R60★亀(亀次朗)であります。
突然思い立って東伊豆の濁り湯の宿に出掛けてみました。この宿はつい最近まで「美食の宿」というフレーズで営業していました。リブランドに際してその「美食」という文字を消し去ってしまったのですが、何か勝算があるのでしょうか。気になります。
この記事は2018年(平成30年)7月22日のものです。
タイル温泉


お待ちかねの夕ごはんの時間です。ここでは部屋食ではなく一階にあるレストランでの食事になります。さてと、今回老夫婦が選んだのは「ライト懐石」のコースであります。通常このお宿で夕食に供されている献立のボリュームを減らしているバージョンです。わたしら年寄りには最早若い衆と同じだけのお料理を出されても食べきれません。んなもんですから最初っから「ライト」な設定をお願いしてあります。結論を先に申し上げますと「充分に満足」させて頂きました。どんだけ<ライト>だったんかは以下の画像でご確認下さいまし。
01P7240300


本日のお献立<軽めの会席「星」コース>。メニューはこんな感じ。何だか色々出てきそうです。縮小加工してないから気が向いたらクリックして大きくしてみてください。広めの和洋室にこの献立で9800円とは一体どんな料理が出てくるのでしょうか?
02一泊目夕食


まずは一口サイズの前菜盛り合わせ。真鴨のローストとか山菜味噌の生湯葉巻きとか結構凝ってます。
03P7220234


こうなったら日本酒でしょう。
04P7220233


夏の冷風献立と唱っています。冷やし味噌仕立て。吉野葛、翡翠茄子、地海苔などを使った逸品です。
05P7220235



本日のお造りは「東伊豆の旬魚姿盛り」であります。どれも捕れたて新鮮な近海魚ばかり。
06P7220236

06P7220237


続いてカマスのみそ焼きに馬鈴薯饅頭。饅頭の中にはキクラゲ、枝豆など色んな具材が忍んでいます。
07P7220238

07P7220239


箱根山麓豚の黒コショウ仕立て。とろける旨さです。「軽めの会席」って頼んだのにすんごいボリュームです。メニューには豚ってなっていたけど、これって牛だよなあ?
08P7220242


また何か出て来た!とお皿を覗き込んでみたらチマチマと可愛らしくお惣菜が並んでします。ようやく白メシの登場です。しっかし、ここまででもうお腹いっぱいです。ご飯の量は半分に減らして頂きました。
09P7220243

09P7220244



デザートです。小玉スイカにブルーベリー。量も質も充分に満足させて頂きました。これでほんまに<ライト>ですか?
09P7220245