モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2018年3月

2018冬みやぎ♨湯あたり軍団-09/JAZZ喫茶カウント


R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。一泊目に泊まったビジネスホテルから一本道路を渡ると怪しい居酒屋タウンがありました。
この記事は2018年(平成30年)2月19日のものです。
タイル湯あたり軍団

事の起こりは昨年秋の栗駒高原温泉の帰り道に一関市内で見つけた一軒のジャズ喫茶なんです。駅前からは遠く離れた住宅街にぽつりと佇む見かけ平凡な一軒家。その時は何の気なしに写真だけ撮って駅に向かったんです。時間があればちょっと入ってみたかったんですけど夕方には東京に戻らねばなりません。このお店は一応午後三時から開店なんですけど日によって曜日によって不定休、営業開始時間も気分次第というのが営業ポリシー。
11PA070038

後で調べてみたら「岩手県で一番のジャズLPコレクション」だとか「音響のプロが仕上げたサウンドシステム」なんだとか興味をそそる記事がいっぱいでてきました。次回は栗駒に登る前の一関一泊目にゆっくりしてみたいもんです。
12PA070039

そんな古傷の痛みを覚えながら今回仙台国分町徘徊です。どうしても寄ってみたい喫茶店があるんです。
13P2190386

おお、あったあった。ここです。国分町でも東側のやや寂れた細い通りに目指すお店はありました。
14P2190390

「JAZZ SPOT Count」。もうお分かりでしょう。一関にあるのが「ベイシー」仙台に「カウント」。二軒合わせて「カウント・ベイシー」となるんです。まるでヤンボー・マーボーやね。「君と僕とでヤンマーさ」って今での若い衆は知らんかのお。
15P2190389

2018冬みやぎ♨湯あたり軍団-08/国分町ほろほろ


R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。一泊目に泊まったビジネスホテルから一本道路を渡ると怪しい居酒屋タウンがありました。
この記事は2018年(平成30年)2月19日のものです。
タイル居酒屋

老夫婦が仙台で泊まった宿は県庁や市役所に近いビジネス街にあるんですけどバス通り一本渡ると仙台で昔っから栄えている飲み屋街があるというのです。勤め人時代仙台には何回もやってきましたが、工場へのアクセスを考えると支店のある仙台駅前が一番便利だったのでこの界隈には一度も来た事はありませんでした。
01仙台国分町地図

市役所の南側には定禅寺通りというとっても雰囲気の良い街路樹のある通りがあります。この辺には結構お洒落なお店もあってデートなんかにも使えそうです。冬にはイルミネーションも楽しめるそうです。
02P2190376

ところが一歩路地に入ると居酒屋さんが面に広がっているんです。宿でこの辺の地図を貰ったら一番目立つ第一面にでっかく「キャッチ行為ぼたくりに注意」と注意喚起されています。この街の性格を正しく反映した地図であります。
03国分町マップ

どの角を曲がっても怪しい灯り火が果てしなく続いています。ここ数年殆ど隠居生活を続けてきた爺ぃには眩しすぎます。
04P2190448

それでも若いねーちゃんが一人で歩いているんだからそれ程治安が悪いって訳でもないと思うのですが。。。。
05P2190444

遅い時間になってきました。歩いているのは酔っ払いのおやぢ達。寒い街角に立っているのは仕事熱心な営業マンか接客レディ。この街はこれからが面白くなってくるのでしょう。
06P2190447

2018冬みやぎ♨湯あたり軍団-07/老夫婦が求める仙台前進基地の条件とは


R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。一泊目は格安パッケージで見つけたリッチなビジネスホテルです。 仙台市内に沢山存在しているビジネスホテルの中からこのホテルを選んだのにはちゃあんと理由があるんです。
この記事は2018年(平成30年)2月19日のものです。
タイル湯あたり軍団

【バス停】
このビジネスホテルを選んだ第一の理由は南三陸に向かう一日数本しか出ていない乗り合いバスの始発バス停が近いからなんです。最初に計画を始めた時てっきり仙台駅前が始発だと思っていたんですけど調べている内に県庁前が始発だと知りました。んならその始発バス停に近い宿を取りましょう。少し駅前から離れるけど初めての宿です。勤め人時代には仙台には何回も来たけどこの界隈は初めてです。
01P2190371

【大浴場】
勤め人時代、ビジネスホテルに泊まる時って大概は部屋のユニットバスで烏の行水で済ませる事が多かったんです。味気ないけどサッパリして缶ビール飲んで寝てしまうか近くの呑み屋に出掛けるには時間短縮になっていいんです。それでもリタイヤしてノンビリユックリの旅になると落ち着いて大きな湯舟で温まる方が良くなってきました。このビジネスホテルには上の階に宿泊者専用の大浴場があるというのです。これって結構ポイント高いです。
02P2190453

【朝ごはん】
新鮮な魚介類が手に入る仙台ですからきっと海の幸が食卓に並ぶでしょう。それにこのホテルチェーンでは全国各地のグループ店とメニューを競い合っているんだそうです。きっと美味しい朝ごはんが食べられる事でしょう。
03P2200457

【仙台居酒屋小路】
宿泊翌日のバスに乗り込むロケーションで選んだ宿なんですけどよくよく調べてみたら宿の周囲には仙台一番の繁華街があるんだそうです。勿論翌朝早くにバスに乗らねばならないので深酒・ハシゴ酒なんかは慎まねばなりませんが北の都の居酒屋さん数軒ぐらいは覗いてみたいではありませんか。どれ、ぼちぼち夜の街歩きに出掛けてみましょう。
04P2190444

2018冬みやぎ♨湯あたり軍団-06/仙台前進基地はこんな感じ


R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。一泊目は格安パッケージで見つけたちょっとリッチなビジネスホテルです。
この記事は2018年(平成30年)2月19日のものです。
タイル湯あたり軍団

前にも書いたけどJR東日本の企画商品で仙台までの往復新幹線にビジネスホテル一泊朝食付きを購入するとノーマル料金で東京~仙台までの往復新幹線代より安くなるんです。おまけにキャンペーン期間中だったもんでそこから5000円も値引きして貰えちゃったもんだから気が大きくなって少し高そうなビジネスホテルに変更して貰ったんです。三井ガーデンホテルっていうから日本全国に展開している大手のホテルチェーンです。さてどんなお部屋なんでしょう?
01仙台三井ホテル外観

落ち着いた色調のすっきりとしたツインベッドルーム。狭いけどたった一晩の宿です。眠るには充分すぎます。
02P2190358

窓の外には仙台の街並みが遠くまで見渡せます。これだけ見ていると七年前の大惨事は全然結びつきません。
03P2200458

シックな茶系のベッドルームとは対照的に機能的で明るい基調のバスルーム。狭いけど清潔です。
04P2190366

アメニティはこんな感じ。ビジネスホテルですからこれで充分です。
05P2190368

夕方近くまでの時間を窓際のチェアーで過ごしました。
06P2190359

JR仙台駅から歩くと老夫婦の足では15分近くもかかるでしょう。それでもここを選んだのにはそれなりの理由があったんです。詳しくは次回。
07三井ガーデンホテル仙台地図

2018冬みやぎ♨湯あたり軍団-05-3/仙台場外市場にも寄ってみた


R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。まずは仙台卸団地でお昼ごはん。 続いて場外市場に寄ってみましょう。
この記事は2018年(平成30年)2月19日のものです。
タイルレストラン

仙台中央卸売市場を出てホンの五分程歩けば「杜の市場」という大きな建物に到着します。ここは一般人も買える場外市場。沢山のお店があるようです。
01P2190341

月曜日昼下がりとあってお客さんはまばらです。
02P2190344

でっかい生牡蠣が一個260円。しかもすぐ脇のテーブル席で食べられるんです。
03P2190343

建物のあちこちにイートインコーナーがあって新鮮海鮮丼が食べられます。
04P2190350

ここが行く前から狙っていた丼専門店。生雲丹丼、いくら丼、牡蠣ご飯など旨そうなメニューがずらりと並んでいます。さっき仙台中央卸売市場で海鮮丼喰って満腹になってしまったばかりの老夫婦には眼に毒であります。号泣
05P2190354

お持ち帰りコーナーでは新鮮帆立軍艦寿司が八貫450円!ほんまですか!?今はお腹。。いっぱいだけど買っておいて仙台のビジネスホテルで夕ごはんにするのもいいかも。んでも今夜は夜の仙台街歩きの予定です。ぐぐっと堪えて先に進みます。
06P2190351

生さんま寿司も六貫で380円。どうやら計画に間違いがあったようです。ここに来るのは最終日にとっておいて、おうちに帰る前に立ち寄って帰りの新幹線宴会用に買い込むのが正解でしょう。次回リベンジしなくっちゃ。
07P2190352

2018冬みやぎ♨湯あたり軍団-05-2/仙台市場食堂の絶品海鮮ちらし寿司


R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。まずは仙台卸団地でお昼ごはん。 噂の海鮮ちらし丼を喰ってみましょう。
この記事は2018年(平成30年)2月19日のものです。
タイルレストラン

老夫婦は卸市場が大好きです。釧路和商市場、札幌中央卸市場、八戸行商市場、横浜中央卸売市場、南部市場等々旅先で市場があればついつい寄ってしまいます。
21P2190317

噂の「寿司吉」さんにやってきました。例によって中央卸売市場屋上の一軒家(!?)レストランです。
22P2190324

仙台駅からここまで来るのに道を間違えちゃったので午後一時半ぎりぎりの突入です。たった千円で山盛り海鮮丼が喰えるというのです。
23P2190325

ランチタイムぎりぎりの入店でしたがおばちゃん達が暖かく迎え入れてくださいました。大きな寿司屋湯呑みに熱々のお茶が入っています。寒い道のりを長々歩いてきた老夫婦には何よりの御馳走です。
24P2190326

ランチの海鮮丼がやってきました。最初っからご飯半分にしてもらっているのにめっちゃ大盛りです。
25P2190329

ランチ海鮮丼1000円です。流石、卸売り市場の人気店です。めくってもめくっても新鮮なお刺身てんこ盛り。喰いきれません。
26P2190330

こっちは鶴弥が注文した「ぶり真鯛漬け丼」850円。勿論ご飯は半分にしてもらっています。
27P2190327

甘くねっとりとした食感。生のままで充分食べられるブリや真鯛をあえてあっさり漬けにした隠れ一番メニューです。日本酒呑みたいなあ。
28P2190328

老夫婦が最初っからご飯半分にしてもらったにもかかわらず食べ終わってみればパンパンに満腹になっていました。計画ではこの後もう一か所ランチをするつもりでご飯半分にしてもらったんだけどどうなる事でしょう。とりあえずもう一か所寄ってみましょう。
29P2190331

昔キングスアレイにあったローズ&クラウンを覚えていますか?


R60★亀(亀次朗)であります。
急に昔のワイキキを思い出してしまいました。
この記事は2018年(平成30年)3月17日のものです。
タイルレストラン

事の発端は3月20日銀座スウィングで行われる細川綾子さんのライブがあるので久し振りに花のお江戸に出掛けてみようかと思いたったからなんです。今年の綾子さんはツアー始まったばかりだというのにパワー全開で飛ばしまくっています。先日の阿佐ヶ谷スタッカートでも迫力あるヴォーカルを楽しませていただきました。
01銀座スウィング20180320

折角東京さいぐのに銀座スウィング一軒だけでは勿体ない。ライブが始まる前にイッパイ引っ掛けて行きましょう。有楽町界隈昼すぎから営業している居酒屋さんを調べていたら「ローズ&クラウン」という大手外食チェーンのパブがヒットしました。午後三時過ぎならハッピーアワーがあって通常価格より30%引きで呑めるというのです。
02有楽町ローズ&クラウン2

場所はJR有楽町駅を降りて皇居側にある電気ビルの一階です。ここならスウィングまで5分も歩けば到着するからたっぷり呑めそう。
https://www.dynac-japan.com/shop/roseandcrown/yurakucho/

03有楽町ローズ&クラウン

ローズ&クラウンの事を調べていたら妙に何か引っかかるものを感じました。そういえば昔ワイキキのキングスアレイにそんな名前のバーがあったような古い古い記憶です。気になり始めたら収まりません。古い旅の手帖をひっくり返してみましたら、おお!ありました。ありました。今は一児の父となっている次男チャーハンの初ハワイ。満二歳前なら大人料金の10%で行けるというので一族郎党引き連れてグレッグホーン裏の安アパートメントに泊まった時の旅の手帖です。あの当時はネットどころかパソコンすら普及していなかった時代(30年以上前)です。海外旅行に出かけるのに旅行雑誌やガイドブック、果てはパンフレットまでかき集めて切り貼りして作った旅の手帖の一ページであります。
04ワキキキマップ1

気になってキングスアレイの場所を拡大してみました。「ローズアンドクラウン」の文字がありました!古い記憶に間違いなければキングスアレイの半地下のような場所に立ち飲みメインのバーがあってメインランドからやってきたあまりリッチじゃない観光客のたまり場だったと覚えています。にしても拡大してみたらワイキキのど真ん中にパンナムの営業所があるなんて時代の流れを感じてしまいます。
05ワキキキマップ2

さて、もう一軒のゼロ次会候補は有楽町イトシアの地下一階にある和食処「うまやの楽屋」です。イトシアの地下だと以前記事にしたワインセラー(兼角打ち)のヴィノス山崎⇒
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/22626.html と同じ場所のようです。

06有楽町うまやの楽屋2

こっちも昼から通しで営業しているし、何よりも「完全禁煙」というのも嬉しいではありませんか。参考までにHP⇒
http://www.jrfs.co.jp/umaya/restaurant2s/yurakucho
07有楽町うまやの楽屋

2018冬みやぎ♨湯あたり軍団-05-1/仙台お昼ごはんは市場食堂


R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。仙台でのお昼ごはんは有名な市場食堂を襲撃してみました。
この記事は2018年(平成30年)2月19日のものです。
タイル湯あたり軍団



仙台地下鉄東西線に揺られること20分、卸町という駅で下車します。地上に出てみれば何とまあ殺風景な場所なんでしょう。それに目指す市場はここがら歩いて20分位かかるらしいんです。
11P2190313



地図を頼りにのろのろと歩いていきます。道を尋ねようにもコンビニ一軒もありません。平日お昼に歩いている人影もなく不安に駆られながらとぼとぼと歩きます。大きな道路が見えてきました。この道路を渡れば目指す市場食堂があるハズなんですか。。。。なんと!横断歩道がありません。幹線国道四号線をビュンビュンと車がすっ飛ばしていきます。こんな処を足腰弱った老夫婦が盗塁なんってできっこありません。仕方なく遥か遠くに見える歩道橋まで迂回せねばなりませんでした。きっと何処かで道間違えたんだな。
12P2190332


ようやく卸団地に到着しました。食品市場の大きな建物の中に食堂街があるっていうんですけどここでしょうか?お腹が空いたなあ。
13P2190333


市場食堂入り口に入ってみたらいきなり階段です。はんまかなあと思いながら階段を上がってみたら屋上テラスのような場所にでました。
14P2190334


階段を上がってみたら屋上テラスのような場所にでました。まるで建物の屋上に小さなおうちを勝手に建てちゃったって感じです。
15P2190317


お昼ごはんの時間帯なのにあまり人だかりがありません。休みか!?
16P2190319


仕方なくあちこちうろうろしてみました。とても観光に来る場所じゃありません。。。
17P2190320


一軒のコンビニがありました。中に入ってみると至って普通の商品がならんでいるんですけど奥の方に自衛隊グッズコーナーなんってのがありました。誰が買うんでしょう?「ミリ麺」って一体何かと思ったら「ミリタリーラーメン」なんだそうです。にしても何故か少女キャラ?

18P2190337


18P2190339

戻ってから航空写真で確認してみたら卸市場ビルの屋上はこんな感じ。人知れず建て増ししちゃったのかなあ。
19仙台中央卸売市場屋上

2018冬みやぎ♨湯あたり軍団-04/腹を空かせて新幹線に乗る


R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。まずは新幹線に乗って仙台を目指します。
この記事は2018年(平成30年)2月19日のものです。
タイル湯あたり軍団

いつもの鶴亀家なら鎌倉仲通り商店街の鮮魚店開店時間にお寿司を買って道中のお昼ごはんにするんですけど今回は隣の駅で朝一本だけある始発電車に狙いを定めて座って東京駅に向かいます。そのまま東北新幹線に乗り継いで車窓を眺めながら取り合えず乾杯。
01PA020001


しかしまあ東京から仙台まで二時間ちょっとで行けるだなんって便利なもんです。亀次朗の学生時代は夜汽車に乗って明け方ようやく到着したものです。
02P2190306


上野から乗り込んできた昔おねいさま三人組は福島で降りるまで呑み続け喋り通しでありました。
03P2190311


仙台駅改札を出ればいきなり大都会であります。駅ターミナルビルだけじゃなくって駅前にはより取り見取り、黄緑緑アオミドロな飲食店がたっくさんあるんですけど老夫婦は地下鉄に乗って仙台市民の食糧庫を覗き込むプランです。
04P2210610c

2018冬みやぎ♨湯あたり軍団-03/「びゅう」の追い風


R60★亀(亀次朗)であります。
お招きを頂いて宮城県の温泉宿に行ってきました。
この記事は2018年(平成30年)1月23日のものです。
タイル湯あたり軍団

20びゅう2

さて運良く宮城県の温泉宿泊券を手に入れたものの往復の電車代はこっち持ちであります。試しに東京から仙台までの運賃を調べてみたら乗車券代が5,940円、新幹線特急料金が5,260円もします。合計で11,200円(片道)。往復だから一人22,400円もかかってしまいます。モバイルスイカという手段が採れるなら9,970円×往復=19,940円になるけれども色々と手続きが必要になります。試しに使い方を読んでみたけど難しすぎて老人の干乾びた脳味噌には理解できません。第一スマフォじゃないんだから、「ガラケーで登録した電子マネー契約をスマフォのSuicaアプリに移行せよ」だなんって前提条件そのものに無理があります。
21ノーマル運賃

そんなんで結局いつもお世話になっているJR東日本の企画商品「びゅう」のお世話になる事にしました。それも有名旅館が勢ぞろいしている豪華なパンフレットじゃなくって、サラリーマンが出張経費を節約する時に会社に内緒で使う「出張ビジネスパック」を探し出してきました。

22びゅう1

例えばこの「出張ビジネスパック」で一番安い宿の平日値段は一泊18,700円。東京から仙台までの往復乗車券新幹線特急券にビジネスホテル一泊二日、朝ごはん付きですからノーマルで乗車券特急券買うよりずっと安いんです。勿論、乗り遅れた時や止むを得ずキャンセルしなければならない時のチャージにはリスクが伴うけど安さには勝てません。
23びゅう安値

尚且つ、今年のお正月に「びゅう」から届いた年賀状には三万円以上の旅行商品お買い上げなら5,000円引きの嬉しいキャンペーンが付いていました。これがあればもう少しリッチなビジネスホテルを選ぶか仙台で美味しい夕ごはんが食べられそうです。
24びゅう割引

この時期は寒い処に出掛ける旅行者が少ないのでしょうか。いろんなキャンペーンが行われています。
25びゅうキャンペーン

駄目元でエントリーしておきましょう。最近、タダで貰えるもんなら貰おうという年金暮らしの老人であります。だからっていかがわしいサイトには近寄りませんで。
25びゅうキャンペーン2