モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2017年6月

201703近郊電車でミニ湯治-3/お手軽湯治の予算は一人一泊二食で10000円以内


R60★亀(亀次朗)であります。
ハワイの事は夢のまた夢。遥か遠いオアフ島の白砂ビーチを想いつつも近場の温泉湯治を楽しみに日常生活を送る爺ぃであります。
この記事は2017年(平成29年)3月9日のものです。

タイル温泉
  最近よくあるテレビの旅番組で出演のタレントさんが「きゃあ~」とか言いながら広いお部屋に通されたり貸し切り露天風呂にでっかいバスタオルにくるまれてお湯に浸かったり豪華な食事をつまんだりして結局は画面の下の方に「一泊二食32000円~」とかティロップが流れてきて悲しくなったりしませんか。そりゃそんなに高い値段の宿だったら申し分のない旅行が出来るんでしょうけど、年金生活の老夫婦にとっては「古くってもいいから、狭くってもいいから、お料理が少なくってもいいから」予算は10000円以内で収めたいものなんです。
01P3111108

  老婆が「ベッドでなくっちゃ嫌」だの「部屋にお手洗いがなくっちゃ駄目」とか我が儘をこいていますが、そんな贅沢を言っていたら一人一泊二食10000円という大原則が崩れてしまうではありませんか。姫さま(=老婆のこと)の仰せを守りつつ限られた予算で探した宿は北関東の山の中腹に建っていました。エンタランス(上の画像)は古ぼけた昔の国民宿舎のような低層ビルだったんですが、チェックインの順番待ちで通されたロビーはこんな感じ(下の画像)。あれ?何だか豪華です。ほんまに予算内で収まっているんでしょうか?
02P3090977

  大きく開けたロビーの窓からは広大な林野が広がっています。遥か遠くに見えるのはいわき山系でしょうか。いやしかしほんまにこの宿やったんやろか。駅前で違うホテルの送迎バスに乗っかっちゃったんでしょうか?んでも名前確認したしなあ。ま何処にでも居るありふれた苗字だしなあ。。。
03P3090978

  ようやくチェックインの順番がやってきました。どきどきどき
「あのお予約した鶴亀ですけどほんまに一泊二食10000円でええんでしょうか?」
フロントのおねいさんがほほ笑えみながら答えてくださいました

「はい、税込み10800円で承っております。」
あ~ホッとした~
「お食事は軽めのコースでよろしいのですね。」
はいはいもう何でも結構ですから泊めてくださいまし。こうして二泊三日のミニ湯治が始まったのであります。

04P3111098

【おまけ】
今回のお会計はこんな感じ。老夫婦にとってはかなり贅沢なお宿でありました。たっぷりと温泉に浸かってノンビリさせて頂きました。
05那須ビューパレス 請求書

201703近郊電車でミニ湯治-2/老婆が主張するお手軽湯治の最低条件


R60★亀(亀次朗)であります。
ハワイの事は夢のまた夢。遥か遠いオアフ島の白砂ビーチを想いつつも近場の温泉湯治を楽しみに日常生活を送る爺ぃであります。
この記事は2017年(平成29年)3月9日のものです。
タイル温泉


さて皆さん、僅かな年金で暮らす老夫婦にとっては温泉宿に泊まるというのは一大イベントであります。効能あらたかな温泉宿の一番安いランクの部屋に泊まって、その分長逗留するのが理想なんです。そういう意味において亀次朗が最近一番ハマっている温泉宿は箱根外輪山の西に位置する竹倉温泉の一軒宿錦昌館であります。あすこの茶褐色の渋いお湯にどっぷりと浸かって暫しの夢見心地を味わうのは極楽気分になれるというものです。
11PA180346


お部屋だってほらこの通り、布団二枚敷いてもテーブルで寛げる充分に広いお部屋で一泊二食6000円とは年金生活の老夫婦にとって嬉しい価格設定なんです。
12PA180337


処が鶴弥にとっては和室の畳に布団で寝るのはあまり嬉しい事ではなかったそうです。加齢による筋肉の衰退と同時に膝関節の潤滑油切れを起こしている老婆にとっては「布団よりベッド」という選択肢を大切にしたいんだそうです。
13P3090959


何よりも老婆が譲らなかったのは「お部屋にお手洗いが無いなんて許せない!」というものでした。何も温水洗浄便座までは求めないものの「お部屋に洋式お手洗い」は欠かせないんだそうです。でもそんな我儘言っていたら栗駒高原須川温泉旅館の湯治部屋には泊れなくなってしまうではありませんか。あすこは台所が付いた六畳間で一泊(自炊)4000円程度。勿論お手洗いは部屋の外ですが、何よりも強酸性の白濁濁り湯がどしゃどしゃと注ぎ込まれる源泉かけ流しの大露天風呂なんです。今の内からそういう安い宿に慣れておかないと2020年東京オリンピック避難の疎開生活の際に困ってしまいますぞ。
14P3090972

何を言っても老妻には勝てないというのが世の常であります。姫さまの仰せの通り、ベッドにお手洗い付きの安宿を探して予約完了したのは出発二日前の事でした。私らには縁がないけど新幹線停車駅から一日二便だけ無料送迎バスが出ているというのです。その時間に到着するよう各駅停車で向かいます。にしてもガラガラ・スカスカな駅前でありました。これでも一応東北新幹線の停車駅なんですけんども。。。。
15P3090952

何故か送迎バスのボディには予約した宿とは違う名前がでっかく掲げられています。ほんまにこのバスでいいんでしょうか?運転手さんに何度も確認してから車上の人となったのであります。
16P3090955

無料送迎バスはまだまだ雪が残る山に向かって出発します。スキーシーズンが終わって春の観光シーズンが始まる前のスカスカな時期の温泉旅であります。
17P3090957

閑散期にも関わらず定員近くまで乗車したお客さんを載せた送迎バスは裏寂しい雑木林をひたすら登り続けます。さて一体どんな宿なんでしょうか?
18P3111113

20170623鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」夏休み


R60★亀(亀次朗)であります。
大勢の観光客で賑わう鎌倉駅前にあってもっぱら地元民だけを相手に商売を続ける小さな鮨屋があります。今すぐにも朽ち果ててしまいそうな丸七商店街の奥底でひたすら旨い寿司を握っている怪しい寿司職人が生息しているのであります。
この記事は2017年(平成29年)6月23日のものです。

00タイル
関東地方は梅雨入りから一週間経ちましたが殆どカラッカラ。台風みたいな大雨の日が一日あっただけで毎日30°近い日が続いています。こう暑いと食欲減退してしまいます。ごってりした肉系には食指が動かなくなった高齢者。久し振りに旨い寿司を喰いに鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにしに行ってまいりました。
01行燈

まずは青魚盛り合わせ。鯵、鰯、鯖、コハダ。朝採れ近海魚は亀次朗の大好物です。良く冷えた一杯の喉湿しが堪りません。
02P6230343

今日のイチオシはマコガレイの薄つくり。柚子ポン酢で召し上がれ。亀次朗的には山葵醤油も外せません。
03P6230346

ここはやっぱり日本酒でしょう。そう思ったのですが生憎の在庫切れ。ドライな白ワインを頂きましょう。栃木県足利市ココファームの農民ドライ。そう言えばあの騒動はどうなったのでしょう?一応酒販店への供給は続いているようですし、今回呑んだ限りでは品質の低下はないようです。
04P6230347

箸休めに温野菜。優しい味付けです。やっぱ冷えた日本酒が欲しいなあ。
05P6230358

大将、そろそろ握ってもらいましょうか。
06P6230354

今が旬の春シラス。オメメぱっちり。秋シラスに比べて柔らかい食感が堪りません。今の時期たっぷり楽しめます。
07P6230355

〆は新鮮鰯で。お口の中でとろける味わい。シャリもつやつや。旨かったです。
08P6230356


【お知らせ】
沖縄が梅雨明けしたそうです。梅雨明け記念に鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにしは6月24日から30日まで少し早い夏休みを頂きます。紫陽花見物に鎌倉にいらっしゃる皆さんには申し訳ありませんが、頭のネジを緩めてきます。
09P6230359

201703近郊電車でミニ湯治-1/旅立ちメシの予算は1000円


R60★亀(亀次朗)であります。
ハワイの事は夢のまた夢。遥か遠いオアフ島の白砂ビーチを想いつつも近場の温泉湯治を楽しみに日常生活を送る爺ぃであります。
この記事は2017年(平成29年)3月9日のものです。

タイル温泉
幾ら想ってみたって長期に自宅を離れるのは無理というものです。せいぜい2泊が関の山。それも何かあったら即座に自宅に帰れるよう行動範囲も限られてきています。それでも温泉に浸かって一息つくのが今一番の精神安定剤であります。幸い首都圏の近郊電車で行ける範囲にはまだまだ行った事のない温泉があります。ハワイに行けるようになるまでは近郊の温泉地巡りを楽しもうではありませんか。新幹線や特急列車を使わなくっても一回乗り換えるだけで行ける温泉地を目指しましょう。
01P3101047

乏しい年金で暮らす老夫婦にとっては新幹線とか特急列車とかは無用な存在です。第一老夫婦の暮らす町の最寄り駅には新幹線はおろか特急列車だって殆ど停車しません。せいぜい通勤電車のグリーン車でささやかな旅を始めましょう。
02P3111114

自宅を午前中に出発して近郊電車を乗り継げば午後2時には温泉地近くのJRの駅まで辿り着けます。勿論、東京駅から新幹線に乗り換えれば凡そ半分の時間で到着するんでしょうけど、そんな勿体ないお金の使い方は出来ません。その代りに近郊電車の車中で美味しいお弁当を頂きましょう。普段なら自宅でおにぎりを作って持ち込むのですが、少しだけ贅沢気分になれるというものです。
03P3111115

そんな時、老夫婦がお昼ごはんを調達するのは駅の弁当売り場でもありませんし、駅ビルのきらびやかなお惣菜売り場でもありません。普段お買い物をしている鮮魚店なのであります。
04P3090947

朝10時の開店時間に合わせて鮮魚店に突入します。まだまだお客さんの姿はまばらです。速攻陳列棚のお寿司を確保してレジにむかいます。次いでですが、この鮮魚店は午後から夕方にかけて大混雑します。ご近所の主婦ばかりでなく隣の駅から電車でやってくるお客さん、裏路地の料理屋さんまでも商品の補充にやってくる鮮度抜群の優良店なのであります。
05P3251141

亀次朗が寿司弁当を確保している間に鶴弥は駅に先行して缶ビールとグリーン券を調達しておく手順になっています。発車時間は10時15分。つまり鮮魚店が開店してから電車が出るまでの15分が勝負になります。駅前商店街を寿司を揺らさないようにドタバタと速足で歩く爺ぃをご想像くださいまし。
06P3251143

亀次朗が改札を通って鶴弥が待つグリーン車に到着して僅か2分で発車時間になりました。やれやれ、温泉に向かうというのは何と疲れる行為なのでありましょうや。ひとまずは缶ビールで乾杯。二泊三日のミニ湯治の始まりです。
07P3090949

この日の老夫婦の旅立ちメシは「上握り寿司1000円(上の画像)」と「雲丹・中トロ軍艦巻き1000円(下の画像)」の二品であります。この鮮魚店、店舗の二階にお寿司屋さんも経営しているご近所名物店。朝からお寿司を握って準備をしているんだそうです。一番安い握り寿司や海鮮丼は600円からあるんですけど、せっかくのお出かけです。予算限度最高額(1000円)のお寿司を頂きました。
08P3090950

亀次朗の妄想♨温泉三昧計画(先頭固定表示)


R60★亀(亀次朗)であります。
00P3101047


これから数年の間、日本各地の温泉を巡ってみようと思案中です。
還暦を越えてからの四年間に三回も訳の分からない病気に罹ってしまいました。病室の窓からの四角い小さな空を眺めていると、自分の行動範囲がどんどんと狭まっていきそうで堪らなくなりました。やはり体が動くうちはなるべく出歩いて残りの人生に悔いを残さぬよう心掛けねばなりますまい。
国内の温泉巡りと旨いもん中心のブログであります。

20170429横浜山手でチビちゃんサイズのアロハシャツ


20170429横浜山手でチビちゃんサイズのアロハシャツ

R60☆鶴(鶴弥)です。
横浜山手のサンモールインターナショナルスクールのフードフェアーに行ってきました。
この記事は2017年(平成29年)4月29日のものです。


まるで初夏のような強い日差しの山手通り。それでも日影を通り抜ける風はとても爽やかです。
01P4291252

外人墓地の先から石畳の坂道を下ります。画像では緩やかな坂道に見えますが「見尻坂」という名前の坂道です。この坂道を登って来る時には前を歩く人のお尻ばかりを見て歩くようなのでそんな名前が付いたのでしょうか?
02P4291254

見尻坂を下りきって横浜元町にやってきました。UCHIKIパンの手前のビルの二階にハワイアンなお店があります。
03P4291255

お店の入り口ではわんこが大人しくお買い物が終わるのを待っていました。
04P4291256

現役サーファーのご主人が立ち上げたサーフィンとハワイアングッズの専門店。
05mauloa


お店の中はハワイに居る感じ。
06P4291258

亀次朗は新しいアロハシャツが欲しくって堪らない様子でした。
07P4291259

本日のお買い上げはチビちゃんサイズの赤いアロハシャツ。とっても可愛いでしょ(^^♪
08P5021194

20170429横浜山手サンモールインターナショナルスクールのフードフェアー


20170429横浜山手サンモールインターナショナルスクールのフードフェアー
タイルリゾート
R60☆鶴(鶴弥)です。 今年も横浜山手のサンモールインターナショナルスクールのフードフェアーにやってきました。
この記事は2017年(平成29年)4月29日のものです。


亀次朗が
「いつも同じ道通って行くのもツマラナイから裏から行こう」
だなんって言いだしてJR山手駅から歩いてやってきました。JR山手駅からずっと緩い下り坂が続いていたのですがサンモールインターナショナルの近くになって急な登り階段が連続してとっても辛かったです。来年からは今まで通り表からやってきましょう。

01P4291251

毎年見慣れた風景ですが、ここのお祭り気分はとっても気分が高揚します。
02P4290543

このフードフェアーでは世界各国のお料理が楽しめます。それも生徒さんや生徒さんのご父兄が中心になってお国自慢の料理を出しているのでそれぞれ本場の料理が楽しめます。アメリカのテントからはお肉を焼くいい匂いが漂っています。
03P4291230

体育館の中ではイタリアやフランスの手作りお惣菜が並べられています。グラス一杯ワインと共に召し上がれ。
04P4291231

ハワイのテントではカルアポークが売られていました。勿論真っ先にお買い上げです。
05P4291234

そのお隣ではドラム缶を半切りにしたバーベキューコンロで大量のサテーが焼かれています。甘辛いタレの匂いが食欲を刺激します。
06P4291245

こんな可愛らしいポップコーン売りがやって来たら買っちゃいますよね。
07P4291236

四月最後の日曜日。とっても良く晴れて気温もぐんぐん上昇します。ビールの売れ行きも急上昇(^^♪ここは学校なのですが今日に限ってアルコール類の販売もあります。
08P4291238

ステージではバンドの演奏が始まっていました。お国自慢の踊りや歌も披露されて、とっても楽しい一日でした。
09P4291241

初夏のような強いひざしの元、赤ワインと生サラミを頂きました。時折爽やかな風が吹いてとてもゆったりとした一日になりました。
10P4291243

お昼近くになってお客さんがどんどんやってきました。そろそろ帰りましょう。
11P4291248

【おまけ】サンモールインターナショナルスクールのバザーの戦利品。ベビーサイズのヤンキーズ・ジーター選手のユニフォーム。略して「ベビージータ」。MLB公認品にてなんとたったの200円で獲得しました。
12P5021193

13P5021196

20170429横浜山手・サンモールインターナショナルスクール裏口入学!?


R60★亀(亀次朗)であります。
山手の下町散策で大和町までやってきました。さあこれから山登りの開始です。
この記事は2017年(平成29年)4月29日のものです。

タイル亀次朗160

JR山手駅からほのぼのとした下町歩きを楽しんでキリン公園までやってきました。その昔麒麟麦酒が生まれた聖地なのであります。といってもこじんまりとした小さな公園の片隅に碑が建っているだけなんですけど、ともあれここが日本のビール発祥の地なんです。
01キリン公園地図

ほら信号にも「キリン公園入口」ってあるでしょう。今日はここから山登りなんです。
02P4291219

見上げるような山の頂に目指すサンモールインターナショナルスクールの校章が燦然と輝いています。あすこまで急坂を登りつめるのが本日の過酷なミッションなんです。
03P4291220

どれ登り始めましょうか。Gパンの裾をめくって足元を楽にしてあげましょう。
04P4291222

はあはあぜいぜい。こんな階段がずっと続きます。地図を見て覚悟はしていたけど足腰弱った老夫婦にはきつい仕打ちです。
05P4291223

ふう。。。ようやく辿り着けました。4月29日の午前9時50分。まだまだ閑散としていますが、ここはサンモールインターナショナルスクールの裏口であります。毎年同じ4月29日に行われるフードフェアーにやってきました。んだどもこの坂道は辛かったなあ
06P4291227

ちなみに表側はこんな感じ。元町側からなら地下鉄のエスカレーターでかなりの高さまでらくちんにやって来れます。やっぱこっちのルートが正解だったかなあ。
07P4291251

旨いシュウマイの為なら往復30分のウォーキングも苦にならない


R60★亀(亀次朗)であります。
この日横浜山手にやってきたのには大きなミッションがあったんです。
この記事は2017年(平成29年)5月25日のものです。

タイル爺々酒浸し

一番近いJRの駅からでも歩いて15分はかかってしまうリアル奥横浜。元町と本牧の中間地点と言ったら分かりやすいでしょうか?いやいや却って分かり辛くなってしまったかな。わしら老夫婦はJR根岸線山手駅から一本道商店街を突き抜けてやってきました。目的地に到着したけど、ここは味も素っ気もない住宅地。ほんまに此処の辺りなんでしょうか。
01P5251252


あっ!あった!あった!「本牧シュウマイ上田屋」さんです。つい最近まであちこちのデパ地下で引っ張りだこだったそうですが、高齢の先代がリタイヤしたのを機に卸売り中心になってしまったんです。
02P5251253

それでも熱烈なファンの期待に応えて冷凍品の地方発送を受けつけています。一番人気の出来立て熱々のシュウマイが欲しかったらここに来ないと買えないんだそうです。小売りもやっています。
03P5251255

毎週木曜日だけですが出来立ての熱々シュウマイを買う事が出来るんです。このシュウマイが喰いたくって老夫婦ははるばると歩いてやってきました。(冷凍品なら木曜日以外でも売っています)
04P5251254

ほれ、これが横浜名物本牧シュウマイ540円。出来立て熱々を喰ってみたいでしょ。
05P5251274

かの有名な崎陽軒の焼売の三倍位の大きさ。ただ大きいんじゃなくってむっちりとした肉肉しいむっちりシュウマイであります。肉の旨さ、脂の甘さがたっぷりなんで醤油も辛子も無しでも充分旨いんです。でもこれ1パック喰ったら腹一杯になるなあ。
06P5251275

一緒に買ったスペアリブ(右)800円と焼タンゲ(左)520円。どちらもむっちりとした旨さです。亀次朗的には塩味の焼タンゲ(豚舌の根っこ部分)が気に入りました。この三点セット買って横浜スタジアムの大洋戦観に行くっていいかも。
07P5251276

ま、気になったら行ってみてくだされ。付近には何もないけど絶対旨いです。木曜日の出来立てシュウマイは病みつきになります。
08山手地図

20170429横浜山手の下町散歩


R60★亀(亀次朗)であります。
タイル亀次朗160
前回の記事を読んだ方から
「あの店はどの辺りなんだ?元町から遠いのか!石川町の方が近いのか?はっきり書け!」
とお叱りを頂いてしまいました。
ちゃんと「横浜山手」って書いてあるではありませんか。
んじゃ横浜山手の下町散歩を楽しんでみてくだされ。

この記事は2017年(平成29年)4月29日のものです。


港横浜で山手といったら丘の上の高級住宅街だと思ってしまうでしょう。フェリスや雙葉といった有名私立、イタリヤ山庭園、外人墓地に港の見える丘公園と見所盛りだくさんな横浜観光の王道であります。しかしながらその最寄り駅であるJR石川町駅からトンネル一個通っただけでまるでタイムスリップしたような昔レトロな街があるんです。それもちゃあんと「山手」という立派な駅名なんです。この駅から急な山坂をえっちらおっちら20分も登山するとかの有名な旧制横浜三中・横浜日照りが丘高校があります。
01P4291193

つまりは、あの高級住宅地から山一つ隔てただけでやって来れる横浜の下町なんです。ここの商店街はともかくも一直線なんです。まるで遠近法の実習でもしているような定規で測ったような直線道路が存在しています。一説には明治時代に(当然この辺は野っ原)鉄砲の試し打ちの為に使われていた名残なんだとか。。。
07山手地図2

ものの見事にまっすぐな道が続いています。JR京浜東北線でいうと横浜⇒桜木町⇒関内⇒石川町と都会の街並みが続くんですけど、その次がここJR山手駅なんです。どうです。一辺に庶民的な街になっちゃうんです。
02P4291196

まず目についたのが「食堂やまて」。昭和レトロな下町食堂です。カレーライスが520円、チキンカツ定食が720円。横浜に住むならこの街に決めてしまいましょう。
00P4291203

03P4291202

ラーメンなら「鳥虜」(=とりこ)がいいよと勧められました。白湯スープが売りの繁盛店なんだそうです。
04P4291204

脇道に入った処にあるお稲荷さま。小さな社ですがとても綺麗に掃き清められています。
05P4291215

この街では銭湯も現役続行中。とても石川町元町のお隣とは信じられません。紹介しきれなかったけど気軽に入れそうな居酒屋さんや焼肉屋さんもあって暮らすのにとっても居心地良さそうな山手という名の下町でありました。
06P4291212