R60★亀(亀次朗)であります。

還暦を過ぎ断捨離を始めようと思い立ちました。部屋の片隅で埋もれていた思い入れの深い物たちに最後の光を浴びさせてみましょう。
この記事は2017年(平成29年)9月1日のものです。
00タイル断捨離b

【注】「断捨離」を書くにあたって再読しています。亀次朗自身にとっては読み納めになります。せいぜい一週間から二週間に一回くらいのペースになりますがご了承ください。

03ビーパル01

【表紙】今やアウトドア雑誌では知らない人はいないと思われるビーパル。しかし、その創刊当時は「なんて軟弱な」とか「恰好ばっかり」とか散々な評価だったんです。当時山に入る人が読んでいたのは「岳人」とか「ヤマケイ」とか本格的に山を目指す人たちだけのセカイだったです。今でも覚えているけどビーパル創刊号の表紙はおへそ辺りでビリビリにちぎった白いタンクトップのおねいさんがにっこり笑っている写真だった。お顔の目の部分にビーパルの文字が被さっていて却ってどんなおねいさんなのか気になる演出だったんです。直ぐに消えてなくなると思われたビーパルが軌道に乗った事自体が新しい価値観の台頭を表していたのでしょう。そんなビーパルが売り上げ増進に気を良くして海外取材を企画したのがハワイだったんです。
03ビーパル02

創刊第199号のテーマは「冒険のハワイ」。「この特集はBE-PAL編集部をハワイに移してつくりました。」とえらい意気込みです。額面通り捉えれば「小学館からスタッフへの創刊200号達成のご褒美か」ともとらえられるし、下請けのライターやカメラマンを総動員して「いい記事書かんと島流しだ」と脅かして作ったのかなと思ったりしました。
03ビーパル03

記事はいきなりマウナケアに登ってヒロダウンタウン散策、ハワイ島キャンプ場巡りと続きます。勿論ビーパルですからアウトドアショップ巡りはお約束。圧倒的に深い部分だけ記事にしています。日本からどうやって行くんだとか宿はどうするんだとかは全くなし。それはそれで面白い紙面構成だと思いましたが初心者には絶対無理な記事ばっかりであります。
03ビーパル04

創刊号からずっと抱え込んでいたビーパルも二度のお引越しで殆ど処分してしまいました。残っているのはこのハワイ特集号だけ。なんでこれだけ残したんだろう?創刊号ならそれなりに高く売れるかもしれないけど今はもう昔の話。どうせお墓にまでは持って行けません。そろそろお別れの時が来たようです。
03ビーパル05

【おまけ】モーハの達人の中にも生豆から焙煎したりコーヒーの収穫祭に参加したりしておられる方々がいらっしゃいますが、約20年前のビーパルにもそんな記事が掲載されていました。
03ビーパル06