R60★亀(亀次朗)であります。
お気に入りのラナイのあるコテージでゆっくりと過ごしてきました。
この記事は2016年(平成28年)12月19日のものです。
タイルリゾート


二人で一泊300ドルというのは年金生活の老夫婦にとってはかなりの贅沢な部類に入ります。広大なリビングダイニングと同じ位の広さのベッドルームが独立しています。鬼ごっこができそうな広さです。
01KKR熱海コテーシ


ダブルサイズのベッドが三台ゆったりと配置されています。どちらかと言えば夫婦二人だけと云うよりは家族で宿泊する前提で設計されたのでしょう。とても広々としています。
03PC190793



さて、予約時に頂いた案内によりますと「定員六名」となっていました。リビングのソファ二台がベッドになりとして3+2=5。残りの一人はどうしろというのでしょう?うろうろと探し回って見つけたのは、この画像の一番手前のベッドの下に仕舞われている物体でありました。昔、完全看護でなかった時代、病人の看護に家族が病室に泊まって看病するのに仮眠を取っていた仮設ベッドを思い出してしまいました。あっ今での若い衆は知らんやろうなあ。
02PC190789


勿論、ベッドルームからも太平洋が大きく広がっています。ここでノンビリと過ごすのは老夫婦の楽しみであります。
04PC190794