R60★亀(亀次朗)であります。
あまり得意分野ではないのでなるべく近寄らなかった江の島・腰越地区に旨いイタ飯屋さんがあるというので行ってみました。
この記事は2016年(平成28年)12月23日のものです。
タイルレストラン


探しまくって辿り着いた腰越イタリアン。腰越といっても海沿いの賑やかな辺りではなくって鎌倉山に向かって10分近く歩いた静かな住宅地にありました。一見コンビニのように見えますが、某レストランで修行を積んだシェフが満を持して立ち上げお店だそうです。
01PC230625


『クッチーナ オーラ レガーレ』というのが正式名称。脳軟化が始まった老人には覚え辛い長い名前です。単に『レガーレ』と覚えておきましょう。この看板洒落てます。このサイズのステンレス板にヘアライン仕上げ。これって結構なお値段します。オーナーの意気込みを感じます。
02PC230626


四人掛けのテーブルが五卓。ゆったりとしているので椅子を追加すれば一卓に六脚椅子が付けられそうです。それでも全部で20~30名で一杯になる小さなお店。シェフの心配りが行き届く広さにしているのでしょう。
03PC230633


ランチは大きく分けて二種類。前菜・パスタ・飲み物で1500円のAコース、それにメインディッシュを追加した2300円のBコースの二種類です。パスタは五種類から、メインディッシュは三種類から選べます。せっかくですからBコースを頂いてみましょう。
04PC230627


まずは前菜の盛り合わせ。これは各自それぞれに頂けます。鶴弥は早速赤ワインの追加オーダー。
05PC230639


自家製フカッチャはお代わりOK。旨いから沢山食べたいけど、お腹が一杯になっちゃいますよ。それよりもパスタやメインディッシュのおつゆを付けて食べるのに嬉しいサービスです。
05PC230641


亀次朗は「鱈のラグーに柚子ピールのパスタ」にしてみました。ホクホクの鎌倉野菜と一緒に召し上がれ。柚子の香りが堪りません。
06PC230645


鶴弥は『貝とサザエの大蒜炒めパスタ』めっちゃ旨いんです。後でよくみたら、これは追加+700円のスペシャルパスタなんだそうです。旨いわけだ。
06PC230646


鶴弥のメインディッシュは『牛フィレ肉のロースト、黒トリフソース添え』こっちも追加+1200円という暴走メニューではありませんか。だって「牛座布団にトリフなんですよ。
07PC230651


亀次朗はおとなしく『カジキマグロのモッツアレラチーズ焼き』を頂きました。高血圧気味の高齢者にはこれで充分です。
07PC230653


場所のおさらいです。江の島から海沿い134号をちょっとだけ鎌倉方面に向かって健太の角を山の方に曲がります。江ノ電の線路を越えて川沿いに鎌倉山方面に向かった先、右側に目指すレガーレはひっそりと存在しています。旨かった。また行こうっと。
08PC230669