モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2016年2月

20150219横浜グラスダンスでハッピーアワー


20150219横浜グラスダンスでハッピーアワー
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
横浜駅直近朝11時から昼呑み出来る貴重なスポットであります。
この記事は2015年(平成27年)2月19日のものです。


限られた時間の中での待ち合わせです。
横浜駅から歩いてすぐの場所。
お昼から夕方の時間に営業していること。
せっかくですから美味しくって値ごろであること。
そんな虫のよいお店なんってある訳ないっでしょ。

01P2190190

朝11時から夕方19時までのハッピーアワー。
グラスワイン300円、
カクテル半額
だなんっていいじゃありませんか。

02P2190189

後で調べた処、中堅の居酒屋チェーン店なんだそうです。でも結構しっかりとした内装です。
03P2190199

ハッピーアワーのメニューの中に「本日の前菜2種盛り」というのがありました。
04P2190193

きびなごのマリネと白レバーペーストの二品のオツマミがやってきました。白レバーは美味しかったので単品で追加しました。
05P2190195

合鴨のスモークカルパッチョ仕立て500円
06P2190197

これで500円ですか。充分なオツマミです。
07P2190198

三人で色々なものを頼んでしまったので結構な金額になってしまいましたけど、美味しかったです。この時間帯に営業しているお店としては充分に利用価値大です。
08P2190200

【おまけ】岡田屋モアーズのエレベーターはJR横浜駅側と鶴屋町側の両側に二基づつあります。こちらは鶴屋町側のエレベーター9階部分。広いロビー風になっていてふかふかで居心地の良さそうな椅子が並んでいます。待ち合わせに最適。読みかけの文庫本など持ち込んで長居が出来そうです。ですが、あくまで待ち合わせの時のみにお使いください。
09P2190191

20150210新橋おさけ村で轟沈


20150210新橋おさけ村で轟沈
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
書類を届けに久し振りに東京にやってきました。鶴弥との待ち合わせは新橋駅。少し早く到着してしまいました。さてと、ちょっと時間つぶししていましょう。新橋駅付近での時間つぶしにはとっても良い場所があるんです。
この記事は2015年(平成27年)2月10日のものです。


勤め人時代はちょくちょく通っていました。建物の入り口で顔なじみが迎えてくれます。
「おぅ久し振り。心配してたぜ。もう呑んでいいのかい。」

01P2100197

JR新橋駅の両側の大きなビルは丸ごとサラリーマン酒場。ここの一階に昼呑みできる自称「ミュージアム」があるんです。
02P2100193

長野県酒類販売株式会社は資本金4億円、年商395億円というれっきとした大企業であります。
http://www.nagano-sake.com/about/
03P2100180

入り口から直ぐの処のカウンターで注文してお代を先払いします。さて、何を呑みましょうか。
04P2100191

壁一面に信州のお酒のラベルが並んでいます。目移りしてしまいます。
05P2100183

自分で作る日本酒三品セット550円から。一覧表にある沢山のお酒から同じ価格帯のお酒を三品お好みで選んで組み合わせます。
06P2100181

061P2100190

063P2100192

062P2100187

北安醸造のうすにごり生原酒(正一合(180ml)350円。さわさわと口当たりの良い微発泡。爽やかな甘味があるけど呑み口はすっきりとしていて口の中に甘味が残りません。これで350円は絶対お得です。
07P2100185

071P2100186

120円の小鉢が三つ。右から、行者にんにく・きゃらぶき・かつをなめ茸。奥の赤いのは信州サーモン(鱒)くんせい350円、手前は黒胡麻ソーセージ350円。なんだかとっても豪華でしょう。
08P2100189

???????????????????????????????

???????????????????????????????

ご存知の皆さんも多いでしょう。JR新橋駅前(海側)ビルの一階にあります。お昼前から夜まで通しで営業しているから一人呑みにも待ち合わせにも利用価値大です。
09信州おさけ村地図

20150206銀座若菜


20150206銀座若菜
00P20601541
R60☆鶴(鶴弥)です。
美味しいお漬物って癖になりますよね。
この記事は2015年(平成27年)2月6日のものです。


お腹がいっぱいになったのでそろそろおうちに帰りましょう。せっかく銀座まで来たんだからあの有名な漬物屋さんに寄ってみます。
01P2060151

まるで民家のようなお店。一歩中に入るとずらりとお漬物が並んでいます。いっぱいありすぎて目移りしてしまいます。
02P2060155

ここのお漬物はさらりと薄味。新鮮な素材を使っているのでとっても美味しいんです。最近有名になってきたトマトの浅漬けは品薄状態。お隣りの葉野菜のミルフィーユはオススメです。
03P2060161

日本酒党には是非こちらを。深谷ねぎ焼漬540円。新鮮な葱に焼き焦げの香ばしさをそのまま漬け込んだ一品です。
04P2060156

新橋駅から土橋の高速道路をくぐって5分程。ランチでビーフシチューを食べた古窯のすぐそばです。
05若菜地図

20150206銀座古窯で美味しいランチ♪


20150206銀座古窯で美味しいランチ♪

R60☆鶴(鶴弥)です。
新橋に用意があって出掛けてきました。せっかくですからお昼ごはんを食べてきました。
この記事は2015年(平成27年)2月6日のものです。


いよいよ春三月。お雛さまの用意を始めましょう。
01P2060149

山形上山にある老舗温泉旅館「古窯」の東京店。お昼のランチなら美味しいビーフシチューがお手頃なお値段で頂けるというのでやってきました。
02P2060150

二階にある店内に入ると眼の前に大きなサザエの入った水槽。銘酒「十四代」の他高そうなお酒が並んでいます。夜は怖くって入れそうにありません。
03P2060148

評判のランチ「古窯特製 和風ビーフシチュー定食」1296円をお願いしました。
04P2060142

まず、三種類の小鉢にお漬物、ご飯とお味噌汁がやってきました。
05P2060143

やがて熱っつ熱の器に入ったビーフシチューが登場しました。ほろほろと柔らかい牛肉。半熟玉子を混ぜて頂きます。
06P2060144

亀次朗は平日限定10食の「山形牛・米沢牛のスープチャーハン定食」1450円をオーダーしました。
07P2060141

出来たてのチャーハンを熱した器に盛ってお客さんの処にやってきます。眼の前でスープを注ぎます。ジャ~っとスープが波立ちます。香ばしい香が辺りに立ち込めて食欲が刺激されます。
08P2060145

勿論、こちらにも小鉢とお味噌汁が付きます。
09P2060146

大きめの器には山形名物芋煮がたっぷり。
10P2060147

銀座7丁目。有楽町や銀座の駅より新橋の方が近い場所にあります。
11古窯地図

20150123鎌倉で昼ワインならココ


20150123鎌倉駅直近で午後からワインを召し上がれ
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
もう一年以上前の記事だけど、未だにあまり知られていない「鎌倉昼呑みスポット」であります。鎌倉歩きを楽しんだら明るいうちからイタリアンワインとカンツォーネを楽しんでみてください。
この記事は2015年(平成27年)1月23日のものです。

P1230049
毎年世良譲氏の命日近くに行われている「鎌倉JazzConcert」今年(2015年)は1月23日でした。鎌倉でJazzを聴ける絶好の機会です。今回は、秋満さんのピアノ・根市さんのベース・サバオさんのドラムス・藤井さんのビブラフォン。なんとまあ豪華な組み合わせでしょう。たっぷり堪能してまいりました。
00P10600301

このコンサートは自由席。つまりは早い者勝ちです。秋満さんの指さばきを拝める場所取りの為には一番乗りを目指しましょう。しかしながら、早くに到着し過ぎました。午後四時過ぎの鎌倉下馬交差点付近。まだまだ明るいです。
01P1230062

下馬交差点から少し歩いた辺りで昼間っから営業されているお店を見つけました。一時間ほど時間つぶしさせて頂きましょうか。
02P1230056

新築ビルの二階。細長いお店にマスターと女性一人で切り盛りしているそうです。
03P1230054

実は、この女性がシェフ。開業前にじっくりと料理のお勉強をされたそうです。旦那さんは主にワインと接客担当。前職はとてつもないキャリアの持ち主です。
04P1230053

これからジャズを聴きに行くんです。軽く食べましょう。ししゃものエスカベッシュ(550円)を頂きます。
05P1230038

牡蠣のアヒージョ。ぐつぐつと煮え立つオイルの中に牡蠣がごろごろとしています。付け合わせのパンがもう少し欲しい処です。これで1000円は安いんじゃない?
06P1230041

ムール貝と香菜のアンチョビ風味ソテー(630円)う~~ん、このお店でどっしりと腰を据えて呑みたくなってしまいました。でも秋満さんのピアノが待っています。次回ゆっくりとお伺いしましょう。
07P1230052

【おまけ】シンプルだけど使いやすいお手洗い。新築後半年しか経っていないビルなので新しくって清潔です。(2015年1月の取材です)
08P1230034

アイキャッチ画像の意味が分からないって?
大事なヒントなのになぁ

20141117銀座「遠音近音」で広島名物レモン鍋を食す


20141117銀座「遠音近音」で広島名物レモン鍋を食す
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
息子と広島県のアンテナショップで待ち合わせしました。これから夕ごはんを食べようと思い、酒工房「翠」の係りの女性にオススメのお店を教えて頂きました。
この記事は2014年(平成26年)11月17日のものです。

広島県のアンテナショップが入っているビルの地下にそのオススメのお店はありました。「遠音近音」と書いてOchiKoch(おちこち)と読むのだそうです。
09PB170006

銀座でお酒を頂くなんて、今まで想像した事ありません。でも、これには秘密があります。このビルの上の階にある広島県のアンテナショップで買ったお酒なら持ち込み料がお酒の値段の半分だけで呑んでいいんです。私達だって知りませんでした。
10PB170029

まずは活きの良い鯛のお刺身(税込1728円)を頂きましょう。
11PB170031

広島といったら牡蠣でしょう。大ぶりな牡蠣フライが四個(税込1080円)
12PB170032

知らなかったのですが、広島の穴子は東京湾のアナゴに匹敵する位美味しいのだそうです。穴子の白焼き(税込1620円)
13PB170036

ここに来たら絶対食べて行ってと勧められた、海鮮レモン鍋(税込1620円)の登場です。
14PB170037

お肉や牡蠣、季節の茸も入って美味しそうです。
15PB170038

ワックスを使わないレモンが鍋用に用意されています。
16PB170039

グツグツと煮立ってきました。とってもいい香りです。
17PB170040

レモンをどっさりと投入します。酸っぱいレモンと牡蠣や豚肉の甘さが相まって不思議な感覚です。とっても温まりました。
18PB170041

20141117カープ・チューハイをもう一杯


20141117カープ・チューハイをもう一杯
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
埼玉に住む息子と東京で会う事になりました。双方から交通の便が良くって待ち合わせに便利な場所(お互い田舎者だから東京の事は良く分からない)で待ち合わせ。選んだ場所は広島県のアンテナショップ。ここならJR東海道線から乗り継いで有楽町まで出られるし、地下鉄有楽町線で埼玉から一本で銀座一丁目まで来て貰えます。
この記事は2014年(平成26年)11月17日のものです。

晩秋の銀座一丁目。そろそろクリスマスをイメージしたディスプレイが目立ち始めています。いよいよ師走ですなあ
02PB170020

あった、あった。地下鉄有楽町線銀座一丁目出口の真上です。
03PB170004

ううむ。。。やはり広島といったら、この方でしょう。
あっちに行っても頑張ってくださいまし。
04PB170008


カープ・チューハイなのだそうです。アルコール18%の真っ赤な液体が貴女の喉を熱く燃やします(うそ)
05PB170023

ここの利き酒カウンターで待ち合わせです。
06PB170005

おおっ、ここも酒屋さんのような店構え。広島のお酒が処狭しと並んでいます。
07PB170025

期間限定のお酒もあって色々楽しめます。係りの方から広島のお酒について教えて頂いて楽しいひと時になりました。
08PB170024

20141110九段下ラベイユ/日曜日の昼下がりのオフィス街であやうく昼食難民になりかける


20141110九段下ラベイユ/日曜日の昼下がりのオフィス街であやうく昼食難民になりかける

R60★亀(亀次朗)であります。
日曜日の午後に東京に出かける用事がありました。最初の心つもりではおうちで早目のお昼ごはんを食べてから出掛ける予定だったのですが、押せ押せになってしまって東京に着いてから食べる事になってしまいました。
この記事は2014年(平成26年)11月10日のものです。

冷静に考えれば、日曜日の午後になってからオフィス街のそのまた端っこでメシを喰うだなんって無謀もいいところです。リサーチ不足も甚だしい。焼きが回ってきたんでしょうか。。。。
01地図

待ち合わせの前に大急ぎでお昼ごはんを食べようと思っていました。最寄駅を降りた処は落ち着いたビジネス街。日曜日の午後ですからとっても静か。一本裏の道に廻ってみたのですが、どなたも歩いていません。お店だってどこも閉まっています。あらら困った。どうしましょう。。。。
02PB090087

間口二軒(今の云い方では横幅4m弱)の小さなお店を見つけました。廻りにはお昼を食べられるようなお店はありません。でも「ランチ¥1620円」とは鶴亀家の会計基準では遥かに予算オーバーです。どうしましょう。。。。
03PB090060

でも辺りには他にお店など見当たりません。予算オーバーだけど思い切って入ってみました。
「ご予約のお客様でしょうか」
感じの良いお店の方がドアを開いてくださいます。
「あ、いえ予約じゃないんですけど、空いてますか」
「どうぞお入りください」
こじんまりとした店内。テーブルが四つ程。中程に小さなカウンター席があってカウンター越しにオープンキッチンが望めます。きっと常連さんの特等席なのでしょう。奥には4~6人が座れるセミオープンの個室がありました。ご夫婦二人だけで切り盛りしている小さなお店。

04PB090076

本日のランチ1620円。まずは前菜五種類から選べます。
05PB090061

亀次朗が選んだ「鶏白レバーのパテ」こってりとした白レバのパテ。蜂蜜ソースが添えられています。パテと蜂蜜って合うのかしらって思ったのですが、意外や意外。お口の中でふわっと広がる美味しさなのであります。
06PB090066

鶴弥は「生ハムとパルメザンチーズのサラダ」を頼みました。生ハムは其の都度、木から切ってくださいます。たっぷりのパルメザンチーズにトマト。これだけでお腹が一杯になりそう。そうそう、ここのパンも美味しいです。
07PB090067

メインディッシュも五種類のメニューから選べます。
08PB090062

亀次朗のチョイスは「豚肩ロース肉のロースト」
09PB090070

鶴弥は「本日のお魚料理」スズキのポアレ。
10PB090071

デザートも五種類から選べます。300円プラスすれば盛り合わせに出来るのだそうですけど、私達にはちょっと多すぎます。お飲み物(コーヒー紅茶)もついて1620円は安いのかもしれません。
11PB090063

亀次朗は迷いに迷って「クリームリュブレ」にしました。実は、どのデザートも何が何だか分からなかったのであります。
12PB090078

鶴弥が頼んだ「テリーヌショコラ」甘さを抑えて滑らかな口解けの優しいお味。濃いめのコーヒーに良く合います。
13PB090080

危うく昼食難民になりかかったのですが、お陰で美味しいランチを頂けました。
14PB090065


【おまけ】お手洗いも合格です。
15PB090068

20141109噂の銀ゼロ-02 早瀬


20141109噂の銀ゼロ-02 早瀬
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
  銀座一丁目から北には、高速道路が東西に走っていて大きな壁になっています。その又北側は正式には八重洲二丁目という地番表示なのですが、わしらも銀座に混ぜておくれと云うのでしょうか、自らを「銀ゼロ=銀座ゼロ丁目」と称しています。
この記事は2014年(平成26年)11月9日のものです。
亀次朗
そうした中で、「銀座」というネーミングにこだわらずに堂々と商いを続けている老舗があります。築地の鮪仲卸「大作」直営の和食店という事です。
01PB050096

そうなれば、お魚さんと美味しい日本酒が楽しめるのですね。楽しみです。
02PB050095

ゆったりしたカウンター席と四人掛けのテーブル。奥には貸し切りの和室もあるようです。
03PB050103

でも、お品書きを見て安心しました。驚くほど高くはありません。
04PB050093

まずは「マグロ・ブツ切り」800円を。赤身だけかと思ったら中トロの部位もあってとってもお得です。
05PB050099

「白子ポン酢」1200円。つやつや新鮮。体に悪いもんは何故にこんなに旨いんでしょう。
06PB050101

「いわしのなめろう」650円。酒の肴に最高!
07PB050102

店員さんイチオシの「マグロ中トロ スタミナステーキ」1000円。お刺身で食べられる鮪を特製ガーリック醤油でレアに焼いてあります。美味しかった~。また行こうかな。決して侮れない、「銀ゼロ地帯」であります。
08PB050104

お会計は四人で呑んで食べてこんな感じ。日本酒四合瓶も一本呑んだし、あれこれ食べて一人3500円。ごっそさんでした。
09PB050105

ま、良かったら覗いてみてくだされ。
10早瀬地図

20141109銀ゼロ散歩-01パルコディジョイア


20141109銀ゼロ散歩-01パルコディジョイア
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
ご存知の通り、銀座の地番表示は東京寄りから一丁目、二丁目と一番新橋寄りが八丁目の順になっています。一番北寄りの一丁目には、高知県・沖縄県・山形県・茨城県・広島県などのアンテナショップがあるので訪れた事のある皆さんも多い事でしょう。
この記事は2014年(平成26年)11月9日のものです。

銀座一丁目から北には、高速道路が東西に走っていて大きな壁になっています。その又北側は正式には八重洲二丁目という地番表示なのですが、わしらも銀座に混ぜておくれと云うのでしょうか、自らを「銀ゼロ=銀座ゼロ丁目」と称しています。中には「銀ゼロ」をそのままお店の名前にしている居酒屋さんもありました。こんな殺風景な通りの何処にお店があると云うのでしょう。。。
01PB170012

距離的に考えますと、JR東京駅、JR有楽町駅、地下鉄京橋駅から歩いて、ほぼ等間隔。一番近いのが地下鉄有楽町線銀座一丁目になります。<四駅利用可・交通便利>とまるで不動産広告のようですが、言い換えれば「どの駅からもちょっと歩くぞ」という中途半端な場所でもあります。さて、どこかで一杯と思っていたら、こんな看板をみつけました。
02PB050073

地下一階と地上二階に店舗があるようです。この手の雑居ビルでは地下に入ると携帯電話が圏外になる恐れがまだあります。友人との合流の為、二階のお店に突入してみました。
03PB050077

午後五時半。開店と同時の入店です。既にお店の中には暖房が程良く効いています。ハウスワインも氷入りの冷水サーバーに準備されていて好感が持てます。
04PB050080

ハウスワイン、ハウススパークリングワイン共に税抜き500円。やや小ぶりなワイングラスになみなみと注がれます。これっとかなりお得な価格設定です。
05PB050083

でも、グラス縁一杯まで注がれているので乾杯が出来ません。最初の一口はこんな風に呑まねばなりません。ほら
06PB050090

まずは前菜を二品。
07PB050082

マッシュルームのフレッシュサラダでございます。
08PB050085

続いて、秋刀魚の瞬間スモーク。
09PB050084

豚スペアリブも美味しそう。共食いしてみましょうや。
10PB050081

すっぱ旨い骨付き豚の煮込み。むっちりとお肉が付いていて食べ応えのある一品でした。
11PB050088

お会計は四人で8500円。店員さんは若いけどワインの知識も豊富だし、気軽に呑めるお店でした。銀ゼロ、いいかも
12PB050091


気が向いたらいってみてくだされ。
パルコディジョイア地図