モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2017年12月

2017秋札幌喰い倒れ-19/最終回・大収穫の札幌土産は


R60★亀(亀次朗)であります。
タイルリゾート
家族に無理をお願いしての札幌喰い倒れの旅。あちこちにお土産を買わねばなりません。勿論、自分たちの分もしっかり買って帰りましょう。
この記事は2016年(平成28年)9月12日のものです。


以前新千歳空港では佐藤水産のオニギリを買って帰って大好評だったんです。今回も買おうと思って行ってみたんだけど売っていませんでした。売り切れだったのか、売るのを止めちゃったのかわからないけど正直ガッカリ。やはり帰える日の朝は中央市場に寄っておにぎり買ってから空港バスに乗るべきだったのでしょう。
の記事を書くのに改めて調べてみたら、前日午後三時までの予約で翌日朝11時より引取可能。しかも千歳空港では販売しなくって札幌駅前本店、宮の森店、市場店、羊が丘通り店、サーモンファクトリー店の五店舗だけしか扱わないんだそうです。次回は札幌駅前のホテルに泊まろうかな。
01P9120549

そんな事になっているなんて露知らぬ老夫婦は大混雑の新千歳空港第商店街を彷徨します。そんなこんなでようやく巡り合ったのが丸亀水産の空港店舗でありました。
02P9120546

ここでは注文を受けてからオニギリを目の前で握ってくださいます。僅か数席ですがイートインスペースもありますからここで札幌最後の味覚を楽しむ事も出来ます。儂らは自宅で留守番してくれた息子たちのお土産にしました。
03P9120547

コンビニサイズよりかなりでかい出来立てオニギリ。まだまだほっかほか。やっぱここで喰っちゃおうかなぁと悪魔がささやきかけます。
04P9120561

その他のお土産品としては、コンビニで買った新発売の「北海道限定やきそば弁当」。とろっとしたあんかけが堪りません。
05P9100257

大通公園のワイン屋さんが出品していたグリッシーニ。カリカリポリポリとビールのお供に最適です。
06P9110379

道産のチーズも忘れてはなりませぬ
07P9110380

定番の駅弁(空弁)も新千歳空港で手軽に手に入りました。老夫婦の2017年秋の札幌喰い倒れの旅はこれで完了しました。長々お付き合いくださってありがとうございました。
10P9120560

あまりに長く続けてしまったので「2017秋紅葉の濁り湯」をアップしそびれてしまいました。このままお蔵入りになってしまうのでしょうか。。。。
PA130614
では皆さん新しい年も宜しくお願い致します。

2017秋札幌喰い倒れ-18/新千歳の熱い午後


R60★亀(亀次朗)であります。
タイルレストラン
思いっきり喰いまくった札幌の旅もいよいよ最終行程です。新千歳から羽田に向かって飛び立ちます。
この記事は2016年(平成28年)9月12日のものです。


札幌市内から空港行きのバスに乗ればあっというまに新千歳です。流石に喰い疲れ呑み疲れでバスの中では爆睡してしまっていました。余裕をもってバスに乗り込んだので新千歳では時間が余ってしまってうろうろと空港商店街を徘徊します。
01P9120541

空港名物立ち食い寿司。今回は三泊で三か所のお寿司屋さんを堪能しました。それでも北海道の海の幸を目で追いかけてしまう意地汚い老人であります。
02P9120544

「試飲できます!」ついフラフラとお店に入ってしまいそうになります。突然亀次朗のガラケーに着信です!どなたでしょ?
03P9120540

忙しいお友達が仕事の合間に千歳まで駆けつけてきてくださいました。超短い時間ですが熱いプチオフ会を楽しみました。残念だけど車できたからノンアルコールビールでしたが楽しいひと時が過ごせました。
04P9120554

美味しいワインのお店があるからと連れて行って貰ったのはワールドワインバーというお店でした。新千歳商店街のほぼど真ん中の一等地にあるお洒落なバーです。何だか高そう。。。。
05P9120555

ハウスワインの赤と道産のじゃがバター。北海道呑んだくれの旅の最後を飾るにふさわしい組み合わせです。
06P9120558

ちゃんとした赤ワインがグラス売りで一杯300円とはとってもお安い値段です。お店の方に伺ったらワインの販売というよりお店のPRとして空港に出店しているとの事でした。後で調べてみたら羽田空港や関空にも出店がありました。ここ良かったです。後で調べてみたら、ずっと昔に横浜店を記事にしてありました。
07P9120558

何よりも忙しい中、千歳まで車を飛ばして会いに来てくださったお友達に感謝感激です。楽しい時間を本当にありがとうございました。
08P9120557

2017秋札幌喰い倒れ-16/三日目の夜は完全予約制のお寿司屋さん


R60★亀(亀次朗)であります。
タイルえにし
2017年秋の札幌喰い倒れ。昼は大通公園で喰い倒れ、夜は地元のお寿司屋さんでじっくりと北海道を楽しんだのであります。札幌滞在最後の夜はかねてから行ってみたかったお寿司屋さんに予約を入れました。
この記事は2016年(平成28年)9月11日のものです。

札幌到着直後にはススキノど真ん中の立ち食い寿司を楽しみました。⇒
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/25241.html 
二日目の晩は地下鉄東西線に乗って中央市場のまだ先の住宅街のお寿司屋さん。⇒
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/25330.html 
どちらもあまり(殆ど)ガイドブックにも載っていないお店でした。

三日目の晩に狙いを定めたお店は(最近オープンした事もあって)殆ど知られていないお店です。地下鉄南北線に乗って約10分。駅前は結構飲み屋さんが並んで賑やかなんですが5分も歩けば静かな住宅地です。そんな場所にある完全予約制、コース料理は5000円からという結構強気な価格設定。さてどんなお寿司が頂けるのでしょうか?
01P9110471b

予め調べた処では、コースは「お造りから始まってお寿司六貫までのコース」「お寿司中心のコース」の二種類。更に予算枠5千円7千円となり事前に予約の際に決めなくってはなりません。かなり迷って一旦電話を切って冷静に思案して「お造りから始まる5千円のコース」に決めました。
02裕別邸

まずは先付けにシシャモのマリネから。続いて飛び切り新鮮なお造りが続きます。
03P9110483

04P9110485

05P9110486

06P9110487

更には焼き物など道産の食材が続きます。板さんとの会話で老夫婦が内地からの観光客だと知って多少ネタを変えてくださいました。嬉しいやら申し訳ないやら。
07P9110488

08P9110489

09P9110490

10P9110491
いよいよお寿司が登場です。どれも新鮮なネタばかり。板さんは仕入れや勉強も兼ねて相模湾の漁港や横浜中央市場まで足を延ばすんだそうです。なら鎌倉駅前に「怪しい寿司居酒屋えにし」ってのがあるんで是非お立ち寄りください。札幌滞在最終日の夜は大満足でありました。
11P9110493

12P9110494

13P9110495

14P9110496

最後に登場したのがこれ。ん?デザートかな?と思いきや道産のイクラと雲丹の握りでありました。
「うちに来るお客さんはほぼ100%地元の方々ばかりなんですよ。ネタも築地や横浜中央市場から送って貰ているんです。」
あっわしらはそれで充分ですよ
「でもせっかく札幌にお出でになったんですから是非食べて行ってください」
お言葉に甘えてご馳走になりました。
15P9110497

16P9110498

17P9110500

2017秋札幌喰い倒れ-17/札幌ゴールデン街に潜入してみた


R60★亀(亀次朗)であります。
タイル亀次朗160
2017年秋の札幌喰い倒れの旅。最後の夜は噂の札幌ゴールデン街に潜入してみました。
この記事は2016年(平成28年)9月11日のものです。

その昔、国鉄新宿駅西口にあった「しょん◎ん横丁」っていうごっちゃごっちゃした呑み屋街の事を上品に言い換えて出来た造語が「ゴールデン街」っていうんだそうです。きっとテレビや雑誌に「しょん◎ん」だなんってでかでか書くわけにもいかずに「ゴールデン街」だなんってハイカラな造語を作り上げたんでしょうけど、多分日本全国各地に伝播してあっちこっちに「ゴールデン街」があるんでしょう。残り少ない人生、各地の「ゴールデン街」をくまなく旅してみたいと思案している爺いであります。
01P9110455

ここ札幌にも「ゴールデン街」を名乗る呑み屋街があるってお聴きして地下鉄に乗って遠征してきた次第であります。札幌のゴールデン街は地下鉄駅直結のビル地下商店街でありました。
02P9110456

地下街の入り口に案内図がありました。何と20軒ものテナントが入居できる小間取りになっています。よく見ると数か所空き店舗があるようです。時代の流れ、流行りすたりもあるんでしょう。でも多くのお店が仕事帰りの勤め人の心を癒し暖かく迎えてくださっています。一つ気になってしまったのが建物南側(この画像では左側)の建築境界線です。北側(画像右側)が幹線道路に沿って直線的に描かれているのに南側が妙に波打っているとは思いませんか?建築構造物なら仮に三角形の地形に合わせて作ったって直線的になろうものです。敷地境界線がどんなに波打っていようとも地上8階もの雑居ビルの地下部分の外壁がこんなにうねうねしているとは考えにくいのですがいかがでしょう?気になって気になって近いうちに札幌に行きたくなってしまっている亀次朗であります。
03P9110457

ともあれ平岸ゴールデン街に潜入してみましょう。入り口こそ明るいんですが暗闇に延びる怪しい地下通路が不気味です。
04P9110466

うっ。。。めっちゃ暗がりです。地下通路奥に怪しい赤ちょうちんが一つ、まだ午後五時前だっちゅうのにもう営業しています。
05P9110462

何だか怖いなあ。。。
06P9110463

「一寸一ぱいお気軽に」日本ハムファイターズの幟旗がゴールデン街の地下に羽ばたいています。
07P9110464

文字通り財布に優しいゴールデン街。呑み屋のメニューに「もりそば」は何となく分かるけど「アボガドコロッケ」ってどんなんでしょう?「帆立チャンジャ」って初めて知りました。帆立の淡泊な白身に強烈なチャンジャの辛さを絡めて喰うんでしょう。酒が進みそう。馬刺しユッケ旨そうです。
08P9110467

「恐らく、札幌最安値」ステーキ屋さんではカレーが絶品なんだそうです。
09P9110468

次回の札幌遠征の大きな課題になりそうです。さて今回の札幌遠征最後の夜はやはりお寿司で締めましょう。完全予約制の寿司居酒屋を予約してあります。
10P9110465

続く。。。。
P9110499


 

2017横浜桜木町で今年開店したお店3/3 肉カフェって一体何じゃ?


R60★亀(亀次朗)であります。
タイルレストラン
横浜桜木町を歩いてみました。立ち飲み屋さんを二軒ハシゴしたけどたいして喰っていないので腹が減ってきました。あの肉の名店がカフェを開いたっていうんで地上に這い上がってみました。
この記事は2017年(平成29年)12月15日のものです。


ずっと前にKenママさんに教えて頂いた桜木町の「尾島商店」。老舗の精肉店です。選りすぐりの精肉と旨いお惣菜が桜木町直近で買えるので映画を観た帰りには必ず寄っています。
01PC150170

そんな尾島商店が今年(2017年)11月に「MeatCafeOJIMA」をオープンさせたというのです。そりゃ楽しみです。んで、ミート・カフェって何じゃ?最近の流行りで「ミート・バル」とか「ワイン・カフェ」とかって耳にするけど「ミート・カフェ」っていうのは初めて聞きました。一体どんなお店なんでしょう?
02尾島カフェ2

「MeatCafeOJIMA」は尾島商店のお隣りにありました。お洒落な喫茶店風のお店です。どれ、せっかくですからお昼ごはんをいただきましょう。
03PC150187

お店に入るとお惣菜やお弁当を売っています。その先に進むと落ち着いた色調の椅子テーブル先が用意されていました。レストランというよりは喫茶店の雰囲気です。亀次朗はドリア、鶴弥はランチステーキにサラダとスープ(ご飯は無し)にしてみました。
04PC150181

まずやってきたのはスープとサラダ(一人前)。新鮮なサラダはこの位が丁度いいかも。続いてやや濃い目の色合いのコンソメスープを一口すすって驚いた。まさしくお肉から作ったどっしりとしたコンソメであります。今年喰った中では鎌倉山で頂いたスープに匹敵する旨さであります。この250円は格安です。
05PC150176

05PC150179


続いて鶴弥が注文したランチステーキがやってきました。凡そ180g位はありそうな本格的なステーキです。天下の尾島商店が店の暖簾にかけてランチメニューの目玉にしている一品です。1200円で本当にいいんですか?
06PC150173

06PC150182


亀次郎が注文したミートドリア。ご飯の量はそれほど多くはないけどたっぷりのチーズと挽き肉が香ばしく香ります。ほかほか熱々を頂きます。
07PC150174

07PC150183

お代はこんなかんじ。ちょっと贅沢なランチを楽しみました。
08PC150192

2017横浜桜木町で今年開店したお店2/3 高々とレモンタワー


R60★亀(亀次朗)であります。
00居酒屋
横浜桜木町ぴおシティ「じぃえんとるまん」で昼酒を楽しんだ後同じフロアのもう一軒を覗いてみました。こっちのお店も今年営業開始したお店です。
この記事は2017年(平成29年)12月15日のものです。


ご存知ぴおシティ地下二階は酔っ払い天国。お昼っから開いている立ち飲み屋が何軒もあります。勿論ランチタイムですから、それなりのおかずや定食物も食べられます。寒い雨の日なんかはここで一日過ごしてしまいそうな自分が怖いです。
01PC150148

じぇんとるまん(⇒)で良く冷えた瓶ビール(390円)をかっ喰らってフラフラと地下商店街を彷徨います。あれ?前に来た時と暖簾が違ってます。代替わりしたんでしょうか。
02PC150162

「立ち呑み処 ふくふく」。こちらも今年(2017年)4月にオープンしたばかりのお店です。
03PC150150

平日お昼12時半から呑めるようです。昼から夜10時まで通しで営業しているから使い勝手良さそう。ちょっとした時間待ち合わせに軽くイッパイなんていいじゃありませんか。
04PC150151

カウンターのみ、お客さんが10人も入ればほぼ満杯です。これ以上入るとなると「ダーク」しなければなりません。おっと、今での若い衆に「ダークする」って言ったって分からんでしょうが。もう死語になっちゃったなあ。平日午後1時前だっていうのにほぼ満杯。それも半数が女性のお客さんです。時代は変わったのお。。。。
05PC150155

さっきまで居た「じぃえんとるまん」と同様安く呑めるお店です。ハイボール260円っていつの時代だい?熱燗一本200円ってのもそそられます。んでもここではレモンタワーがオススメなんだそうです。レモンサワーじゃないよ。タワーなんだよ。
06PC150158

このお店では一人「おつまみ」一品以上がお約束です。てっとり早く出てきそうなキムチを注文。さてもう一品は何にしましょう?「大道の卵焼き」そうですか!やはりおぢさんには卵焼きが似合うんです。400円のチーズ入り卵焼きを注文してみました。
07PC150157

するとカウンターの中を独りで仕切っていたおねいさんがカウンターを飛び出して何処かに行ってしまいました。おねいさんは直ぐに戻って来てお客さんの飲み物オーダーをこなしていて一向に亀次朗が注文した卵焼きを作り始める様子がありません。うううう。。忘れられちゃったのかなあと心細くなってきた頃お店の外から卵焼きが飛んできました。ううむ。。どうやらアウトソーシングしているようです。こんな見事な出来立て熱々とろとろチーズ入り卵焼きが400円で頂けるんですから文句はありません。
08PC150161

さて亀次朗が注文した熱燗一本200円と共に鶴弥が注文したレモンタワー300円がやってきました。凍ったレモンがどっさりと刺さっているではありませんか。おっと、この角度じゃ分かり辛いね。
09PC150156

そうです。レモンサワーじゃなくってレモンタワーなんです。カチカチに凍らせたスライスレモンが約10枚が大きめのグラスたっぷりのレモンサワーに突き刺さっています。グラスを傾けると凍ったスライスレモンが鼻にぶつかります。呑み辛いったらありゃしない。それでも呑んでいるうちにレモンが解けて濃い目のレモンサワーになっていきます。中身のお代わりはたった200円だから酒に弱い亀次朗などは最初の一杯300円に中身のお代わり200円の合計500円だけで充分酔っぱらってしまいます。
10PC150154

【おまけ】こっちはグレープフルーツ・タワー300円(税込み)。普通のグレープフルーツとピンクグレープフルーツを交互に重ねて凍らせてあります。夏場ならもっといいかもね。
11PC150160

2017横浜桜木町で今年開店したお店1/3 ビール大瓶一本390円


R60★亀(亀次朗)であります。
00亀次朗
横浜桜木町で映画を観てから辺りを歩いてみました。
この記事は2017年(平成29年)12月15日のものです。


2017年のペナントレースを三位で終了した横浜ベイスターズ。その後クライマックスシリーズ、日本シリーズと文字通り泥まみれの戦いを続けてきました。惜しくも日本王者にはなれなかったものの記憶に残るシーズンになりました。そんなベイスターズの一年間の死闘がドキュメント映画になりました。12月始めから横浜で上映されています。早速観に行ってきました。
12月下旬から大阪梅田や福岡博多など全国で上映されるそうです。
ん?広島では上映しないのかな?
01ForReal

映画を観たら帰りは桜木町駅の西側にやってきます。まだ平日昼間だから野毛の街はまだまだ眠っています。そんな時間の強い味方、ぴおシティ。
02PC150188

既に何回か記事にしましたけど、このビルの地下二階にはお昼っから呑めるお店がたくさんあるんです。
03PC150189

目指すは「じぃえんとるまん」。上大岡、二俣川、杉田など横浜近郊の乗り換え駅で居酒屋展開している気鋭の立ち飲み屋さんです。満を持して今年野毛デビューしました。
04PC150165

ここの売りは何といっても酒類が安いんです。瓶ビール大瓶一本390円。一体いつ頃の値段だい?
05PC150166

サワーやホッピーも激安。すべて税込み価格です。何よりも昼12時からオープンしているのが嬉しいですね。
06PC150167

ご馳走様です。村松小農園の極上コナ珈琲


R60★亀(亀次朗)であります。
タイルリゾート
めったに手に入らない極上のコナ珈琲を頂きました。
この記事は2017年(平成29年)11月28日のものです。

大切に梱包された村松小農園のコナ珈琲豆。風味が逃げ出さないようにと丁寧にラミネートされています。豆に対する愛おしさを感じてしまいました。とても勿体なくって開けるのを躊躇していたんですけど、どんなに注意深く保存していても時間が経ってから開封するのも良くないと考え直して思い切って開封してみました。
01PB270050

開封した瞬間にコナ珈琲の香りが周囲を包み込みます。普段飲んでいる大袋入りの特売品など比べようもありません。
02PB270052

一粒一粒が大きく、また大きさも均一です。つやつやと黒光りして生産者のご苦労が偲ばれます。かなり深めのロースト。挽く前から期待が膨らんできました。
HPを読ませていただきました。⇒
https://kona-coffee.jimdo.com/
村松小農園のコナコーヒー/収穫までのご苦労、収穫後の沢山の作業、製品から商品に育て上げるまでの長い長い過程がこの豆一粒一粒に込められていると思うと飲む方も姿勢を正してしっかりと飲ませて頂きましょう。
03PB270053

急遽開封したのでサイフォンやネル袋などの用意も出来ず、普段淹れているコーヒーメーカーで淹れてみました。当たり前ですがいつものコーヒーとは全然違います。まるで自分がコーヒー淹れるのが旨くなったんじゃないかと勘違いする位でした。口に含んだ時から喉に流しいれて鼻腔を通り過ぎる吐息まで深い香りが楽しめました。ごちそうさまでした。来年はハワイ島に行きたいなあ。
04PB270055

2017秋札幌喰い倒れ-8/三日目朝ごはんはロコ感覚で地元パン♪


2017秋札幌喰い倒れ-8/三日目朝ごはんはロコ感覚で地元パン♪

R60☆鶴(鶴弥)です。
今回の旅では札幌オータムフェスタを楽しむのがメインテーマになりました。沢山食べて満足の旅もいよいよ最終日です。朝ごはんは地元密着のパン屋さんで調達しました。
この記事は2016年(平成28年)9月12日のものです。
20大吾パン

地下鉄南北線の駅直近にある小さなパン屋さんをお友達から教えて頂きました。とても小さな入り口だったのでもし知らなかったら絶対通り過ぎていたでしょう。札幌市内に三店舗を展開している地元密着の創作パンのお店です。
21P9110501

朝6時半から営業している元気なお店。朝ごはんに最適です。
22P9110503

お店イチオシの日替わりぱん。近所に住んでいたら毎日違った味が楽しめるんですね。いいないいな。
23P9110504

とても小さなお店ですが沢山の種類のパンが所狭しと並べられています。お店の中は出来立てパンの甘い香りでいっぱいです。
24P9110506

北海道クリームチーズのパン!せっかく来たのですから絶対食べたいですね。塩スコーンにもそそられます。
25P9110507

亀次郎の好物カレーパン。朝からカレーパンやっちゃいますか?私ならチーマヨポテトを選ぶかな。
26P9110509

厚切りベーコンエッグ。でもね~10時からはまた札幌オータムフェスタの会場に行って色々食べたいし。。。。とっても迷います。
27P9110510

迷って迷って三種類買いました。左から札幌あんぱん、厚切りベーコンエッグ、北海道クリームチーズ。これって滞在最終日に買っておうちに持って帰るのもいいかも。
28P9120512

最終日の朝ごはんは二人で450円で済ませました。とっても美味しかったです。また行きたいな。
29P9120513

2017秋札幌喰い倒れ-13/オータムフェストのひとびと


R60★亀(亀次朗)であります。
札幌大通公園で行われている「札幌オータムフェスト」にやってきました。
この記事は2016年(平成28年)9月のものです。
00P9110429b

東西に長く広く伸びる大通公園をめいっぱい使って繰り広げられている「札幌オータムフェスト」徹底的に喰い倒れましょう。観光客ばかりでなく地元の皆さんも大勢詰め掛けて大盛況です。今回沢山の人々が画像に登場していますが、全て平日のものです。地元に方にお聞きしましたら「土日はめっちゃ込み合って大渋滞になる」んだそうです。
01P9110418

天気予報ではこれから雨が強くなるとの事。客引きのお兄さんも必死です。
02P9110453

大通公園のあちこちには子供向けの遊具が設置されています。地元のお母さんや子供たちにとって大切な場所なんですね。
03P9110391

ママ友が集まってお茶会を楽しんでいました。いつもなら水筒にお茶を入れて持ってくるのでしょうけど札幌オータムフェストなんですから缶入りの泡ジュースも楽しみましょう。
(注)ちゃんとご了解を頂いて撮りましたが念のためマスキング処理しました。
04P9110410


お母さんたちが眼を離している空きに勝手に愉しむ子供たち。まだ9月中旬だからね。きっと暑かったんでしょう。
05P9110413

ワインを呑み過ぎて爆睡中の鶴弥を撮ったんです。んでもよく見たら会社を抜け出したサラリーマンがアリバイ電話の真っ最中。おまけに芝生では赤ちゃんが何やら旨そうに何か喰っています。なんじゃ?
06P9110407

うん、このシート、しょっぱくって旨い。僕好みの味だな。
07P9110408

お昼時間になってテーブル席はほぼ埋まっています。計算高い老夫婦はお昼前には場所を確保してワイン三昧。立ち飲みカウンターも用意されているから気軽に飲んだり食ったりできます。
08P9110404

ううむ。。。どう見ても会社脱出した勤め人のようです。内地からこの時期を選んで仕事を作ったのでしょうか?
09P9110405

広い芝生に誰か倒れています。具合でも悪くなったのかな。行き倒れかな。
10P9110449

どうやら何処かのお店の店員さんのようです。不眠不休でずっと売り上げに貢献してきたのでしょう。ひと時の戦士の休養です。お疲れさま。
11P9110450