R60★亀(亀次朗)であります。
還暦を過ぎ断捨離を始めようと思い立ちました。部屋の片隅で埋もれていた思い入れの深い物たちに最後の光を浴びさせてみましょう。
この記事は2017年(平成29年)10月17日のものです。
00タイル断捨離b

【注】「断捨離」を書くにあたって再読しています。亀次朗自身にとっては読み納めになります。せいぜい一週間から二週間に一回くらいのペースになりますがご了承ください。
00アイチャッチ

  まだB&Bという言葉を知らなかった頃にこの本に出合いました。自宅の一部を改修して滞在型の旅行者に貸すという宿泊スタイルは、日本の民宿ともちょっと違ったニュアンスがありました。B&Bがあるのは概ね観光地からちょっと離れた住宅街だったりして、それまで経験した事のない「暮らすハワイ」を実感できる宿だと知りました。
  それともう一つ。ニック加藤氏は副題として「BEYOND YOUR IMAGINATION BEAUTIFUL FHOTOS」と記してあります。140ページの本にはハワイの風景や人々の暮らしが美しい写真とともに紹介されています。古い本ですから宿泊情報というよりハワイのフォトブックとして日向ぼっこのお供にいかがでしょう。
01表紙

ニック加藤氏はフォトグラファー、エッセイスト、アーティストとマルチな才能を発揮していました。ハワイ島北部の小さな街ホノカア(Honokaa)に在住していましたが現在はヒロダウンタウンに拠点を移したようです。
02著者

ハワイ島を中心にマウイ、カウアイ、オアフ各島のB&Bを紹介しています。どのB&Bも魅力的なおうちばかり。ゆっくりと滞在したくなります。
03目次

ニック加藤氏が経営していたホノカワにある「バンブー ギャラリー イン (Bamboo Gallery Inn)」も勿論紹介されています。
04本文

亀次朗の蔵書としては比較的若い2000年発行のもの。それでも17年経っているから、宿泊情報というよりはB&B滞在の気分を味わう本といえます。
05発行日

【おまけ】ニック加藤がこの本で写真付き記事で紹介しているB&Bは28軒。ですが、もっともっと沢山のB&Bがハワイじゅうに点在しています。紹介しきれなかったB&B(の一部)を巻末にリストを揚げています。勿論、2000年発刊の本だから、廃業しているB&Bもあるでしょうし新たに参入したB&Bも数多く存在するでしょう。今もしウェブサイトで検索して同じB&Bがあったら少なくともこの本取材時からの長い間営業を続けているという実績あるB&Bと言えるかと思います。
06おまけ