60★亀(亀次朗)であります。
MIR撮ってから一か月。再診の日であります。
この記事は20190402日のものです。
タイル プラン75

【前回までのあらすじ】
亀次朗の右ひざはMRI画像によって「右膝の半月板全損」という深刻な状況でありました。
ドクターマリオは「今よりも歳取ってからじゃ術後に筋肉が付きにくくなるし、それ以前の問題として老化が進んで心臓や腎臓が劣化して手術したくても出来なくなることだってあるよ」って脅かすんです。
要するに観念しなさいって事なんでしょう。
今回が4回目の診察であります。
01人工関節1

この一か月間、色々と考えあぐねていたんです。あちこちのサイトを検索したり病院のセミナーに通って講義を聞いてみたりしたんだけど、全壊した半月板を保存的にかばいながら暮らすのは無理があると分かりかけてきたんです。いずれ人工関節置換手術しなきゃいけないなら早い方がいいのかな。そろそろ覚悟の決め時のようです。。。。
02人工関節3

今年の鶴亀家は慶事凶事とりまぜてめっちゃ忙しい年になろうかと予想されています。春から夏にかけては初宮参りやお食い初め、秋には充行君の七五三もあるでしょう。その間を縫って人工関節置換術を強行するとなると真夏の二か月間くらいしか時間が取れません。せんせえのお見立てでは術後三週間の入院とその後一か月程度のリハビリが必要だと言います。既に紅葉時期の高原の濁り湯には抽選の往復葉書もだしてあるから(当選するつもりになってるし)10月初めには生活復帰しなければなりません。
03人工関節2

盟友腹乃豊関からも「夏の間エアコンの効いた病室で過ごすのも良い避暑でしょう」と有り難いアドバイスを頂きました。せんせえに手術の日程を組んで頂いて亀次朗の2019年夏の避暑計画が動き始めました。これから手術までの数か月は今しか出来ない事を目一杯楽しみましょう。
04P6031284

10時の時間帯予約で病院に出向いたのに診察が終わって会計を済ませたらもうお昼になっていました。どっかでヒルメシ喰って帰りましょう。あの駅前食堂のラーメンが喰いたいなあ。亀次朗はゾンビの如くうろつきまわる外国人観光客を避けて長谷の裏通りからお隣の駅まで歩いて行く事にしました。
05P4020195

無人駅の出口にへばりつくように建っている掘っ立て小屋が目指す駅前中華食堂であります。ホンの数年前に開業して以来この辺の住民には無くてはならない街の中華屋さんになっています。以前は横浜中華街で大棚を任せられていたとかの噂もあって評判は上々です。
06IMGP7150

炒めザーサイの白湯スープラーメンと焼き餃子のセットにしてみました。ランチに餃子がたった三個だけ!?って思うでしょう。んでも中の具がこってりたっぷりと詰まっていて食べ応え充分。食の細い女性ならこれでお腹一杯になります。亀次朗的にはキリリと冷えた生ビールでやっつけたい奴です。
07image1 (1)

この透き通るようなスープと腰の強い細麵が堪りません。入院中も脱走して喰いに来ようかな。
08image4