モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2018年12月

姫路つまみ喰い-1/ 絶品!「ひめたま」の卵サンド


R60★亀(亀次朗)であります。
奥姫路フォレストステーション波賀で昔仲間とBBQ。せっかく姫路まで行くんだから喰いもんは地元のうまいもんに拘ってみました。
この記事は2018年(平成30年)11月18日のものです。
タイル姫路つまみ喰い


拘ったのは姫路の名産品です。そしてそれを扱っているお店の取り組み方も大事なポイントになります。まず着目したのが卵。卵なんって何処にだってあるじゃないのって思うでしょ。んでも姫路市内中心に小規模ながらも卵サンドチェーンを展開している「ひめたま」というお店がとっても気になってしまったんです。
01PB180377


新在家というのは姫路城から西に向かって500m程の位置にあるんですけど幸か不幸か空襲に逢わず昔の儘の街並みが続いています。ぐるぐるマップで姫路駅から最短距離を行こうとすると一方通行出口に阻まれて近寄れません。まして慣れないレンタカーで初めて走るのでありますから迷いに迷って30分も掛かってようやく到着しました。
02PB180377b


ご近所の主婦の列の一番最後に並んで順番を待ちます。所在なしに店内を覗き込んでみたらイートインスペースもあるようです。ショーウィンドウに並んだサンドイッチ。どれも旨そうです。
03PB180379


他にも色々と酒の肴を用意してあります。食べ残しなんて出来ません。選んだのはこの三品です。左から「かぼちゃコロッケサンド」「フルーツサンド」「黄金の卵サンド」。自らを「黄金」と名乗る卵サンド。はて、その実力はいかがでしょうか?
04PB180428


フォレストステーション波賀のコテージに到着して一息ついてコーヒータイム。コッフェルで沸かしたコーヒーとともに「ひめたま」のサンドイッチをいただきましょう。
05PB190441


ううむ。。。具だくさん!ってか中身があふれ出ています。すげえボリュームです。普段、コンビニの薄っぺらいサンドイッチに慣れたさもしい老人には嬉しい誤算です。
06PB190442


お代はこんな。あのとろける旨さの「黄金のたまごサンド」が190円ですとっ!姫路市民が羨ましくなってきました。また行きたいなあ。
05ひめたまロゴ
07PB180431

昔angle 今google ハワイ島でも姫路でも


R60★亀(亀次朗)であります。
意外と好評だった前回の記事「別冊angle hawaiiDrivingMap&PlaySpot」。あんな丁寧に作られたドライブマップは現在ではなかなか作れないのでしょう。
んでは現在の我々はどうしたら良いのでしょう?
この記事は2018年(平成30年)12月18日のものです。
タイル姫路つまみ喰い


亀次朗の妄想の旅はぐるぐるマップをめくる事から始まります。レンタカーという便利な武器があれば別の島でも何とかなりそう。もっとも交通量の多いオアフ島ではあまり運転したくはないのであります。例えばハワイ島コナサイド。行ってみたいコーヒー農園、ワイングラスを傾けたい絶景のレストラン。カーナビなど使いこなせない老人は予めグルグルマップで調べてプリントアウトしてから出かけましょう。ところで何時になったらハワイ島に行けるのかなあ。
上:平成5年のangle、
下:亀次朗の妄想ハワイ島マップgoogle
01ハワイ島地図

02カイルアコナ~UCC地図


新幹線とレンタカーを乗り継いで奥姫路で昔仲間と楽しんだBBQ。思い出深いものになりました。今回のメインテーマはモチロン旧友とのBBQでありますが、せっかく行くんだから食材は姫路のうまいもんに拘ってみたんです。関西圏の皆さんならとっくにご存知の事ばかりかと思いますが、粗野な関東者の目には初めて見聞きする魅力あふれる姫路紀行でありました。
03姫路岡山計画地図3


んでは姫路駅からぐるぐるマップをめくってみましょう。特に今回はレンタカーという便利な武器があるんで姫路駅から本誓寺を経由してフォレストステーション波賀までの道すがらを舐めるようにチェックして気になるお店をピックアップ。良さげなお店が見つかれば更にその近辺のローラー作戦を実施してなるべく効率的に食材の調達が出来るようにルートを作成します。昔山奥の工事現場巡り営業だった頃からの慣れた手順です。
04姫路買物地図1


さて次回からは「姫路つまみ喰い」として今回の奥姫路BBQで食したうまいもんを記事にしていきましょう。拘ったのは姫路の名産品です。そしてそれを扱っているお店の取り組み方も大事なポイントになります。まず着目したのが卵。卵なんって何処にだってあるじゃないのって思うでしょ。んでも事前に調べているうちに姫路市内中心に小規模ながらも卵サンドをチェーン展開している「ひめたま」というお店がとっても気になってしまったんです。
05ひめたまロゴ

亀次朗の断捨離-/angle編「Hawaii DrivjngMap & PlaySpot」


R60★亀(亀次朗)であります。
還暦を過ぎ断捨離を始めようと思い立ちました。部屋の片隅で埋もれていた思い入れの深い物たちに最後の光を浴びさせてみましょう。
この記事は2018年(平成30年)12月17日のものです。

【注】「断捨離」を書くにあたって再読しています。亀次朗自身にとっては読み納めになります。思い出したように突然アップしますがご了承ください。
00タイル断捨離b


諸君は昭和後期に街歩きのバイブルとして貧乏学生や営業系サラリーマンに愛読された「angle」を覚えておられるだろうか。なんとかウォーカーなんぞが無かった時代、見知らぬ街の情報をきめ細かく取材した貴重な情報誌でありました。取材地に密着して作り上げた紙面にはその土地への地道な愛情が溢れており毎号毎号を楽しみにしておりました。そんなangleが何を血迷ったのかハワイのドライヴィングマップを作ったのが平成5年といいますから今から25年も前の事でありました。
01angleハワイ


表紙を開くとベタなコピーが書かれています。決して洗練された文章ではありませんが、とつとつとした語り口は月刊誌angleを作り続けた地道さによるものでしょうか。
02angleハワイ


しかして、その内容は正に「angle」で培われてきた綿密な実地調査に裏打ちされた充実したものでした。例えばハワイ島北部はこんな感じになっています。
03angleハワイ


実際に走ってみないと分からない道路状況を的確に表現しています。名所旧跡については必要最小限の記述に留めてドライブマップとしての利便性を確保しています。無論ガイドブックとしての側面もありしっかりとした取材もされているのですが何せ25年も前の記事ですので食べ物屋さんなんかに関しては現在では参考にならないのは致し方ない処であります。
04angleハワイ


ちなみにオアフ島のフリーウェイには当然と言えば当然ですがH-3など記載されていません。悪しからずご了承ください。それでもフリーウェイのランプについて平成5年時点でここまで丁寧に取材されているんは敬意を表します。読み直していて何だかドライブしているみたいで楽しかった。今でも充分に使える旧本です。読んでみたいかい?
05angleハワイ

20181027阿佐ヶ谷駅前怪しいジャズバー「スタカート」。


R60★亀(亀次朗)であります。
久し振りの阿佐ヶ谷徘徊です。 この日のメインイベント。細川綾子さんのライブです。
この記事は2018年(平成30年)10月27日のものです。
タイル居酒屋


何が怪しいってこのお店、JR阿佐ヶ谷駅の真ん前にあるのに場所がサッパリ分からないんです。
初めて来る人なんかは阿佐ヶ谷駅改札から徒歩一分の場所に辿り着くのに15分以上かかってしまうのがザラ。知ってしまえば何でもないんだけど、入り口に看板無し。四人で一杯になってしまう狭いエレベーターのフロア案内にも店名の記載はありません。
ま、気が向いたら探してみてください。
01P3110429


普段はカウンターにまばらな客だけでしっぽりとスローなジャズを味わえる極上空間。しっかし細川綾子さんのライブがあるというのでテーブル席も含めて一か月前から満員御礼が出ていました。
02PA270279


ここではミュージックチャージの他にワンステージにワンドリンクがお約束。んでもツマミは乾き物か缶ツマくらいしかないんだからトータルの金額は意外とかかりません。もっともライブが始まる前にどこかで何かしら喰ってこないと途中で途中で腹が減って困ってしまいます。
03PA270276


しっとりと、伸びのある歌声が今夜も魅了してくれます。とても80歳に近いお年とは思えぬ声量。時折魅せる可愛らしい表情。また来年も歌声を聴かせてください。
04PA270278


【おまけ】この高嶋ちさ子似の美女は鶴弥の雑司ヶ谷墓地時代の教え子。何年か前にスタッカートで細川綾子さんのライブが行われた時に偶然再会(多分30数年ぶり)。以来毎年スタッカートでお会いしています。
05PA270281

20181027阿佐ヶ谷SUGAR


R60★亀(亀次朗)であります。
久し振りの阿佐ヶ谷徘徊です。綾子さんの綾子さんのライブの前に少し喰っておきましょう。 
この記事は2018年(平成30年)10月27日のものです。
タイル居酒屋


僅か100m程で阿佐ヶ谷駅南口居酒屋街は唐突に終わってしまって静かな住宅街になってしまいます。さて、何かしら食べておかないと午後八時からのライブでは腹が減ってしまうでしょう。何処かいい店がないもんかと辺りを見回していたら二階に上がる外階段のその入り口に良さげな看板を見つけました。おお、あの灯りがお店のようです。こういうスッキリとした外観には好感が持てます。
01PA270260


今一度入り口の看板を観察してみます。ふむふむ「日本酒(熱燗)がメイン」良さそうです。
しっかし「鮭といくらのチャーハン」ってのは何となく分かるんだけども
「鰯と洋梨のサラダ」?
「秋刀魚とイチジクの油淋」??
和風中華料理屋なんでしょうか?一抹の不安を抱えつつ外階段を昇って行きます。

02PA270259


「SUGAR」って名前の和風中華屋(!?)。お店に入った老夫婦を迎え入れてくれたのは随分と良さげな日本酒のディスプレイでありました。旨そうな酒が並んでいます。
03PA270275


亀次朗は島根県邑智郡の銘酒「玉桜」をぬる燗で頂きます。ちゃんと正一合(180ml)入って750円とは良心駅な価格設定です。鶴弥は生絞りレモンサワーで喉湿し。
04PA270266


こういう初めてのお店で亀次朗が注文するのは決まって〆鯖なんです。素材である鯖そのものの鮮度や脂の乗り方、〆酢の扱い方、果ては付け合わせの良し悪しから山葵、器までしっかりと観察してしまいます。青森県産のゴマサバ。確かに脂の乗った美味い〆鯖でありました。出来うる事ならこのボリュームならもう少し値段が安い方が亀次朗の好みです。
05PA270268

05PA270265


夕方になって少し冷えてきました。鶴弥が「牡蠣と出汁巻きたまごのおでん仕立て」なる一品を注文しました。熱っつ熱の薄味汁に自家製だし巻き卵と牡蠣、青菜の緑が目にも鮮やかなアクセントになっています。このお椀の量は一人前の半分の量。つまり一人前を二つのお椀に分けてくださいました。
06PA270271

06PA270264


お会計はこんな感じ。日本酒正一合750円とか生絞りレモンサワー600円とか極めて良心的なお値段です。まだ新しく出来たばかりらしい清潔感のあるお店。自宅の近所に欲しい一軒でありました。
07PA270273

20181027阿佐ヶ谷南口居酒屋街


R60★亀(亀次朗)であります。
久し振りの阿佐ヶ谷徘徊です。いつもなら阿佐ヶ谷駅北口スターロードを徘徊することの多い老夫婦ですが、今回は阿佐ヶ谷駅南口居酒屋街をほっつき歩いてみました。 
この記事は2018年(平成30年)10月27日のものです。

タイル居酒屋

JR阿佐ヶ谷駅南口の西側に何やら賑やかな一角がありました。どうやら沢山の飲み屋が並んでいる様子です。
01PA270247


ううむ。。。中々楽しそうな街じゃありませんか。
02PA270248


一軒イッパイづつ呑んでいても夜が明けそうです。
03PA270249


目移りしそうなおやぢパラダイス。んでも北口スターロードよりもお客の年齢層は20歳位若そうです。
04PA270250


この呑み屋街の平均年齢は30~40歳という新世代がメインのように感じました。にしても店頭に放置されているママチャリやベビーカーの何と多い事。お店によっては「キッズルームあります」とか「ベビーカー店内に持ち込めます」とかの看板が出ています。やっぱ新世代の街なんだなあ。
05PA270257

奥姫路 復興割は使えなかった!


R60★亀(亀次朗)であります。
奥姫路フォレストステーション波賀で旧友とBBQ楽しかった。んでも一つ残念なとこがあったんです。
この記事は2018年(平成30年)11月18日のものです。
タイル姫路つまみ喰い


2018年夏、中国四国地方を襲った豪雨で大きな被害を受けてお国が主導して始めた復興割。
物見遊山で被災地に行くんじゃなくって実際に行ってみる事で災害援助をしてください。というナイスなアイディアです。旧友に合いに行くんだから何かしらお金を使って間接的にでも復興援助の手助けになるならいいじゃありませんか。フォレストステーション波賀のホームページにだってちゃぁんと「復興割」が使えるって明記されていたんです。ふむふむ、こっちから兵庫県に向かうメンバーは鶴亀若夫婦と腹乃豊関の三人です。兵庫県内の宿泊施設に連続して二泊すれば一泊一人当たり4000円が支給されるというのです。
02復興割


フォレストステーション波賀のコテージ宿泊費は一泊目が17000円、二泊目は15000円ですから合計32000円。これに対して復興割4000円×3人×2泊だから24000円が支給されるならとっても有難いではありませんか。所が実際にフォレストステーション波賀のフロントでは「復興割の対象になっているのはメインタワーの宿泊者だけ。コテージ利用者は対象外」って言うんです。ううううう。。。要するに高い宿泊料金のお部屋を使った人だけが恩恵にあずかれるというのでしょうか?散々粘ったけど駄目なものは駄目。規定の料金を支払ったのであります。
01復興割FS


今行われている「北海道復興割」も同じような感じであります。
最初の取っ掛かりだけ早い者勝ちで割引クーポンがゲットできたようですけど、それ以外は大手旅行会社や航空会社の企画パッケージにのみ「復興割利用コース」が存在しています。んじゃ個人客が「小樽や余市のライトアップを見に行こう」と思っても使えません。利用しようと思っているのに使えないって事は、大手旅行会社のパッケージツアーに組み込まれていない個人経営のお宿なんかは全く蚊帳の外なんでしょうね。(今書いていて気が付いたけど「蚊帳の外」って私語ですね)これじゃあ良かれと思って北海道に旅行に行こうと思ってもお国が決めた復興割の恩恵にあずかれるのは大手旅行社と宿泊対象になった大規模ホテルだけではありませんか。
03ニッカ蒸留所 冬のナイトツアー


そうぶつくさと文句を言いながらも個人旅行で小樽行きの準備をしていたんですが、結局つる姫さまの病状悪化で当分の間遠くへの旅行が出来なくなりました。残念。
しっかし、本当に困っている中小零細の民宿や個人経営の旅館でも使えるシステムじゃなくっちゃ意味ないじゃんと亀次朗は思うのであります。
04北海道復興割

奥姫路 フォレストステーション波賀でBBQ


R60★亀(亀次朗)であります。
晴天に恵まれた晩秋の一日、奥姫路フォレストステーション波賀の紅葉を楽しんできました。
この記事は2018年(平成30年)11月18日のものです。
タイル姫路つまみ喰い


このコテージを選んだ最大の理由はそれぞれのコテージに専用のBBQサイトが用意されている事であります。
今回のメンバーは鶴亀老夫婦の他、同じく関東から遠征してきた腹乃豊関、お隣の県から鉄製テントカーでやってきたタートル海苔巻、地元から日帰り参加のコック和尚夫婦であります。振り返ってみるとこのメンバーで山遊びしていたのはまだ亀次朗が千里山時代です。かれこれ40年以上の年月を経て、ほんまに久し振りの火遊びであります。
01PB200496


このメンバーは何と言っても手際が良すぎます。ささっと火起こしが始まります。コテージの中ではキッチンでBBQ用の食材が調理が始まります。仕事もせずにフラフラと缶ビール片手にカメラで遊んでいたのは亀次朗だけでありました。
02PB190470


タートル海苔巻の完璧な野活準備のお陰で宴会の用意が進んでいきます。考えつくされて鉄製テントカーに満載されたキャンプ装備は実に機能的であっと言う間にBBQ準備が整いました。
03PB190469


コック和尚から分けて頂いた地元野菜と地元密着ヤマダストアで買い込んできた猪鹿蝶な肉がスタンバイ。
04PB190468


真っ赤に起きた炭火が食欲を刺激します。薬缶のお湯もチンチンと湧き上がって焼酎お湯割りの準備も完了しました。
05PB190474


かんぱ~~い!寒風除けのブルーシートがちょっと悲しいけど久し振りの再会は嬉しいもんです。旨かった。楽しかった。またBBQやりましょう。
06PB190473b

クラプトンVSクィーン  どっち!?


R60★亀(亀次朗)であります。
ちょっと事情がありましてここんとこうちのおかみさんが構ってくれないんです。遠くまで出かける事は出来ませんがフラフラと近場を歩き回ってみましょう。
この記事は2018年(平成30年)12月10日のものです。
タイル亀次朗160

亀次朗はこれ幸いと映画三昧です。今秋大ヒットになったクィーン。めっちゃ迫力でした。まして横浜ブルグ13の中でも最も音質の良いシアター1.大迫力のサウンドを楽しんできました。
01ボヘミアンラプソディ

んでもこのタイミングで一番気になっていたのはエリッククラプトンです。先週クィーン観てきたばっかりなんで普段なら二週続いて映画観るだなんって姫さまからお許しが出ないんですけど
「遠くの親戚がお見舞いに来るからあんたはどっかに行ってて」
って言うんです
「いえいえ私めも何かお役に立ちたいんです」
などと心にも思ってもいない事は一応言ってみたものの気持ちはとっくに川崎の映画館に飛んで行っておりました。いや~良かった!
クィーンがシャンパンシャワーならクラプトンはじっくりと小さな杯でぬる燗で口に運ぶ吟醸酒であります。
惜しむらくは何でクィーンと同じ時期に公開したのでしょう?もったいないです。亀次朗的には絶対クラプトン。まだ観てないんでしたら是非にもお出かけください。

02エリッククラプトン

 

年末年始はホイットニーVSレディガガ。どっちも良さそうです。亀次朗的にホイットニーかな?
04ホイットニーヒューストン

03レディガガ

 

という訳で映画の帰りは一人酒。懐かしの丸大ホールです。
タイル居酒屋
昔まだメタルケーブルだった時代。川崎駅前洞道のケーブル張り替え工事で徹夜作業。国道閉鎖しての作業だったので早朝には終了しなければなりませんでした。明け方近くになってようやく工事終了。ほんまやったら昼間のお仕事(営業)に戻らなければならなかったのですが一緒に徹夜で働いてくれた仲間をねぎらって朝飯食堂へ。結局瓶ビールと熱燗呑んでしまって半日は使い物にならかった思い出の店です。
05PC100031

06PC100033

記憶を辿れば店の場所が少し移動したような気がします。その分随分ときれいになったなあ。
08PC100037

07PC100036

モツ煮込みもピリ辛豆腐鍋も昔のまんまです。まだ京浜工業地帯が三交代制でフル稼働していた頃、夜番シフト終えた工員さんが仕事明けドヤに戻る前にイッパイひっかける駅前食堂であります。
09PC100034


10PC100035

奥姫路 フォレストステーション波賀のご機嫌なコテージ


R60★亀(亀次朗)であります。
晴天に恵まれた晩秋の一日、奥姫路フォレストステーション波賀の紅葉を楽しんできました。
この記事は2018年(平成30年)11月18日のものです。
タイル姫路つまみ喰い


さて、今回のお宿はフォレストステーション波賀という三セクが運営するリゾート施設の中のコテージであります。森の中を切り開いた一角に約10棟程のコテージが点在しています。受付のある本館からは徒歩5分くらいですから本館の温泉に入っても湯冷めする距離ではありません。では早速コテージの中を拝見しましょう。
01HPコテージ


こんな感じに戸建てのコテージが並んでいます。右側の小さな東屋はBBQサイト。このBBQサイトはそれぞれのコテージ利用者だけの専用スペースです。(詳しくは次回記事にします)
02PB200496


コテージに入ると広々としたダイニングキッチン。既にでっかい炬燵が用意されていてこのままゴロゴロとしたくなってしまいます。機能的なIラインのキッチンは車椅子対応。鍋釜や食器類は勿論、炊飯器、冷蔵庫、オーブントースターも完備されています。これで電子レンジがあれば完璧だな。
03PB180422


お隣の部屋は10畳の和室。定員5人だけどここだけでも10人は寝られそうな気がします。(無論、布団は五人分しか用意されていません)
04PB180423


ロフトはカーペットが敷かれています。結構広いからこっちの方が落ち着けるかも。
05PB200487


本館の温泉が楽しみで来たので使わなかったけど広いお風呂も用意されています。
06PB180426


お手洗いは嬉しい暖房洗浄便座付。
07PB180427


そんなコテージにも夕暮れ時がやってきました。。。。
08PB190475


そして大宴会が始まったのであります。
09PB180435


実によく出来たコテージでありました。
同程度のコテージを関東圏で探してみたら箱根湖畔に元々県営だったキャンプ場(今は民間に業務委託)に居心地の良さそうなコテージが見つかりました。
んでもそこはトップシーズン(お正月やGWの時期)で35000円、真冬の平日でも20000円といいますから、フォレストステーション波賀のコテージ(5人用)一泊目17000円、二泊目以降15000円(シーズン変動なし)というのがいかに格安かお分かり頂けるでしょう。
10PB200492