モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2015年2月

20140108近くて遠いは♨山辺温泉


今年のお正月の目玉になった羽前山辺の「カトキチ」さんのお節。とっても美味しかったんですけど、巡り合えたのは去年(2014年)の1月の山形旅行の時だったんです。以前からどうしても行きたかった山辺温泉の帰りに「カトキチ」さんでお昼ごはんを食べてその美味しさにビックリしてしまったんです。でも肝心な山辺温泉の記事をアップしないまま一年以上が過ぎてしまっていました。ほんまに済みませんです。
01P1080319
山形駅西口を朝8時過ぎのバスで立ち寄り湯に向かいます。目指すは山辺温泉。前々から行きたかった温泉です。この記事は2014年(平成26年)1月8日のものです。
04P1080316
バスは20分程で山辺温泉に到着します。何だ近いじゃないのって思わないでくださいね。ほら、三時間に一本だけ。あの8時のバスに乗れなかったら一日のスケジュールが全く違うものになってしまいます。
05P1080318
バスは学生さんやお買い物に向かう主婦の皆さんを載せて市内を走ります。市街地を抜けて雪の降り積もった田んぼ道を走る頃には殆どの乗客が降りてしまってガラガラの車内となってしまいました。車窓の雪景色にも飽きてしまった頃ようやく山辺温泉に到着しました。
06P1080321
入湯料金は300円。でも休憩場に入るから+200円で合計500円掛かります。
07P1080324
自販機で購入。大人入浴休憩料500円。
08P1080325
左の白い札のついた鍵は靴のロッカー。右の灰色の鍵は貴重品ロッカーの鍵。いずれも100円コインが必要ですがリターン式です。ご安心ください。真ん中の赤いタグは、休憩料を支払った証。これを見せて広間とお風呂を行き来します(あまり見ていなかったけど)
09P1080364
この日は、農閑期の雨交じりの雪の日。「野良仕事やめて風呂にでも入ろう」って皆さんが多かったのでしょうか、お風呂場シャッターチャンスが少なかったので配置図でごめんちゃい。内湯は湯舟が三つと打たせ湯。半露天風呂もあります。内湯の湯船の内1つは薄いグリーン色のなめらかなお湯。残り二つはやや熱めの茶色いお湯。二つの源泉を楽しめます。
10P1080374
数少ないシャッターチャンスでしたが、取材敢行しました。
11P1080337
幸い、露天風呂は貸し切り状態の一時がありました。赤茶色の温まるお湯を一人占め。
12P1080327
ははははは。いいでしょ♪広い半露天風呂一人占め~
13P1080330

2004年墨■だんな~ずのホノルルマラソン さよならフルーチェ


2004年のホノルルマラソンにはたくさんの思い出があります。トップの画像はワードにあるゲーセンD&Bの屋上のサンセットバーのハッピーアワーカクテル。今も営業しているのでしょうか。。。
P1010028

2003年の年末に右足前十字靱帯を完全破断。2004年2月に再建手術しました。ハムストリングを引っこ抜いて破断した前十字靱帯に縫い付けるという見た目以上に大がかりな手術でした。約半年に及ぶリハビリの後フルマラソンのトレーニングを始めました。暫く遠ざかっていたフルマラソンに再挑戦させた原動力はやはり前十字靱帯再建手術でした。なんとしてもこの再建手術の年にマラソン復帰をしたいという思いに駆られたのだと思います。
P1010035

この年はモーハワイに巡り合えた年でもありました。「ハワイでお店を出す話」の舞台になったアラモアナ北のKaiさん。もう会う事が叶わなくなったとる美さんとの初対面もこの場所でした。
P1010039

何年もフルマラソンから遠ざかっていた50歳台の初老ランナー。絶対安静だった半年前の衰えきった筋肉は中々言う事を聞いてくれませんでした。よれよれになってのゴールインでした。
P1010042

この年、大勢の墨■だんな~ずがホノルルマラソンに参戦しました。完走後の打ち上げパーティーはもちろんKaiさんでした。
P1010046

あれから10年以上の年月が流れてました。あの頃みんな髪の毛真っ黒だったねえ。
P1010047

少年パエリアは中学生でした。今は埼玉で元気に働いております。フルーチェの優しい笑顔が今でも目に浮かびます。
P1010048

さようならフルーチェ。沢山の楽しい思い出をありがとう
P1010050