モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2017年3月

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-08 岩崎温泉旧館湯治湯


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月12日のものです。

タイル温泉
現在の岩下温泉旅館は最近新築した鉄筋コンクリート造りの旅館ですが、以前湯治湯として営業していた建物が現在立ち寄り湯として営業を続けています。一旦宿を出てお隣の旧館にも行ってみました。
01P4050209

趣のある建物。こっちに泊まりたいもんです。
02P4050222

昼間の時間だけ立ち寄り湯の営業をしているそうです。ちょっとした銭湯感覚で立ち寄るのも良さそうです。
03P4050224

鶴亀老夫婦は岩下温泉旅館本館の宿泊客なんですから立ち寄り湯の料金はかかりません。部屋に用意されている湯籠をぶら下げて行けばOK。この湯籠がパスポート代わりなのね。
04P4050212

地元のランナーさんがメッカと仰ぐ「走湯神社」は岩下温泉旅館のお隣です。笛吹川沿いにLSD(ロング・スロー・ディスタンス)走して「走湯神社」にお参りして岩下温泉旅館でクールダウンするのも楽しいランニングになりそうです。
05P4050240

古い古い旧館ですがお風呂は綺麗なタイル貼りです。湯舟が二つあるのは手前が源泉100%(つまりはお湯の温度30度以下の冷たい)のありがたいお湯であります。奥の湯舟は加温されて心地良い温度になっています。この二つを交互に入っていると、あら不思議!体が温まってくるではありませんか。古来からこんな入浴法だったそうです。
06P4050226

幸いな事に貸し切り状態で源泉を楽しめました。
07P4050231

さて、昔の湯治場で使われていた源泉の湯舟があるというので探索してみました。
厄介な事に昔使われていた湯舟は脱衣所から一旦廊下に出て反対側の階段を下らないと行けない造りになっています
きっと昔はそんな造りじゃなかったんでしょうけど増改築しているうちにこんなんになってしまったのでしょう(推測)。

廊下に誰も居ないのを見計らって脱衣所からすっぽんぽんにタオル一丁で階段を下ります。

どきどきどき

08P4050241

階段下にはこんこんと源泉が流れ込む広い湯舟がありました。たおやかな透明な、しかし迫力ある温泉に浸かりましょう。
09P4050237

じっくりと岩下温泉旅館の源泉を楽しませて頂きました。石和温泉のすぐお隣にこんなお宿があるなんて今まで知りませんでした。大菩薩や乾徳山の帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょう。
10P4050239

湯上りには番台(?)横の休憩スペースで鶴弥を待ちましょう。ここもどっしりと落ち着いた空間です。お腹が空いてきました。そろそろ夕ごはんの時間です。
11P4050225

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-07 岩崎温泉本館のお風呂はこんな感じ


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月12日のものです。

タイル温泉
部屋に用意されていた湯籠には、バスタオル・タオル・浴衣・風呂足袋が収められていました。(歯ブラシ・ブラシ・髭剃りは洗面所に用意されています。)
01P4050212

今から1700年以上前からあった冷泉なのだそうです。知りませんでした。28.2度ってかなり冷たいんじゃない?
02P4050258

安心してください。ちゃんと加温してありました。ゆったりと適温の内湯に浸からせて頂きました。
03P4050264

アメニティーもちゃんとありました。
04P4050272

狭いけど露天風呂も。客室数12ではこれで充分な広さでしょう。
05P4050265

桃の花を愛でながらゆったりとさせていただきました。
06P4050269

湯上りにはロビーに甘酒が用意されています。長湯して火照った体に冷たい甘酒が心地よく入ってきます。
07P4050274

20170307神保町ほろほろ3/神保町はハッピーアワー


R60★亀(亀次朗)であります。
しさしぶりの東京遠征であります。千里丘時代、この界隈に巣食っていた先輩を訪ねて訪れた覚えのある神保町。およそ40年ぶりの徘徊であります。
この記事は2017年(平成29年)3月7日のものです。

タイル居酒屋
丸香のうどんで一息ついた亀次朗翁はようやく暮れ始めた神保町裏通り巡りを再開しました。昔と違ってやたらビルばかりの神保町ですが路地裏の雰囲気はあの頃を思い出させてくれます。
01P3070990

あの頃には無かった「ハッピーアワー」なる看板があちこちに見受けられます。懐の寂しい勤め人やリタイヤ老人には有難い街であります。
02P3070982

それでも昔ながらの居酒屋さんのお隣りにはハイカラなイタリアン風居酒屋が並んで時代の流れを感じてしまいます。
03P3070979

この街ではハッピーアワーの相場は一杯300円のようです。体を壊す前だったら軒並み制覇してしまいたくなってしまったでしょう。
04P3070974

この寒い時期にガラス戸を開けたまま営業している立ち飲み屋がありました。カウンターで立ち飲みなら800円で晩酌セットが楽しめるようです。何処かの宴会の前に0次会で引っ掛けるにはこんなお店が良さそう。
05P3070996

刺身もいいなあ。この金額なら安心して色々楽しめそうです。次回はゆっくりと過ごしてみたくなりました。
06P3070991

看板が誘ってきます。
迷わず上がれよ、上がればわかるさ
二階に上がってみたくなりました。
07P3070989

そろそろライブが始まります。この夜は初めて行くカフェでジャズを楽しみましょう。
08P3070975

20170307神保町ほろほろ2/ハワイアンカフェに想い敗れて丸香に逃げる


R60★亀(亀次朗)であります。
しさしぶりの東京遠征であります。千里丘時代、この界隈に巣食っていた先輩を訪ねて訪れた覚えのある神保町。およそ40年ぶりの徘徊であります。
この記事は2017年(平成29年)3月7日のものです。

タイルレストラン
すずらん通りの古い喫茶店にフラれた亀次朗、雨宿りできる穴倉を求めて明大坂下をうろうろしておりました。途中「HAWAII」の文字を見つけて暫し足をとめます。小規模な雑居ビルの一階に間口六間もスペースをとっています。これならきっと席が空いているでしょう。やれやれ
01P3070981

お店の中に入ってみました。さっきまで彷徨していたスズラン通り裏の古喫茶の大混雑とは打って変わってガラガラです。大分歩いたし暫く休憩させて頂きましょう。入り口脇の広めのソファー席に陣取って店内を見回します。ハワイ関連の商品やハワイアンビールのロゴが飾ってあります。天井からは大きなカヌーが吊り下げられてハワイのムードを醸し出しています。奥の階段の先には中二階が見えます。きっと少人数の貸し切りパーティースペースになるのでしょう。
02P3070988

きっとこのお店では美味しいコナコーヒーが飲めるのでしょうと期待して「コナコーヒーを下さいませ」とお願いしたらメイドインじゃぱんのウェイトレスさんが「ブレンドですね」と復唱して去っていきました。待つこともなくスバヤクやってきたコーヒーはこんな感じ。ううむ。。。。出来ましたら香り高い出来立てコーヒーが欲しかったのですが発注側である亀次朗翁の意思表示の悪さが災いしてしまいました。
03P3070987

しれでも気を取り直してメニューを眺めてみました。軽食類が1000円で喰えるようです。神保町から数分の距離ではこの金額は良しとすべきなのでしょう。。。。
04P3070984

亀次朗翁はコーヒーをすすり終わると目指すうどん屋さんに向かいます。シコシコつるつるの讃岐うどんが何よりのご馳走です。このお店には是非とも午後五時前に並んでください。
05P3070980
ちなみにこのうどん屋さん店内撮影禁止です。

20170307神保町ほろほろ1/昼間の神保町は目にも眩しかった


R60★亀(亀次朗)であります。
しさしぶりの東京遠征であります。千里丘時代、この界隈に巣食っていた先輩を訪ねて訪れた覚えのある神保町。およそ40年ぶりの徘徊であります。
この記事は2017年(平成29年)3月7日のものです。

タイル亀次朗160
亀次朗の千里丘時代、この界隈に出掛ける時には「国鉄の東京ミニ周遊券」を使っての滞在でしたから地下鉄を使うだなんって思いもよりません。国鉄水道橋駅からうろうろと歩いて向かったものでした。あれから40年。オイルショック時代に不毛な勤め人生活を東京で暮らしながら一度として立ち寄る事がありませんでした。記憶の奥底に埋もれた「すずらん通り」と今目の前にある商店街が全然結びつきません。
01P3070963

それでも昔先輩に赤ナポリタンをご馳走になったモクモク喫煙喫茶の場所は覚えていました。今は禁煙になっているのでしょうか。
02P3070967

あの当時はロンピー3箱を一日で消費するヘビースモーカーでありました。思い切って煙草断ちしたのは二十歳になった春だったと記憶しております。
03P3070969

小ぬか雨降るすずらん通りの裏道。もうこの界隈にはお爺の居場所はありません。
04P3070971

突然の雨降りだったものですから当たりを付けていた喫茶店は全て満席。平日昼間、しかも後期試験明けで学生さんが少ない時期だというのに何という事でしょう。思い出に浸る隙間もなくすずらん通りを後にした爺いであります。
05P3070972

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-06 岩崎温泉旅館本館


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月12日のものです。

タイル温泉
石和温泉から恵林寺や大菩薩に向かって左手にある小さな集落。ここが春日居町です。(愛知県の春日井とは違います)古い建物が沢山残っていてとても静かな場所です。街歩きも楽しそうです。
01P4050208

行き当たりばったりで電話で申し込んだお宿に到着しました。道祖神の先の橋を渡った処にある三階建て。部屋数12程の小さなお宿です。
02P4050210

桃の花が今が盛りと咲き誇っています。さて、どんなお宿でしょうか。
03P4050251

鉄筋三階建ての小さな宿ですが、ちゃんとエレベーターもあって一安心。通されたのは三階の角部屋。八畳・トイレ付き(ウォシュレット完備)バス無しです。
04P4050217

窓からは甲府盆地と御坂山地が遠望できます。
05P4050218

洒落た湯籠が旅情を誘います。さあ、お風呂に行ってみましょう。
06P4050212

古くから湯治湯としての長い歴史を持つ岩下温泉旅館。かの有名な石和温泉のお隣にひっそりと存在していました。
07岩下温泉旅館

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-05 一宮桃のお花見(車窓編)


R60★亀(亀次朗)であります。
甲府盆地では4月初めから中旬にかけて桃の花が一斉に咲き見事な景観が楽しめます。今回は勝沼のワイナリーを巡った後、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月12日のものです。

タイル温泉
早朝におうちを出発して電車とバスを乗り継いで到着した甲州市。ワイナリーを三軒も回るとさすがに疲れてきました。日帰りの予定だったのですが急遽お宿を探してみました。この近辺では有名な温泉地といえば石和温泉になるのでしょうけど、教えて頂いた温泉宿はそのお隣に昔っからある湯治湯だった処だそうです。
01P4060332

車は桃の花真っ盛りの広域農道を突っ走ります。この時期(4月中旬)が桃の花の最盛期。そろそろ摘花が始まるのだそうです。
02P4060326

曇りがちなのがちょっと残念だけど菜の花の黄色と桃の花の濃いピンクが印象的なドライブでした。
03P4060333

牧丘町の山の中腹に「ほったらかしの湯」が見えます。ですが私らの目指す宿は「べつでん」近くの鄙びた一軒宿です。さあもうすぐ宿に到着です。
04P4060328

次回からこの温泉の記事を書いて行きます。
05P4050240




みたまの湯⇒
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/590.html

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-04 くらんぼん!とは?


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。では三軒目のワイナリーに突入してみましょう。
この記事は2016年(平成28年)4月12日のものです。

タイル亀次朗160
池田ワイナリーから更に東に歩きます。池田ワイナリーから歩く事5分、祝小学校の交差点を渡った先の右側に「くらんぼんワイン」があります。
01ワイナリー歩き地図

栗のケーキならモンブラン、焼き肉のタレならモランボン。ワインと言ったらKURAMBONですか?どゆ意味?
02P4060373

敷地に入ってやや入り組んだ場所に歴史を感じさせる民家が建っていました。ここが「くらんぼんワイン」のようです。
03P4060379

「甲斐産生葡萄酒」という大きな看板であります。昔っからの葡萄酒屋さんのようです。「くらんぼん」とは「山梨」の事だそうですが初めて聞きました。しらなんだ。
04P4060380

ぎしぎしと扉を開けるとお爺さんが待っていました。ワイナリー見学と試飲を申し出ると、「ほんじゃあおまんとおこっちこうし」(=それでは皆さんこちらにいらっしゃって下さい=日本語訳by亀次朗)とさっさと母屋を通過して裏の建物に連れてこられました。
05P4060382

連れてこられたのは地下にあるワインの貯蔵庫でした。外気の温度変化を避けて一定の温度湿度に保つ為の先人の知恵なのだそうです。
06P4060384

昔の防空壕を連想させる地下の大貯蔵庫。数千本のワインが静かに眠っています。
07P4060386

この地下貯蔵庫を眺めるだけでも来た甲斐があるというものです。
08P4060387

趣味のワイン小物の展示も充実しています。
09P4060389

お爺さんの案内もようやく終わりました。待望の試飲タイムです。「くらんぼんワイン」では無料試飲が充実しているという情報なのですが一体どんな仕組みなんでしょう?
10P4060381

変わった格好の大きなテーブルにずらりと並んだワインたち。実はこれ全部無料試飲なのです。それもお好みに合わせて自由にお飲みくださいという放し飼い状態。それぞれのワインの説明書きを読みながらじっくりと味わいましょう。お陰様でたっぷりと楽しめました。念のため付け加えておきますが亀次朗はワインの香りだけ楽しんで呑んではおりません。
11P4060392

横浜ランドマークDOURAKUでハッピーアワー!


R60★亀(亀次朗)であります。
久し振りのお出かけランチ。旨い肉を食べさせて頂きました。せっかくですから少し調べてみました。
この記事は2017年(平成29年)2月17日のものであります。

タイルレストラン
鶴弥が注文したランチの「数量限定国産赤身肉希少部位鉄板焼」めっちゃ旨かったんです。ここならディナーに来ても良さそうです。後で調べてみたら「DOURAKU」とは洒落た外国語でなくって道楽者の「道楽」なんだそうです。横浜発祥の焼肉店として県内に10数店舗を経営する肉系外食チェーンがランドマークに進出するにあたって焼肉店とステーキハウスの中間処をコンセプトにしたようです。
11P2170910

ハッピーアワーは15時から18時まで。カールスバーグやジンビーム、ワインまで300円とはお得です。
12P2170896

んじゃ夜のメニュー見せてください。
フロアの責任者が持ってきたメニューを開いてみたら、あらら300円とか500円とかのメニューが並んでいます。これならちょい飲みも楽しそう。

13P2170917

800円も出せば結構なオツマミも楽しめます。ハッピーアワー万歳!
14P2170916

ワインリストを見てみればフルボトルのワインが2500円から。普通ステーキハウスのワインリストって一番安いワインは一種類だけで、その下にはだんだん値段が高いワインがずらずら並んで手が届かなくなっちゃうもんなんですけど、此処では2500円のワインだけで1ページ6種類もあります。勿論もっと高いワインもあるんだけど、その前に酔いつぶれてしまいそうです。
15P2170914

夜のメニューは午後一時からお楽しみ頂けます
フロアの責任者がにこやかに続けます。
当店はランチからディナーまでの時間も通しで営業していますから午後の時間をゆっくりお過ごしください
うわっめっちゃ嬉しい話です。
んでも午後一時からディナーメニューって事はランチのお得なメニューは午後一時で終わりなんでしょうか?
いえいえ、お得なランチメニューは午後五時までオーダー可能です。」
それを聴いて安心しました。
私の口から申し上げるのもなんですが午後一時過ぎにご来店してランチメニューを召し上がりながらワインを楽しむのが一番安い方法です
こういう苦労人のフロア主任がいる店好きです。



16店内
ちなみにディナーは予約必須。一番人気は窓側真ん中の馬蹄形シート。みなとみらい地区の夜景をたっぷり楽しめます。二番人気はこの画像奥側窓側の馬蹄形シート。観覧車がとても良く見えるお席なんだそうです。次回はディナーに行ってみましょう。

20141203鎌倉えにし/旨いもんには毒がある


R60★亀(亀次朗)であります。
喰い納めはやっぱり寿司でしょう!鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」は今夜も元気です。
この記事は2016年(平成28年)12月03日のものです。
タイルえにし


長野県木曽郡木祖村湯川酒造店の銘酒「九郎右衛門」(くろうえもん)純米吟醸無濾過。長野県産の美山錦を使ったコクがありながらも呑みやすい寿司向きの日本酒です。常温よりやや冷やしてじっくりと頂きましょう。キリキリに冷やしても旨い酒ですが、寿司に合わせるには冷やし過ぎない方がお勧めです。義兄が信州駒ケ根まで出かけて探し出して担いできてくれました。
11PC030546

冬の白身魚といったらカワハギでしょう。肝を絡めて頂きましょう。
12PC030550

白子と鮟肝の最強タッグ。ハバネロおろしが味を引き締めます。河豚の皮紐が食感を高めてくれます。
13PC030549

今年の秋シラスもこれが最後でしょうか。卵黄をからげて醤油を一筋。だんだんコレステロール値が気になりだしました。
(注)取材日は12月3日です。相模湾のシラス漁は1月から3月まで禁漁となります。三ヵ月も古い記事でえらいすんまへんm(__)m

14PC030553

少しはセーブせにゃならなと戒めていると悪魔(と言う名の寿司職人)が薄ら笑いを浮かべながら空身の軍艦を差し出します。これ以上喰ってはならぬと思いつつ残りの生卵秋シラスを軍艦に載せて口に入れてしまう我慢の出来ない老人であります。
15PC030556

そんな老人を見透かしたように「あんきも巻き」の短冊が誘ってきます。いいなあ、旨いだろうな。。。。
16PC030559

堪え性のない痛風気味老人はついに悪魔のささやきに負けてしまったのであります。たっぷりの鮟肝を極上の海苔でまとった至極の一品であります。鮟肝のこってり感を板前自家製ポン酢が爽やかにアレンジ。この夜だけでコレステロール値は充分に危険値まで上昇したコトでしょう。明日からはつつましく暮らしましょう。
17PC030558