R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。さあいよいよ南三陸に向かいます。本当ならJRを乗り継いで向かいたい処ですがまだ未開通の箇所があるので乗り合いバスに乗って出かけます。
この記事は2018年(平成30年)2月20日のものです。
タイル温泉


ずっと仙台国分町や家具町界隈の居酒屋ばかり書いてきたけど、そもそもこの旅のきっかけは宮城県の「湯あたり軍団」という観光キャンペーンに駄目元で応募した事なんです。キャンペーンは「湯あたり軍団」と銘打って石原軍団をモチーフに県知事も参入するノリであります。 01湯あたり軍団


応募した事などすっかり忘れて数か月が経ちました。鶴亀家を襲った悪性インフルエンザがようやく過ぎ去り溜りに溜まった新聞や郵便物の中に温泉宿一泊二名様の招待券を発見したのは1月下旬になっていました。 02湯渡当選通知b


勿論自宅から温泉宿までの交通費は自腹です。んなもんで仙台前泊し国分町家具町での裏路地居酒屋彷徨に10数話も費やしてしまいました。確かこの宿を決めたのは南三陸に向かうバスの始発バス停に近いって事が決めてだったんです。たまたま国分町や家具町がすぐそばだっただけなんだけどなあ。 03P2190371


ともあれ一日四便しかないバスに乗り込みましょう。ホテルの朝ごはんをしっかり食べて朝8時10分の仙台発の路線バスに乗って出発です。 04P2190370b


県庁前バス停を始発起点に次の停車は仙台駅前です。県庁前ではまばらだった乗客ですが、次の仙台駅前ではかなりのお客さんが待っていました。やはり県庁前バス停付近の宿にして正解だったようです。宮城交通バスの回数券は二枚一組。一人で往復でも、片道二人で使ってもOK。帰路には別ルートを考えている老夫婦には使い勝手の良い割引乗車券です。 05P2200460


路線バスではありますが大型の観光バスの車体です。二人掛けシートはゆったりふかふか。震災後復旧された高速道路をびゅんびゅん飛ばして南三陸を目指します。 06P2200461