モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2015年12月

ニトロを持ってホノルルへ(行けるのか?)-13お宿のキャンセルはいつまで待ってもらえるか


ニトロを持ってホノルルへ(行けるのか?)-13お宿のキャンセルはいつまで待ってもらえるか
06P9160491
R60★亀(亀次朗)であります。
お宿のキャンセルについても書いておこうと思います。
この記事は2015年(平成27年)月日のものです。
例によって添付の画像は全く関係ございません。


そもそも「201503ハワイで結婚する話」帰国直後に、のんびりとハワイで過ごしたいと思い立ったのが今年(2015年)4月中旬。宿(ロイヤルクヒオ)の次回の抽選日は5月1日に四が月先の9月分の利用申し込み受付が始まります。つまりは、ハワイでノンビリしたいと思い立ったものの早くても四か月先の計画を始めるに過ぎなかったのであります。5月1日の宿の予約申し込み受付後ゴールデンウイーク明けに抽選結果発表。目出度くも(第二希望だけど)9月中旬の六白が当選しました。早速5月10日頃、航空券の予約・発券したんです。
その直後、冠攣縮性狭心症の魔の手が襲い掛かったのであります。

01P4150192

退院してからは、病気に関する情報収集と、いかにして航空券のキャンセル料がかからないかの調査に明け暮れましたが、宿の方のキャンセルも視野に入れておかねばなりません。というのも、この宿は日本の法人所有の物件を福利厚生施設としてお借りする立場なんです。当然、同じ時期に行きたかった方々も大勢いらっしゃるでしょう。鶴亀老夫婦が早くにキャンセルの連絡を伝えれば他の皆さんにチャンスが巡っていくのです。ですから、どの時点で私らが9月のハワイ行きを諦めるかが焦点になります。キャンセルは早い方が良いのでしょうけど、中々諦めが付きません。
P9170501

もう一回、利用規定を読み直してみましょう。
「キャンセル料金」という項目がありました。
<<出発日より三週間前のキャンセルは宿泊料金合計の20%をキャンセル料としていただきます。>>
とあります。つまりは、出発直前でも宿泊料金(一泊12000円×6泊=72000円)の20%=14400円でキャンセルが可能という訳です。
<<それ以前でのキャンセルは無料です>>そうですか、出発三週間前までなら無料でキャンセルができるんですね。

P9160411

一方、
「利用手続き」については、指定した日に事務所に伺って書類を提出する手順になっています。
パスポート・旅行保険証書、航空券、申込書を揃えて持参するのですが、概ね出発日の約一か月前が目安になっています。手続きが完了すると、「利用者携帯証」と「施設(=ロイヤルクヒオ)の鍵」が渡されます。つまりは出発一か月前が一つの山場になるんです。
あまりに直前のキャンセルではご担当者さんに迷惑をかけるばかりでなく、抽選に外れた皆さんに失礼です。
亀次朗のキャンセル判断も出発一か月前に決断を下す事と心に決めました。
P9160418

ニトロを持ってホノルルへ(行けるのか?)-12うにテッドにおけるキャンセル対応(201506)


ニトロを持ってホノルルへ(行けるのか?)-12うにテッドにおけるキャンセル対応(201506)
亀次朗
R60★亀(亀次朗)であります。
うにテッド航空のチケット払い戻しで苦悩してしまいました。
この記事は2015年(平成27年)5月30日頃のものです。
例によって添付の画像は全く関係ございません。

04P4160355

僅かな年金で生活している老夫婦にとって、キャンセル料10万円というのは入院手術で臨時支出があった直後ということもあって大打撃です。

何とかなりませんか。
マニアル第一のアメリカ系企業相手にダメ元で掛け合います。亀次朗必死の泣き落としにオペレーターさんが「ちょっと調べてみますね」
と間合いを置きました。
「弊社の既定の中に『予想外の事象』というのがございます」
それって何でしょう。
「HPで『払い戻し不可の航空券に対する返金リクエスト』という項目をご覧になってください」
ほほお、そんな規定があるんですね。
「『①搭乗予定者、同行者または近親者が死亡した場合②予定していた旅行期間中、搭乗予定者に陪審義務が発生した場合③病気になった場合』
この条件に当てはまれば何かしら救済措置があるようです。やれやれ。。。

02P4140344

今回の亀次朗の場合③病気になった場合に該当するようです。救済には主治医による診断書の提出が必須となります。「出発日基準」で旅行を取りやめなければならない内容の診断書なのですが、「発券日から一年間」がキーワードになっています。つまり発券日から一年間の有効期限の間ずっと旅行が出来ない状況なら即刻返金OK。もし有効期限になる前にお医者様から旅行OKになったらその日まで待って再発券をしてくれるというのです。う~~む。。。いつ頃になったら主治医がOKするなんって先の事は見当が付きません。。。。(この件はまだ話が続きます)
10P4140365

ちなみに診断書フォーマットに関しては、かなりお手軽な条件でした
①任意の書式でOK
②当然、日本語の診断書でOK
③レターヘッド(つまりは宛書=ユナイテッド航空殿とすれば良いそうです)明記の事
④旅行を止めた方が良い期間を明記せよ
との事でした。(2015年6月時点)
20P4140376
もっともこの航空会社の場合、しょっちゅう規約がコロコロと変わるのでその都度お確かめください。
現に12月のキャンセルの際HPを確認しましたら見事に変更されていました。

ニトロを持ってホノルルへ(行けるのか?)-11キャンセル料は10万円!?


ニトロを持ってホノルルへ(行けるのか?)-11キャンセル料は10万円!?
02うにテッド
R60★亀(亀次朗)であります。
退院直後の亀次朗にとって、この病気に関する情報収集とともに9月に行く予定だった「ハワイで何もしない話」の終戦処理に取り掛からねばならない重要事項でありました。
この記事は2015年(平成27年)5月20日頃のものです。
例によって添付の画像は全く関係ございません。

DハーフムーンIMGP0967 (4) - コピー
9月のハワイ行きに関して、5月中旬に予約をしていたのは往復のうにテッド航空の航空券と宿泊先であるロイヤルクヒオ六泊分だけでした。お宿に関して、この時点では申し込み抽選で当選通知を頂いただけです。既に何回か宿泊しているので過去の利用規定集を引っ張り出して良く読んでみたら、利用一か月前頃パスポート・航空券・旅行保険などのコピーを持参して申し込み完了となる手順です。とりあえず宿に関しては暫く様子見が出来そうです。

PC181119

問題は航空券のキャンセルです。約半年前にかなり低いカテゴリーの航空券を予約しました。充分に納得できるお値段の航空券でした。言ってみれば「安値に飛びついた」ワケなんです。当然といえば当然ながらキャンセルする事になろうだなんって考えずに予約したんです。ひょっとしたらキャンセルせねばならない状況に至って初めて「この航空券のキャンセル料はどんだけかかるんだろうか」心配になってきました。
06Pナパ

迷っていても仕方ないので思い切って電話で確認してみる事にしました。
あの~私らのチケットって今キャンセルするとどの位戻ってきますか~
「暫くお待ちください」
予約センターのオペレーターさんが電話の向こうで端末を操作している様子です。
「お待ちどう様でした。鶴亀さん」
オペレーターさんは一旦言葉を区切ってから
言いにくそうに、しかしながらきっぱりと言い切りました。
「鶴亀さんのチケットの場合、キャンセル料は10万円になります」
えええええええ!
じゅじゅじゅううまんええええんですかぁ
あああああああああ
P50811691
続く。。。。

ニトロを持ってホノルルへ-10 ハワイ行きは断念するしかないのか(祝スターウォーズ公開!おまけ画像はD・VADERであります)


ニトロを持ってホノルルへ-10 ハワイ行きは断念するしかないのか(祝スターウォーズ公開!おまけ画像はD・VADERであります)

R60★亀(亀次朗)であります。
緊急搬送、手術、その割には超短い入院を経て自宅に戻りついたのは5月17日の日曜日。その後数日間は脱力感に支配された空白の日々が続いたのであります。
この記事は2015年(平成27年)5月20日頃のものです。


例によって添付の画像は全く関係ございません。
んが、アップする予定日が12月18日のようなのでラニカイで見かけたダーズベーダの画像を添付しましょう。オーナーさんからはOKは頂いてありますが、念のため一部マスキングしてのお届けです。よく手入れされた真っ黒なピックアップトラックでした。
01P3290255
  退院して暫くの間、鶴亀家にとってまず第一に大きな懸案事項は6月末(つまりは発症一か月半後)に迫った次男夫婦の横浜披露宴であります。新郎父としましては、新婦家との打ち合わせ、鶴亀家側出席者の出欠確認、遠隔地からの出席者の宿やJR指定券の手配、新夫婦の新居の打ち合わせ、タキシードの寸法合わせや黒靴の新調などなど、亀次朗本人がやらねばならない事が目白押しなのでありました。何が一番大変だったかって!?披露宴のトリを飾る「新郎父による両家挨拶」ですがな。最後まで「堪忍してください。新婦父の挨拶に変えましょうよ」と逃げ回っていたのに結局やるコトになったんです。これが一番文字通り心臓に悪かったですわい。
02P3290255

  それでも亀次朗の脳みそを支配していた心配事は、果たして9月のハワイには行けるんだろうか!?というものでした。狭心症の発症直前に予約を完了した往復の航空券はかなりランクの低いカテゴリーです。当然ですがキャンセルの場合殆ど戻ってきません。お宿については、いつものロイヤルクヒオ。9月分の抽選に当選したばかりです。高層階の広々2BR。放棄したくはありません。
Webサイトをあちこち探しまくって情報収集しましたが、なかなかジャストミートな知識は得られません。とりあえずは再発症防止策を考えねばならないでしょう。まずは禁酒。幸か不幸かと云われれば絶対不幸な話なんですが、今のところは「お酒を呑む事が恐怖」である状況下ですので、すんなりと禁酒が始められました。(2015年12月現在継続中)。それとダイエット。心臓への負担軽減にはこれしかなさそうです。(こっちは)幸い?にも禁酒のお蔭で比較的短期間で▲5kgを達成しました。それでも「デブにとっては±5kgなんって誤差の範囲」(石ちゃん)ですから、まだまだ油断は出来ませんです。はい。

P3290251

  それにしても向こう(ハワイ滞在中)で発症したらどうなっちゃうだろう?もっと怖いのは飛行機の中で発症したら引き返す事になるんだろうか?情報不足の狭心症初心者にはとてつもない大きな障壁が聳え立っていたのであります。
この分じゃハワイは無理だね。早いうちにキャンセルしようか。。。
そんな気弱な会話を交わす老夫婦でありました。

ニトロを持ってホノルルへ(行けるのか?)-9 朝が怖いと鶴弥が言った


ニトロを持ってホノルルへ(行けるのか?)-9 朝が怖いと鶴弥が言った
亀次朗
R60★亀(亀次朗)であります。
ようやく自宅での生活が再開しました。
この記事は2015年(平成27年)5月20日のものです。
例によって添付の画像は全く関係ございません。

P4130169
浅ましいもので、幾ら「寝るのが怖い」と思っていても寝てしまうものなんです。緊張から浅い眠りになっていてはいるものの横になって暫くしていると鼾をかいていたようです。
P4130179

一方、鶴弥は明け方の早い時間に眼が覚めてしまっていたそうです。明け方になってようやく深い眠りに入った亀次朗なんですけど、何度か鶴弥に起こされてしまいます。何でや(怒)せっかく眠れ始めたのに起こさないでよ。
08IMGP0121

鶴弥曰く、「明け方近くになって鼾がしなくなった」というんです。それって、きっと深い眠りに入った事じゃないのかと思うんですけど、鶴弥にしてみれば、それまで鼾をかいていた宿六の息が止まってしまったのではないのかと心配になって揺り起こしたそうです。
04P4130222


心配してくれるのは嬉しいんだけど、起こさないでもいいんじゃないのでしょうか。ねえ皆さん。「鼾でもかいていてくれた方が安心」なのだそうです。連れ添って40年弱になりますが、「鼾をかいてくれて安心」だなんって言われるとは思いもしませなんだ。。。。
04P4130246

ニトロを持ってホノルルへ-8 眠るのが怖い


R60★亀(亀次朗)であります。
怒涛の一泊三日の入院生活でした。あすこの病院はやはり地獄の一丁目なんでしょう。ともかくも娑婆に戻れただけでもラッキーと思うようにしましょう。
この記事は2015年(平成27年)5月19日のものです。
例によって添付の画像は全く関係ございません。

09P1100753

金曜日夜というか土曜日未明の発症、救急車による緊急搬送。ストレッチャーの上で茄子がママ、胡瓜がパパと治療を受けて一段落したようでした。気が付けばERからICUに移されて数時間。ようやく一般病室に安置(!?)されたのは午後になってからでした。
07P1070268

我に返って身辺を見渡せば体中にコードやパイプが繋がれています。枕元には何やらモニターがピコピコ。逐一テレメーターで看護室にデーターを送っている様子です。タイマー連動送圧式点滴装置も稼働中。余りの物々しさに画像を撮るのも忘れてしまいました。(貴重品入れに小型のデジカメ持参)その夜は眠剤によって強制終了してしまいました。
08P1070267

一泊三日の最終日。せんせいのレクチャーと看護婦さんのダメ出しを喰らってようやく解放されました。車椅子姿で会計を終わらせてタクシー乗り場まで連れて行って頂きます。(てか車椅子を持って行かれないように回収する目的なのか!)無事自宅に到着したのは日曜日の夕方近くになっていました。
18PA150653

鶴亀家の夜は早いんです。大体10時にはベッドに入ります。しかし退院直後の夜、おととい発作を起こしたベッドに入るのにはちょっとしたプレッシャーを感じてしまいます。二日前の明け方の息苦しい発作が再発するんでないか。。。。虎馬というのはこんな状況なんでしょうか。横になっても何だか眠りたくないような退院後の一晩でありました。
P1010028

ニトロを持ってホノルルへ-7 お守り袋にニトロを入れよう


ニトロを持ってホノルルへ-7 お守り袋にニトロを入れよう
亀次朗
R60★亀(亀次朗)であります。
とてつもなくインパクトの大きい一泊二日の入院生活が終わりました。
この記事は2015年(平成27年)5月18日のものであります。
いつもの通り、添付の画像は全く関係ございません。

04P1090642
  鶴弥に電話して着替えと履物、保険証に現金を持って来てもらって、あっという間に退院です。退院の手続きにナースセンターで渡されたのは主治医(高血圧と肝臓)宛の報告書が入った分厚い封筒と一週間分のお薬でした。
「亀次朗さんが今まで服用していた血圧のお薬とは違う血圧の薬が処方されているから、来週なるべく早く主治医の処に行ってくださいね」
心臓に行っている血管を広げる薬とか血液をサラサラにする薬とか六種類も飲まなくってはならないそうです。

P1090519

 「あとね、こっちはお守りみたいなもんだから」
そう言って別の袋のお薬を見せてくれます。
「いいですかこっちの薬は肌身離さず毎日持ち歩いてください」
大層なお守りですこと。
「出来れば<発作が起きたらこの薬を口の中に入れてください>と書いた紙を一緒に持っていた方がいいんです」
命の母Aですか?
「昨日の明け方のような発作はいつ何処で発症するのか分からないんです。そんな時この一錠が発作を和らげてくれます」
うううううそんなに危険な状態を想定しなければいけないのでしょうか。。。。
06PC220018

ニトロを持ってホノルルへ-6良い子で静かに寝ている時に発作が起こる病の防ぎ方


ニトロを持ってホノルルへ-6良い子で静かに寝ている時に発作が起こる病の防ぎ方
P4181000
R60★亀(亀次朗)であります。
どうやらまだまだ生きていられそうです。やれやれ。
この記事は2015年(平成27年)5月17日のものです。添付の画像は全く関係ございません。

P4150290
んで、せんせえ何でこんな病気になっちゃうんですか?
愚問と思いつつ訊かない訳には参りません。
「う~~ん実は分からないんですよ~」
やっぱそうでしたか。さっきまでヘラヘラと(いやきっとヘラヘラしゃべっていたんじゃないんだろけど)狭心症について語っていたせんせいがフと真顔になって聞き返してきます。
「人は何故病気になるんでしょう」
癌だって痴呆症だって原因が掴めていません【難病】として厚生労働省に認定されている原因不明で治療方法が確立されていない病気が100以上あるんです。自慢じゃありませんがその内の一つは今でも抱えているんです。
「でもね亀次朗さん誘因として考えられている因子はあるんですよ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「まずは喫煙、お次はストレス、飲酒も控えた方がいいですね。体重も落さないとね」
ううむ。。。まさしく成人病疾患の誘因ばかりです。
でもせんせえわたいは二十歳でタバコ止めちゃっているし、二年前にリタイヤして仕事のストレスからはようやく解放されているんです。
「じゃお酒止めるしかないですね~(^^♪」
うううう藪蛇だったようです。
「それとも明日までに10kg痩せられますかぁ~?無理でしょ~(^^♪」
妙に説得力のある説明で【禁酒】を宣言させられてしまった亀次朗であります。(号泣)

幸の鳥13

  実際問題として、飲酒と狭心症や心筋梗塞の強い絆を認識してしまうと、飲酒に対して恐怖心が湧いてきます。発症して5か月経過しましたが「呑みたい」という気持ちには全くなりません。
かつて外科的な手術をした時は、飲酒による転倒の危険性とか、肝臓病を患っての養生時期などでは『もう少しの間我慢すれば呑めるんだ』という前向きな気持ちで禁酒も続いたんですけれども、
狭心症での禁酒は【呑むことの恐怖】が先立ちます。この先の事はともかく、今現在は『怖くって呑めない』というのが本音であります。

ニトロを持ってホノルルへ-5お見立は「冠攣縮性狭心症」


ニトロを持ってホノルルへ-5お見立は「冠攣縮性狭心症」

R60★亀(亀次朗)であります。
土曜日の朝がやってきました。どうやら一晩無事に過ぎたようです。
この記事は2015年(平成27年)5月17日のものです。
例によって、添付の画像は全く関係ございません。
PC090072


この病院の朝はめっちゃ慌ただしいんです。
「亀次朗さんもう動いていいから」
看護師さんがてきぱきと体中にへばりついているコードや管を剥がします。まるで奪衣婆ばあのようです。
「もうお手洗いにいっていいから」
やれやれ亀次朗は朝カレー派です。助かりました。
「朝から常食よ」
ううむ緊急手術の翌朝です。てっきりお粥かと思いました。
「食後に先生から説明があって、多分午後退院ね」
ええええええ。そんなスケジュールなんですか。退院って言ったって緊急搬送された時、着ていたパジャマに素足のままです。入院費も持っていないし裸足で帰れっていうんでしょうか。。。。


目下の問題はお手洗いに行くのにスリッパが無い事です。
11PC201289


 

朝ごはんを済ませたら車椅子に乗せられてナースセンターに連れていかれました。そこには既に手術をしてくださったせんせえが待機しています。(初めて顔を拝見します)
「亀次朗さん良かったですね~、命拾いしましたね~」
そんなに重症だったんですか?
「は~い、これ見てくださ~い」
モニターに映し出されたのは亀次朗の心臓なんだそうです。
「ほ~ら、この太い枝みたいのが冠動脈っていうんですよぉ~」
そうなんですか。初めて見ました。せんせえは嬉しそうに続けます
「こーんなに太い血管が突然消えて見えなくなっちゃうんですよぉ~(^^♪」
確かにせんせえにとっては他人事でしょうけど、それってわたいの心臓じゃありませんか。
「ほ~ら消えたぁ~(^^♪」
モニターの中で黒い枝のように跳ねていた血管が一瞬消えてしまいました。(恐怖)
「亀次朗さんは典型的な症状ですねぇ~(^^♪」


せんせえ、その嬉しそうに解説するの堪忍してください。
01PC090066


 

「発作から搬送までが早かったから大事に至らなかったんです」
大事って何だ!?
「もし発作が起きてから直ぐに治療しなかったら血管が消えた先の心筋に血液が流れなくなってしまったでしょう。運良く血管の痙攣が収まっても部分的に壊死する事もあったでしょう」
どうやら心臓を動かしている筋肉に供給されている血液の流れが一時的に止まってしまったというのです。
「この手の狭心症って大きく分けて二種類あるんですよ」
せんせえはニコニコしながら心臓の格好をした本を開きながら解説してくださいます。
「急な運動なんかで急激に心臓に負荷がかかった場合に起こる事が多いんですけどね」
でもせんせえ、わたいは夜寝ている時になったんです。
「明け方だったでしょう。安静時の明け方になるケースも意外と多いんです」
そうなんですか
「明け方交感神経と副交感神経とが交代する時が危険なんです」
でもそれじゃ防ぎようがありません。
「左肩が痛いって言ってたんですってね」
数日前から何だか左肩がおかしかったのは事実なんですけど関係あるんですか。
「関連痛って言いましてね内臓の異変を知らせてくれるんですよ。左肩の痛みは心筋が発していると考えられます」
ふ~~ん知りませんでした。
P9150326