムスビなんだから髪短くすると漫画になっちゃう」って言うんです。ほっといてくれ!

  4. 亀治朗の不毛で決して短くない務め人生活はおおよそ40年程だったでしょうか。その間ほとんど髭剃りに電気シェーバーは使っていませんでした。現場作業で徹夜明けて通常業務に入る時ぐらいに使ったくらいでもっぱらシックスーパーⅡを愛用していました。ハワイ滞在していた時、ホリデーマートやウールワースで安い使い捨てカミソリ買って使ってみて剃れなくって大後悔しました。それでも(学習能力の無い馬鹿だから)懲りずにウォールマートが出来た時も新装開店の目玉商品に引っかかって同じ過ちをしてしまい血だらけになってしまいました。以後は必ず日本から持ち込んでいます。さて今回は膝の大手術です。洗面所で優雅に髭剃りを愉しむなんて余裕はありません。ベッドで剃れるように数十年振りに電気シェーバーを買ってみました。んでも今流行りの電気シェーバーってでっかくて重いアイスクリームコーンみたいな形状の物ばっかり。困っていたらIZUMIの文字が目に入ってきました。懐かしい「泉精器」の昔のロゴのままです。配電や通信工事材料の行商をやっていた頃現場周りで仲良くなった工事用の工具メーカーなんですが一般品まで手を広げたのでしょうか。ショートホープサイズの旅行用シェーバーをお買い上げ。単三電池二連装ですからパワーも充分でしょう。次回のハワイではこいつが活躍しそうです。



  • MP3プレーヤーを新調してみた。今年初めにエアコンを買い替えたんです。ポイントが10パーセントも付いていたのを放置していたんだけど電気シェーバーを買うのに使ってまだポイントが余ったのでついでに安いMP3プレーヤーを買ってみました。


  • FMラジオも聴けるので入院生活の無聊を慰めてくれることと期待出来そう。自宅の近くで歩き回りながら使ってみたら感度も良かったのに病室では一番近い横浜キー局ですら全く感知しません。んでも最新のMP3プレーヤーの音質はとても素晴らしくスマフォが使えない間ずっと音楽三昧の日々でありました。ちなみに持っていったのは

  • 細川綾子さん

  • ドナサマー

  • ダイアナロス

  • ディープパープル

  • クリーム

  • ビーチボーイズ

  • 秋満義孝

  • フジ子・ヘミング

  • フレデリックショパン

  • レッドツェッペリン

  • 長部正太

  • ううむ。。。

  • 我ながらごっちゃごっちゃです。
  • 実際に聴いてみて感じた。

    朝から聴く人達じゃなかった!
  • 6.

  • ここからは持って行くのを忘れた物、持って行ったけど補充した物です。

  • ハワイ本はこれ一冊

  • へなしゅんのハワイ島へ行こう!


  • もう何回も読んでいるけど飽きません。

  • 鶴亀老夫婦には

  • 『今年の冬のホノルル』

  • 『来年初めのハワイ島』

  • という遠い目標があって今回はベッドの上でスマフォを使って妄想的に計画を立てる目算があったんです。処が突然のギガ枯渇でスマフォが使えなくなってしまいました。

  • 慌てて鶴弥にお願いして家の中に散乱しているハワイ本の中から数冊持ってきて頂いたんですが「新しい本なんか無かった」って言うんです。そういえば最近数年はパソコンでぐるぐるマップを切り貼りしてプリントして持って行くのでガイドブックなど買った記憶がありません。それでもこの暑い中昔のガイドブックを四冊も運んでくださった鶴弥さまに頭が上がりません。

  • 鶴弥さまには他にも各種充電器と電源延長コード(3連タップ付き)も運んでいただきました。


  • 7.これだけは絶対忘れてはいけない‼️

  • 『お茶漬けワカメ』


  • 無理矢理こじ付けたようなハワイネタであります。

  • ハワイに行けばドンキとかタイムスなんかの日系スーパーで安売り日に必ず買って帰る鶴亀家のマストアイテムです。

  • ハワイのスーパーマーケットならほぼ何処でも売っていますね。

  • 「うにテッドの機内食のように美味しい」と評判の高い大仏病院のお食事ですが、ごくたまに『お茶漬わかめ』のお力添えをお願いしなければならない事態が発生するんです。これを少量ごはんにかけるだけで充分なご馳走の出来上がりです。亀治朗はお茶漬にせずフリカケとして楽しんでいます。

  • 皆さんも入院の際はお忘れなく。


  • キズ者再生工事−6/大仏前病院の住み心地〜


    亀治朗であります。

    鎌倉に住んでいるとまず行かないエリアが二つあるんです。小町通り商店街と長谷観音から大仏様までの道のりです。

    この記事は2019年08月のものです。



    そんな亀治朗が何でまた高徳院の真ん前で手術を受けて入院しているんだって思うでしょう。例えば交通事故かなんかで事故現場から一番近い病院に担ぎ込まれたと言うなら理解できるんでしょうけど亀治朗の場合かなり以前(5年以上前)から膝の状況が悪化していたのを母親の介護を言い訳にして後伸ばしを繰り返して来たんです。

    亀治朗が前十字靭帯を破断して再建手術をしてくれたドクターマリオに今回も施術をお願いしたんです。

    前十字靭帯再建手術してから15年以上経ちますがしっかりとくっついています。でも経年劣化で半月板が殆ど潰れているのが最新のMRI画像診断で判明しました。ならドクターマリオにお願いするしかありません。

    処が病院行ってみるとドクターマリオはいません。なんでも他の病院に移ってしまったようです。散々探しまくった結果とうとう発見してみれば鎌倉長谷と言う鎌倉市民が避けて通らないようにしている堂々ベスト2(ベスト1は小町通り)のエリアにいたんです。亀治朗の自宅からですと以前の病院なら徒歩15〜20分で到着しますが長谷行こうとするとJR北鎌倉駅まで歩いて出て鎌倉まで一駅電車に乗りバスに乗り換えるんですが接続が悪いと片道一時間くらい掛かってしまいます。

    他の病院にしようかとも思いましたがドクターマリオを信じて居るので決めました。

    入院してみて分かったんですが以前ドクターマリオが務めていた病院から若手ドクターやベテラン看護婦技術スタッフなど7〜8名もの人材が移って来ているんだそうです。同じ鎌倉市内でしかもこんな狭い業界でこんなんええんか?他にも亀治朗の左膝BTB手術をしてくれた顎せんせえも何処かに流出してしまっているから、はっきり言って以前いた病院の整形外科部門は壊滅状態!になったと素人目にも分かります。どんな事情があったんでしょうか。恐ろしくってお尋ね出来ません。

    「大人の事情」とい言う事で今後も触れないようにいたしましょう

    さて実際に入院してみますと長谷という場所が素晴らしく閑静な場所である事に気がつきました。

    亀治朗にあてがわれたベッドはパークビューです。南向きの窓から大きな樹が広がってその上から容赦ない夏の日差しが降り注いでいます。

    パークといっても緑豊かな公園じゃありません。病院の駐車場です。外来患者やお見舞いに来た方々はもちろん無料です。たまにでっかいサーフボード背負ったヘビーな車見かけるけど、きっと由比ヶ浜の海で捨てコンクリートかなんかで脚削っちゃって転がり込んできたんでしょう。



    駐車場の向こうに見えるのは中華食堂。40年以上前からやっている老舗です。

    さてある日の朝ごはん

    朝からこんなにいただけるなら充分です。鶴亀家では一汁一菜が基本です。ただし、ごはんの量が多すぎる。標準で110グラムなんだそうですけど亀治朗にはこの半分くらいで充分です。



    今日のお昼ごはんは「ぶっかけたぬきうどん。



    シコシコの太麺に鰹ダシが効いた辛口の汁、トッピングの卵焼きはほんのり甘く辛口の汁にも良く合います。この味覚えがある。長谷の名物八百屋「八百芳」で月曜と木曜だけ限定販売しているお味です。何故に店売りが週二回なんだろうと疑問に思っていたけど、それ以外は全部契約販売なんでしょう。(八百芳については「キズ者ランチ事情」で探してくだされ。

    夕ごはんにはサーモンと季節野菜の合わせ煮がお目見えしました。肉厚のサーモンと色どり鮮やかな鎌倉野菜を高齢者の多い入院患者でも食べやすいように優しく煮込んであります。



    合わせるならよく冷えた白ワインだな。入院に際し手荷物検査はありません。JALの機内で頂いたプラスチックボトル入りの白ワインなど密かに忍ばせてくるというのはいかがでしょう。リハビリ後のアイシングに氷を頂いて患部のクールダウンと共にプラボトルの白ワインをゆっくりと冷やしましょう。

    zこれは単なる妄想です。良い子の皆さんは決して間に受けないで下さいね。

    ちなみにこの病院にはベッドサイドの個人用保冷庫はありません。

    ようやくお手洗いと洗面所への往復くらいが許可された亀治朗ですからここ大仏前病院近辺の様子などわかりませんが周囲には沢山のお土産屋さんはあるもののコンビニ一軒もありません。入院患者がショッピングを楽しめるのは一階の外来患者待合室にある自販機か入院棟3階にある自販機のみです。勿論ノンアル商品ばかりですが、この二台の自販機微妙に取り扱い商品が違っているんです。きっと入院患者の無聊を慰めようと「今日は一階♪明日は3階♪」とショッピングを楽しんでもらえるようにと言う優しい心使いなのであります。



    キズ者再生工事-5/格安シムって手があるじゃないか


    亀治朗であります。

    ようやくサークル使って一人歩きが許されるようになりました。

    この記事は2019年08月12日のものです。

    【前回までのあらすじ】

    たった一週間の入院生活、しかもその前半部分は入院手続きに検査、手術、術後の養生時期だったから意識を回復してからの三日間で貴重な3ギガをあっという間に使い果たしてしまったんです。んまあ、これも貴重な体験と受け止めて残り約二週間をスマフォ無しの療養生活をしようと悟りの境地に至ったのであります。

    ところがその頃、亀治朗の意向とは違う動きが始動していたんです。

    うちのおかみさんが『あの亭主をヒマにしとくとロクな事にならない』とでも思ったんでしょうかお盆休みで引っ越し作業中のかつ☆ドン!(長男)に命じて打開策の検討を始めてしまったんです。

    かつ☆ドン!の復旧計画

    ①ギガを買い足す案

    かつ☆ドン!の調査によりますと猥モバエルの場合

    1ギガ≒1000円なんだそうです。

    今回手術明けからたった四日で3ギガ使い果たしています。このペースだと退院予定の8月28日(手術から三週間)までには後15ギガも必要になります。15ギガ≒15000円⁉️

    スマフォの使い方をちゃんと習わないといけません。

    ②息子の使っていないスマフォに格安シムを突っ込んでアバターを作る案

    新しい物が大好きな息子はしょっちゅうスマフォを買い替えていてその内の何台かは下取りに出さずに手元に置いているんだそうです。縁の切れた元カノみたいなのを手元に置く未練がましい感覚はよく解りませんが、その内の一台に格安シムとやらを突っ込んでサファリからワードプレス(書き上げた記事がたまってる)ぐるぐるクラウド(縮小して軽くなった画像をバッファにまとめてある)を立ち上げれば多分大丈夫だって言うんです。

    しっかしこの血族の者達が「大丈夫!」というのは余り当てにならないと思うのですが、今は入院中の身。老いては子に従いましょう。

    後はぐるぐるマップと検索機能さえあれば妄想ハワイ計画も始められそうです。

    電話番号に紐付けされているラインやメッセンジャーは多分きっと今までの端末を使うんだろなあ。

    さて

    一体どうなるでしょうか?