R60★亀(亀次朗)であります。
東京から70kmも離れているのに「新東京」を名乗る成田空港。正直遠いです。それでも高速通路が繋がったりJRや京成が直通特急を走らせたりして随分アクセスが良くなってきました。むしろ最近では自宅から空港までの2時間を楽しむ気分になっています。でも止むを得ず成田空港付近に泊まらなければならない事って「在り得る事」です。
今回老夫婦は「飛行機のトラブルで泊まらざるを得なかった」のではなく「成田在住の友人家の結婚式出席の為」の成田宿泊でありますが、せっかくだから成田付近を徘徊してみました。

この記事は2016年(平成28年)9月8日のものです。
タイル温泉

いつもなら特急成田エクスプレスで成田空港までまっしぐらに向かう老夫婦ですが、今回は成田での結婚式出席がメインテーマです。礼服や白シャツは宅配便でホテルに送ってあるから身軽に快速列車で成田に向かいます。途中佐倉で降りて総武本線のお隣駅「南酒々井」に立ち寄りです。
01P9080003

しっかしまあ、なんという鄙びた駅でしょうか。ホームと小さな駅舎だけ。私らが乗った電車でここで降りたのは私らの他おばあさん一人だけでした。
02P9080004

駅のホームから跨線橋を渡って駅舎に向かのですが、跨線橋の上から駅の外を眺めていたら妙なものを発見しました。
03P9080005

丘の中段に何かが一列に並んでいます。なんじゃこりゃ?予めお断りしておきますが、この画像は駅構内の跨線橋から撮影したものです。決して個人の敷地や住居に入り込んでカメラ爺いしたんじゃありませんで。
04P9080006

この駅に降り立ったのは別の目的があったからなんですけど、目の前に不思議な物体を並べられてしまっては取材しない訳にはまいりません。果たして謎の物体は民家の庭の奥の方に鎮座していました。この画像だって普通の道からの撮影です。ってか道路から見える様に配置されているとしか考えられません。
05P9080011

亀次朗のおんぼろデジカメは温泉専用防水機能重視で買ったので望遠拡大機能は殆ど無能です。せいいっぱい広げてこんなかんじ。どうやら「自宅七福神」のようです。自分ちのお庭に七福神を招き入れて福を授かろうというのでしょう。猫の額のような中古住宅に住む老夫婦には信じられない敷地であります。
06P9080013

後で気になって調べてみたら、北総一帯には広く「七福神信仰」があるようです。印旛沼七福神とか佐倉七福神とか、その土地土地に根付いた七福神があるようです。もっとも、これから飛行機に乗ろうと成田にやってきた旅行者には七福神巡りは時間が掛かり過ぎます。それでもハワイに出掛ける前に七福神巡りをしたいとお考えの節は南酒々井駅前おうち七福神を覗いてみてください。
07佐倉七福神